« 117系@JR東海 | トップページ | 【12/9】おもちゃ団地チャリティーバザール訪問 »

2012.12.16

【12/8】”チョコバナナ”1007Fラストラン訪問~秩父鉄道

 先週の土曜日は以前から予告していた通り、秩父鉄道1000系のリバイバルカラー、1007Fのラストランイベントを訪ねてまいりました。家事を済ませてから出発したので、熊谷には午前11時前に到着。さっそく秩父鉄道の乗り場へ向かうと、跨線橋の上からラストランのヘッドマークをつけた1007Fが引込線で待機しているのが見えました。

秩父1000系@熊谷'12.12.8
特製のヘッドマークが装着され出発を待つ1007F

 窓口で1日乗車券を入手してからホームへ。1007F引退関連の記念きっぷが発売されていたもののすでに完売していましたが、普段はのんびりとしたホームも1007F目当ての乗客でごったがえしており何とも落ち着かない雰囲気。そんな中、先ほどまで引込線で待機していた1007Fが動き始め、ホームに入線してきました。

1007F時刻表@熊谷'12.12.8
ホームに貼られた1007Fラストランの案内

 車内は通勤ラッシュ並みの混雑で、普段の秩父鉄道の車内からは想像も出来ないほど。とはいえ元は首都圏の通勤通学の足として活躍した車両なので、むしろこの車両らしい姿とも言えるかもしれませんね。こうして11時23分、三峰口行きの臨時列車が出発。直後、社員による乗車記念証が配布されましたが、これが三峰口に到着後、展示会場へ優先して入場できる証明ともなりました。

1007F乗車記念証
車内で配られた乗車記念証

 寄居を過ぎても混雑は相変わらずで、通勤ラッシュ並みの車内から秩父の山々の景色を眺めるというのも普段なかなか体験できないものですが、影森を発車した直後に今度は車両展示会場での注意事項が記された用紙を配布するため、再び社員が混雑した車内を行き来していました。それが終わり、臨時列車は12時43分、終点の三峰口に到着しました。

 さっそく、窓口で1007F引退記念の記念きっぶを入手することに。こちらはまだ販売しており、列車から降りてきた乗客の長い列が伸びていましたが、10分ほど待って何とか無事に入手。しかしこちらも折り返しの熊谷行き臨時列車が出発する頃にはすでに売り切れとなっていました。

1007F記念きっぷ
何とか入手できた品々

 この後、いよいよ展示会場へ。先ほど貰った乗車記念証を入口にいた社員に見せて入ると、1007Fを始め残り3本となった1000系が一同に展示され、多くのギャラリーの注目を浴びていました。乗車記念証の持参者優先とはいえ1007Fの前には多くの人が集まっており、なかなか近づけない状況でしたが、手早く撮影して撤収。それにしても1000系ばかり4つのカラーが並ぶ光景もこれが最後なんですね。

秩父1000系@三峰口'12.12.8-1

秩父1000系@三峰口'12.12.8-2
(2枚とも)展示会場で並んだ1000系

 当初はそのまま熊谷行きの臨時列車で帰る予定でしたが、再び通勤ラッシュ並みの車内で熊谷まで帰るというのもしんどいので、ここで臨時列車を見送ってから後続の列車で帰ることに。駅から熊谷寄りへ歩いて数分の線路脇で待機すると13時38分、1007F使用の臨時列車が徐々に加速を上げて通過。熊谷へ向けて走って行きました。


 この後、駅の立ち食いそば屋で遅い昼を済ませ、14時21分発羽生行きに乗って帰ることに。使用されていたのは、先ほど展示会場で注目を浴びていたオレンジカラーの1003F。今度は座席に座り、疲れた体を癒しながら熊谷まで揺られました。

秩父1000系@三峰口'12.12.8-3
帰りはオレンジカラーで

 こうして無事1日のミッションを済ませ、熊谷から高崎線で帰るべくホームで尾彫り列車を待っていたら、羽生方面から列車が入ってきたので目をやると、この日の主役である1007Fが多くの乗客を乗せて到着しました。熊谷に到着した後、引込線にその姿がなかったので、どうしたものかと思いつつそのまま高崎線のホームへ入ったんですが、どうも臨時列車で到着後、そのまま羽生まで1往復したようですね。

 1000系も残すところ3本となってしまい、一頃に比べてずいぶんと寂しくなってしまいましたが、出来る限り、秩父鉄道沿線に出向いた際には追って行きたいところです。今後も引き続き、紹介していきたいと思います。

|

« 117系@JR東海 | トップページ | 【12/9】おもちゃ団地チャリティーバザール訪問 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

その1007Fに乗車していました。記念乗車券は熊谷でも売れ行きが好調で、特設販売ブースでも売れていました。三峰口の販売も熊谷駅で聞いたところ、入手が難しいかもしれないと聞いたので、撮影会をあきらめて、切符購入列に並びました。
後はグッズも押えましたし、撮影をしないだけでも敵は果たしました。
お越しになられていたなら、ご挨拶したかったですね。
撮影は、朝8時半頃が最適かと思いました。

投稿: 横山 正典 | 2012.12.16 10:35

 こんばんは。コメントありがとうございます。当日はお疲れ様でした。何分自宅を出たのが遅かったため、熊谷駅の記念モノは手に入れることが出来ず、何とか三峰口駅で記念きっぷを手に入れたという状況でした。あまりに慌しかったので、あっという間に時間が過ぎた印象でしたね。

 ステンレス車体が増えていくのと引き換えに1000系が徐々に姿を消していくのはちょっと寂しいところではありますが、これも致し方のないところ。残り3本となりましたが、現地へ赴く際には引き続き追ってみたいと思います。

投稿: mattoh | 2012.12.17 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/56328708

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/8】”チョコバナナ”1007Fラストラン訪問~秩父鉄道:

« 117系@JR東海 | トップページ | 【12/9】おもちゃ団地チャリティーバザール訪問 »