« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.30

mattoh通信(10/28)~曇り空

183系&E231系@宮原'12.10.28

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.28

 10月最後の日曜日は曇り空。秋晴れを期待したんですけどねぇ・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.29

mattoh通信(10/27)~群馬行きの前に

寝台特急あけぼの@宮原’12.10.27

 先月27日は新前橋のイベントがあった日。朝練してから出発しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.28

mattoh通信(10/23)~夜行2題

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.23

寝台特急北斗星@大宮'12.10.23

 この日の朝練の成果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.27

mattoh通信(10/21)~早いもんで

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.21

 この日は都電のイベントで動き回った日。早いもんで、もう一月が過ぎたんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.26

今日は

コナン、鬼太郎と見てまいりました。午後には出雲空港を離陸。伊丹経由で帰途についております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

今日は

智頭急行に乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.24

【11/18】東上線ファミリーイベント訪問

ファミリーイベント記念品
いいおみやげにhappy01

 先週日曜日の続き、玉淀から東武東上線に乗り込み、イベントが行われている森林公園へと向かいます。到着の直前、会場となっている森林公園検修区に差し掛かると、車内から会場の様子が見えましたが、車両撮影会に多くの人で集まっていてなかなか盛況の様子。到着後、さっそく会場へと直行しました。

続きを読む "【11/18】東上線ファミリーイベント訪問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.23

【11/18】久しぶりに訪問~秩父鉄道

 先週日曜日は森林公園で行われた東上線のイベントを訪ねてきましたが、オープン直後に行ったんでは混んでいることが予想されたので、今年は昼過ぎくらいまでに会場に着ければいいと思い、午前中は秩父鉄道沿線をブラブラすることにしました。

 高崎線の下りで熊谷へ到着。秩父鉄道沿線に来るのは夏場以来でしたが、このときはまだSLが元気に動き回っていたときだったので、ずいぶんと久しぶりでしたね。 まずは8時30分発の急行に乗るべく、窓口で急行券を入手。一緒に熊谷市のゆるきゃら、にゃおざねがデザインされた記念入場券も手に入れてきました。

にゃおざね入場券
にゃおざねの入場券をゲットwink

 その急行ですが、「ちちぶ荒川新そばまつり」と書かれたヘッドマークが取り付けられていました。武州中川駅近くで行われたイベントとのことで、この日だけ臨時停車するとのこと。一方、構内にはスカイブルーと旧1000系色1007Fが止まっていましたが、1007Fは来月7日に引退イベントが開催されることが11月号の秩父鉄道ニュースに発表され、1000系も残りわずかとずいぶん寂しくなってしまいますねcrying

秩父6001@熊谷'12.11.18
ちちぶ荒川新そばまつりに合わせ、6000系にヘッドマークが装着

秩父1000系@熊谷'12.11.18
”スカイブルー”1001Fと”旧1000系カラー”1007Fはお休みでしたweep

 そんな、あれこれ話題が多い熊谷駅を出発。さっそく次の武川で下車することになりました。この後はELパレオを中心にいろいろと撮影することにしますが、リバイバルカラー1000系が2本とも熊谷駅で寝ている状態とあっては些か物足りなさがあると思われました。しかしそれは杞憂でした。この後、ヘッドマーク付きの列車が相次いで通過。飽きることはありませんでした。

秩父7500系@武川゚12.11.18‐1

秩父7500系@武川゚12.11.18‐2

秩父7500系@武川゚12.11.18‐3
(3枚とも)色とりどりのヘッドマークを付けた7500系

 そしてここ武川といえば貨物列車。駅構内でたむろしていた電気機関車が1台こちらに近づいてくるとそのまま単機で三ヶ尻へ。しばらくすると、ホッパ車を繋げて戻ってきました。

秩父デキ503号@武川'12.11.18
三ヶ尻からやってきたホッパ車

 こうして過ごすこと10時半近く。ようやく主役のELパレオが到着。この日はEL長瀞ミュージアムトレインとして、長瀞にある埼玉県立自然の博物館に展示されているサメのイラストが入ったヘッドマークが装着されました。

秩父デキ105号@武川'12.11.18
「EL長瀞ミュージアムトレイン」のヘッドマークを装着したELパレオ

 これで一旦は撤収となりましたが、駅に戻ってみると、構内に止まっていた赤ガマ、デキ103号がパンタを上げているのが見えたので、すぐ動き出すんじゃないかと期待。予定していた列車を1本落として待ってみることにしましたが、なかなか動かなかったので一旦諦めかけて駅へ向かおうとしました。すると、旅客が来ないにもかかわらず踏切の警報機が鳴り出し、あわててスタンバイ。赤ガマがゆっくり動き出しました。

秩父1000系@武川'12.11.18
この日、唯一動いているところを見ることができたリバイバル

秩父デキ103号@武川'12.11.18
動く姿を拝めました>デキ103号

 こうしていろいろ話題が付きない武川を後にして寄居方面へと出発しましたが、ここでやってきたのは、映画「のぼうの城」のヘッドマークを付けた7001F。この車両、以前はNHKドラマ「つばさ」のラッピング車両にも使われていて、何かとラッピングに縁がありますねhappy01

秩父7001@桜沢゚12.11.22
映画「のぼうの城」のヘッドマークもお目見え

 この後、桜沢で下車。歩いて東上線の玉淀駅へと向かいました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/17】一般車で運転された大宮発臨時スカイツリー行きに乗る~東武

 先週土曜日ですが、大宮駅で上越新幹線開業30周年記念入場券が発売される日ということで、これまでだったら朝練からそのまま大宮駅へという流れになるものの、朝早くから並ぶのも億劫だったんで、自宅のベランダでこの日運転された上越新幹線の記念列車を見送ってから出発することに。大宮駅には午前10時過ぎに到着しましたが、余裕でゲットできましたwink

上越新幹線開業30周年記念入場券
遅めに行っても無事に買えましたhappy01

 一つ目的を果たし、そのまま野田線の乗り場へ。この後、11時ちょうど発のスカイツリー行き臨時列車に乗り込みますが、普段使われている8111Fが翌日行われる森林公園検修区のイベントで借り出されているため、通常野田線で使用される8000系が代走するとのことで、一般色の8000系が本線上を走るところもまた興味深いところでしたね。

 どの車両が使われるのかが気になるところでしたが、回送で到着したのは先月出場したばかりの8170F。ピカピカの車体が印象的でしたが、ヘッドマークは残念ながら付いていませんでしたweep

モハ8870形検査表示
臨時運用に使用された、検査を受けて間もない8170F

 こうして午前11時ちょうどに発車。野田線内は行き先を除けば他の列車と変わらない格好でしたが、春日部駅手前の渡り線を越え、本線内にはいると状況が一変。スカイツリーラインの各駅には、カメラを持ったギャラリーの姿が多く見受けられました。何分、一般色の8000系が営業運転で走るのは久しぶりでしたからねぇ。2連の回送ならば時々見かけることもありますけど。

 新越谷を過ぎたあたりから雨が降り始め、草加付近を走行中のときには猛烈な降り方となりましたが、そんな中、北千住に到着。終点まで乗り続けたい気持ちがあったものの、ここでお見送りとなりました。

東武8000系@北千住'12.11.17
久しぶりにこのカラーが本線を走りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/14】県民の日恒例、丸山車両基地のイベント訪問

 先日こちらにも書きましたが、14日は埼玉県民の日ということで、毎年恒例のニューシャトルの公開イベントを見に行ってきました。このイベント、決して大きなものではないんですけど、何らかの”サプライズ”が用意されていて結構目が離せなかったりしますが、丸山に午前10時前に到着。部品販売に並ぶ列を横目で見ながら、建物内奥に並べられた車両展示のコーナーへやってきました。

 今年は昨年暮れに営業運転を開始した2000系第04編成と1000系第14編成が展示。うち、第14編成は今月で引退するとのことで、前には寄せ書き用の丸い台紙が置かれていました。これがヘッドマークにでもなるのかはわかりませんが、今年もやはり”サプライズ”が用意されていましたね。

埼玉新都市交通1000系@丸山車両基地'12.11.14
今月で引退することが決まった1000系第14編成

寄せ書き@丸山車両基地'12.11.14
車両の前には寄せ書きも

 ちなみにニューシャトルは来月3日にダイヤ改正が行われ、第14編成と入れ替わる格好で新たに5本目の2000系が営業運転を開始するとのこと。今年のフリーきっぷにも青く塗装された2000系がデザインされていてましたねhappy01

 一方、お隣の第4編成の前では今年も伊奈町のゆるきゃら、伊奈ローズちゃんが登場。来場者との記念撮影に応じておりましたhappy01

伊奈ローズちゃん@丸山車両基地'12.11.14
今年も伊奈ローズちゃんがお目見えheart01

 こうして短い時間でしたが、いろいろ収穫の多いイベントとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.22

mattoh通信(10/20・夕方編)~安中貨物

EF510‐514@宮原'12.10.20

 先月20日の安中貨物です。秋はあちこち出かけることが多いので、なかなか地元でゆっくり腰を据えて、というのができないでおりますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.21

【11/10】久々訪問、尾久のイベント(+都電)

 今回もすでに10日以上経過してしまった話ですが、10日に出向いた尾久車両センターのイベントであります。おととし、あまりの混雑と阿鼻驚歎な雰囲気のせいで足が遠のいてしまいましたが、10日と11日は特に興味を引いたものが他になく、久しぶりに訪ねてみることになった次第。地元で快速碓氷を見送ってから高崎線の上野行きに乗車。赤羽へとやってきました。

 ここでちょっと時間があったので、北斗星をお出迎えすること。やはり尾久でイベントがあったせいもあり、通過する直前には北斗星目当てのギャラリーも集まってきましたが、多くが若い世代でありましたhappy01

寝台特急北斗星@赤羽'12.11.10
終点上野まであと少し>北斗星

 このまま尾久まで行っても、オープン直後で大変混んでいるだろうと思い、すこしほとぼりが冷めたところで入るべく、まずは王子に到着。北とぴあ17階の展望台へと上がってきました。今年7月に訪れた時はあいにくの雨の中でしたが、秋晴れのこの日はイベント会場となっている尾久車両センターとその先のスカイツリーがきれいに見えました。

東京スカイツリー@北とぴあ゜12.11.10
この日のイベント会場が一望できる北とぴあ

 この後はいつものパターンで、都電の線路に沿ってのんびり歩きながら進むことに。見頃を迎えたバラにご挨拶した後、荒川電車営業所の窓口で1日乗車券を入手。これでいよいよイベント会場へと向かいます。

都電8800形@荒川車庫前'12.11.10
先月来た時よりも、バラが咲いていた気が…

 到着したのは午前11時過ぎ。混雑がどの程度なのか気になっていましたが、特に行列はなく、すんなり入ることができました。まず向かったのは、今回の目玉といえそうなリゾートあすなろ。兄弟に当たるリゾートビューふるさとは上野駅で公開されたことがありますが、こちらは首都圏では初お目見えですね。ただ車内には入ることができず、外から見るだけだったのが残念なところでした。

HB‐300系@尾久車両センター'12.11.10
青森からやってきたハイブリッド車

 そのあすなろの展示されたCゾーンと呼ばれる北側では、4台の機関車が展示され、両端にはブルトレのヘッドマークが取り付けられていました。個人的にはあけぼのを牽引するEF64も並べてくれれば完璧というところでしたが、これだけ並べば壮観ですね。

電機展示@尾久車両センター'12.11.10
ブルトレ牽引機が揃いました…

 この他、車両基地内ではE655系や185系の湘南色OM03編成など、例年通りなかなかの豪華なラインナップとなりましたが、混雑の方は思っていたほどではなく、全体的に余裕を持って回れました。

 この後、尾久駅近くでランチを済ませ、再び都電沿線へ。荒川車庫前から三ノ輪橋行き電車に乗り込み、宮ノ前へやってきました。電停前の尾久八幡神社にはイチョウの木が色づきはじめ、それをバックに行き交う都電を眺めながら、歩いてあらかわ遊園へとやってきました。

都電8500形@宮ノ前'12.11.10
尾久八幡神社のイチョウをバックに走る都電

 実はここへ来るのは今回が初めて。基より遊園地なので、なかなか足を踏み入れる機会がそうそうないんですが、都電の1日乗車券だと無料で入園できるのはありがたいところですね。そこで向かったのは、入口付近からも見えていた”一球さん”こと6152号で、きれいに展示されている様子を拝んでまいりました。

都電6152@あらかわ遊園'12.11.10
あらかわ遊園で展示されている”一球さん”こと6152号

 王子方面へ向かうべく荒川遊園地前電停へ向かうも、遊園地からの帰りの家族連れで車内は大変な混雑で、挙げ句に小さい子供が泣き出す始末とあってはちょっと辟易なところ。そこで梶原で降りて一つ先の栄町まで歩くことに。特に急ぐわけでもありませんでしたし、このあたりは1日乗車券があったおかげですね。

 この後は一気に面影橋へ。先月も訪ねた千登世橋まで歩くことにしました。前回ここを訪れた時は、11月に入れば紅葉が見られるんじゃないかと期待していたんですが、まだ早かったですね。やはりこの界隈での見頃は今月下旬あたりになるんでしょうか?

都電8800形@鬼子母神前'12.11.10
紅葉はもうちょっと後?

 こうして時刻は午後4時近くとなり、鬼子母神前から電車に乗り込み、大塚で都電の旅は終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.20

mattoh通信(10/20・朝編)~ゴッパーサン

 この日の朝は583系が通過。夏場に比べるとだいぶ日の出が遅くなってしまいましたが、何とか捕えることができました。

583系@宮原'12.10.20
何とか撮れた583系

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.20
こちらはまだまだ大丈夫>あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.19

【11/9】病院帰りに鉄博訪問

 かれこれ10日が過ぎてしまいましたがcoldsweats01、今月の9日は件の病気の診察があり、朝イチで病院へ行っておりました。今回は診察のみで検査等がなく、10時前には会計を済ませ病院を後にしましたが、職場には昼一杯掛かる旨伝えてあったため、企画展が開催中の鉄道博物館に寄り道してきました。

スペシャルギャラリー@鉄道博物館'12.11.9
開館5周年を記念して開催中の企画展を見学

 「鉄道開業ものがたり」と題した企画展は鉄道博物館開館5周年を記念したものと同時に、鉄道開業140周年を記念したものでもありますが、会場となっている2階のスペシャルギャラリーには、明治5年(1872年)の新橋と横浜との間で開業した鉄道の建設に当たり、それまでの建設に携わった出来事や鉄道開業後の世相が紹介されていました。

 そんな中、蒸気機関車の発明をしたリチャード・トレビシックの子孫がお雇い外国人として来日した後、日本人女性と結婚したことは今回、初めて知りました。鉄道史には欠かすことのできない人物の子孫が日本の鉄道建設にも貢献していたなんて、ちょっと驚きでしたねwink

1号機関車@鉄道博物館'12.11.9
1号機関車にご挨拶happy01

 この後、ヒストリーゾーンなど一通り見学。普段どちらかといえば通り過ぎてしまう1号機関車にご挨拶した後、少し早めではありましたが1階の日本食堂でランチにしました。久しぶりにハチクマライスをいただきましたが、肉団子と卵というこれまでで一番シンプルな内容で、ちょっと物足りなさがありましたね。まあ元々賄い飯ですから有りといえはばそうなんでしょうが…coldsweats01

ハチクマライス@鉄道博物館'12.11.9
やや物足りないハチクマライスでランチに…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.18

mattoh通信(10/19)~あけぼの&はやぶさ

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.19

E5系@大宮'12.10.19

 この日のあけぼの&はやぶさ4号です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.17

夫婦旅2012青森・函館編その9~函館山の夜景を堪能する

 函館夫婦旅もいよいよ大詰め、函館山の夜景を堪能するべくロープウェイ乗り場にやってきました。実は函館山に登るのはこれが初めて。なかなかここまで足が向きませんでしたが、函館で一番の名所にようやく足を踏み入れることになりました。

 乗り場の前にはすでに多くの観光客が列を作っていて、さっそく窓口で往復乗車券を購入。その列に並びます。ある程度予想はしていましたが、思っていたほど長く待たずにロープウェイに乗車。これまで乗ったロープウェイの中で一番大きなゴンドラに揺られ、山頂へと到着しました。

函館山ロープウェイ」'12.9.22
いざ山頂へ!

 さっそく夜景を見ることができる展望台へ。ところがすでに多くの観光客が陣取っていて、空いているところを探すのに一苦労でした。もちろん日本有数の夜景の名所だけあって、これほど多くの観光客が詰めかけているのは当然といえば当然なんですが、中には中国系の観光客と思しき御仁が柵を跨ぐようにして撮影していて、見ているこちら側もハラハラするほどでしたcoldsweats02

 そんな中、徐々に周りも暗くなるにつれて眼下に広がる函館の街の明かりが眩しくなってきました。

夜景@函館山'12.9.22
山頂から見た函館の夜景

 到着した時には溢れんばかりに展望台に詰めかけていた観光客も次第にバラけて 行き、途中からは余裕を持って夜景を楽しむことができましたが、これも団体客が短時間で次の目的地へ移動するので、時間に余裕を持っていれば慌てることもないですね。

 こうして十分夜景を堪能したところで下山するべくロープウェイ乗り場へ。ところがこちらは長い列が出来ていて、なかなか乗り場まで辿り着けないほど。2年前に訪れたソウルタワーも帰るときがそうでしたが、気長に待ってようやく下山。一番近い十字街電停から市電に乗って函館駅前まで戻ってきました(つづく)。

