« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012.10.31

mattoh通信(10/6)~583系&レール運搬車

583系@宮原'12.10.6

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.6

 この日の朝練、583系と出会いました。先月の函館への旅の道中に青森駅で停まっていたのを見たばかりだったので、何かとご縁がありますねhappy01

 一方、明治公園のイベントへ行く出掛けにレール運搬車と遭遇。カマは1107号機でした。

EF65-1107@宮原'12.10.6
出掛けに遭遇したレール運搬車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.30

【10/21】久々の都電荒川線散策

 先週の日曜日は久々に都電荒川線の沿線をブラブラしてきました。以前買ってあった「Rose Color Pass」1日乗車券の使用期限が迫っていたこともあり、そろそろ使っておきたいと思っていたところ、毎年恒例の荒川線の日のイベントがあるとのことで、その訪問を兼ねて乗り歩いてまいりました。

 いつものように尾久駅から歩いて都電の沿線へ出ると、線路沿いにバラがあちこちで咲いていて、それを見ながら荒川車庫前に到着。スタッフが資材搬入で動き回っていて、それを横目で見ながら早稲田行きの電車に乗り込み、一旦ここを離れました。

とあらん&ちん電くん@都電おもいで広場'12.10.21
イベント開始前の一こま

 まずやってきたのは鬼子母神前。例によって千登勢橋から撮影することにしましたが、今回はいつもとは反対側の新宿側から狙ってみることに。以前から気になっていましたが、軌道内に光線があまり入ってこないこともあって、車体を狙うにはちょっと厳しいところ。しかし、背後の高層ビルや周囲の木々を入れてみるとなかなか絵になるところで、この後の紅葉の時期に再訪してみたいですね。

都電7000形@鬼子母神前'12.10.21
紅葉の季節にもう一度訪ねたいですね>千登勢橋

 続いて向原へ。ここから大塚駅前まで、バラを見ながら歩くことにしました。ちょうどこの日からバラまつりが開催されるとのことで、線路沿いのバラもきれいに咲いておりました。

都電8800形@向原'12.10.21
バラを見ながら大塚駅方向へ

 時刻は午前10時半を過ぎ、そろそろイベント会場の方へ向かうべく電車に乗り込んだものの、途中の飛鳥山で降りてのんびり歩くことに。あちこち寄り道し、ようやく荒川電車営業所にやってきました。すでに会場には多くの人で賑わっておりましたが、これまでと違って車庫前での撮影会がなくなり、車庫内での運転台の見学や花電車のトラバーサー実演などが行われていました。

とあらん@荒川電車営業所'12.10.21

都電花100形@荒川電車営業所'12.10.21

花電車飾り@荒川電車営業所'12.10.21
(3枚とも)撮影会はなかったものの、全体的に待ったりムードでしたhappy01

 内容としてはどちらかと言えばファミリー向けになっており、これは最近の大手私鉄のイベントに共通する傾向のようですが、そのためなのか、会場内はまったりした雰囲気でしたね。

 結局、会場で明美の都電もなか5個入りをおみやげに入手してから退散。再び線路に沿って三ノ輪橋方面へ歩いていくと、荒川遊園地電停で王子方面からやってきた9002号と出会いました。こちらは10月一杯まで都電ハロウィン号として運転されており、両端には特製のヘッドマークも取り付けられるなど、ハロウィンのシーズンにぴったりな仕様となっていました。

都電9000形@荒川遊園地前'12.10.21
都電ハロウィン号としてやってきた9002号

 この後、町屋でランチ休憩してからぶらぶら乗り歩き、三ノ輪橋からは9001号に乗って再び町屋まで戻ってきました。

都電9000形@三ノ輪橋'12.10.21
入れ替え作業中の9001号

 これで都電の乗り歩きは終了。京成に乗り換え、関屋で東武に乗り換えて北千住には15時半前に到着しました。こう書くとその後の行動がわかってしまいますが、この後は大宮行きのリバイバルカラー、8111Fの臨時列車に乗って帰ることにします。前日、地元でコスモスをバックに撮影したばかりですが、やはり注目される車両なので気になりますね。

東武8000系@春日部'12.10.21
大宮まではリバイバルカラーで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.29

mattoh通信(10/5)~新幹線狙いのつもりが・・・

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.5

200系@大宮'12.10.5

寝台特急北斗星@大宮'12.10.5

 この日は新幹線を狙っておりましたが、とき306号を撮り終えて3・4番ホームへ行ったら、北斗星が遅れているとのことで、こちらもお迎えすることとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.28

夫婦旅2012青森・函館編その5~湯の川温泉の夜

 夫婦旅の続き、いよいよ今宵の宿へと向かいます。湯の川温泉の電停から10分足らずのところにある「一乃松」という旅館に到着。玄関脇に佇む2本の松を見ながら中へ入ると、まず目に留まったのが畳敷きのロビー。他の旅館では当たり前に目にするずらりと並べられたスリッパがない辺り、目新しいところでした。

 チェックインを済ませ客室へ。夕食まで時間があったので、一休みした後、館内の温泉で汗を流し、いよいよお楽しみの夕飯タイムとなりました。食卓に並んだのはもちろんカニやウニといった北海道の食材で、所狭しと並べられた料理を眺めながらただ言葉が出ませんでしたが、もちろん函館名物のイカソーメンもありましたbeer

夕食@一乃松
北海道の食材が並んだ宿の夕食

 そんな中、部屋備え付けのテレビを観ていたら、北海道新幹線を扱った番組が流れていました。内容は九州新幹線の開業を例に取り、北海道でも同様の経済効果を期待しているというものでしたが、2匹目のどじょうがいるかはともかく、沿線の自治体では新幹線の開業に大きな期待を寄せていることが伺えました。それにしてもまだまだ先だと思っていた北海道新幹線、開業に向けて着々と進んでいるんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.27

mattoh通信(10/2)~10月最初の夜行2題

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.2

寝台特急北斗星@大宮'12.10.2

 10月に入って最初に撮影したあけぼのと北斗星です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

新前橋のイベントを訪問後、吾妻線沿線をぶらつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.26

夫婦旅2012青森・函館編その4~摩周丸見物、そして湯の川へ

 久しぶりに函館への夫婦旅を続けます。函館駅前に立ち、まずは駅から近いところにある函館駅前局を訪問。時刻は午後3時過ぎとまだ郵便局が空いている時間でしたが、今回の旅で唯一訪問することになった郵便局で、せっかくの北海道の旅にもかかわらず、郵便局巡りの面ではちょっと物足りないところ。

函館駅前局風景印
今回の局巡りはここのみweep

 さて、宿へはまだ早い時間とはいえ、市内観光にはちょっと時間が足りないところ。そうなるとエキチカとなり、函館市青函連絡船記念館摩周丸を見物することに。ここは学生のときに1度訪ねたことがありましたが、すでに昔のことで館内に何があったか全く記憶に残っていません。改めて船内を回ってみましたが、何分青函連絡船に乗れなかった身とあって、どうしても過去の乗り物といった感は否めないですね。

函館市青函連絡船記念館摩周丸'12.9.21
20数年ぶりの訪問となった摩周丸

 そんな中、デッキに上がって函館湾を眺めていたら、対面に一風変わった船がいるのを目にしました。かなり遠いところに停泊していたこともあり、手持ちのカメラで望遠側にして確認したところ、「ナッチャンRERA」という高速船と確認。かつては東日本フェリーが所有し、津軽海峡の航路で運行されていましたが、現在は休止中となっていて、おそらくここにずっと停泊しているものと思われます。

ナッチャンRERA'12.9.21
湾内で停泊中の「ナッチャンRERA」

 こうして見学を終え、湯の川へ向かうべく函館駅前へと戻ると、駅前に何やら着ぐるみが津軽三味線の音色に合わせて踊っているところに遭遇しました。どうやら弘前市の観光PRで訪れたようで、弘前城の格好をした「たか丸くん」と弘南鉄道のラッセル車を模した「ラッセル君」の2体のゆるきゃらが道行く人の注目を浴びていました。

ラッセル君@函館駅前'12.9.21
弘前からやってきた弘南鉄道のゆるきゃら「ラッセル君」

 そんな彼らの活躍を見た後、いよいよ駅前から市電に乗り込みます。2年前に乗ったときは函館での滞在時間がわずか3時間ほどと、駒場車庫までの往復しか出来ませんでしたが、翌日は函館市内を1日観光して回るので、たっぷり乗ることが出来そうですね。

函館市電716@湯の川温泉'12.9.21
今宵の宿、湯の川に到着

 そんな湯の川に到着したときにはすでに日も暮れ、足早に宿へと向かいました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.25

mattoh通信(9/30)~朝霧

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.30


 9月最後の日、朝起きたら外は濃い霧に覆われていました。そんな中、あけぼのは定時で無事通過。霧の中を大宮方面へ向けて去っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.24

【10/20】コスモスとリバイバルカラー

 先週の土曜日は市営大宮球場の北側で行われた恒例のコスモスまつりに行っておりました。おととし、行き交う野田線の8000系を入れて撮影しましたが、今年は何といってもリバイバルカラーの8111Fが運転されているとあって、コスモスをバックに走る姿を見たいと思い訪ねた次第。

 会場には早めの午前10時過ぎに到着。コスモス畑は球場に近い南側に広がっており、2年前に比べると線路から離れてしまいました。そのため、列車を入れて撮影するには畑の南側から広角気味でやるか、なるべく線路に近いところからやるかとなりそうでしたが、まずは大宮への送り込みを狙うべく会場西側の細い道で待機。何気に見かける構築物や駐車中の自動車を避けて何とか撮影しました。

東武8000系@大宮公園'12.10.20-1
コスモスをバックに大宮へ向かうリバイバルカラー8111F

 この後、大宮発の臨時列車は畑の南側から。真ん中辺りから広角でやってみたり、線路に近いところでやってみたりといろいろ試すもなかなかしっくり行かず、正直四苦八苦状態でしたが、直前になって思いついた流し撮りでやるも、正直ダメダメでしたねぇcoldsweats01

東武8000系@大宮公園'12.10.20-2
流し撮りでやりましたが・・・coldsweats01

 そんなわけで、この日の活動はこれにておしまい。自宅には昼過ぎに戻っておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.23

mattoh通信(9/29)~夏の終わり

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.29

 この夏もさまざまな列車が地元を行き来していましたが、最後を飾ったのが、リゾートやまどりを使用した特急リゾート草津号でした。

特急リゾート草津@宮原'12.9.29
夏の終わりを飾った「特急リゾート草津」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.22

【10/14】実家で法事があったので・・・

 10月14日は鉄道の日。実は父親の命日でもあったりしますが、今年は実家で法事が行われるとあって、この日は岩槻へ行っておりました。寺には午前11時集合とのことで、行きがけに8111Fの大宮送り込みをどこかで撮影できると思い、どこで降りるかあれこれ考えてみたところ、結局大宮公園駅で待つことに。2日続けて大宮公園で下車と相成りました。

東武8000系@大宮公園'12.10.14
行きがけに8111Fの送り込みを撮影

 おかげで寺には11時ぎりぎりに到着。お参りを済ませた後に昼食会があり、それが終了したのは午後1時前でした。もっと掛かるものと思っていただけにちょっと拍子抜けでしたが、このまますんなり帰ってしまうのはもったいないところ。そこで春日部へ移動してスカイツリーラインの列車を撮影することに。といっても当てはなく、一ノ割との間の野田線との交差するあたりで適当に撮影した次第でした。

東武200系@春日部'12.10.14
スカイツリーラインの撮影で暇つぶし

 その後は適当に過ごし、帰りはやはり8111Fに乗って帰ることに。野田線へと通じる渡り線を通過し、大宮へと戻ってまいりました。

東武8000系@春日部'12.10.14
帰りはもちろんこちらで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.21

mattoh通信(9/27)~1つ忘れてた

200系@大宮'12.9.27

 1つ上げるのを忘れておりましたが、この日のとき306号がK47編成でした。200系の中で唯一開業当時の塗装となっているK47編成ですが、今年はいろいろとイベント列車に引っ張りだこですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

都電沿線をぶらつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.20

【10/13】埼玉高速鉄道イベント&全日本模型ホビーショー訪問

 鉄道の日を翌日に控えた13日、地元埼玉高速鉄道の車両基地で恒例のイベントが開催されるとのことで、当初から予定を入れていましたが、数日前になってJRの川越車両センターでもイベントがあることを知り、正直迷ってしまいました。まあ、両方行くことも出来なくはなかったんですが、さいたま市を東西で行き来するのも面倒なのと、その足で幕張メッセへ行きたかったということもあり、当初の予定通りとなりました。

 まずその前に東武の8111Fを撮影しようと大宮公園駅へ。産業道路の陸橋近くで待ち構えました。11月まで毎週運転とのことで、9月上旬の団体列車が運転された時の頃に比べると落着いてきたでしょうか?

東武8000系@大宮公園'12.10.13
この日最初のミッションはこちら>東武8111F

 この後土呂まで歩き、一気に東川口へ。途中の東浦和までは普段の通勤経路上なので、休みの日までいつもの通勤列車に乗るのも気が引けるところ。しかし休みの日に乗ると普段と景色が違って見えたりして何とも不思議なところですね。

 東川口では数日前に入手しておいた記念1日乗車券に日付を入れて貰ってから乗車。浦和美園到着後、さっそくイベント会場となっている車両基地へと向かいます。まずは車両展示。埼玉高速鉄道の2103Fにこれまで登場した3億人達成記念のヘッドマーク3種類が並べられました。

車両展示@浦和美園車両基地'12.10.13

埼玉高速3億人達成記念ヘッドマーク

鉄道の日記念ヘッドマーク
(3枚とも)車両展示会場に登場した3億人達成記念ヘッドマーク

 このうち、最初に登場したヘッドマークは確認済みだったものの、他の2つは確認できずにいたので、もしかしたら今回のイベントでやってくれるんじゃないかと期待していただけに、これは目論み通りでしたね。

 一方、グッズ販売の方ですが、鉄道むすめ関係は埼玉高速鉄道のみ。限定フィギュアやクリアファイルといったすでに入手済みのものばかりだったので散財はしませんでしたが、3億人達成記念のヘッドマークが1個10,000円で販売されていました。実際に使われていたものと同じサイズのもので、しっかりとみそのさんのイラストもありましたが、自宅まで持ち帰るのにちょっと勇気が要りそうでしたねcoldsweats01

ヘッドマーク販売@浦和美園車両基地'12.10.13
実物と同じ大きさのヘッドマークも販売(さすがに手は出せないですねぇcoldsweats01

 結局30分ほどで退散。東川口まで戻り、再び武蔵野線に乗り込んで一気に海浜幕張へと到着しました。改札を出るとすぐに全日本模型ホビーショーの会場となっている幕張メッセへ直行。さっそく会場を見て回ります。

 やはりここでの注目はトミーテックのブースで、鉄道むすめの新企画が発表されるとあって期待していましたが、すでに数日前からtwitterなどで情報が上がっており、概ね内容は把握していたものの、“てつむすごっこ”なる頭でっかちのフィギュアと全国鉄道むすめ巡りの第2弾が現在企画進行中とのことで、特に後者は第1弾よりもスケールアップするようなので、また忙しくなりそうですねcoldsweats01

てつむすごっこ@全日本模型ホビーショー'12.10.13
これはこれでかわいいかも・・・heart01>てつむすごっこ

全国鉄道むすめ巡り企画中@全日本模型ホビーショー'12.10.13
こちらも楽しみ・・・happy01

 16時から始まるトークショーにも興味がありましたが、最後まで聞いていると帰りが遅くなりそうだったのことで、15時半前には退却。2,000円以上買うと限定の名刺付きクリアファイルが貰えるとのことで、製品版のクリアファイルを購入してから会場を退散。ちょうどしもうさの時間に間に合うとあって南船橋から乗り込み、大宮まで戻ってきました。

209系@南船橋'12.10.13
この日は209系でした>しもうさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10/7】秋の乗り放題パスで行く信州日帰り旅

 連休中日、前の日に入手した秋の乗り放題パスを使って長野方面へ日帰り旅をしてきました。昨年まで18きっぷと同じようなスタイルのきっぷとして発売されてきましたが、今年は名称が変わった上に連続3日間での利用となってしまい、18きっぷのように好きな日に飛び飛びで使うというのが出来なくなってしまいました。7,500円に値下げされたのはありがたいんですけどねぇ。

 最近エキナカがオープンした西国分寺で朝を済ませ、中央本線で一路松本を目指すことに。高尾を8時20分に発車する甲府行きで、まずは笹子で途中下車しました。ここに降り立つのは初めてでしたが、何と行っても笹子餅が有名なところですね。はるか昔、中央線の各停に乗っていたときに車内で売りに来たのを買ったことがありますが、今も売りに来るんでしょうかね?

E351系@笹子'12.10.7
笹子で途中下車

 この日は朝から雨が降っており、山梨県内に入っても相変わらずすっきりしない天候が続いていましたが、甲府に到着した辺りで雨は上がり、次第に回復してきました。その甲府からはホリデー快速ビューやまなしに乗り換え。オール2階建ての215系に揺られること11時59分、終点の小淵沢に到着。次の列車まで30分ほどあったので、駅近くで撮影しながら時間潰しをしました。

215系@小淵沢'12.10.7
ホリデー快速ビューやまなし号で小淵沢へ

 12時39分発松本行きに揺られ、終点に到着。さっそくアルピコ交通の乗り場にやってきました。ホームには白く塗装された元井の頭線の車両が停車していて、車両の両端には鉄道の日のヘッドマークが掲げられていましたが、乗り込むとすぐに発車。さっそく2つ目の渚で降りることにします。

アルピコ交通3002@松本'12.10.7
「鉄道の日」ヘッドマークが掲げられたアルピコ交通の3000系

 ホームに降り立つとまず目に留まったのが、ホーム上に佇む駅名板。実はこの日のミッションがこちらだったりしたんですが、そこには「渕東なぎさ」というアルピコ交通の萌えキャラが描かれていました。この先、新島々の手前にある渕東駅とここ渚駅を組み合わせた、まるで鉄道むすめのようなネーミングですが、駅はホーム1面の無人駅と何の変哲もない駅で、周囲の環境からするとかなり目立った存在でしたcoldsweats01

渚駅名板'12.10.7
アルピコ交通の萌えキャラ「渕東なぎさ」のイラストが描かれた渚駅の駅名板

 もちろんこれで引き返してしまうのはもったいないので、後続の新島々行きに乗り込んで車庫のある新村まで向かいます。ここは6年前の’07年1月、今は鉄博に展示されている最古の電車、ハニフ1形を見学するため訪れたことがありましたが、開業時から使われてきた古い駅舎が今年3月で使用をやめ、隣に真新しい駅舎が建てられていました。

新村旧駅舎'12.10.7
3月で役目を終えた旧駅舎

 その真新しい駅舎の窓口では渕東なぎさのイラストが入ったリンゴのクッキーがあり、おみやげに入手。この後、駅周辺をブラブラ散策しながら、行き交う電車を撮影して過ごしました。

アルピコ交通3000系@新村'12.10.7
駅周辺で時間潰し

 そんな新村といえば、車庫に留置されていた元東急5000系の廃車体が思い出されますが、最近になって東急時代に活躍していた頃の緑に塗装しなおされ、 “青ガエル”が復活しました。撮影会などのイベントも時々開催されているようですが、やはりこの車両には緑色が似合いますね。

松本電鉄5000系@新村'12.10.7
青ガエルに塗装された元東急5000系

 こうして16時21分発松本行きで新村を出発。車内は立ち客が出るほどの盛況振りで、いずれも上高地からの帰り客でしたが、松本から17時23分発快速リゾートビューふるさと号に乗り換えます。何と言っても7月に乗ろうとしたら大雨で運休の憂き目にあってしまい、今回そのリベンジとなりましたが、アルピコ交通に乗り込む前に松本駅の指定席券売機で状況を確認。空席にありつけました。

HB-E300系@松本'12.10.7
ようやくリベンジが果たせましたconfident>リゾートビューふるさと

 車内は意外と普段着っぽいいでたちの乗客の方が多い感じで、観光客の方が少ないほど。篠ノ井線に入り、徐々に日が暮れていく中、姨捨には18時6分に到着しました。停車時間がわずかとあってホームに降りて空気を吸うというわけには行きませんでしたが、車内から何とか眼下に広がる夜景を見ることができました。

夜景@姨捨'12.10.7
車内から見た姨捨の夜景(悪あがきですが・・・coldsweats01

 こうして18時28分、終点の長野に到着。1時間ちょっとと物足りないところでしたが、次回は全区間乗り通してみたいところですね。

 この後、息つく暇もないまま18時46分発のあさま546号に乗り換えることに。長野新幹線開業15周年を記念したSuicaペンギンのラッピングが施された車両で、こちらに揺られ、高崎に到着。そのまま大宮まで乗っていきたいところでしたが、乗り放題のパスがあるので、ここから高崎線の各停に乗り換え。のんびり帰ってきました。

Suicaペンギンラッピング@E2系
Suicaペンギンのラッピングが施された長野新幹線のE2系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.19

mattoh通信(9/27)~はやぶさでも

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.27

E5系@大宮'12.9.27

 E5系の画像はそれなりにUPしているものの、はやぶさは最近上げてなかったなと思い、先月27日に撮ったはやぶさの画像を上げておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.18

今年のトレインフェスタ

 もう終わってしまいましたが、今年もecute大宮で恒例のトレインフェスタが開催されました。昨年あたりから期間が半月に短縮され、今年はどうなるかと思っていたら、さらに短くなって14日までとなってしまうなど、年々先細りしているのが気になるところですね。

 で、今年入手したブツは以下の通り。

・ 銀座甘楽
  上生菓子詰め合わせ(去年と同じ)

・ ロイズダール
  新幹線クッキー

・ トレン・ガトー・ド・ボワイヤージュ
  新幹線のマカロン

・ コナノコスコーン
  コナノコエクスプレス

 これまであった列車型のケーキが1種類のみとなってしまい、しかも4千円とあってはちょっと手が出せなかったですねcoldsweats01。他にも恒例だった自由が丘蜂の家のぽっぽどらも今年はなく、個人的には寂しい内容でした。

 その代わり、対象商品を買うと新幹線のシールがもらえるところがありました。全部の店ではありませんでしたが、最新型のE5系やE4系、それに先月引退したE1系のものもあり、これはなかなかおいしいおまけかもしれませんね。

和菓子詰合せ@銀座甘楽
この和菓子詰合せは去年に続き登場

トレインフェスタシール
商品を買うと新幹線のシールがゲットできましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.17

mattoh通信(9/25)~夜行3本

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.25

寝台特急カシオペア@大宮'12.9.25

寝台特急北斗星@大宮'12.9.25

 天気がイマイチでしたが、この日撮った夜行3本です。カシオペアも10月に入るとツアーで使用され、しばらくこの場所では逢えなくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.16

【10/6】鉄道イベント巡り顛末記その3~今年もやってきたYOKOHAMAトレインフェスティバル2012

 6日の出来事もこの記事で完結となります。東急東横線で横浜に到着。さっそくYOKOHAMAトレインフェスティバルの会場へと向かいます。まずはフォトラリーの記念品交換をしますが、例年あるはずの交換場所が見当たらなかったので近くの係員に聞いたところ、物販ブースの近くにあるとのことでそちらへ移動したところ確認。ちょっと慌てましたが、何とか無事記念品を交換することができました。

関東の鉄道フォトラリー2012記念品
今年の記念品は小型のリュックサックでしたcoldsweats01

 さて今年の記念品ですが、小型のリュックサックでした。はるか昔、関東の駅百選スタンプラリーの頃の記念品がメダルだったことを考えると、実用品というのは多少救われるところがありますが、まあこれだったら旅先で宿泊した際にちょっとした外出のときには使えそうですね。

 一方、物販の方ですが、明治公園のイベントとバッティングしたせいなのか、出店数は例年に比べると少なめでした。鉄道むすめ関係もわたらせ渓谷のブースで足尾さきえさん関係のものがちょっとあった程度。他もこれといったものがなく、今回財布は閉じたままと相成りました。

 これでこの日のミッションは全て完了。後は湘南新宿ラインで帰るだけとなりホームに上がったところ、次の高崎線方面の列車が特別快速とのこと。そこで一旦改札を出て駅の外へ。大船寄りに流れる水路沿いで相鉄の列車を撮影することにしました。先日、2019年の開業を目指し都内へ乗り入れすることが報じられたばかりでしたが、数年後には相鉄も大きく様変わりしそうですね。

相鉄8000系@横浜'12.10.6
7年後には都心へ~相鉄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.15

mattoh通信(9/21)~出発当日

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.21

 この日は函館へ向けて旅立った日。いつも通り朝練をしてから出発いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

【10/6】鉄道イベント巡り顛末記その2~副都心線開業で変わる東急東横線

 6日の続き、外苑前から銀座線に乗り込み、渋谷へとやってきました。この後、東急東横線で横浜へと向かいますが、まだまだ時間に余裕があったので、渋谷ヒカリエの上階で銀座線を撮影していくことに。あいにく1000系には出会えませんでしたが、ここで撮影していると、正面の東急百貨店の壁に掲げられた大きな看板が目に留まりますね。

東京メトロ01系@渋谷'12.10.6
渋谷ヒカリエに寄り道

 ここはほどほどで切り上げ、東急東横線の乗り場へ。これまでずっと見慣れてきた行き止まり式のターミナル駅も来年3月の副都心線開業により地下へと移動となり、その様子をカメラに収めようと構内には多くのギャラリーの姿を目にすることができました。

横浜高速Y500系@渋谷'12.10.6
行き止まり式のターミナル駅もあとわずか・・・

 そんな中、毎回恒例の花と寺社めぐりスタンプラリーのヘッドマークを付けた5000系5162Fが到着。何かネタになりそうな列車で出発しようと思っていたところだったので、これに乗り込み渋谷を出発。祐天寺へと向かいました。

東急5000系@渋谷'12.10.6
花と寺社めぐりスタンプラリーのヘッドマーク付き5162Fで出発

 祐天寺といえばナイアガラ。時刻は午後1時過ぎでまだ昼を済ませていなかったこともあり、かなり腹も減っておりましたがcoldsweats01、。今回はハンバーグカレーを頂いてきました。

ハンバーグカレー@ナイアガラ'12.10.6
この日のランチは祐天寺のナイアガラrestaurant

 駅に戻り、再び横浜方面の列車を待っていたら、日比谷線から直通の菊名行きが到着したのでこれに乗り込むことに。副都心線開業によってこれと入れ替わりに日比谷線との直通運転が終了となりますが、車体長の異なる列車を一緒に走らせるのはやはり難しいところ。こちらも近いうちに北千住と菊名の間の全区間を乗り通しておきたいですね。

東京メトロ03系@祐天寺'12.10.6
日比谷線の車両も、東横線で見ることが出来るのは残りわずか・・・

 この後、自由が丘で下車。この界隈でしばらく撮影タイムといたします。ちょうど1年前にここを訪れ、東横線や大井町線のみならず奥沢付近へ出て目黒線も撮影できるなど、いろいろ楽しめるエリアであることを発見しましたが、今回もあれこれ撮影してから奥沢駅へと向かいました。

東急9000系@自由が丘'12.10.6
自由が丘で撮影三昧happy01

 時刻は2時過ぎとまだ時間があったので、多摩川で途中下車することに。駅近くの浅間神社の展望台から多摩川を渡る東横線の列車を撮影していたら、普段は副都心線で走る7000系が横浜方面からやってきました。副都心線の開業に向け乗務員訓練を目的として東京メトロの車両が行き来しているというのをいろいろ聞いていましたが、これも来年になれば普通の光景となりますね。

東京メトロ7000系&9000系@多摩川'12.10.6
東横線を走る東京メトロ7000系

 その後、池上線のヘッドマークを付けた多摩川線の7700系を撮影。この日は池上線でイベントがあったとのことで、こちらも興味があったんですが、さすがに手一杯。こちらは普段着の状態でゆっくり訪ねてみたいところです。

東急7700系@多摩川'12.10.6
多摩川線のこちらの車両も健在>7700系

 午後3時を回ったので、そろそろ横浜へ向かおうと多摩川駅へ戻ることに。先程浅間神社で見かけた7000系がそろそろ渋谷から戻ってくる頃なので、これに乗ることに。1本見送った後にやってきました。車両そのものは西武池袋線や東武東上線で見慣れているとはいえ、やはり東横線では何とも新鮮なところ。この後菊名で後続の特急に乗り換え。横浜へと向かいました(つづく)。

東京メトロ7016@菊名'12.10.6
東横線内でこれに乗るのは初めてでした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

【10/6】鉄道イベント巡り顛末記その1~第19回鉄道フェスティバル

 10月は鉄道の日関連のイベントが週末ごとにあちこちで行われることもあって、毎年この時期は忙しく(?)なりますが、3連休初日の6日は都内と横浜を中心にブラブラしてきました。

 まずは毎年恒例の鉄道フェスティバルへ。今年は会場が日比谷公園から明治公園に変更されましたが、ここは全く初めてのところとあってどんな按配か気になるところでしたが、千駄ヶ谷駅から10分ほどで到着しました。

鉄道フェスティバル案内図'12.10.6
明治公園に到着

 時刻は午前11時過ぎ。多くの来場者でごった返している中、まずは園内の一番奥にある日本民営鉄道協会のブースへ。京阪ブースで限定の鉄道コレクションが販売されるとかで、長蛇の列が出来ていましたが、自分は青い森鉄道のブースへ向かい、鉄道むすめのPLUS+03のキャラクター、八戸ときえの限定フィギュアとグラスを購入してきました。到着した時点では十分在庫があり、余裕でしたねhappy01

 鉄むす関連はこの他、智頭急行のブースで宮本えりおのクリアファイルを入手。智頭急行がイベントに参加していたのは全く予想外で思わぬ収穫となりましたが、一緒にえりおさんがデザインされたシールもおまけに頂くことができましたheart01

 今回物色したモノはこんなところ。他にも探せばあったかもしれませんが、何分軍資金に限りがあるもんでして、今回はこれで打ち止めであります。

イベント戦利品'12.10.6
会場で入手した鉄むすグッズ

 グッズ以外では、来年3月にデビューする近鉄の新型特急車両、しまかぜの展示が目に留まりました。ゆったりとした座席が近鉄のブースに展示されていましたが、個室やカフェが設置されるなど、かなりグレートアップした車両とのことで、これは一度乗ってみたいところ。E5系のグランクラスもさることながら、こうしたハイグレードなサービスは今後広がって行くんでしょうかね?

しまかぜポスター@鉄道フェスティバル会場'12.10.6
早く乗ってみたい~しまかぜ

 会場をくまなく見て回るには何分盛りだくさんなもので、多少名残惜しいところはあったものの適当なところで切り上げることに。日比谷公園と比べ会場は狭いもののそれなりにまとめられている印象を受け、個人的にはこちらの方が回りやすかったですね。

 帰りは銀座線の外苑前まで歩くことに。この界隈はあまり馴染みがありませんでしたが、神宮球場が近い事もあり、スワローズの旗が通りの至るところに目に留まりました(つづく)。

スワローズフラッグ'12.10.6
通り沿いにはためくスワローズの旗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

埼玉高速&幕張メッセのイベントに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.12

夫婦旅2012青森・函館編その3~青森駅観察の後、函館へ

 函館への旅、少し早めに青森駅の構内に入ることにしました。これから乗り込むのは13時19分発のスーパー白鳥19号。出発まで行き交う列車を観察して過ごすことにします。

 おととし来た時と比べれば、その後列車の廃止があって当時とは状況が変わっていますが、今もさまざまな列車が行き来し、見ていて楽しい駅ですね。そんな中、おととし乗車したリゾートあすなろのハイブリット車両が入ってきたので撮影。すると、その隣に特徴のある屋根の列車が入線してきました。

583系&HB-E300系@青森'12.9.21
リゾートあすなろと並んだ583系

 到着したのは何と583系。わくわくドリームのヘッドマークが出ていましたが、なぜこの時間に入線してきたのかイマイチわからなかったものの、これは思わぬプレゼントとなりました。

 13時過ぎ、新青森からやってきたスーパー白鳥19号が到着。さっそく指定券に記された座席に落ち着くと、定刻13時19分に発車しました。ここから進行方向が入れ替わり、一路函館へ向けて津軽線内へ。青森車両センターで休息しているブルトレの車両を見ながら青森の市街地を抜けると、蟹田の手前で津軽海峡が見えてきました。

津軽海峡'12.9.21
津軽海峡が見えてくると蟹田に到着

 蟹田でJR東日本の乗務員からJR北海道の乗務員に交代。いよいよ北海道へ向けて青函トンネルへと入っていきます。そんな中、津軽線沿線で目に留まったのは、2016年の開業を目指して工事が進む北海道新幹線の高架線。これが開通した暁には青函トンネルを更に高速で通過していくことになり、そうなれば今以上に北海道が身近になりそうですね。

 13時56分、スーパー白鳥19号は青函トンネルに突入。しばらくして竜飛海底駅に停車しました。ここはトンネル見学が出来る駅で、今から20年前の’92年夏に降りて見学したことがありますが、当時は青函トンネルが開通して間もないこともあって多くの見学者がいた記憶があります。しかしこの日は車内から見た限りホームに降りたのは10人ほど。夏休みシーズンを過ぎているとはいえ、落ち着いているようでした。

青函トンネル位置表示'12.9.21
青函トンネル内を走行中

 長いトンネルを抜け、いよいよ北の大地へ。最初に停車した木古内は先日発表された江差線の廃止区間の乗換駅。今回は残念ながらパスでしたが、2013年度の廃止前にはもう一度乗っておきたいところ。その時は1日掛けて沿線を回ってみたいですね。

 木古内の先には先月中旬に発生した貨物列車の脱線事故の現場があり、車内から痕跡があるかどうか観察したものの、それらしいものは車内からは確認することが出来ませんでした。こうして15時10分、終点の函館に到着。青森からの2時間ちょっとの旅が終わりました。

特急スーパー白鳥19号@函館'12.9.21
函館に到着!

 ここで家内の両親と合流。いよいよここから函館の観光がスタートです(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.11

mattoh通信(9/20)~2日前と同じ

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.20

 この日は2日前と同じく遅番。しかも北斗星狙いでした。

 よって、似たような絵を上げるのも憚られるのでcoldsweats01、たまには変化をつけるべく、北斗星の前にやってくる高崎線からの貨物列車、8760レを上げておきます。これもブルーサンダーで来たりEF65で来たりとコロコロと変わっていますが、この日はEF65でやってきました。

EF65-2074@大宮'12.9.20
EF65を先頭に大宮に入る8760レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.10

mattoh通信(9/18)~夜行2本

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.18

寝台特急北斗星@大宮'12.9.18

 この日朝のあけぼの&北斗星です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.09

【9/30】横瀬行き断念、思いつくままぶらつく

 9月最後の日曜日は日本列島に台風が接近しているとのこと。関東地方も夕方辺りから大荒れになるとの予報でした。当初は横瀬で行われる西武のイベントを訪ねる予定でしたが、秩父方面へはどうしてもまる1日がかりとなってしまうことから泣く泣く断念。とはいえ、午前中はまだ好天に恵まれていたこともあり、ちょっとだけぶらぶらすることにしました。

 そんなわけで、急遽予定変更となったこともあってどこへ行こうか全く思い付かない状況でしたが、とりあえず武蔵野線で南流山へ向かい、流鉄線の小金城址駅近くへ行くことに。まだ未乗のあかぎ号でも動いていないかと思いやってきましたが、この日運用についていたのは流馬となの花の2本。今回も空振りでしたweep

流鉄2000系@小金城址'12.9.30
流鉄でこの顔もなの花だけになりましたweep

 流馬に乗って馬橋到着後、常磐緩行線に乗り換え。金町にやってくると、EF81のレインボーカラー、95号機が貨車を繋げて待機していました。残念ながらホームからは後ろ姿しか拝むことが出来ませんでしたが、常磐線ではまだまだ元気な姿が見られるようですね>EF81。

東京メトロ16000系@金町'12.9.30
金町で出会ったレインボー塗装95号機と東京メトロ16000系

 この後、京成金町線の線路に沿って歩きながら柴又駅へと移動。今年の関東の鉄道お宝発見フォトラリーの対象物が柴又駅前の寅さんの像でしたが、柴又もなかなかゆっくりと見て回る機会に恵まれないので、一度ゆっくり回ってみたいところです。

寅さん像@柴又'12.9.30
寅さん、柴又駅前で出発を待つ(?)

 こうして時刻は午前11時近く。ちょっと早いものの、あまりのんびりしていると天気が悪くなってしまうことから、早々に帰り支度をすることに。その前に買い物をしようとアキバへ出向いたものの、目的のものは見つからず。あれこれ探し回ったものの、結局見つけることが出来ず、泣く泣く帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.08

夫婦旅2012青森・函館編その2~青森で小休止

 函館の旅、新青森到着後すぐに青森へと移動します。函館へ行くんだったら、ここから白鳥に乗り換えればいいところでしたが、ちょうど昼時だったこともあり、2年前に足を運んだ青森魚菜センターでのっけ丼を食べていきたいと思い寄り道することに。10分ほどで特急つがる1号がやってきました。

特急つがる1号@新青森'12.9.21
つがる1号で青森へ

 ここから青森までの区間は特急列車の自由席に乗車券のみで乗れるという特例があり、今回もその恩恵に授かることに。新青森から数分で終点の青森に到着。さっそく青森魚菜センターへと向かいます。

 さっそくのっけ丼を頂くことにしますが、2年前の時とシステムが変わっていて、入口の受付で食券を購入してから市場内の店舗でネタと引き換えるようになりました。食券は500円と1,000円の2種類。さすがに500円だと少ないので、1,000円分の券を買ってから市場内を回ってきましたが、マグロやウニなどの他、大間で水揚げされた肉厚のブリの身など、盛りだくさんな丼となりました。

青森魚菜センター'12.9.21

のっけ丼@青森魚菜センター'12.9.21
(2枚共)青森魚菜センターでのっけ丼を頂く

 実は家内は青森へ来るのは初めてとのこと。もうちょっと時間があればアスパムに寄り道したいところでしたが、函館へ向かう白鳥号の出発まで1時間を切ってしまったことから、やむなく青森駅に戻ることに。改札隣にある青い森鉄道の窓口に貼られた青森鉄道むすめのポスターを横目で見ながら、少し早めに改札の中へ入りました(つづく)。

青森鉄道むすめポスター'12.9.21
青い森鉄道の窓口に貼られていた青森鉄道むすめのポスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/29】東武8111F、再び野田線を走る

 9月最後の週末、29日から“東武顔”8111Fを使用した、大宮ととうきょうスカイツリーとの間を結ぶ臨時列車の運転がスタートしました。先月2日のツアーに参加した際には8111Fの雄姿を十分堪能したところでしたが、今度は来月25日まで週末毎に1日1往復する臨時列車として運転。しかも乗車券のみで乗れるとあって、野田線もしばらくはいろいろと盛り上がりそうですね(詳しくはこちら。PDFファイル)。

 そんなわけで、さっそく様子を見に野田線沿線をブラブラしてまいりました。大宮から宇都宮線に乗り換えて土呂に到着。見沼田んぼへとやってきましたが、これは先月の漫画会館を訪れたときとコースが逆。しかし今回は日中好天に恵まれ、見沼田んぼの中を行き交う野田線の8000系を撮影しながら過ごしました。

東武8000系@大宮公園'12.9.29
好天の中、見沼田んぼで過ごす。

 そんなわけで、もうちょっと歩いて大和田から乗り込んでもよかったんですが、さすがにそれはしんどくなりそうだったので、素直に大宮公園から乗り込むことに。とはいえ、この時点で降りるところを決めておりませんで、あれこれ考えた末に結局勝手知ったる岩槻で降りることに。東岩槻方面へ線路に沿って歩いてみることにしました。

 撮影できそうなところを探してみましたが、この区間は1999年に複線化工事が行われたところで、線路脇には真新しいフェンスが建てられていて撮影には些か難しいところ。やがて久伊豆神社の前を通り抜け、元荒川の土手までたどり着いてしまいました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐1
元荒川を渡る8000系

 東岩槻の駅前を通り過ぎて踏切を渡ろうとしたら、春日部方面から秋の全国交通安全運動ヘッドマークを付けた8154Fが到着。このヘッドマークも毎年この時期の恒例となっていて、先程の見沼田んぼで過ごしていた時も柏方面へ走っていくところを見かけましたが、この後大宮から折り返してくるところを狙うべく、この先の豊春との間のちょうど真ん中付近でお出迎えしました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐2
秋の全国交通安全運動ヘッドマークを付けた8154F

 その間、もう1本いるヘッドマーク付きの8164Fが大宮へ向けて走っていきましたが、8111Fが東岩槻に到着するのは16時8分で、残り1時間ほどとなったところでそろそろ場所を決めるべく再びブラブラすることに。結局、東岩槻駅近くの線路脇で落着くことになりました。まずは大宮から折り返してきた8164Fを撮影。15時半を過ぎて太陽が西に傾き、思いのほか光量が少なくなってしまいました。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐3
秋の全国交通安全運動ヘッドマークの2本目、8164Fも対面

 その後も徐々に日も暮れてきて暗くなってきましたが、この日は台風が近づいていたこともあって、その影響もあったかもしれません。そんな中、春日部方面から8111Fがやってきました。今回は、「大宮・とうきょうスカイツリー」と記された差込式のサボが取り付けられていましたが、これも一昔前の東武らしいところといえそうですね。

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐4

東武8000系@東岩槻'12.9.29‐5
(2枚共)大宮へ向けて走り去る8111F

 思えば電波塔誘致に関してはさいたま市も立候補に上がっていたわけで、直通の臨時列車が運転されるのは何とも皮肉なところですが、さいたま市からだとスカイツリーまで乗り換えなしで行ける交通機関がないので、貴重な存在といえるかもしれませんね。これからの時期、復路をさいたま市内で撮影するのはちょっと厳しいかもしれませんが、時間がある限り追っかけてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.07

今日は

秋の乗り放題パスで、長野県内を回ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.06

夫婦旅2012青森・函館編その1~E5系はやてで新青森へ

 毎年恒例の夏休み夫婦旅、例年だったら具体的な目的地が決まっていて、すんなりと予定が立てられていたんですが、今年はこれといって行きたいところがなかなか決まりませんでした。いわゆる “ネタ切れ”というヤツなんですが、そんな折に家内の両親が函館へ行くとのことで一緒に来ないかと誘いを受けたので、それに乗る格好で今年の夏休みの目的地は函館と相成りました。

 9月21日午前7時半前、大宮駅の新幹線ホームで出発を待つことに。家内の両親はすでに前日出発していて、この日の夕方に函館で合流する予定だったので、ほんのひと時の夫婦水入らず(?)でしたが、7時58分発はやて15号で大宮を後にします。

こまち15号@大宮'12.9.21
はやて・こまち15号で出発!

 函館までは新幹線利用と決めていましたが、どうせだったらE5系に乗って北を目指したいところ。すでに6月に初乗りはしていましたが、如何せん宇都宮から大宮までという短区間では十分に乗車を堪能したといえるかどうかといったところなので、今回がが実質初めてでした。

 大宮を出て1時間ちょっと、仙台では乗っていた車両にいた乗客の半分近くが下車し、それと同じくらいの数の乗客が入れ替わりで乗り込んできました。やはり東北一の大都市だけありますが、仙台を出発して40分ほどの9時59分、盛岡に到着。ここで先頭のこまち15号との切り離し作業があるので、その様子を見るべくホームに降りてみました。

 ここに限らず、列車の切り離しや連結の作業には多くの人が集まり、いわば“ショー”のようなものですが、そんな中、先にこまち15号が出発。すると、それまでE5系と繋がっていた連結器が自動で格納されていきました。これを見るのは実は初めてだったんですけど、なかなか興味深いものを見せてもらいました。

E3系&E5系@盛岡'12.9.21
切り離される前の状態。この後、先にこまち15号が出発。

 一方、隣のホームに目をやると、赤い車体のE6系が停車しているのを発見。ほとんど時間がなかったこともあってさくっと撮影しただけに留まりましたが、作業服を着た社員の姿もあったことから、この後試運転でも行ったんでしょうかね?

E5系&E6系@盛岡'12.9.21
赤いボディーのE6系と対面

 もっとE6系を見てみたいところでしたが、連結作業が終わればすぐに発車してしまうので、足早に乗り込むことに。この日の東北地方は天気が今ひとつで、盛岡を出てすぐに見えるはずの岩手山も今回は拝めませんでしたが、盛岡を出てから1時間弱の11時9分、終点の新青森に到着。E5系の旅もここで終了となりました。

はやて15号@新青森'12.9.21
E5系の旅もここでおしまい

行き止まり@新青森'12.9.21
今はここまで・・・

 これまでのE2系に比べ、格段に快適になったといえるE5系ですが、やはり何と言っても一度はグランクラスに乗ってみたいですね。とはいえ、普通車の倍近い料金が掛かるので、果たして何時になれば乗れるのやら・・・coldsweats01(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.05

mattoh通信(9/17)~連休最終日

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.17

 9月の3連休の最終日、こちらにも書いた漫画会館を訪問したり家内の実家へ遊びに行ったりと、地元で過ごしておりました。よって、この日は朝練のみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.04

mattoh通信(9/16)~この日は

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.16

 上毛電鉄のイベントへ行っていたため、朝練のみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.03

mattoh通信(9/15)~連休初日は盛りだくさん

 9月半ばの3連休の初日はこちらにも書いたとおり、東京モノレール沿線に出向いておりましたが、朝練の方はあけぼのの前に新潟の485系の団臨がやってきました。急行能登のスジで宮原駅に到着し、しばらく1番線で停車。あけぼのが通過する前にゆっくりと出発していきました。

485系@宮原'12.9.15
朝日を浴びて485系がやってきましたsun

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.15
続いてあけぼのも通過

 ここで普段であれば撤収ですが、この日は快速一村一山が運転される日。7月に運転されたときに乗車しましたが、今回は地元でお出迎えとなりました。

快速一村一山@宮原'12.9.15
国鉄色2本目は一村一山

 そして最後ですが、都内へ出かける前に撮影したA8編成の特急あかぎです。

特急あかぎ8号@宮原'12.9.15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.02

mattoh通信(9/9)~久々の安中貨物

寝台特急あけぼの@宮原'12.9.9

 この日は遠出せず、地元でのんびりと過ごしましたが、夕方は久々に安中貨物を撮ってきました。安中にある東邦亜鉛の製錬所が節電の影響で操業停止した影響で、この夏しばらくお休みしていましたが、ようやく再開となりました。

EF510-513@宮原'12.9.9
久々に安中貨物と対面

 カマの後ろは全て新型のタキ。今後はこちらで行くことになるのでしょうか?

 そしてこの日も前の日に続いて臨時のやまどり狙い。夕日の方はあいにく落ちてしまいました。

EF65-2036@宮原'12.9.9
2036号機牽引の貨物

特急みなとリゾート草津@宮原'12.9.9
2日連続でやまどりと対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.01

mattoh通信(9/8・夕方編)~夕日を受けて

 思えば先月8日は特急そよかぜに乗った日でしたが、大宮到着後そのまま宮原へ戻ったものの、夕方6時前に臨時のみなとリゾート草津号が来るとのことで、こちらをお出迎えしました。

E233系@宮原'12.9.8

特急みなとリゾート草津@宮原'12.9.8
(2枚とも)横川から帰宅後、やまどりをお出迎え

 夕日を浴びるやまどりでも狙えるかと思ったんですが、残念ながら日は落っこちてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »