« 今日は | トップページ | 夫婦旅2012青森・函館編その2~青森で小休止 »

2012.10.08

【9/29】東武8111F、再び野田線を走る

 9月最後の週末、29日から“東武顔”8111Fを使用した、大宮ととうきょうスカイツリーとの間を結ぶ臨時列車の運転がスタートしました。先月2日のツアーに参加した際には8111Fの雄姿を十分堪能したところでしたが、今度は来月25日まで週末毎に1日1往復する臨時列車として運転。しかも乗車券のみで乗れるとあって、野田線もしばらくはいろいろと盛り上がりそうですね(詳しくはこちら。PDFファイル)。

 そんなわけで、さっそく様子を見に野田線沿線をブラブラしてまいりました。大宮から宇都宮線に乗り換えて土呂に到着。見沼田んぼへとやってきましたが、これは先月の漫画会館を訪れたときとコースが逆。しかし今回は日中好天に恵まれ、見沼田んぼの中を行き交う野田線の8000系を撮影しながら過ごしました。

東武8000系@大宮公園'12.9.29
好天の中、見沼田んぼで過ごす。

 そんなわけで、もうちょっと歩いて大和田から乗り込んでもよかったんですが、さすがにそれはしんどくなりそうだったので、素直に大宮公園から乗り込むことに。とはいえ、この時点で降りるところを決めておりませんで、あれこれ考えた末に結局勝手知ったる岩槻で降りることに。東岩槻方面へ線路に沿って歩いてみることにしました。

 撮影できそうなところを探してみましたが、この区間は1999年に複線化工事が行われたところで、線路脇には真新しいフェンスが建てられていて撮影には些か難しいところ。やがて久伊豆神社の前を通り抜け、元荒川の土手までたどり着いてしまいました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐1
元荒川を渡る8000系

 東岩槻の駅前を通り過ぎて踏切を渡ろうとしたら、春日部方面から秋の全国交通安全運動ヘッドマークを付けた8154Fが到着。このヘッドマークも毎年この時期の恒例となっていて、先程の見沼田んぼで過ごしていた時も柏方面へ走っていくところを見かけましたが、この後大宮から折り返してくるところを狙うべく、この先の豊春との間のちょうど真ん中付近でお出迎えしました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐2
秋の全国交通安全運動ヘッドマークを付けた8154F

 その間、もう1本いるヘッドマーク付きの8164Fが大宮へ向けて走っていきましたが、8111Fが東岩槻に到着するのは16時8分で、残り1時間ほどとなったところでそろそろ場所を決めるべく再びブラブラすることに。結局、東岩槻駅近くの線路脇で落着くことになりました。まずは大宮から折り返してきた8164Fを撮影。15時半を過ぎて太陽が西に傾き、思いのほか光量が少なくなってしまいました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐3
秋の全国交通安全運動ヘッドマークの2本目、8164Fも対面

 その後も徐々に日も暮れてきて暗くなってきましたが、この日は台風が近づいていたこともあって、その影響もあったかもしれません。そんな中、春日部方面から8111Fがやってきました。今回は、「大宮・とうきょうスカイツリー」と記された差込式のサボが取り付けられていましたが、これも一昔前の東武らしいところといえそうですね。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐4

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐5
(2枚共)大宮へ向けて走り去る8111F

 思えば電波塔誘致に関してはさいたま市も立候補に上がっていたわけで、直通の臨時列車が運転されるのは何とも皮肉なところですが、さいたま市からだとスカイツリーまで乗り換えなしで行ける交通機関がないので、貴重な存在といえるかもしれませんね。これからの時期、復路をさいたま市内で撮影するのはちょっと厳しいかもしれませんが、時間がある限り追っかけてみたいと思います。

|

« 今日は | トップページ | 夫婦旅2012青森・函館編その2~青森で小休止 »

さいたま市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/55842205

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/29】東武8111F、再び野田線を走る:

« 今日は | トップページ | 夫婦旅2012青森・函館編その2~青森で小休止 »