操車塔@十字街'12.9.22
十字街の名物、操車塔にご挨拶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.16

夫婦旅2012青森・函館編その8~函館市内観光

 函館夫婦旅の続きです。ハイカラ号を見送った後、歩いて10分ほどで五稜郭公園に到着。さっそく五稜郭タワーの展望台に登ります。ここ五稜郭ですが、21年前の夏に初めて訪れた際、五稜郭駅で降りて道順を聞こうと近くにあったお店の人に聞いたところ、かなり遠いことに愕然coldsweats02。お店の人が気の毒に思い、クルマで送ってもらった思い出があります。

 そんな五稜郭公園のエレベーターに乗り込み展望台に到着。眼下に広がる五角形の城郭と併せ、函館山や津軽海峡の先に霞む津軽半島をのんびりと眺めてまいりました。

五稜郭公園'12.9.22
五稜郭タワーの頂上からの眺め

 続いては公園内にある函館奉行所へ。ここは前回訪れたときにはなかった施設ですが、それもそのはずで、2年前に開館した新しい施設です。建物自体は当時の資料を忠実に再現したもので、幕末の時代にしてはかなりモダンなスタイルですが、館内には幕末から明治にかけての函館奉行所にまつわる資料が展示。土方歳三や榎本武揚など、函館ゆかりの人物も紹介されていました。

函館奉行所'12.9.22
五稜郭公園内にある函館奉行所

 その帰りしな、五稜郭タワーの1階にあるおみやげコーナーを覗いてきましたが、郵便局の出張販売の売店で函館市電の鉄道むすめの2人がデザインされた切手シートがあったので、一つ入手いたしましたheart04

 五稜郭公園電停へと戻り、再び市電に乗車。新川町で降りた後、すぐ前の自由市場に寄り道しながら電車道伝いに歩いて函館駅前まで戻ってきました。すでに昼過ぎとあってそろそろランチと思いつつも、前日からの海産物尽くしとあってはいい加減飽きが来ていたところ。とはいえせっかくの函館だけに海鮮丼は外せなかったので、ラーメンと海鮮丼のセットメニューがある「いくら亭」というお店で頂いてきました。

イクラ丼@いくら亭
いくら丼とラーメンのセット。ちょっとカロリーが・・・coldsweats01

 この後、市場内でおみやげを探しつつブラブラするも、午後に入ると店じまいするところが目立ち、あちこち見て回るにはちょっと不都合な時間となってしまいました。駅周辺では特に行くところがなく、とりあえずは市電に乗って終点の函館どっく前へ行くことに。初乗りで来ているはずながら記憶になく、再び乗ってきた電車で末広町で下車。赤レンガ倉庫群周辺でのんびりお茶してきました。

赤レンガ倉庫群'12.9.22
ここでお休み・・・coldsweats01

 時刻は午後4時を過ぎ、日も暮れつつありました。休憩したおかげで日中の歩き疲れも何とか取ることができ、そろそろ山の手へと上がってみることにします。八幡坂を登り切ると、まだ太陽光線が差し込む函館湾を望むことができました。

八幡坂'12.9.22
八幡坂から函館湾を望む

 ハリストス教会に着いた頃にはすでに日も暮れていましたが、この後はいよいよ函館観光のハイライトへと進みます(つづく)。

ハリストス正教会'12.9.22
夕方のハリストス正教会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.15

mattoh通信(10/17)~夜行2本

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.17

寝台特急北斗星@大宮'12.10.17

 この日撮影した夜行2本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.14

mattoh通信(10/15)~あけぼの&K47

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.15

200系@大宮'12.10.15

 この日撮影したあけぼの&K47編成のとき306号です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.13

夫婦旅2012青森・函館編その7~ハイカラ号に乗る

 函館夫婦旅の続き、湯の川温泉電停から市電に乗り込み、函館観光がスタートしました。市電に乗って市内観光をするのに欠かせないのが1日乗車券ですが、宿泊していた一乃松のフロントで購入できるとのことだったので、ここで入手して準備万端。まずは函館駅前まで向かうことにします。

 そんな市電の車内に、鉄道むすめのキャラクターである松風かれんのイラストが入ったステッカーが貼ってありました。すでに前日、湯の川温泉へ向かう途中にあったのを気がついておりましたが、2年前に訪れたときにはらっくる号の車体にかれんさんの顔がどーんとラッピングされ、これはインパクトがありましたねheart04

松風かれんステッカー
かれんさんが微笑む市電の車内heart01

 函館駅前に到着し、さっそく駅へと向かうことに。これから1日市内観光をするのに手荷物を持ち歩くのは不便なので、コインロッカーに預けて身軽になってから再び電停へと戻ると、谷地頭方面からこじんまりとした赤いレトロな電車が近づいてきました。この後、この箱館ハイカラ号に乗り込みます。

函館市電30形@函館駅前'12.9.22
函館の町を練り歩くハイカラ号

 2年前に訪れたときは、柏木町電停から走っているところを撮影しただけでしたが、元々成田市内の路面電車で活躍した後、ここ函館に来てからは除雪車として活躍。その後、旅客用に復元。ハイカラ号として冬を除いたシーズンに運転されています。そのハイカラ号といえば何といっても柏木ゆのですね。ところが乗務していた女性の車掌さんの制服はゆのさんのものとは異なったデザインで、青地のものでした。

 その車掌さんからゆのさんのイラストが入った乗車券を入手。五稜郭公園前電停でお見送りしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

mattoh通信(10/14)~鉄道の日の贈り物

 先月14日は鉄道の日。それが理由というわけじゃないでしょうが、この日の朝のあけぼのはEF81が牽いていました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.14
EF81が牽くあけぼの

 安中貨物や北斗星、カシオペアなどでおなじみだったEF81形も、後継のEF510形にバトンタッチされてからは徐々に活躍の場を狭めていき、今はごくたまに見かけるほどになってしまいました。

 その他、この日は前日に続いてNO.DO.KA使用の快速効能温泉吾妻号がやってまいりました。

快速効能温泉吾妻号@宮原'12.10.14
この日も運転されたNO.DO.KA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.11

東武野田線の新型車両60000系、2013年度デビュー

 春先に発表されてから音沙汰なしだった野田線の新車投入の件、今月に入りようやく詳細が発表されました(詳しくはこちら。PDFファイル。)。てっきり50000系列で登場するものと思っていたところ、60000系という新形式で登場するとは予想できなったところで、VVVFインバータ装備あたりは当然としても、東武初の無線公衆LANサービスを導入する辺りは予想以上の充実した装備ですね。もっとも使う機会はまずないですがcoldsweats01

 今だ持って野田線にステンレス車体の新車が走ることが想像できませんが、来年はこちらが話題となりそうですね。

東武8000系@藤の牛島'12.11.3
8000系オンリーの野田線も、来年は変化がありそうですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/4】久々の三田線イベントと東急車の走る東武東上線

 先週の日曜日は昼少し前に自宅を出発。当初、流鉄のイベントを訪ねてから鉄道むすめが絡んだイベントが行われているという金町へ向かおうとしたら、鉄道むすめ関係のイベントは前日のみだったことが判明coldsweats02。流鉄のイベントだけではちょっと物足りないところもあったことから急遽予定を変更し、この日もう一つ行われていた都営三田線のイベントを訪ねることにしました。

 新板橋から三田線に乗車。会場となる志村車両検修所の最寄り駅、高島平にやってきました。ここのイベントに来るのも久しぶりで、こちらにも書いた2007年のときは雨の中の訪問となりましたが、会場に到着すると、消防用のはしご車の梯子が天高く上がっていて、周りには多くのギャラリーで賑わっておりました。

はしご車@志村車両検修所'12.11.4
秋晴れの青空の中、天高くはしごが上がりましたsun

 一番のお目当てである展示車両の方はファミリー向けの撮影タイムだったため、まずはグッズ販売のブースを覗いてくることに。前日のTXのイベントほどではないものの、こちらも多くの事業者が出店していて、思っていた以上の充実振りでした。そんな中、この日も出店していた京王のブースで、前日も入手した橋本わかばのストラップの残り2種類を入手。これで無事3種類がコンプと相成りました。

橋本わかばストラップ
2日掛けてコンプしましたheart01

 続いて車庫内へ。ここでは車輪や台車が外された状態の6300形など、こうしたイベントでないとなかなか見ることが出来ない光景が広がっていました。

都営6300形@志村車両検修所'12.11.4
台車を外した状態の6300形

とあらん@志村車両検修所'12.11.4
とあらんも来ておりましたhappy01

 多くの来場者がとあらんに集まって記念撮影をしている様子を横目で見ながら、14時15分からの一般向け撮影会が始まる展示車両の会場へとやってきました。今回展示されたのは、都営6300形と東急の2本。いずれも三田線で通常見かける3タイプですが、そのうちの6300形には特製のヘッドマークも取り付けられていました。

車両展示@志村車両検修所'12.11.4

都営フェスタ2012HM
車両展示の様子(画像・上)と、特製のヘッドマーク

 これでイベントの方は終了。会場を撤収し、高島平駅前から国際興業バスの成増行きに乗り込みました。さすがに帰るにはまだ早い時間なので、東武東上線沿線に出て川越経由で帰ってこようと思いましたが、特段あてもなかったので撮影がてら鶴瀬で降り立ったら、見慣れない車両がこちらに近づいてきたので何かと思ったら、東急の4000系でした。

東急4000系@鶴瀬'12.11.4
東急車が東上線内を走るシーン

 先般、東横線内でメトロの7000系に乗車しましたが、ここ東上線でも副都心線開業に向け、着々と準備が進んでいる様ですね。この顔は東上線ではまだまだ違和感がありますが、これも来年になれば日常のシーンへとなっていくことでしょう。

 この4000系に乗り込み、新河岸で下車。川越市から折り返してくるので、駅近くの線路脇でお迎えしてから帰途につきました。

東急4000系@新河岸'12.11.4
折り返しを新河岸でお迎え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.10

【11/3】毎年恒例、関鉄&TXのイベントを訪問する

 文化の日といえば毎年恒例の関鉄とつくばエクスプレスのイベントが行われますが、もちろん今年も開催とのことで訪ねてまいりました。今回は東武野田線で流山おおたかの森まで向かい、つくばエクスプレスに乗り換えて守谷へというコース。関鉄のホームで水海道行きの列車を待っていたら、「ギャラリー列車」と書かれたヘッドマーク付きのディーゼルカーがやってきたので、こちらに乗り込みました。

関鉄キハ2310@小絹'12.11.3
ギャラリー列車で小絹へ到着

 少し時間があったので寄り道することに。とはいえ、寄り道といっても守谷から水海道までの間には駅が2つしかなく、「フラワープロジェクト」でコスモスが植栽された小絹で降りることに。去年夏に風景印を押すため降り立った時は雨が降っていましたが、この日は日中好天に恵まれ、絶好の撮影日和でありましたwink

関鉄キハ2100形@小絹'12.11.3
コスモスが見頃を迎えた小絹駅

 こうして水海道には11時半前に到着。さっそく会場行きのシャトルバスに乗りこみ、水海道車両基地に到着すると、ビアスパークしもつまのブースで弁当を入手。ランチを済ませてから、建物2階で行われていたグッズ販売を覗いてきました。特段目指すものはありませんでしたが、関鉄観光バスのブースに観光記念スタンプがあったので押してきました。

関鉄観光バススタンプ
7日から設置された関鉄観光バスの萌え系スタンプ

 萌えキャラっぽい子が描かれた可愛らしいスタンプですが、土浦駅前カウンターと佐原営業所に7日から設置とのことで、この会場では先行に設置となりました。

 この後、屋外の車両展示へ。今回は新旧のディーゼルカーが5本展示されましたが、その中で旧塗装に塗り替えられたキハ310形が登場。今回これを見ることが出来たのは一番の収穫でしたね。ただ、乗車会で使用された首都圏色のキハ101号と共に旧式のディーゼルカーがイベントに借り出され、本線上で走る姿を見ることが出来なかったのはちょっと残念なところでした。

車両展示@水海道車両基地'12.11.3
新旧のディーゼルカーが並んだ車両展示

関鉄キハ310形@水海道車両基地'12.11.3
旧塗装に塗られたキハ310形

関鉄キハ100形@水海道車両基地'12.11.3
乗車会で使用されたキハ101号

 これで一旦会場を離れ、今年も例年通り、近くの踏切で撮影タイム。旧式のディーゼルカーが本線を走っていないため、新型のディーゼルかーしか撮影できませんでしたが、筑波山をバックに入れていろいろと撮影することができました。

関鉄キハ2100形@水海道'12.11.3
車両基地近くの踏切で撮影タイム

 こうして関鉄のイベントを堪能した後、TXの会場行きシャトルバスに乗り込むことに。思えばいつもTX会場から関鉄の会場へというコースを辿っており、今回の様な逆コースはこれが初めてでしたが、うとうとしているうちにTX総合基地に到着。さっそく会場内をうろうろすることにしました。内容は例年とほぼ同じで、ヘッドマークを付けた車両を中心にいろいろ見て回りました。

TX-1000系&TX-2000系@TX総合基地'12.11.3

TX-2000系@TX総合基地'12.11.3

秋葉みらい等身大パネル@TX総合基地'12.11.3
(3枚共)TX会場の様子

 一方、グッズのブースは首都圏の主だった鉄道会社が集まっていることもあり、なかなかの充実振りでしたが、鉄道むすめ関連のグッズもいろいろあり、その中から京王ブースにあった橋本わかばのストラップを1個入手。3種類あったんですが、何分手持ちの資金が厳しかったもんで・・・coldsweats01

 結局、14時8分発秋葉原への臨時直通列車に乗り込み、会場を離れることに。Suicaで運賃を支払いたいので一旦守谷で下車した後、エキチカに関鉄を撮影できる直線区間があったので、線路脇で軽く撮影することにしました。ここでやってきたのは、鉄道の日のヘッドマークを付けた車両。後追いで撮影してから、TXで守谷を後にしました。

関鉄キハ2300形@守谷'12.11.3
鉄道の日ヘッドマークを付けた車両も走っていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

数年ぶりに尾久のイベントを訪ねました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.09

mattoh通信(10/13)~念願叶う

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.13
朝練はいつもの・・・

 この日、これまでなかなか撮れなかった車両が高崎線内を走りました。新潟支社のジョイフルトレイン「NO.DO.KA」ですが、先頭車の展望室が独特な車両であります。

快速効能温泉吾妻号@宮原'12.10.13
NO.DO.KA使用の臨時快速が運転

 万座・鹿沢口までの快速「効能温泉吾妻号」として運転されましたが、まだ未乗の車両でもあるんで、一度は乗ってみたいですね。

 なおこの日は他にも、レール運搬列車も運転。前の週とほぼ同じ時間でした。

EF65-1107@宮原'12.10.13
2週続けてやってきたレール運搬列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.08

来週14日は埼玉県民の日

 ちょっと遅くなりましたがcoldsweats01、来週14日は恒例の埼玉県民の日。もちろん今年もJRを除いた県内の鉄道会社から乗り降り自由の1日乗車券が発売されます。発売額やフリー区間は下記の通りで、例年通りの内容となっています。

 東武 大人 460円 子供 230円
 西武 大人 460円 子供 230円
 SR  大人 660円 子供 330円
 秩父 大人 1,000円 子供 500円
 ニューシャトル 大人 400円 子供 200円
 TX  大人 2,300円 子供 680円 (県外の路線も含めTX全線で有効)

 今年は平日なんで、丸々1日動き回るのはちょっと難しいですね。何とか丸山の基地公開くらいは足を運びたいと思っているところです。

埼玉新都市交通2000系@丸山車両基地'11.11.14
去年のイベントの様子。伊奈ローズくんも参加していましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.07

mattoh通信(10/10)~夜行2本

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.10

寝台特急北斗星@大宮'12.10.10

 この日の朝の夜行2本です。まだまだ明るい時期ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.06

夫婦旅2012青森・函館編その6~朝の散歩がてら、市電を撮影する

 夫婦旅2日目の9月22日は午前6時に起床。身支度を済ませてから旅館の外へと出てみました。朝食まではまだ時間があったので、散歩がてら湯の川温泉電停まで向かいますが、もちろん目的は市電。去年も札幌市内に宿泊していたホテルが市電の電停の近くだったこともあって散歩がてら撮影しましたが、この日は朝から好天に恵まれ、前日とは対象的でした。

案内板@湯の川'12.9.22
イカの格好をした案内板

 特に当てはなく、来た電車を片っ端から撮影するという気楽なものでしたが、旧式の丸っこい車体から比較的新しいスタイルのものまで、さまざまな格好の電車が行き来していて、撮影していても飽きることがありませんでしたね。ただ1つ残念だったのが、2年前に松風かれんさんのラッピング車両が走ったらっくる号が来なかったこと。最新の形式だけに、出会えなかったのがちょっと残念でしたweep

函館市700形@湯の川温泉'12.9.22

函館市8000形&700形@湯の川温泉'12.9.22
(2枚とも)朝の湯の川温泉電停で撮影タイム

 午前7時を過ぎた辺りから次第にクルマの交通量も増えてきたので、切りのいいところで切り上げて宿へ戻ることに。一風呂浴びてから部屋で朝食となりました。やはりここでも名物のイカそうめんが登場。やはり函館に来たからには外せないですねwink

イカソーメン@一乃松'12.9.22
函館名物が朝も登場happy01

 こうして午前9時前にはチェックアウトを済ませ、函館市内1日観光がスタートいたしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.05

【10/28】急遽訪ねた隅田川貨物駅のイベント

 10月最後の日曜日は家内が夕方からお出掛けするとのこと。とはいえ、何分急だったもので、急遽午後から出かけることにしましたが、何か鉄道系のイベントでもやってないか探してみたところ、身近なところであったのは隅田川貨物駅でのイベントがあるくらい。ここはおととし1度行ったことがありましたが、他にこれといってなかったことから、こちらに足を運んでまいりました。

 この日は朝から雨が降っていましたが、南千住に到着したときには雨は上がり、雲の合間から太陽も見えていました。のんびり15分ほど歩いて隅田川貨物駅に到着。ここは産地直送の野菜販売があるなど、どちらかといえば一般向けの内容ですが、“鉄”としてはやはり一番奥に展示されているブルーサンダーと金太郎に目が行きますね。ただ、パンタが上がっていない辺り、一瞬別物に見えてしまいますが・・・coldsweats01

EH200-2&EH500-54@隅田川貨物駅'12.10.28
貨物列車ではお馴染みの2機が展示

 この他、会場の外ではコンテナの積み下ろしに使われる作業用車両のデモンストレーションが行われ、それを見ながら会場を後にいたしました。

コンテナ用フォークリフト@隅田川貨物駅'12.10.28
コンテナの積み下ろしで使用されるフォークリフト

 さて、このまま南千住駅に戻るのも面白くないところ。そこで、ここまで来た道とは逆に歩いていくと、隅田川の川べりにやってきました。この付近は鉄道駅からちょっと離れたところにあることから、今回足を運んだのはこれが初めてでしたが、対岸を走る首都高の先にはスカイツリーが見えており、景色もなかなかのものでしたwink

東京スカイツリー@隅田川'12.10.28
隅田川の土手からスカイツリーを望む

 そのスカイツリーを背にして川に沿って歩いてみると周辺案内図があったので、これで位置を確認。すると堀切駅まで歩いて行けそうだったので、千住汐入大橋を渡って対岸へ。墨堤通りを越えると見慣れた駅のところへと出てまいりました。

京成AE形@堀切'12.10.28
2週続けてここに立つ

 思えば前の週、ここにいた時とほぼ同じ時間で、今回は逆のコースを辿りながら牛田駅へ向かうことに。もうここまで書けば、この後の行動は明らかなところ。北千住へ移動し、15時32分発の大宮行き臨時の8111Fに乗って帰ってまいりました。

東武8000系@岩槻'12.10.28
3週続けて乗ってしまいましたcoldsweats01>8111F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.04

【10/27】秋の群馬日帰り旅その2~色づく川原湯温泉周辺

 先週土曜日の続き。午前中イベントを見た後、午後からは吾妻線沿線へと繰り出すことにします。大前行きの普通列車に乗って川原湯温泉に到着。去年7月に降り立って以来の訪問でしたが、駅のすぐ裏手には建築中の巨大な橋脚が聳え立ち、八ツ場ダムの建設が順調に行われていることを伺わせます。

 さっそく駅前の通りから吾妻峡の脇を過ぎて歩くこと20分ほど、日本で一番短いトンネルの前に到着しました。この樽沢トンネル、あまりの短さにいつ通過したのか気がつかないほどですが、去年は時間がなくて訪ねることができず、今回ようやく訪ねることができた次第。到着するとさっそく、やまどりを使用した臨時の「吾妻線紅葉号」がトンネルの手前に差し掛かり、あっという間に通過して行きました。

快速吾妻線紅葉号@川原湯温泉'12.10.27
樽沢トンネルを通過するやまどり使用の「快速吾妻線紅葉号」

 この後反対側へ移動。草津32号がやってきましたが、185系使用の特急だと編成が長いので、トンネルの短さがさらに引き立ちますね。

特急草津32号@川原湯温泉'12.10.27
反対側へ移動。185系だと短いトンネルが引き立ちます。

 結局、樽沢トンネルの前で1時間近く留まってから退散。色づきつつある吾妻峡を見てから川原湯温泉へと移動しました。この時点で周りの木々はちょっとだけ色づいた状態で、紅葉の見頃まではまだまだ先といったところ。11月に入ってからでしょうかね?

吾妻峡'12.10.27
葉が色づきつつある10月の吾妻峡

 この後はもちろん温泉で汗を流すことに。去年と同じ、共同浴場「王湯」で一風呂浴びた後、先程撮影した臨時快速「吾妻線紅葉号」に乗って帰途につきました。

露天風呂@王湯'12.10.27
王湯の露天風呂で一浴び

快速吾妻線紅葉号@高崎'12.10.27
これに乗って高崎へ~快速吾妻線紅葉号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10/27】秋の群馬日帰り旅その1~シロクイチと新前橋わくわく体験トレインフェスタ

 10月最後の週末の土曜日、ほぼ一月ぶりに群馬方面へお出かけしてきました。この日は新前橋にある高崎車両センターでイベントが行われ、そのついでに吾妻線沿線まで足を伸ばそうという流れでしたが、宮原から高崎線に乗りこんで高崎に到着後、駅ビル内にある「トリアノン」というパン屋でまずは朝食。電車の格好をしたパンがあったので、これをチョイスいたしました。中身はクリームパン。ちょっと甘かったでしたねぇcoldsweats01

電車パン@トリアノン'12.10.27
電車の格好をしたパンで朝食train

 8時36分発の両毛線小山行きに乗り込み、新前橋に到着。イベントは午前10時から開始とまだ1時間以上もありましたが、その前にSLみなかみ号を撮影しようと思い、いつもの群馬総社方向へ行った大きくカーブする先へ。ススキの葉に囲まれながら、107系や115系の普通列車をのんびり撮影していると、10時15分過ぎ、煙をもくもく上げながらシロクイチに牽かれたみなかみ号が通過して行きました。

C6120@新前橋'12.10.27


”シロクイチ”牽引のSLみなかみ号にご挨拶wink

 この後、いよいよイベント会場へ。さっそく車両展示会場へと向かうと、湘南色OM03編成と157系風塗装OM08編成、それに一般色の3つのカラーの185系が並んでいました。見慣れた車両ではありますが、こうして異なる塗装の185系が一堂に会したあたりはイベントならではといったところですが、欲を言えばチタ所属のA8編成も並べられればさらに壮観だったことと思いますねぇwink

185系@高崎車両センター'12.10.27
イベント会場で並んだ3色の185系

 その他、事業用車両のクモヤ145系と107系の展示や車庫内で行われていた115系のジャッキアップ実演などを見ながら過ごすことに。昨年に比べると、SLの展示がないせいか、来場者はどちらかといえばファミリーの方が多かった気がしました。

クモヤ145系&107系@高崎車両センター'12.10.27

115系@高崎車両センター'12.10.27

ぐんまちゃん@高崎車両センター'12.10.27
(3枚とも)当日の会場の様子

 こうして一回りした後、物販ブースで先月の上電イベントの時に売り切れて買えなかった上電パウンドがあったので、それを手に入れてから会場を後にしました(つづく)。

上電パウンド
会場での戦利品は上電パウンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.03

mattoh通信(10/8)~連休最終日くらいは

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.8

EF510-510@宮原'12.10.8

 10月の連休、最初の2日間目一杯お出かけだったもんで、最後の日くらいはのんびり過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

毎年恒例のTXと関鉄のイベントに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.02

mattoh通信(10/7)~雨の中の朝練

 先月7日はこちらにも書いたとおり、長野県内へ日帰りの旅に出かけておりましたが、出掛けに朝練してから出発となりました。

 あいにくの雨の中、あけぼのの前に485系のK2編成が通過。これが晴れていればよかったんですけどねぇweep

485系@宮原'12.10.7

寝台特急あけぼの@宮原'12.10.7
(2枚共)出発前の朝錬の成果coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.01

【10/22】東急池上線沿線散策&東京駅訪問

 先週月曜日は久しぶりに午後から休暇を取って都内へ繰り出すことに。まずは五反田へやってきました。さっそく東急池上線に乗るべく階上のホームへ上がると、池上線開業90周年のヘッドマークをつけた7705Fが到着。まずはこちらに乗り込み出発します。

東急7905@五反田'12.10.22
さっそくヘッドマークつきと対面happy01

 最初に降り立ったのは雪が谷大塚。平日ということで郵便局を訪ねようと思い、駅から歩いて10分ほどの国道2号線沿いにある田園調布郵便局で風景印を押印してもらいました。田園調布というと東横線の印象が強く残っていますが、改めて地図を見てみると、国道2号線を更に先へ進めば、先日も訪ねた多摩川駅のところへと出てくるんですねぇ。

田園調布局風景印
田園調布局の風景印

 この後はのんびり歩きながら、1つ先の御嶽山駅まで移動。昔ながらの駅舎が残るこの駅には子供の頃からあるイメージがあり、ホームのすぐ下を東海道新幹線の線路が交差していますが、その御嶽山駅から蒲田行きの列車に乗り込み、池上に到着。今度はここで途中下車することに。すると、ホームに降り立ってまず目に留まったのが、歌手の西島三重子さんが歌った「池上線」に関するボード。その前に立つと、池上線のメロディが流れてくる仕組みになっていましたが、恥ずかしながらこの歌はあることを知っていただけで一度も聴いたことがなかったりしますcoldsweats01

池上線ボード
ヒット曲「池上線」にまつわるボードが登場

 そんな池上駅から歩くこと15分ほど、池上本門寺に到着しました。結婚後初めて訪れましたが、実は子供の頃によく親に連れられて墓参りに来ていました。こちらには亡き父の姉とその夫の墓があり、当時走っていた池上線の緑の電車に乗ってここへやってきたものでしたが、子供だった自分にとっては近くに佇む元プロレスラーの力道山の墓の方に興味が行ったりもしましたねcoldsweats01

力道山銅像@池上本門寺'12.10.22
久しぶりに訪ねた池上本門寺

 再び池上駅に戻ったのが午後4時前。ここから列車に乗り込み、蒲田へ到着すると、隣のホームにステンレス一色の7700系が停車していました。クラシックスタイルの7710Fはこの日多摩川線の運用に充当。残念ながら乗ることはできませんでしたが、こうして最後の最後で目にすることができました。

東急7700系@蒲田'12.10.22
蒲田でようやく出会えたクラシックスタイルの7700系

 これで池上線の乗り歩きはおしまい。京浜東北線に乗り換え、一気に東京駅へとやってきました。東京駅と言えばやはり10月にグランドオープンした赤レンガの駅舎ですね。リニューアル化してから初めての訪問でしたが、まずは丸の内側にある東京中央郵便局で風景印を押印。東京駅リニューアル化に先駆けて新しくデザインが変わったとのことで、貰ってきました。

東京中央局風景印
リニューアル化後の駅舎がデザインされた風景印

 この後、新丸ビルへ移動。以前も訪ねたオープンデッキにやってきましたが、ちょうどライトアップが始まったばかりとあって、多くの人で賑わっておりました。

東京駅舎'12.10.22-1

東京駅舎'12.10.22-2
(2枚共)リニューアルされた東京駅

 この後、東京駅のドームの下へ。おしゃれな造りは東京の新しい玄関にふさわしい、モダンなスタイルとなりましたが、やはり一度はステーションホテルに泊まってみたいところ。でも、お値段以上に使う機会がなかなかなさそうですねぇcoldsweats01

ドーム内@東京駅'12.10.22
ドーム内から見たところ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »