« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.30

mattoh通信(9/8・朝練編)~EF81+DE10

 今月8日の朝練、いきなりEF81がやってきました。

EF81-140@宮原'12.9.8

DE10-1099@宮原'12.9.8
(2枚とも)DE10を従えて大宮方面へ向かうEF81

 秋田あたりから出場してきたものと思われますが、朝のうちは雲が多かったこともあり、暗かったですね。

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.8
この日は1053号機>あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.29

【9/17】がんばれ石ノ森萬画館~漫画会館を訪ねる

 函館へ行く前の出来事ですがcoldsweats01、3連休最後の17日は地元でちょっとお出かけすることに。大宮公園駅近くにある漫画会館を久しぶりに訪ねてきました。8日から「石ノ森章太郎の萬画ワールド」と題した企画展がスタートし、今回はこちらを観に来たのが目的でしたが、日本を代表する漫画家に関する資料が地元で、しかも無料で観られるとあって、何ともお得なところですねwink

 さっそく拝見してきましたが、石ノ森氏というとどうしてもテレビ番組のイメージが強くなってしまい、氏の作品で真っ先に思い浮かんでくるのが「サイボーグ009」や「ロボコン」など、子供の頃にテレビで観た作品となってしまいますが、そんなお馴染みのキャラクターのイラストを間近で拝見し、子供の頃のことが思い出されました。

漫画会館'12.9.17
連休最終日は身近なところで・・・

 その石ノ森氏といえば、石巻にある石ノ森萬画館が昨年3月の東日本大震災で被災。今回の企画展には「がんばれ石ノ森萬画館」と副題も記されておりますが、今から8年前の2004年2月に訪ねたことがあります。この時は前の日に福島県にある新野地温泉に宿泊。翌日、仙台から仙石線に乗り換えて石巻までやってきました。

クハ204-3104@本塩釜'04.2
仙石線で石巻へ

 駅から市街地へ出ると、町の至るところにサイボーグ009やロボコンに登場するキャラクターの銅像やイラストを目にすることが出来、町ぐるみで盛り上げている様子が伺えましたが、そんな中を歩くこと15分ほど。北上川の中州に佇む丸みを帯びた宇宙船を思わせる建物が目指す石ノ森萬画館でした。

石ノ森萬画館'04.2
宇宙船のような建物の石ノ森萬画館

 すでに10年近く経ってしまっているので当時の様子があまり記憶に残っていないんですが、昨年の震災で津波の被害を受けた直後の写真には、津波で流されてきたと思われるごみに混じって展示物のキャラクターが無残な姿をさらしていた様子が映し出され、これを見たときには正直ショックでしたね。それだけ今回の震災がいかに多くの被害を出したことを伺わせますが、一日も早い再開を祈る次第です。

サイボーグ009@石巻'04.2
もう一度再訪したい~石巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.28

mattoh通信(9/6)~E1系

 今月6日、仕事帰りに大宮駅に寄り道し、入場券を買って新幹線ホームに上がりました。お目当ては18時過ぎにやってくるMaxたにがわ422号。引退間近のE1系が使用されています。

E1系@大宮'12.9.6
引退間近のE1系

 その側面、トキがデザインされたE1系のロゴの隣には、今年4月にヒナが誕生したことを記念したラッピングが施されました。一時上越新幹線の列車名から消えてしまったことがあったものの再び復活。やはり新潟へ向かう列車には「とき」の愛称が一番しっくりしますね。

祝朱鷺のひな誕生ステッカー
朱鷺がデザインされた誕生記念のステッカー

<おまけ>
寝台特急あけぼの@宮原'12.9.6
うす曇の朝でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.27

mattoh通信(9/2)~ググっとぐんま桐生号

 東武8111Fツアーに参加した日の朝練、あけぼのの後に快速ググっとぐんま桐生号なる臨時列車がやってきました。上野と桐生の間で前日とこの日の2日間運転され、183系OM102編成が充てられました。

快速ググっとぐんま桐生号@宮原'12.9.2
上野と桐生の間で運転された「快速ググっとぐんま桐生号」

 特製のヘッドマークはなく、「臨時」幕なのがちょっと残念ですね。

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.2
この日は1053号機担当でした>あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.26

【9/16】上毛電鉄感謝フェアイベントを訪問する

 3連休中日は群馬方面へ。上毛電鉄を中心に回ってきました。大宮から東武野田線に乗り込み、春日部を経由して栃木に到着。ここで、ぐんまワンデーパスSPを入手した後、8時42分発の両毛線高崎行きで出発しました。

 上毛電鉄に乗るのなら桐生で下車するのが妥当なところですが、そのまま通り過ぎて伊勢崎までやってきました。ここから東武伊勢崎線に乗り換え。去年はこの区間でぐんまちゃんのイラスト入りヘッドマークを付けた車両を見かけており、今年もと思いやってきた次第でしたが、残念ながらこの日は見かけず、空振りに終わってしまいましたweep

東武モハ8579@赤城'12.9.16
東武線内ではぐんまちゃんに出会えず・・・weep

 11時17分、赤城に到着。上毛電鉄に乗り込む前に駅から歩いて10分ほどのところにある「美濃屋」という焼きまんじゅうのお店へと向かいました。ここはちょうど1年前に足を運んでおりますが、考えてみれば前週の高崎でのイベントでも買って食べたんですよねcoldsweats01。なかなか味わえる機会がありませんが、2週続けて頂くことになりました。

焼きまんじゅう@美濃屋
2週続けての焼きまんじゅうhappy01

 赤城駅に戻り、上毛電鉄に乗り込んで大胡へ。ちょうど中央前橋から戻ってきたデハ101号が到着したところで、多くのギャラリーがホームで行ったりきたりしている様子を見ながら、イベントが行われている車庫へとやってきました。デハ101号の他、デキ3021号やヘッドマーク付きの700型が展示されるあたりはいつも通りでしたが、午前中デハ101号に乗車した乗客なのか、会場は多くの人で大賑わいでした。

車両展示@大胡電車庫'12.9.16
今回もこちらにご挨拶confident

 そんな中、会場内の休憩車両内で昼を済ませた後、13時51分発の西桐生行きデハ101号を撮影するべく大胡駅近くの川に架かる橋で狙うことに。この日は時より雨粒が落ちてくるあいにくの天気でしたが、天気のいいときだと逆光になってしまうので、今回のような天候なら光線を気にすることはないですね。

上毛デハ101形@大胡'12.9.16
大胡を出発。西桐生へ向かうデハ101形

 この後、西桐生からの戻りを狙うべく中央前橋行きに乗車。やってくるまでまだまだ時間があったので、赤坂で降りてよ下げなところを探すことに。ちょうど中央前橋からやってきた西桐生行きの列車にぐんまちゃんのヘッドマークをつけた715Fが到着。JR、上信に続き3社目となりました。

上毛700形@赤坂'12.9.16
ぐんまちゃんのイラスト入り電車が到着したところ

 ここからのんびり上泉方面へ歩きながら撮影によさげな場所を探してみましたが、それなりにはあるもののなかなかしっくりとせず、あれこれ頭を痛めるほどでした。結局、定番の上泉駅近くの田園地帯で落着くことになりましたが、通過する時間になってもギャラリーは数人程度で、のんびり過ごせました。

上毛デハ101形@上泉'12.9.16
稲穂が垂れる秋、古豪がやってきました・・・。

 こうして時刻は午後4時近くになったので、上泉から乗り込んで中央前橋へ。前橋からまっすぐ帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.25

mattoh通信(9/1・日中編)~世代交代

 E233系営業運転開始の日、日中は土曜日のお楽しみである配6794レを狙いましたが、その前にE233系と211系の並びを押さえることが出来ました。

211系&E233系@宮原'12.9.1
211系とE233系との並びのシーン

 長年高崎線や宇都宮線で活躍してきた211系と新たな顔となるE233系との並び。いずれは過去のものとなるので、今のうちに記録しておきたいところですね。

EH200-7@宮原'12.9.1
ブルーサンダー牽引の配6794レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.24

【9/15】東京モノレールとフォトラリーと

 3連休初日は12日に続き、関東の鉄道フォトラリーのお宝探しをしようと都内へ繰り出すことにしましたが、その前にまず向かったのは浜松町。ここから東京モノレールに乗り換えるべく、窓口で「東京モノレール沿線お散歩1dayパス」を手に入れると、鉄道むすめのキャラの1人、羽田あいるがデザインされたステッカーをゲットいたしました。

東京モノレール沿線お散歩1dayパス
1日乗車券を買うと付いてきた羽田あいるさんのステッカーheart01

 この連休中、1日乗車券を買うと先着で貰えるとのことで、実はこれが目当てでもあったわけですがcoldsweats01、ステッカーのイラストはステーションポスターのものと同じでした。

 その浜松町駅の改札前では、函館の観光キャンペーンのブースが設けられ、パンフレットの配布の傍ら、大きなイカの着ぐるみが改札付近を行ったり来たりしていました。ちょうど1週間後に函館へ行く予定だっただけに、地図やパンフといったいろいろな資料が手に入るなど、いろいろと収穫がありましたねhappy01

イカ着ぐるみ@浜松町'12.9.15
イカがおもてなしcoldsweats01

 そのイカの着ぐるみに見送られながら(?)、羽田空港第2ビル行きの列車に乗車。せっかくフリーきっぷがあるのであれこれ乗り降りしたいところでしたが、特に当てはなく、まずは一気に羽田空港第1ビル駅へ向かうことに。3連休初日ながらこの日は沖縄に台風が接近している影響から出発ロビーは心持ち空いているようにも思えましたが、その様子を見ながら展望デッキへ。行き交う旅客機を撮影することにします。

JLMD90@羽田空港'12.9.15
展望デッキで撮影タイム

 特にあてはなかったんですが、引退間近のMD90の離陸シーンを見ながらのんびり過ごしてきました。

 時刻は12時半近く。そろそろランチタイムにしたいものの、ロビー内の飲食店はどこも盛況ですぐに済ませるのが難しそう。やむなくモノレールに乗って国際線ビル駅へとやってくるも、ここも同じような状況でした。そこで、ここでも展望デッキに上がって航空機の様子を見てくることにしましたが、ちょうどキティちゃんのイラストがデザインされたエバー航空のエアバス機と対面。外国人にも注目度抜群でしたねhappy01

BRエアバス330-300@羽田空港'12.9.15
キティちゃんのイラストがデザインされたエバー航空のエアバス330

 結局、改札内の立ち食いそばの店でランチを済ませた後、モノレールに乗り込み流通センター駅へ。今年は何かと降り立つ機会が多かったですが、2月からスタートした全国鉄道むすめ巡りも今月一杯で終了。今回最後のスタンプを押してきました。今年、この企画のおかげであちこち出かけてきましたが、来年も第2弾を期待したいところですね。

全国鉄道むすめ巡りスタンプ台@流通センター'12.9.15
全国鉄道むすめ巡りも残りわずか・・・

 ここから次の大井競馬場前まで移動。モノレールの旅はここで終了し、ここからは京浜運河に沿って歩くことにしました。途中、ポケモンモノレールが行き来していたので撮影。以前も訪ねた八潮橋を経てりんかい線の品川シーサイド駅へとたどり着きました。

東京モノレール1000形@大井競馬場前'12.9.15-1

東京モノレール1000形@大井競馬場前'12.9.15-2
(2枚共)京浜運河に沿って歩きながら・・・

 この後はりんかい線に乗り込むことに。品川シーサイドから東京テレポート駅まで乗車しました。その際、去年より各駅に設置された硬券入場券をそれぞれ購入。品川シーサイドの方はこれまで入手したものと同じでしたが、東京テレポートのモノは大き目のA型タイプの券でした。

品川シーサイド駅硬券入場券

東京テレポート駅硬券入場券
(2枚共)りんかい線ゆかりの各駅の硬券入場券

 東京テレポート駅に到着。ここからはフォトラリーのお宝探しを行いますが、今回はいずれもここお台場にあるとのことで、まずはその一つ目、駅から15分ほど歩いたところにある夕陽の塔の近くにやってきました。文字通り、ここから夕陽の沈む景色を楽しめるようですが、実際はりんかい線の換気塔の役割をしており、この下をりんかい線が通じています。

レインボーブリッジ'12.9.15
夕陽の塔から海側を見ると・・・

 この後、台場駅からゆりかもめに乗車。2つ目のお宝はゆりかもめの車内から見えるレインボーブリッジの景色ですが、元の終着駅だった有明付近から市場前までの区間から外の景色を見ると、後方に雄大なレインボーブリッジの様子を見ることが出来ました。

レインボーブリッジ'12.9.15
車窓からレインボーブリッジを見る

  以上、モノレールの1日乗車券巡りとお宝探しの様子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.23

【9/12】関東の鉄道フォトラリー巡り@千葉

 夕べ函館から北斗星に乗り込み、今朝大宮に到着。今は自宅でまったりしています。函館は2日間天気に恵まれましたが、夕べはちょっとしたハプニングがあり、一時はどうなることかと思いました。最終的には何とか丸く収まり、無事大宮駅の改札を抜けることが出来ましたが、詳細はおいおい報告したいと思います。

 さて、ちょっと前の話ですが、先々週の12日は急遽午後から休みが取れ、期限が迫っている関東の鉄道フォトラリーの対象物巡りをしてきました。何だかんだで毎年手を出していますが、ここ数年は鉄道に縁のあるさまざまな「お宝」が紹介され、中には知らなかったものもあったりして、結構勉強になっています。そんな中、今回は千葉方面にある「お宝」巡りをしてまいりました。

 武蔵野線の新八柱から新京成に乗り換え。途中、元山駅近くの郵便局に立ち寄った後、一つ目のお宝がある鎌ヶ谷大仏駅に降り立ちました。

松戸元山局風景印
松戸元山局の風景印。松戸はナシが産地なんですね。

 お宝があるのは駅から歩いて20分ほどのところ。住宅街の小ぢんまりとした公園の一角にそれは佇んでおりました。コンクリートの古びた橋脚は周りの景色とは不釣合いにも見えますが、戦時中に近くにあった軍の施設へ物資を運ぶために作られた鉄道の廃線跡で、戦後は払い下げにより現在の新京成が建設。ところがこの付近はルートから外れ、現在はこれだけが残ってしまいました。

鉄道連隊橋脚説明板
戦争当時に使用された鉄道の橋脚跡

 新京成沿線には旧日本軍にまつわる施設が点在しており、戦争の爪跡を今に伝える史跡ですね。

 到着したのは午後2時半でまだまだ残暑厳しい季節とあっては、再び歩いて駅まで戻るのはちょっとしんどいので、近くのバス停からバスに乗り込み、再び鎌ヶ谷大仏駅へと戻りました。ところでここ鎌ヶ谷大仏駅は駅名にもなっているとおり、駅のすぐ近くに大仏様があり、今回はこちらにもご挨拶。

鎌ヶ谷大仏'12.9.12
大仏様にご挨拶

 10年以上前の関東の駅百選スタンプラリーで降り立ったときに始めて大仏様の存在を知りましたが、鎌倉や奈良とは大きさは比較にならないものの、沿線では一番印象深い見所ですね。

 お宝探し、次に向かったのは北習志野から東葉高速鉄道に乗り換え、1つ先にある船橋日大前駅。お宝はとんがり屋根を持つ駅舎ですが、フォトラリーの冊子には「環境共生」と「温もり」をコンセプトにした駅舎とか。駅構内が太陽光を取り入れた明るい雰囲気であることの他は特に気が付いたところはなく、「へぇ」という程度の感想でしたcoldsweats01

東京メトロ05系@船橋日大前'12.9.12
駅前から八千代緑ヶ丘方面を望む

 これで目標のお宝を無事訪問。ここから東葉高速に乗り込み西船橋へとやってきました時刻は午後4時前後。ちょうど大宮行きのしもうさ号があったものの、乗り換え時間が4分ほどとこれは厳しかったので、都内を経由して帰ることに。改札を抜けて歩いて西船駅へとやってきました。

 次の上野行きを待っていたら、反対側には旧スカイライナー車を使用したシティライナーが通過して行きました。先日、日暮里でも見かけましたが、これを見送った後、各停でのんびり上野へ向かいました。

京成AE100形@西船'12.9.12
西船でシティライナーと対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.22

今日は

今日は
今日は
今日は
1日函館を観光し、今晩は北斗星に乗って帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.21

今日は

今日は
今日は
今日は
函館に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.20

mattoh通信(9/1・朝練編)~E233系営業運転開始!

 9月1日、何と行っても高崎線でE233系の営業運転がスタートした日でしたが、その前にEF65Pトップ牽引の12系客車の回送が通過して行きました。こちらは全くのノーマークで、正直驚きました。

EF65-501@宮原'12.9.1
早朝やってきた12系の回送列車

 その後、いつものようにあけぼのをお迎え。この日は1051号機が担当しました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.1
あけぼのはいつもの通り

 それから40分ほど経った7時15分過ぎ、E233系の営業運転最初となる上野行きがやってきました。東海道本線では見慣れているE233系ですが、いずれ211系に取って代わり、馴染みの車両となっていくことでしょう。

E233系@宮原'12.9.1
高崎線の新しい顔~E233系



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.19

第2回2012年夏18きっぷの旅その6~大井川鉄道のおみやげ

 大井川鉄道の旅もこの記事が最終回。川根温泉笹間渡からの金谷行きに乗って新金谷に到着すると、隣のホームに千頭行きの列車が待機。前日、千頭まで乗ったのと同じ時間の列車でしたが、使用されていたのが元南海の“ズームカー” 21001系でした。今回の旅では走っているところは見かけたものの、ここまでなかなか乗ることができず、結局乗れずじまいとなってしまいましたweep

大井川21001系@新金谷'12.8.25
乗ることが出来なかった”ズームカー”

 その“ズームカー”を見送った後、改札を抜けて駅前にある「ぷらざロコ」という施設へ向かうことに。エアコンが効いた施設の中はなかなか居心地がよかったですが、中ではおみやげや弁当の他、SLの急行券も扱っていて、何かと便利な施設ですね。

 実は前日、SLから降りて中をいろいろと下見していていましたが、「崎平りな」という萌えキャラが箱にデザインされたお菓子が気になり、今回はこちらをおみやげにすることに。等身大(?)のパネルも設置されていてなかなかの“看板娘”ですねぇheart01。鉄道むすめのキャラクターの1人、井川ちしろがデザインされたクリアファイルと共におみやげにいたしました。

崎平りな等身大パネル@ぷらざロコ
ぷらざロコの”看板娘”崎平りな

りな&ちしろ
大井川鉄道の萌えキャラコンビheart04

 次の金谷行きまで時間があったので、駅周辺をぶらぶら。金谷寄りにある車庫を敷地の外から見ることが出来そうなところがありそこへ向かうと、元京阪の3000系が止まっていました。こちらは動いている様子がなく、今回その雄姿を見ることが出来なかったのがちょっと残念でしたweep

大井川3000系@新金谷'12.8.25
新金谷でお休み中の元京阪3000系

 いよいよ大井川鉄道の旅もいよいよ最後。13時22分発の金谷行きに乗り込みます。ここまで使用してきたフリーきっぷはここで終了となり、窓口で金谷まで乗車券と硬券入場券を手に入れてからホームへ。今度の列車はここ始発なので、すでに16000系が停まっていましたが、よくよく見ると先程川根温泉笹間渡からここまで乗ってきたのと同じ車両でした。

新金谷駅名板'12.8.25
ラストスパートも元近鉄車

 こうして2日間に渡った大井川鉄道の旅はおしまい。金谷へ戻った後は18きっぷでひたすら東海道本線を東京方面へ。乗り継ぎ乗り継ぎしながら平塚で湘南新宿ラインに乗り換え、19時前に宮原に到着いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.18

mattoh通信(8/26)~いろいろ疲れた1日

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.26

 先月26日は栗橋みなみ夏祭りが行われた日。こちらにも書いたとおり現地へ赴いておりましたが、前日まで大井川鉄道の旅で出かけていたため、結構ハードな1日でありましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.17

mattoh通信(8/22)~武蔵野線を走るレール運搬列車

EF65-1104@東浦和'12.8.22

 今日は先月22日に武蔵野線を走ったレール運搬用車両を引っ張るEF65を載せておきます。昼休み中にたまたま見かけたものですが、武蔵野線もさまざまな列車が行き交うので目が離せないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回2012年夏18きっぷの旅その5~大井川鉄道の旅“撮”編

 大井川鉄道の旅の続き、金谷到着後、歩いて新金谷駅を目指します。前日は大井川鉄道の線路に沿いながら1時間ほど掛けて歩いてきましたが、今回は駅前通りに沿ってほぼ最短のルートを移動。結局20分も掛からず新金谷の駅前に到着しました。

新金谷駅舎'12.8.25
早朝の新金谷駅

 この時間は人もまばら。そんな中、7時1分発千頭行きに乗り込むことに。この日は撮影メインとあって、フリーきっぷを生かしながら適当なところでふらっと下車することにしていましたが、さっそく神尾で途中下車。前日乗車した列車の車内から構内に鎮座するタヌキの置物を見かけ、降りてみたくなった次第でしたが、眼下に流れる大井川を眺めながら1時間ほど、のんびり過ごしてきました。

タヌキ@神尾'12.8.25

大井川@神尾'12.8.25

大井川16000系@神尾'12.8.25
(3枚とも)大井川沿いの静かな駅で過ごす

 8時10分発千頭行きで神尾を出発。そろそろSLを撮影する場所を決めないといけませんが、正直降りたい駅ばかりであれこれ迷ってしまうほど。とはいえ今回は18きっぷ利用とあって滞在は午前中のみだったこともあり、いろいろ思案した結果、大井川にかかる第1橋梁が近い川根温泉笹間渡駅で下車することに。橋の周りにはギャラリーが多めだったことから、駅チカの大きくカーブする線路脇で待つことにしました。

 次第に気温も上がって汗ばむ陽気の中、午前10時半過ぎに青く塗装されたSLが接近。「SLくん」と名付けられた青い塗装のC11 227号機が夏休み期間中運行されましたが、ギョロっとした目だまがまるで「機関車トーマス」みたいですね。これには賛否両論がありそうですが、子供達には人気があるかもしれません。

大井川C11-227@川根温泉笹間渡'12.8.25
大きな目玉がなかなかのインパクト>SLくん

 まだまだ撮影したい気分だったものの、今回はこれにて打ち止め。しかし次の金谷行きの列車まで1時間以上もあったので、すぐ近くにある温泉施設で一風呂浴びてくることに。露天風呂からは第一橋梁の様子を見ることが出来るので、SLを見ながら温泉を楽しむことが出来ますが、立ち位置を考えないと丸見えになってしまいそうですねぇcoldsweats01。さすがにカメラを持ち込む勇気はありませんでした。

川根温泉'12.8.25
川根温泉で一風呂

 ここでランチも済ませ、11時49分発の金谷行きに乗車。途中の福用駅ではSL列車と交換。12時24分、新金谷駅に到着しました(つづく)。

大井川C11-190@福用'12.8.25
福用で交換したSL列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.16

mattoh通信(8/21)~北斗星

寝台特急北斗星@大宮'12.8.21

 遅番勤務だったこの日は北斗星を狙ってきました。担当は504号機です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
上毛電鉄のイベントへ行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.15

mattoh通信(8/19)~千葉行き前の朝練

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.19

 以前も書いたとおり、この日は京葉臨海鉄道のイベントへ出かけておりました。よって、朝練は朝だけとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.14

【9/8】高崎鉄道ふれあいデー→特急そよかぜ

 先週土曜日の続き。999号で高崎に到着した後、その足で駅の反対側へ移動。JRのイベント会場へやってきました。1時間後に発車する横川行きに乗る予定だったので、ここでの持ち時間はあまりなく、展示車両を手短に撮影した後物販ブースで999号のネクタイピンを入手しました。上信電鉄の乗り場には目ぼしいモノがなかったので、最後にいいモノが手に入りましたhappy01

車両展示@高崎鉄道ふれあいデー'12.9.8
今回の展示車両

上信500形@高崎'12.9.8-2
会場で撮影した999号の発車シーン

 そのイベント会場では群馬の名物、焼きまんじゅうを販売。1パック買って駅のホームでいただくことにしました。パックで150円とお値打ちでしたが、さすがにこれだけでは物足りないと思い、コンビニでおにぎりを1個購入。食べ終わってしばしホームで待っていると、13時12分発となる横川行きが入線。やってきたのはぐんまちゃんのヘッドマークをつけた115系でした。

焼きまんじゅう'12.9.8
会場で入手した焼きまんじゅうをホームで頂くcoldsweats01

クハ115-1097@高崎'12.9.8
ぐんまちゃんのヘッドマークを付けた115系で横川へ

 ぐんまちゃんのHMを付けた115系に乗って高崎から揺られること30分ほど、13時45分に終点横川に到着。この後は臨時特急そよかぜに乗って帰途に付きますが、この列車を目にするのは今回が2回目。前回7月のときは地元で撮影しており、今回は“乗”を楽しんでくることとします。

 行き止まりとなった横川駅構内でしばし待つこと14時半過ぎ、高崎方面から国鉄色に塗られた185系OM08編成が回送でやってきました。先頭車のヘッドマークは7月に運転されたときのものと同じ。なかなか目立ちますねぇcoldsweats01

特急そよかぜ@横川'12.9.8
これに乗って帰ることに>そよかぜ

 一通り撮影してから列車に乗り込み、指定券に記された座席に着席。今回は指定券発売開始の1ヶ月前に押さえておきましたが、実際には同じ車両には3割程度といったところで、慌てるほどではありませんでした。まあ乗りたい列車があるのであれば、早いうちに押さえておけば間違いはないですね。

 こうして特急そよかぜは定刻の14時46分、横川を発車。直後、車内では乗車記念のステッカーが配布されました。ヘッドマークをデザインしたもので、なかなかいいおみやげとなりましたが、沿線には多くのギャラリーが撮影に興じ、注目が集まっておりました。

そよかぜステッカー
車内で配布されたステッカー

 列車は横川を発車後、高崎、熊谷、上尾と停車。1時間半後の16時15分、大宮に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.13

mattoh通信(8/18)~見慣れた並び

 この日の朝練、まずはこのカットを載せたいと思います。

211系&E231系@宮原'12.8.18
211系とE231系の並び

 高崎線や宇都宮線ではお馴染みの両者ですが、高崎線では9月からE233系の営業運転開始により、徐々に211系が置き換えられることになります。今までは何気ない光景も貴重なものになりそうですね。

 ところでこの日はあけぼのの前に新潟車両センターの485系T18編成が上京いたしました。その一月ほど前にムーンライトえちごで乗っていますが、やはり二つ目のライトはいつも注目しますね。

485系@宮原'12.8.18

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.18
団臨485系(画像上)とあけぼの(画像下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.12

【9/8】999号見納め~上信電鉄

 先日、ようやく18きっぷの5日間分を使い切ることができましたが、その反面いろいろと出かけていたこともあって、群馬県へはすっかりご無沙汰となってしまいました。そこで先日の土曜日、久しぶりに群馬県内をブラブラしてまいりました。

 宮原から高崎線の普通列車に乗り込み、新町で途中下車。ここで降りる目的といえば一つだけ。ぐんまワンデーパスSPを入手することですが、これも去年の群馬DC以来からの行動パターンですねcoldsweats01。なかなか好評だったのか、今年も引き続き発売となりましたが、おかげで割安に県内を移動できるのはありがたいところですhappy01

 無事きっぷも手に入り準備万端。後続の列車で高崎へ移動し、上信電鉄に乗り換えます。まずは以前こちらに書いた銀河鉄道999号が9日までの運行ということで、午前中こちらを追いかけることにしますが、時刻を確認したら、下仁田からやってくる列車が正午過ぎに到着する運用があるので、最初に撮影をしてから乗車することに。8時41分発の下仁田行きに乗り込みます。

 特に場所は決めていなかったんですが、結局慣れたところの馬庭で下車。鏑川の土手にやってきました。ここは昨年8月のデキ運転の時以来。しかし今回は他に誰も撮影する人の姿はなく、ちょっと寂しかったですね。運転終了まで残り1日でしかも高崎でJRのイベントが行われているとあってもっと注目が集まるかと思っていたんですが、ちょっと拍子抜けでした。

上信200形@馬庭'12.9.8
多少は凌げるものの、それでも暑い!coldsweats02

 思えば去年のデキ運転の時は8月の炎天下の中、ずっと待ち続けておりましたが、今回は残暑で多少は厳しい状況だったものの去年ほどではなく、何とか凌げるほど。そんな中、午前10時過ぎに馬庭を発車した銀河鉄道999号が鉄橋を通過。1人寂しく撮影いたしましたcoldsweats01

上信500形@馬庭'12.9.8
鏑川を渡り、下仁田を目指す999号

 この後、馬庭駅に戻り、10時48分発の下仁田行きに乗車。この後は行けるところまで行って999号を捕まえることにしますが、高崎駅で貰った時刻表を見ると、南蛇井で交換することを確認。といってもどこで降りるとかあてはなく、あれこれ思案したものの結局上州福島で下車することに。後続でやってきたシマウマカラーの150形を撮影後、11時44分に999号が到着。こちらに乗り込んで高崎へ戻ってまいりました。

上信150形@上州福島'12.9.8
ヒマワリに見守られて・・・

上信500形@高崎'12.9.8
お名残乗車を無事終了

 上信電鉄では一番インパクトがあった車両で、沿線を訪ねる度にあれこれ撮影していただけに運転が終了してしまうのはちょっと残念ですが、権利の関係などがあるので、これも致しかたのないところ。今年はデキ運転の様子は見ることが出来ませんでしたので、次回はこちらを見に再訪したいですね(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.11

【9/5】18きっぷで行く水戸日帰り旅

 2012年夏の18きっぷも残り1日となり、最後はどこへ行こうかあれこれ考えてみましたが、当初思いついた上田電鉄はしなの鉄道区間があって18きっぷの旨味がなし。他にいろいろ考えてみるも、なかなか良案が思い浮かびませんでした。そんな折、水戸芸術館で水戸岡鋭治氏の企画展が行われていると聞き、日帰りで訪ねてまいりました。

 水戸までのルートは宇都宮線、水戸線経由となりましたが、行きがけに蓮田で途中下車。もちろん北海道からの夜行列車狙いでしたが、最近大宮駅で撮影することが多く、蓮田で降りて撮影するのは久しぶりでした。そんな中、カシオペアは定時だったものの、北斗星は数分遅れで通過。カシオペアの方は銀ガマ担当でした。

寝台特急カシオペア@蓮田'12.9.5

寝台特急北斗星@蓮田'12.9.5
(2枚とも)久しぶりの蓮田で夜行2本を撮影

 この後は蓮田から宇都宮線で小山へ向かい、水戸線で友部までやってきました。ここで途中下車。実は以前から降りたい駅で、近くにある友部駅前郵便局に設置されている風景印を貰うのが目的でしたが、絵柄が651系とE653系の常磐線を代表する特急列車がデザインされています。共に常磐線で活躍してきた車両ですが、後継のE657系の投入に取って代わることになり、この風景印も貴重になるかもしれません。

友部駅前局風景印
常磐線の特急列車がデザインされた友部駅前局の風景印

E653系@友部'12.9.5
残暑お見舞い申し上げますhappy01

 ヒマワリに見送られながら常磐線からの列車で友部を出発。12時ちょうど、水戸に到着しました。駅ビルの中でランチを済ませてからいよいよ水戸芸術館を目指しますが、その前に駅前の茨城交通の案内所で、「水戸漫遊1日フリーきっぷ」を入手。400円で指定された水戸市内の路線バスが乗り放題で、これから行く水戸芸術館もフリー区間に入っています。

 案内所で確認したところ、水戸芸術館へ向かう水戸市内循環線のバスがすぐに来るとのことで、それに乗り込み10分ほど、水戸芸術館前に到着しました。さっそく受付で入館料を支払いますが、先程入手した水戸漫遊1日フリーきっぷを見せれば、通常800円のところ、200円引きの600円となりました。これは普通に買うよりも安いので、使い勝手のいいきっぷですね。

茨城交通バス@水戸駅前'12.9.5
水戸市内循環線のバス

水戸芸術館'12.9.5
この日の目的地に到着!

 展示室へ向かう前にクロークで荷物を預けることに。受付の女性から貴重品の有無を確認されたのでカメラが入っている旨伝えると、館内は撮影できるとのとのこと。博物館や美術館では撮影は禁止されているところが多い中にあってこれはちょっと意外でしたが、お言葉に甘えカメラを取り出し展示室へと向かいました。

 展示室では水戸岡氏のこれまでの業績を紹介。水戸岡氏の企画展はこれまで何度か拝見したことがありますが、改めて水戸岡氏がデザインした車両は列車に乗りたくなる“魔法”みたいなものを感じずにはいられないですね。鉄道にさほど興味がない人にいかに鉄道の魅力を伝えるか、その手法を熟知されているように思え、鉄道車両だけではなく、駅舎や制服、それに駅弁に至るまでコンセプトが貫かれています。

暖簾@水戸芸術館'12.9.5
おしゃれな暖簾を潜り、そこはJR九州の世界へ・・・

 この後は市内を散策。郵便局にも寄りながらブラブラ歩いていると、偕楽園の近くまでやってきました。常磐線の線路も見えてきたので、偕楽園駅近くであれこれ撮影タイム。数が少なくなりつつある651系や先頃特急いなほへの転属が決まったフレッシュひたちE653系などを撮影してきました。

水戸大工町局風景印
黄門様がデザインされた水戸大工町局の風景印

651系@水戸'12.9.5
偕楽園駅近くで651系を撮影

 1時間ほどの滞在ののち、偕楽園の入口からバスで水戸駅へ。15時半過ぎ、少し早めではありましたが、常磐線の上野行きで帰途につきました。

水戸黄門像@水戸'12.9.5
駅前の黄門様に見送られ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.10

mattoh通信(8/17)~はやぶさ、大宮を発車

E5系@大宮'12.8.17

 15日に続き、この日も大宮駅で時間潰し。E5系の発車するところをちょっと流してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.09

【9/2】動態保存記念8111Fツアーに参加した

 東武8000系で唯一残った“東武顔”の8111Fが動態保存されることになり、8月末から9月にかけて団体列車が大宮ととうきょうスカイツリーの区間を行き来しましたが、自分自身も先週の日曜日、ツアーに参加してまいりました。

 10時過ぎ、受付場所となっている大宮駅野田線改札口付近で手続きを済ませると、10時40分に改札内へ。1番線にはすでに8111Fが入線しており、手短に撮影してから指定された3号車に乗り込みました。

大宮駅名板'12.9.2
いざ出発!

 団体列車とはいえ普段乗り慣れた通勤車両のロングシートなので、適当に空いているところに着席。出発時刻の11時ちょうど、ゆっくり大宮駅を出発しました。野田線内は客扱いしないものの駅ごとに一旦停車。これはもちろん自分自身初めての体験で、団体列車の車内から岩槻駅の様子を見たときにはちょっと変な気分でしたね。

 そんな今回のツアー、8111Fと並んで楽しみだったものが春日部駅で野田線から本線へ渡るシーン。旅客での体験となるとこうしたツアーに参加するしかなく、野田線沿線に住み身にとっては今回のツアーはまさにそれを叶えてくれるものでしたが、八木崎を発車して春日部に到着する直前で雨脚が強くなり、野田線から本線へと渡って春日部駅に到着した時には豪雨の中でありました。


 ここで客扱いを済ませ、横断幕を持った社員に見送られると、いよいよ本線へ。一路とうきょうスカイツリー駅を目指します。野田線内では駅ごとに停車していたのが本線では準急よろしくスピードを上げ、各駅を通過して行きました。一方車内では東武博物館の名誉館長、花上氏によるトークがスタート。8111F動態保存までのさまざまなエピソードに耳を傾けました。

記念弁当中身
車内で配布された記念弁当でランチタイム

 こうして12時ちょうど、終点のとうきょうスカイツリー駅に到着。春日部に到着した際に降っていたような豪雨に比べると落ち着いてはいたものの、相変わらず降り続く中を北側の電留線へと移動しました。この後、ツアーのお楽しみである撮影会に入りますが、受付の際に抽選が行われ、自分は4組目の12時40分からとなりました。すると、入口で待っているうちに雨が上がり、おかげで傘を持たずに撮影ができました。

東武8000系@とうきょうスカイツリー'12.9.2-1

東武8000系@とうきょうスカイツリー'12.9.2-2
(2枚とも)撮影会の様子

 両端それぞれで持ち時間が5分ほどと一見すれば短いようにも思えましたが、実際に現場で撮影していると時間に余裕があり、持て余してしまうほどでこれはありがたったですね。これがフリーのイベントだったら阿鼻叫喚になることは目に見えていますので、この点はツアーならではといったところですね。

 さてこの後は夕方までフリータイムとなりましたが、当初は東武博物館でも行こうかと思ったものの、受付で貰った行程表の中に撮影会終了後にとうきょうスカイツリー駅と浅草駅の区間を回送で往復する旨記されていました。到着時間などの詳しい情報もあって、この辺りはツアーならではといったところでしょうが、その回送列車を狙うべく、スカイツリーと絡めて撮影ができる源森橋へ向かうことにしました。

東武8000系@とうきょうスカイツリー'12.9.2-3
スカイツリーとのコラボhappy01

 やはりスカイツリーとコラボの絵を撮りたいのは誰もが同じこと。他のツアー参加者の姿を多く見かけましたねwink

 この後、浅草駅方向へ移動。吾妻橋から隅田川と水上バスを入れてあれこれ撮影してきました。

東武8000系@浅草'12.9.2-1

東武8000系@浅草'12.9.2-2
(2枚とも)吾妻橋から撮影

 午後3時過ぎ、昭和風のモダンな駅舎にリニューアルされた浅草駅に向かうと、先程吾妻橋で撮影した8111Fがホームに止まっていて、先頭車付近にはギャラリーが集まっていましたが思っていたほどではなく、この辺りもツアー参加者のみ知っている情報というせいもあったかもしれませんね。

浅草駅舎'12.9.2
モダンな門構えにリニューアルされた浅草駅

東武8000系@浅草'12.9.2-3
ホームに停車中の8111F

 こうして再びとうきょうスカイツリー駅に戻り、ソラマチタウン内でおみやげを物色してから集合場所へ移動。16時20分、添乗員の案内でラッチ内へと進みました。8111Fは一旦浅草へ回送され、それが折り返しとなって到着。再び指定車両に乗り込み16時35分、とうきょうスカイツリー駅を出発しました。

 来た時と同様、本線を快走。この日2度目となる春日部駅の渡り線を体験し、17時35分、大宮に到着しました。

東武8000系@大宮'12.9.2
大宮駅9番線から。到着してしばらく多くの人だかりが出来ていましたcoldsweats01

 参加者のほとんどが鉄道ファンという何とも“鉄”分の濃いツアーとなりましたが、それ故8111Fに対する思い入れが大きいことが伺えた1日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回2012年夏18きっぷの旅その4~島田市内で見つけた鉄道関連スポット2題

 8月25日、大井川鉄道の旅2日目は5時20分過ぎにチェックアウト。まずは歩いて数分のところにある中央小公園というところへやってきました。ここはD51が静態保存されていて、前の日に駅に置いてあった「しずおかSLスタンプラリー2012」のパンフにも紹介されていますが、ホテルから近いところにあるということで、ご挨拶してきた次第です。

D51101@島田市中央小公園'12.8.25
中央小公園に静態保存されているD51101号機にご挨拶

 このD51の101号機、説明板によれば昭和13年製造で、信越本線や羽越本線、それに中央本線で活躍した後、昭和48年に引退。すぐにこの地にやってきました。機関車の上に屋根が付いていて、まずまず外観がきれいだったことから、それなりに整備がなされているようですね。

 そのまま島田駅へとやってくると、ちょうど下り列車が行ってしまった後で40分ほど待ち時間がありました。とはいっても駅周辺で時間を潰せそうなところがないことから、5時51分発熱海行きに乗車。次の六合へとやってきました。

 前日、駅前にある郵便局で風景印を押印するため降り立っていますが、その時に狭軌最高記録達成の記念碑を見つけることが出来ず、改めて探してみたら、北口の階段を降りたすぐ、ホーム下にひっそりと鎮座していました。

クモヤ93000狭軌最高記録達成碑@六合'12.8.25
階段の下にひっそりと佇む記念碑

 1960年11月、架線試験車クモヤ93000形により高速度試験が行われ、ここ六合駅付近で狭軌としては最高の時速175キロが達成されましたが、こうした技術が後の新幹線の開業へと繋がることになり、今日の高速化への礎を築いたことになります。

 無事目的を果たし、6時16発岐阜行きに乗り込むことに。国鉄からJRになって直後くらいの頃には東海道本線を長距離で移動する普通列車がゴロゴロあったものでしたが、やってきたのは名古屋周辺でお馴染みの311系。211系や313系ばかりが走る静岡周辺では新鮮な顔ですね。

クモハ311-3@金谷'12.8.25
311系に乗って金谷へ

 金谷に到着。ここから大井川鉄道の旅の2日目がスタートします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.08

mattoh通信(8/15)~なすの266号

なすの266号@大宮'12.8.15

 お盆の最中の15日、あけぼのが大幅遅れで、代わりにE4系使用のなすの266号を紹介しておきます。東北新幹線のE4系も9月のダイヤ改正まで残りわずかとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/1】床屋ついでにブラブラした週末の午後

 先週の土曜日から高崎線でE233系の運行がスタートしました。試運転くらい見ることが出来るかと思っていたらこれが意外となくて、結局営業運転になって初めて動いているところを見ることになりましたが、すでに1番列車となった宮原7時9分発上野行きを朝練ついでにお出迎えし、12時14分発の上野行きで初乗りをしてきました。

E233系@宮原'12.9.1
高崎線でも運行がスタートしたE233系

 ドア上のLED表示がE231系のものと同じというのはいただけないところですが、E233系投入と入れ替わって211系が置き換えとなり、高崎線も大きく変わっていくことになりそうですね。

 さて、大宮到着後は野田線に乗り換えて岩槻へ。実家にいた頃から利用している床屋で散髪を済ませた後、再び野田線に乗り込みました。もちろんそのまま帰るはずはなく、春日部からスカイツリーラインに乗り換えて姫宮へやってきました。この後はいつもの東武動物公園寄りの田園地帯で東武の車両を撮影することに。田んぼには稲が穂を下げ、収穫のときを待っていました。

東武100系@姫宮'12.9.1
秋が近づきつつある風景の中、一路浅草を目指すスペーシア

 場所を姫宮駅寄りに変え、引き続き撮影してきましたが、15時半過ぎにそれまで好天だった空が急転し、雨が落ちてきたところで撤収となりました。当初は久喜経由で帰ろうと思うも、あれこれ調べているうちにこの日も8111Fの運転あるという情報をキャッチ。急遽来た道を戻ることになりました。

 8111Fのツアーについては29日から31日までのスカイツリーを絡めたものと2日のファン向けのものが募集されていて、1日については特に告知はありませんでしたが、帰宅後に調べたところ、東武博物館の会員向けツアーとのことでした。

 そんなわけで急遽予定変更をしたことから事前の準備がなく、あれこれ考えた末、以前撮影したことのある豊春で待つことに。しかし、以前訪れた冬場とは光線の様子が違っていて、時間が経つに連れて沿線の木々からの影が伸びてしまい、状況が厳しくなってしまいましたcoldsweats01。そんな中、大宮行きの8111Fが17時20分前に接近。一旦停車した後、大宮へ向けてすぐに出発して行きました。

東武8000系@豊春'12.9.1
夕日を受けて8111Fが到着!

 自宅を出たときには8111Fを撮影する予定なんてありませんでしたけど、午後から出かけた割にはいろいろと盛りだくさんとなかなか充実した週末の午後を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
群馬方面へ出掛けておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.07

mattoh通信(8/12・夕方編)~真夏の夕暮れ

快速お座敷たんばらラベンダー@宮原'12.8.12

 この日が最後の運行だったお座敷たんばらラベンダー。夏とはいえ、午後6時を過ぎると日もだいぶ暮れてきまして、夕日に染まった雲も見えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.06

第2回2012年夏18きっぷの旅その3~夜の静岡駅

 大井川鉄道の旅の続き、島田駅から歩いて10分足らずのところにあるホテルにチェックインし、部屋で少し休憩してから外出することに。夕飯を食べようと思いましたが、今回はこれといってあてはなかったことから静岡まで遠征することにしました。

 今回は18きっぷ利用なので、JRであれば移動には全く苦ではありませんが、帰宅ラッシュの普通列車に揺られて静岡に到着すると、「特急ふじかわ13号」と記された行先表示機が見えました。普段、313系や211系といった普通列車がほとんどを占める東海道本線にあって貴重な在来線特急ということもあり、久しぶりに373系の姿を拝むことに。ホームで待っていたら、3両編成の373系がゆっくりと入線してきました。

特急ふじかわ13号@静岡'12.8.24
373系使用の特急ふじかわ号と対面

 そういえばこの時間帯は今年3月のダイヤ改正まで、373系を使用した東京行きの普通列車がありましたね。18きっぷシーズンに何度か利用したことがありましたが、実家のある埼玉に到着するにはだいぶ遅くなってしまうものの特急型のシートに座れるのは有難いところで、湘南新宿ラインにグリーン車が連結されるまでは重宝していました。

 そんなふじかわ号の様子を見た後、改札を抜けて駅構内の飲食店街へ。5月のホビーショーのときにランチで立ち寄りましたが、特にあてもなく、チェーン店のトンカツで済ませてから改札口へ向かうと、「ホームライナー」と書かれた行先表示機が目に止まりました。20時13分発ホームライナー浜松5号ですが、これに乗れば島田までは途中藤枝に停車するのみなので、帰りはこちらに乗ることにしました。

 帰宅ラッシュでごった返すホームに上がり、券売機で乗車整理券を入手。すでに入線していた373系に乗り込みました。乗車整理券には指定された車両と座席が印字されているので、それに従い着席。基本的に自由席となっているJR東日本とは対照的ですが、ホームライナー浜松5号はゆっくりと静岡を出発しました。

 自分の乗った車両はほぼ座席が埋まった状態でしたが、この列車は始発が沼津で、浜松まで乗り換えなしで行けるとあっては18きっぷのシーズンにはなかなか重宝しそうですね。もしかしたらそうした乗客も乗車していたかもしれません。

 こうして静岡を出て20分弱で島田に到着。ホテルへと戻りました(つづく)。

ホームライナー浜松5号@島田'12.8.24
帰りはホームライナーに乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.05

第2回2012年夏18きっぷの旅その2~大井川鉄道のSL列車に乗る

 8月の旅の続き、金谷駅到着後、いよいよこの旅のメインイベントである大井川鉄道に乗り込みます。さっそくJRの駅の隣にある大井川鉄道の乗り場へ。窓口でこれから使用する「大井川線自由きっぷ」というフリーきっぷを入手してからホームに入ると、近鉄特急のカラーを纏った車両が入ってきました。

大井川16000系@金谷'12.8.24
大井川鉄道で活躍する元近鉄16000系

 現在、大井川鉄道では関西の大手私鉄から譲渡された車両が活躍していますが、こちらは近鉄南大阪線や吉野線で活躍していた16000系で、大井川鉄道では普通列車で使用されているもののゆったりしたリクライニングシートは近鉄特急時代のまま。こちらに身を任せ、12時17分に金谷を発車しました。

 新金谷を過ぎ、神尾の手前辺りからは大井川の姿が車窓に見えてきました。この後、千頭まではこの大井川に寄り添うように線路が延びていますが、18年前に初乗りしたときにもこの光景を目にしていたにもかかわらず、ほとんど記憶に残っていなかったりします。何分乗り潰し目的だったせいもあって千頭まで乗り通してしまい、何とももったいないところでしたが、その分今回はじっくりと堪能してこようと思った次第です。

大井川'12.8.24
大井川を見ながらの汽車旅を堪能

 やがて車窓には静岡らしく茶畑の様子も見え始め、列車は13時30分に終点の千頭に到着しました。改札を抜け、まずは窓口でこの後乗車するSL 列車、かわね路2号の急行券を引き換えることに。事前にネットで予約しているので、予め伝えられた番号を告げるとすぐに発券して貰いました。これで準備万端。遅いランチを取るべく売店にあった駅弁を入手してから駅の隣にある休憩室でいただきました。

千頭駅舎'12.8.24
大井川本線の終着、千頭に到着

静岡味ものがたり中身
この日のランチは駅弁でしたrestaurant

 ランチを済ませ、時刻は14時前。出発までは1時間近くあり、まずは休憩室下にあるSL資料館を見学することに。先程急行券を引き換えた窓口で入館券を買って中へ入るも誰もおらず、これなら無料にした方がいいんじゃないかとも思いましたが、展示されていた資料も雑多に置かれている感じでしたねcoldsweats01

ヘッドマーク@SL資料館
雑多な印象だったSL資料館

 そんなわけでSL資料館の方はあっという間に見終わってしまい、駅周辺をブラブラしていると、すでにSL列車がホームに入線していたので、駅の外側から様子を見ようとしましたが、何とかこの日の牽引機であるC56は撮影できるものの、列車全体となるとちょっと難しく断念。駅へと戻りました。

大井川C5644@千頭'12.8.24-1
この日の牽引機はC56-44号機

 何もすることがなかったものの、ホームへは入れるとのことでブラブラしていると、構内に留置されているさまざまな車両に目が留まりました。近鉄養老線で使用された421系や西武からやってきた電気機関車など、どれも貴重な車両ばかりですが、さすがSL列車を運行させる会社とあって、見ていて飽きませんでしたね。

大井川E34号@千頭'12.8.24

大井川421系@千頭'12.8.24
(2枚とも)千頭駅構内で佇む留置車両たち

 そろそろ発車時間が近づいてきたので、客車に乗り込むことに。指定されたのは1号車で、機関車のすぐ後ろ。しかも車内はニス塗りでかなり年季の入っておりました。そんな中乗客も徐々に集まり始め、14時48分に到着した金谷からの普通列車と入れ替わりるように14時50分、かわね路2号は千頭を出発しました。

大井川C5644@千頭'12.8.24-2

千頭駅名板'12.8.24

オハ35-435車内
(3枚とも)SL列車で一路新金谷へ

 発車してすぐ、車内では女性の車掌さんによるアナウンスが流れ、沿線の観光案内とあわせてハーモニカの演奏が行われました。SL列車の目玉の一つですが、のんびりと走りながら大井川の川面や茶畑を見ながらの旅は久しぶりに“汽車旅”を味わうことができました。

旧客からの車窓'12.8.24
旧型客車からの車窓

 かわね路2号は途中、川根温泉笹間渡と家山のみ停車し16時10分、終点新金谷に到着。以前は金谷まで乗り入れていましたが、ちょうど1年前に新金谷駅の外れに転車台が設置されたのを機会に新金谷止まりとなりました。その転車台を見るべく駅の外へ出てみると、展示用のC11が止まっていて、その脇を先程乗ってきたSL列車が入れ替え作業を開始。C56の機回しが行われました。

大井川C5644&C12164@新金谷'12.8.24
SL列車を牽引したC56がC12と連結

 さてここからは徒歩で金谷駅を目指すことにします。というのも、日中金谷駅で購入した大井川線自由きっぷが2日間有効のフリーきっぷながら金谷まで乗ってしまうと有効期間内でも回収されてしまうとのこと。このきっぷを翌日、撮影で回るため使用したいわけですが、地図で見た限り歩いても十分行ける距離だったことからのんびり歩くことに。まだまだ暑い中、山肌の茶畑を見ながら金谷駅へ到着しました。

大井川16000系@新金谷'12.8.24
新金谷から金谷まで歩いて移動

 この日は島田駅近くのホテルを予約してあったので、金谷から東海道本線の上りで一駅移動。夕日に染まった島田の町を歩いてホテルへと到着しました(つづく)。

211系@島田'12.8.24
夕日に染まる島田駅に到着する211系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.04

【8/29】見沼通船掘と東武8111F

 先週の水曜日は急遽午後から休みが取れました。それはいいんですが、何分急だったもんで、果たして何をしようかあれこれ考えていたら、この日は見沼通船掘の閘門開閉実演が行われるとのこと。毎年8月末に行われていることは以前から知っていましたが、平日行われるとあってなかなか機会がないことから、今回初めて訪ねてまいりました。

 午後1時から開始。角落としと呼ばれる板を堀に落とすことにより水位が上昇し、それによって船の行き来が可能となるわけですが、こうした技術がすでに江戸時代に確立されていたことにただ驚くばかりですね。

見沼通船掘'12.8.29
初めて拝見した見沼通船掘の閘門開閉実演

 この後は一気に都内へ。秋葉原で買い物をして時刻を見たら15時を過ぎたあたりでした。さすがに帰るにはまだまだ早い時間。果たしてどうしたものかと再び考えていたら、駅前ロータリーにあった東京スカイツリータウン行きのバス停が目に留まり、これに乗ることに。15時20分、秋葉原を出発しました。

日立自動車交通バス@秋葉原'12.8.29
秋葉原と東京スカイツリータウンを結ぶ日立自動車交通バスの路線バス

 所要20分ほどとのことでしたが、道が混んでいたこともあって到着時間よりちょっとだけオーバー。しかも到着したのは浅草通り沿いで、ソラマチタウンまでは道を1本渡って5分ほど歩くことになりました。ここへはスカイツリーのオープン以降初めて着ましたが、平日にも関わらず観光客を中心に多くの人で賑わっていて、今回は見て回るのはパス。といっても、数日後にはここへ再訪することになるんですよねぇcoldsweats01

 この後はスカイツリーラインでひたすら春日部へと向かい、野田線に乗り換え。すると各駅や沿線にはカメラをセットした人の姿がチラホラ見え、最初は何事かと思いましたが、改めて考えてみるとこの日は動態保存が決まった8000系8111Fを使用した団体列車が運行されるとあって、それ目当てのギャラリーでした。そこでこちらも8111Fの姿を見るべく大宮公園で下車することにしました。

 今回は急なことだったため手持ちにはコンデジしかありませんでしたが、野田線の撮影では慣れている大和田との間の見沼田んぼ付近で待つことに。8月も末になると光線もだいぶ落ち始め、どんな按配になるのか気になるところでしたが、17時半頃に8111Fが通過。ベージュとオレンジという昔懐かしい塗装となってからは初めての対面となりました。

東武8000系@大宮公園'12.8.29
動態保存が決まった8111Fを野田線で見る

 この後、大宮からの折り返してきた回送列車を産業道路の陸橋から撮影し、大宮へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.03

mattoh通信(8/12・日中編)~185系2題

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.12

 お盆前の日曜日、湘南色OM03編成が日中の草津3号に入るとあって狙うことに。1時間後には臨時水上91号もあったので、久しぶりに185系”祭り”を楽しみましたwink

特急草津3号@宮原'12.8.12
草津3号に入ったOM03編成

特急水上91号@宮原'12.8.12
盆シーズンに走った特急水上

 水上も'10年12月のダイヤ改正で臨時化され、その後は細々と臨時で運転されてきましたが、この秋は臨時もないようで、ひっそりと姿を消すことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.02

【8/26】第3回栗橋みなみ夏祭りへ行ってきた

 先週の日曜日、前日まで大井川鉄道の旅に出ていたこともあり、疲れが完全に取れていない中、栗橋みなみ夏祭りへと行ってまいりました。

 栗橋に到着したのは昼前。ちょうど新宿行きの特急きぬがわ4号がやってくる時間で、まずはこれを見送ることに。5月に足利藤祭り号を撮影した久喜市栗橋文化会館「イリス」の前で撮影した後、会場へと向かいました。

特急きぬがわ4号@栗橋'12.8.26
きぬがわ4号をお見送り

 会場となっているイリスに到着。思えば去年は開催日が北海道へ旅立つ日と重なってしまい、開始時間に合わせて栗橋へ到着。お目当ての限定フィギュアを手に入れてから慌しく羽田へと向かったものでしたが、今年は限定フィギュアの販売がないことや去年の目玉だった声優のトークショーなど目玉がなかったこともあって、会場は比較的まったりとした空気でした。

鉄むすフィギュア@栗橋みなみ夏祭り
これだけ揃うと圧巻ですねwink

 一方、今年は鉄むす絡みの鉄道会社を中心としたグッズ販売が充実。袋一杯に購入した来場者の姿も多く見かけましたが、個人的には琴線に触れるようなモノはなし。1つ、青い森鉄道の八戸ときえ関連のモノには惹かれるものがあったものの、こちらは近日訪れる予定があることから今回はパスして、商工会ブースでうちわとノートを入手するに留まりました。

わかば&ときえ等身大パネル@栗橋みなみ夏祭り'12.8.26
わかばさんとときえさんも応援に訪問heart01

みなみグッズ
今回の戦利品happy01

 過去2回に比べ、鉄道会社のグッズ販売はこれまでで一番充実していたものの、これといった目玉が見当たらなかったという点では物足りなさを感じてしまった今年の夏祭りでした。夕方行われたミスくりはしのコンテストがどんなものだったのかわかりませんが、当初の目新しさが次第に薄れつつある中でマンネリ感が漂いつつある感もあったりして、今後どう展開していくのか気になるところです。

東武100系@栗橋'12.8.26
会場前で撮影したスペーシア

 当初は春日部回りでと思いつつも、あまりの暑さに辟易してしまい、結局来た時と同じ道で早々に引き上げとなってしまいました。

(おまけ)

 行き掛け、大宮駅でスカ色の115系を見かけましたが、先頭の種別幕のところに「急行」と表示されていたのにはちょっと驚いてしまいましたcoldsweats01。サービスかどうかはわかりませんが、今後中央線の115系にもいろいろと動きが出そうなので、これから注目が集まりそうですね。

115系@大宮'12.8.26
「急行」幕を出したスカ色115系と対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.01

第2回2012年夏18きっぷの旅その1~金谷への道のり

 先月24日と25日の2日間、18きっぷを使って大井川鉄道を訪ねてきました。’94年12月の初乗り以来ご無沙汰で、この時は金谷から井川まで一気に乗り通した後、当時健在だった静岡行きのバスで抜けたという、まさに乗り潰し目的の行程でしたが、今回はここの名物であるSL列車を楽しむのが一番の目的でありました。

 この日も朝練してから出発と思いましたが、あけぼのの直前を走る上野行きの車両に不具合が発生したとかで断念。そのまま上野へと向かいました。ここで一旦下車。京成の上野駅へ向かい、この日が発売初日だった京成パンダのキーチェーンを4種類入手してから再び上野駅へ戻り、あけぼのをお出迎えいたしました。

京成パンダキーチェーン

寝台特急あけぼの@上野'12.8.24
(2枚とも)上野での収穫

 この後は東海道本線でひたすら、となるところでしたが、そうなると金谷の到着がぎりぎりとなってしまって郵便局巡りが出来なくなってしまうので、小田原から新幹線のお世話になることに。9時36分発のこだま641号に乗り込みました。こちらは5月に静岡ホビーショーを訪れた時と同じ列車で、10時23分に静岡に到着。

こだま641号@新富士'12.8.24
新幹線でワープbullettrain

 さっそく南口の駅近くにある郵便局へ。富士山をバックに700系新幹線が鉄橋を渡るといういかにも静岡らしいデザインの風景印を貰った後、10時51分発の島田行きで出発しました。

静岡駅南口風景印
静岡駅南口局の風景印

 時間的に郵便局巡りができるのは1箇所くらいしかないことから、いろいろ考えた末、駅のすぐ前にある六合で途中下車することに。20年位前、硬券入場券を買うため下車したことがありますが、北口のすぐ目の前に郵便局があり、ここで風景印をゲット。ここも富士山がデザインされていますが、最近郵便局で見かけるようになったご当地フォルムカードがSLのデザインだったことから、こちらに押してもらいました。

島田六合局風景印
六合駅前にある島田六合局の風景印

313系@六合'12.8.24
真夏の昼下がりsun

 こうして正午前の11時54分、金谷に到着。いよいよこの旅一番の目的である大井川鉄道に乗り込みます(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »