« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.31

【1/26】川越線をスカ色が走る~おさんぽ川越号乗車

 この冬JR各社で運転される臨時列車の中で個人的に注目していたのが、新習志野と川越を結ぶおさんぽ川越号でしたが、川越線を臨時列車が走ることもさることながら、短絡線や普段旅客が走らない線路を行き来するなど、”乗”にとってはいろいろと注目するところが多い列車でした。そんなわけで、このおさんぽ川越号に乗車するべく南浦和に到着。普段通勤で使い慣れている駅でしばらく待っていると、千葉方面からスカ色の115系がやってきました。

おさんぽ川越号電光掲示板@南浦和'13.1.26
しっかり”列車名”が入った電光掲示板

 使用されていたのは豊田車両センターのM40編成。かつて快速むさしの号で度々お世話になった編成ですが、現在は定期運用がなく、専らこうした臨時列車の仕事を任されています。さっそく乗り込むと、車内は立ち客が出るほど混んでおり、なかなか盛況な様子。それでも2人掛けの座席にありつくことが出来、武蔵浦和を出てから短絡線を抜け、9時過ぎに大宮に到着しました。

 さてここからがこの列車一番の見所。大宮駅11番ホームを発車するとすぐに車窓左手にはJR大宮工場が見え、その脇を抜けてしばらく高崎線の線路と平行しながら進むと、鉄道博物館の先でポイントを通過し、川越線の線路へと合流しました。ここまでは非電化時代の川越線のルートをほぼ踏襲しており、当時乗ったことがある身にとっては記憶を蘇らせることになりましたが、電化が1985年の9月ですから、かれこれ30年近くになるんですねぇcoldsweats01

 こうして列車は日進に到着。地元に戻ってきた格好で何とも不思議な感覚でしたが、ここでは客扱いはなく、しばらく停車した後に動き出しました。この先、西大宮や指扇でも同様の扱いで、何かスルー出来ない規定でもあるのかもしれませんね。こうして多くのギャラリーの出迎えを受けた荒川鉄橋を渡り、南古谷に到着。ここでお見送りとなりました。

クモハ115-318@南古谷'13.1.26
スカ色115系が使用された「おさんぽ川越号」

 当初はそのまま川越まで乗り通す予定でしたが、車内が混んでいたこともあって終点で落ち着いて列車を眺めている余裕はないと判断。それなら川越車両センターへの送り込みを見た方が多少余裕があると思いつき、急遽南古谷で見送った次第。駅から少し離れた線路脇でしばらく待っていると、川越から戻ってきた115系が南古谷駅に到着。一旦停車した後、入庫するべく接近してきました。

115系@南古谷'13.1.26
川越車両センターへ入庫するところ

 この後は川越へ移動し、市内をぶらぶら。せっかく川越へ来たので、日中は時の鐘やくらづくりの町並みを見て過ごして来た後、14時半前には川越駅へ。帰りもおさんぽ川越号に乗り込むことにします。

時の鐘@川越'13.1.26
列車に乗るだけじゃ、ねぇcoldsweats01

 ホームへ通じる階段に掲示されたさまざまな川越線ゆかりのポスターを見ながら6番線ホームへ。発車30分前にもかかわらず、すでに乗客の列が伸び始めつつあったので、その中に加わってから待つこと15時10分前、川越車両センターから出庫してきた115系が入線。列の前の方だったこともあって無事座席にありつくことが出来、15時ちょうどに川越を発車。

ポスター@川越'13.1.26
川越線ゆかりのポスターが並ぶ川越駅

クハ115-398@川越'13.1.26
川越駅6番線ホームで出発を待つ「おさんぽ川越号」

 帰りも行きと同様、川越線内の各駅で一旦停車後に出発。日進を発車後、行きと同じく鉄道博物館の手前でポイントを通過すると今度は再び別のポイントを渡り、高崎線の線路へと進んで行きました。大宮到着後は貨物線を経て武蔵野線へと進むので、到着するとすればこうしたルート以外考えられないですが、列車は大宮駅7番線ホームに到着。そのまま乗り続け、南浦和でお見送りしました。

 貨物短絡線や川越線への引込線といった、普段乗ることがなかなかできない区間を行き来するだけに、久しぶりに”乗”の楽しさを味わった1日となりましたが、来月9日にも運転されるので、今度は地元で”撮”の方もしたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.30

mattoh通信(12/14)~583系上京

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.14

583系@宮原'12.12.14

 この日はあけぼの通過の後、583系がやってきました。これは、この日の晩に横浜から青森まで運転されたはくつる号の送り込みでしたが、昨年は583系を見かける機会が多かったように思います。とは言え、去年はさらにもう一度その姿を見ることになるんですけど、そちらはまだ後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.29

【1/25】人間ドック、全国鉄道むすめ巡り、緑の山手線

 先週金曜日は年に1度の人間ドックを受診してきましたが、医師の診察の際、胃にポリープがある旨伝えられ、胃カメラでの検査を勧められました。これまで病院でいろんな検査や手術を体験しており、まだ未体験なのがこの胃カメラですけれど、どの道いつかはやることになりそうなので、一度やっておいてもいいかもしれませんね。とはいえ、いつやるかはまだわかりませんが・・・。

 その人間ドックが終了し、そのまま都内へと繰り出すことに。向かった先は東京スカイツリー。全国鉄道むすめ巡りの中で、姫宮ななさんのスタンプがソラマチタウン内の東武グループツーリストプラザにあるため訪れた次第でしたが、ここは昨年末、大宮からスカイツリートレインに乗った際、限定のバッジを手に入れるため訪問したところなので、今回が2回目。無事にスタンプと限定グッズをゲットいたしました。

姫宮なな等身大パネル@東武グループツーリストプラザ'13.1.25
年末に続き、2度目の訪問となりました>ツーリストプラザ

 この後、押上駅近くにある郵便局で風景印を押印。昔、貯金で訪れたことはあったものの、昨年のスカイツリー開業に合わせて風景印が設置されたとのことで、再び訪問と相成りましたが、風景印にはもちろんスカイツリーが描かれていて、これはなかなかいい記念になりそうですね。ここへ来る前、曳舟駅近くの向島郵便局でも風景印を押してきましたが、こちらもスカイツリーがデザインされていました。

スカイツリー風景印

東京スカイツリー@押上'13.1.25
スカイツリーがデザインされた風景印(画像・上)と、本物のスカイツリー

 こうして押上から都営浅草線に乗り込み、途中蔵前で大江戸線に乗り換え。御徒町へ到着後、そのまま山手線ホームへと上がりましたが、お目当ては何といっても緑の山手線。twitterくらいしか情報源がない中、断片的なツイートを拾っているうちに動いていることは確認。そして池袋を出て外回りでこちらへ向かっているとのことで、先行列車で東京まで行き、お出迎えしました。

クハE231-545@田町'13.1.25
車体全体が緑一色に塗装されたラッピング車両

 正面だけだとヘッドマークくらいしか認識できませんが、側面から見るとなるほど緑一色ですねhappy01。2009年に運転されたチョコレート色のときと同様、これは注目を浴びそうですが、こちらは今年の年末まで運転されるとのことで、これから見かける機会はありそうですね。

 こちらで田町まで乗車。その後、有楽町まで移動し、ぐるっと外回りで一周してきたところを再びお迎えしました。

E231系@有楽町'13.1.25
有楽町で再会~緑の山手線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.28

mattoh通信(12/13)~新都心のイルミネーション

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.13

 この日、仕事の帰りにさいたま新都心駅に寄り道。毎年恒例のイルミネーションを見てきました。そんなに派手ではありませんが、新都心が鮮やかにライトアップされると、寒い季節がやってきたなぁと実感します。

イルミネーション@さいたま新都心'12.12.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.27

mattoh通信(12/9)~青い団臨

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.9

EF64-1053@宮原'12.12.9

 この日は24系の列車をあけぼのの他にもう1本見かけました。ヘッドマークのないEF64に牽かれたこの列車、甲府と青森の間を往復した団体列車でしたが、中央線内をブルートレインの客車が走ったのは珍しいことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.26

mattoh通信(12/8)~朝焼けのシーズン

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.8

 12月に入り、1年で一番昼間の時間が短いシーズンになりましたが、後追いの朝焼け狙いへと切り替え。うっすらピンクの空の中、上野へ向けて通過して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

おさんぽ川越号に乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.25

【1/20】全国鉄道むすめ巡り2nd~富士急

 先週金曜日の朝、起きたときに少し熱っぽかったので体温計を計ったところ、平熱よりも少し高めでした。前の日から咳が出ていたので、風邪を引いたことは明らかでしたが、インフルエンザが怖かったので、大事を取って1日休暇にして病院へ行ったところ、インフルエンザではないとのことで一先ずホットしました。熱もすぐに平熱になったので、土曜は地元でゆっくり過ごし、日曜日に河口湖へとお出かけしました。

 さて、今回は「河口湖・山中湖セレクトフリー乗車券」というのを使って見ました。河口湖界隈だとかつてはホリデーパス(今は休日おでかけパス)にフジサン特急乗り放題のきっぷを合わせてというパターンばかりでしたが、上記のきっぷにいつしか日帰り用というのが出来ていて、これだと3800円で済むとのこと。これまでどうしても4千円越えはしていたので、これはありがたいところですねhappy01

 こうして列車を乗り継ぎ、一気に大月へと到着。さっそく富士急の乗り場へやってくると、停まっていたのは最近白と赤いラインの京王カラーに変更された1000形。これまでいろいろな塗装が施されて来ましたが、やはりこの色が一番しっくりと来ますね。とはいえ、種車となっている5000系を京王線内で見たのは、競馬場線で乗った最晩年のときしかないんですけどねcoldsweats01

富士急1000形@三つ峠'13.1.20
京王カラーに復元された1000形

 大月を9時4分に発車した列車は、車窓に富士山の姿を見ながら三つ峠に到着。この後は寿との中間付近にある踏切で定番の富士山の撮影をすることにしますが、何分数日前に降った雪がまだ残っていて、足を取られながらようやく到着。この後、ホリデー快速河口湖号やスカ色115系といったJR車からフジサン特急をはじめとする富士急の車両まで、様々な車両をお迎えいたしました。

115系@三つ峠'13.1.20
富士山をバックにスカ色115系がやってきました

 この日は冬のこの時期らしく、雲もほとんどないくらいの快晴だったおかげで、富士山がくっきり見えましたねfuji

 再び雪道に右往左往しながら20分ほどかけて寿駅へ到着。1編成のみの5000形に揺られて下吉田へとやってきました。予定よりも早い移動だったことから、ブルートレインテラスの青い車体にご挨拶しようと降り立った次第でしたが、きちんと整備が施されている様子なのが何よりですね。この姿を末永く留めて欲しく祈りながら、後続12時24分発の富士登山電車に乗り込み、終点の河口湖へと到着しました。

スハネフ14-20@下吉田'13.1.20
青い客車も雪まみれsnow

 さっそく改札脇に設置されたスタンプ台を見つけ、持参したスタンプ用紙に大月みーなさんのデザインされたスタンプを押印。直後、改札口で限定グッズも無事入手しました。東武に比べると些か控えめな印象を受けますが、以前は大月駅に等身大パネルが置かれていた谷村みすずさんの姿が今回なかったのはちょっと寂しいところでしたね。

大月みーなスタンプ台@河口湖'13.1.20
設置されているのは、改札脇>スタンプ台

 これでミッションは無事完了。ランチにするべくエキナカのゲートウェイフジヤマへ。前回ここで吉田うどんを食べていますが、今回メニューを見ていたら、「富士山カレー」なるものがあったのでチョイスしてみることに。ライスが富士山の形になっていて、なかなかお洒落ですねhappy01

富士山カレー@ゲートウェイフジヤマ'13.1.20
ライスが富士山の格好をした富士山カレー

 この後、帰りの列車まで時間があったので、腹ごなしに駅周辺をぶらぶら散策することに。富士山駅寄りにある踏切の通りから側線に止まっている列車を見ることが出来るので観察していると、映画「ヱヴァンゲリヲン」のラッピング車両や先ほど三つ峠で撮影したホリデー快速河口湖号使用の183系などの姿がありましたが、183系の先頭車の種別幕にはなぜか「ムーンライト信州」となっていたのが気になるところcoldsweats01

富士急1000形&6000形@河口湖'13.1.20
富士急を走る列車がお昼寝中sleepy

 こうして13時51分発フジサン特急に乗り込み河口湖を出発。大月到着後、駅近くの歩道橋で岩殿山をバックに行き交う富士急や中央線の車両を撮影して過ごし、15時47分発高尾行きで帰途につきました。

115系@大月'13.1.20
中央線を走るスカ色115系と岩殿山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.24

mattoh通信(12/5)~遅れたあけぼの

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.5

 この日のあけぼのは定刻よりも2時間半ほど遅れていましたが、遅番だったこともあって出勤時にお迎えすることができました。

 今回は気分を変え、白黒に加工してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

【1/13】恒例の駅弁大会で入手した名古屋の味

 1月中旬といえば、やはり何といっても京王百貨店の駅弁大会ですね。これに行かなければその年がスタートした気分になれなくなっているほど、今や恒例行事となっておりますが、今年は平日の仕事帰りにふらっと行くことが厳しそうだったので、混雑を覚悟して連休の中日に足を運んできました。

 宮原からほぼまっすぐ新宿へ到着。そのまま京王百貨店へと向かいましたが、昼時だったせいもあって会場はかなりの人出でしたcoldsweats01。ああなるとそうそう動き回るわけには行かないので、何か決めて買うよりは適当に空いているところを狙って素早く手に入れる方が性に合っているんですが、そんな中、それほど列が延びていなかった三河安城駅の「どてみそかつ丼」をチョイス。

どてみそかつ丼'13.1.13
今年は愛知県の味をチョイス

 愛知県の郷土の味であるどて煮と味噌かつが同時に味わえるというのは、何とも贅沢な弁当ですよねhappy01

 ところで三河安城といえば、新幹線ホームに設置されている「パタパタ」式の行先表示機が今日を持って撤去されるとのこと(参考;日本経済新聞の記事)。かつて大宮駅にも同じようなものがあって、パタパタ回っているときに様々な行先や列車名が見えると、何かワクワク感がありましたね。三河安城のは知りませんが、かつて大宮にあったものは画像に収めてありますので、紹介しておきます。

パタパタ式行先表示機@大宮'00.12
大宮にもあった”パタパタ”式。「臨時寝台特急」の表示がちょっと気になるところhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.22

mattoh通信(12/3)~北斗星

寝台特急北斗星@大宮'12.12.3

 月並みではありますが、この日お迎えした北斗星の画像を紹介しておきます。この日のカマは501号機でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

mattoh通信(12/2)~師走

寝台特急あけぼの@宮原'12.12.2

 これを見送った後に一旦帰宅。朝食を済ませてから東武ファンフェスタへと向かいました。師走最初の日曜日、日が短くなっていく中、流しで何とか捕らえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.20

【1/12】全国鉄道むすめ巡り2nd~おもちゃのまち編

 先週の続き、栗橋から乗り込んだ列車に揺られ、終点の新栃木に到着したのは13時前。宇都宮線の列車は一つ手前の栃木が始発ですが、おもちゃのまち駅に設置されているスタンプのキャラクター、壬生えみこさんの限定グッズがここ新栃木駅のホーム上の売店で販売となっていることから、ここまでやってきた次第。さっそく入手し、13時13分発東武宇都宮行きで出発。

壬生えみこ限定グッズ貼紙@新栃木'13.1.12
新栃木で無事ゲットheart01

 おもちゃのまちに到着し、まずはえみこさんのスタンプを押すことに。ところがここで思わぬ失態をしでかしてしまうことに。それは、えみこさんのスタンプを立石あやめさんのところに押してしまいましたweep。去年は一つの駅に降りて2ヶ所押すことはなかったのでこうしたことはなかったんですが、完全に見落としでしたねぇ。何とも恥ずかしい限りですが、まあペナルティがあるわけじゃないですし・・・bleah

壬生えみこ等身大パネル@おもちゃのまち'13.1.12
えみこさんの等身大パネルがお出迎えheart01

 この後、トイキングダムへ向かい、立石あやめさんのスタンプと限定グッズをゲット。先月足を運んだばかりで今回はすんなりたどり着けましたが、先月と比べて鉄道むすめや壬生ゆうゆの関連グッズが充実していました。また、3千円以上であやめさんのクリアファイルが貰えるとのことなので、それに乗る格好で散財することに。クリアファイルは以前入手済みのものと同じものの、名刺にゆうゆのシールが貼られています。

立石あやめクリアファイル
3千円以上購入でゲットしたあやめさんのクリアファイル

 これで14時過ぎの栃木行きの列車でおもちゃのまちを出発。この後はフリーだったので、先月と同じく夕方やってくるスカイツリートレインを待つことに。この界隈だと定番となっている新大平下付近くらいしか思い浮かばず、慣れたところということで今回も新大平下へとやってきましたが、下り列車の撮影には逆光になってしまうものの、好天の中いろいろと楽しんでまいりました。

東武634型@新大平下'13.1.12
西日を浴びてスカイツリートレインがやってきました

 16時を過ぎ、日も暮れてきたことから新大平下駅に戻るも、次の上り列車まで30分ほど待った16時52分発の南栗橋行きに揺られ再び栗橋に到着。この後、日中の続きでスタンプラリーをするべく暗くなった栗橋の町をぶらぶらしてきましたが、6店舗回ればスタンプラリーのポスターをゲットできるとのことで、こちらは何とか回って無事ゲット。ちょっと荷物が多くなったものの、宇都宮線で帰途につきました。

栗橋みなみスタンプラリーポスター
ポスターをゲットしてこの日は打ち止めhappy01

 以上、2nd最初のスタンプ巡りとなりましたが、今回は北海道や東北、広島があるので、遠征が増えそうですね。特に北海道と青森はどうしようか思案中ですが、函館については江差線もあったりするので、当然これを絡めての訪問になりそうです。後は時期をどうするかですが、5月下旬から6月にかけてがこの界隈を回るにはいいシーズンなんで、この時は何とか空けておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

富士急沿線に出没。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.19

【1/12】全国鉄道むすめ巡り2nd~栗橋編

 去年に続き、今年もスタートした全国鉄道むすめ巡り。今年は去年よりもさらにパワーアップし、北は函館から西は広島までとかなり広範囲となりましたが、その分遠出する機会も増えそうなわけで、どのように回ろうかとあれこれ思案中でありますcoldsweats01。そこでまずは近場を攻めようと東武沿線の2ヶ所、栗橋とおもちゃのまちを訪ねてまいりました。

 いつものように地元で青森からの夜行列車を見送ってから高崎線に乗り込んで大宮へ。すると、反対側の7番線ホームに183系の姿がありました。毎年冬季シーズンにはお馴染みの快速シーハイル上越号が出発のときを待っていました。実は地元ではすでに何度か撮影済みでしたが、当blogではまだ載せていなかったため、こちらにあげておきます。

快速シーハイル上越@大宮'13.1.12
今年も運転が始まった快速シーハイル上越号

 大宮から宇都宮線に乗り換えますが、栗橋へ向かう前にまずは北からやってくる長距離列車をお迎えするべく白岡で途中下車。久しぶりに久喜寄りに掛かる富士見橋へとやってきました。最近北斗星の撮影は大宮ばかりになってしまい、ここや蓮田へ足を運ぶ機会がなかなかありませんが、うっすらと雲に覆われて肌寒い中をしばし待っていると、何故かレインボー機のEF65が単機で通過。こんなところで出くわすとは思っても見ませんでした。

EF65-1118@白岡'13.1.12
単機でやってきたレインボー機

 冬季ダイヤでの運行となり、20分ほど繰り下げて運行されることから、8時前から待ち続けること1時間半近く、ようやく青い車体がやってまいりました。この日の釜は銀釜の510号機。正月三が日の2日、日暮里駅近くで見送ったカシオペアの先頭に立った同機とここで再会を果たしました。

寝台特急北斗星@白岡'13.1.12
この日は銀釜でした>北斗星

 こうして白岡から再び宇都宮線に乗り込んで栗橋を目指しますが、やってきたのは211系。3月のダイヤ改正でE233系へ置き換えられることになり、果たして今後宇都宮線内で乗る機会がどれくらいあるのかわかりませんが、高崎線とは異なる緑地の方向幕が印象的ですね。これまで記録に残していなかったので、今回撮影しておきました。

211系方向幕
宇都宮線の行き先を表す緑色の方向幕

 栗橋に到着し、早速スタンプが設置されている商工会へ。年末に事務所が栗橋総合支所の近くへ移動となり、新しい建物を訪ねるのは今回が初めてでしたが、到着後早速台紙をいただき、スタンプと限定グッズを無事ゲット。何でも東武沿線の3ヶ所を一気に回る人がほとんどだそうで、なるほどその方が効率的ではあるものの、自分はこの後おもちゃのまちへ行くだけ。スカイツリーは後日回る予定でありますcoldsweats01

栗橋みなみスタンプラリー案内@栗橋駅'13.1.12
駅のショーケースにもスタンプラリーの案内が・・・heart04

 ちなみに事務所のすぐ近くを日光線の線路が走っており、駅へ戻る途中、栗橋総合支所前の踏切付近でちょっとだけ撮影タイム。ふと南栗橋駅方向に目をやると、年末恒例の東武ファンフェスタで毎度お世話になっている南栗橋車両基地が踏切から見えました。意外と近い印象もあるので、一度のんびり歩いて見たいところ。

東武350系@栗橋'13.1.12
役所の前で撮影タイム

 商工会の事務所では昨年末からスタートしたスタンプラリーの台紙もゲットしましたが、時刻は午前11時前後。昼過ぎにはおもちゃのまちへ移動したかったので、ここはランチが出来るところへ入ることにしました。台紙に載っていた中から駅前にある喫茶店「ハーモニー」へ。いつも駅に降り立つ度に看板を見かけていたものの、なかなか足を運ぶ機会がありませんでしたが、ランチメニューがあったので頂いた後、昼過ぎの新栃木行きに乗車。おもちゃのまちを目指します(つづく)。

壬生ゆうゆポスター@栗橋'13.1.12
いざ、おもちゃのまちへ(栗橋駅にもあった壬生ゆうゆのポスター)heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/9】信州1泊1日旅その4~しなの鉄道169系に乗る

 信州の旅もいよいよ大詰め。三岡駅から徒歩でしなの鉄道の平原駅へと移動します。交通量の多い通りをひたすら歩いているとしなの鉄道の線路が見え、広大な田園地帯が広がってきましたが、これからこの日運転された湘南色169系を撮影しようと思います。

  ここで運行ダイヤを確認。ところがちょうど軽井沢へ向けて764Mが通過した後で、この後767Mとして戻ってくるのが1時間後でした。そこでロケハン兼ねてしばらく待っているとやってきたのが、S2編成と呼ばれるアニメ「あの夏で待ってる」のラッピングした115系。こちらも目にするのは始めてでしたが、そもそもアニメは全く知らず、観たこともありませんcoldsweats01

しなの115系@平原'13.1.9
アニメ「あの夏で待ってる」のラッピング車両と対面

 169系が来るまでまだ40分以上もあり、ここで近くにあったうどん屋でランチタイム。小諸まで出れば蕎麦屋でも入って温まろうとも考えたものの、今回は見かけたところで適当に入って済ませる予定でしたが、思いの他お値段もリーズナブルに済んだのは何よりでした。これで腹も満たされ、再び先ほどの撮影した場所へと戻り、しばし待つこと13時24分頃、湘南色の169系使用の小諸行き767Mが通過していきました。

しなの169系@平原'13.1.9
久しぶりに動いているところを目にした湘南色169系

 しなの鉄道の公式サイトに載っている運行ダイヤによれば、ここ小諸と軽井沢の区間を限定して運用している様子で、これだと乗車および撮影の計画は立て易いですが、より多くの景色を絡めて撮影したいという向きにはイマイチかもしれませんね。

 この後は小諸から折り返してくる13時43分発軽井沢行き768Mに乗り込みますが、15分ほどとされている三岡と平原の間の移動はそれ以上掛かっており、寄り道しないで行くと30分くらいは見ておいたほうが無難なところ。こうして小諸から折り返してきた169系使用の13時43分発軽井沢行きに乗り込みました。

 ひとまず撮影は済ませたので、この後は沿線の郵便局巡りをしようと御代田、信濃追分で途中下車。どちらも駅近くに郵便局があり、それぞれで風景印を貰ってきました。この日は好天のおかげで背後に聳え立つ浅間山がくっきりと見え、本来ならこの浅間山を入れて169系を撮影したかったところ。しかしあいにく今回はそこまで頭が回らず、信濃追分からこの日2度目の169系に乗り込み、軽井沢にやってきました。

御代田&追分風景印
沿線の郵便局で貰った風景印

信濃追分駅名板'13.1.9
浅間山をバックに・・・

しなの169系@軽井沢'13.1.9
終点軽井沢に到着

 しなの鉄道では169系が引退する4月までさまざまな関連のイベントが行われるとのこと。駅にも今月末と2月に運転される急行列車のポスターを見かけましたが、これを見ていたら何か再訪したくなってしまいました。ただ、日程の調整が合うかどうか・・・。

 この後、15時30分発のJRバスで碓氷峠を越え横川へ。列車を乗り継ぎ、のんびり帰ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.18

mattoh通信(12/1)~安中貨物

EF510-511@宮原'12.12.1

 翌2日に東武ファンフェスタを控えていたこともあり、この日は地元でじっとおとなしくすることに。朝から天気がイマイチでしたが、夕方は夕日が差し込む中、安中貨物をお迎えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

mattoh通信(11/30)~身近なところで見つけた秋

埼玉新都市交通2000系@東宮原'12.11.30

 病院へ向かう途中、ふと東宮原駅に降り立ち、駅近くの赤く色づく木を入れて撮影してみました。身近なところでも探せばいろいろと見つかるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.16

mattoh通信(11/28)~久々に新都心で

特急あかぎ2号@さいたま新都心'12.11.28

寝台特急北斗星@さいたま新都心'12.11.28

 久々の新都心大橋。185系A8編成と北斗星を狙いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.15

mattoh通信(11/27)~地元で撮った211系幕車

211系@宮原'12.11.27

 先日、宇都宮を訪れた際に乗車した211系の幕車、A36編成ですが、11月下旬に地元で撮影しておりました。高崎線での211系の運用が激減し、今後地元で見ることが出来るかどうかわかりませんが、一応記録に残しておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.14

【1/9】信州1泊1日旅その3~久しぶりの小海線

 信州の旅の続き。小淵沢から小海線に乗り換えますが、次の小諸行きは9時57分までおよそ1時間ほど。そこで昨年10月に撮影した松本寄りの線路脇へと進み、さらに先へ進んだ田園地帯へとやってくると、先ほど車窓から見えた八ヶ岳を横目に見ながら小海線のディーゼルカーを撮影してきました。出来れば八ヶ岳を入れて見たかったんですが、さすがにそちらは難しく、郵便局に寄り道してから駅へと戻ってきました。

キハ110系@小淵沢'13.1.9

小淵沢駅舎'13.1.9

小淵沢局風景印
小淵沢駅周辺の様子(画像・上、中)と小淵沢局の風景印

 少し早めに改札を抜け、小海線の乗り場へ。先ほど撮影したキハ110系がそのまま折り返しとなりますが、小海線といえばハイブリッド車のキハE200系ですね。こちらは2007年の暮れに一度乗車済みですが、佐久平と小諸の間の短い間だったので、こちらで乗りとおしたいところでした。

わくわくエコランド看板@小淵沢'13.1.9

ぶりっとちゃんステッカー
コミカルなイラストがかわいい小海線の乗り場

 小諸行きは定刻9時57分に発車。車窓に八ヶ岳を見ながら、沿線随一のリゾート地である清里に到着しました。ここは子供の頃に家族旅行で訪れたことのある地ですが、今の時期はシーズンオフなのか降りていく観光客の姿はほとんどなく、駅前周辺もひっそりとしている様子。そんな清里を過ぎると、JR最高標高地点に差し掛かりました。

車窓@野辺山付近'13.1.9
JR最高標高地点に差し掛かるディーゼルカー

 清里と野辺山の区間は、小海線の沿線では一番のクライマックス地点といっていいところで、標識が立っている地点までは一度マイカーで訪れたことがありました。しかし、如何せん本数が少ないところなもんで、標識を見てすぐに立ち去ってしまったので、いつか列車を入れて撮影しながらのんびりと過ごしたいところです。

 野辺山を過ぎると、車窓には鄙びた景色がずっと続くこともあり、正直退屈ぎみなところ。反対列車との交換待ちでもあれば気分転換にでもなるところなんですが、幸か不幸かそうした待ち時間はなし。途中、小海でハイブリッド車使用の小淵沢行きと行き違い、佐久平へと進むと正午前に三岡に到着。ここで列車を見送りました。

三岡駅舎'13.1.9
こじんまりとした三岡駅に到着

 ここで降りたのは、徒歩でしなの鉄道の平原駅へ移動するため。ついでのこの日運転されていた169系を撮影しようと考えていましたが、こちらについては後日別の記事で報告したいと思います(つづく)

小諸行き乗車券
今回使用した乗車券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/9】信州1泊1日旅その2~”ミニエコー”クモハ123形に乗る

 信州の旅は早朝の松本駅からスタート。まずはここから下諏訪までと下諏訪から小海線を経由して小諸までの2種類の乗車券を入手しました。通しで買うよりも下諏訪で分割したほうが安くなることを事前に確認していたことから、今回こうした形できっぷを用意しましたが、改札を抜け、ホームでしばし待ち続けていると、車両基地のある方向から1両の赤い車両がゆっくりとこちらに近づいてきました。

123系@松本'13.1.9
入れ換えのため出庫するクモハ123形”ミニエコー”

 この赤い車両、クモハ123形こそが今回の目的の一つでしたが、元々荷物車として使われてきたクモニ143形を国鉄末期に旅客用として改造。”ミニエコー”の愛称で、普段は辰野と塩尻の間を行ったり来たりしていますが、朝晩は出入庫の関係でここ松本でもその姿を目にすることが出来ます。そのミニエコーが今年3月のダイヤ改正でE127系へ置き換えとなり、引退することが先日発表されました。

 ミニエコーは6時54分、ゆっくりと松本を発車。通勤客を乗せて篠ノ井線の複線区間を快調に飛ばすと7時10分、辰野支線と分岐する塩尻に到着。ここで12分間停車し、いよいよ本来の活躍の場である辰野支線へと進みます。

123系@塩尻'13.1.9
辰野へ向け、塩尻で一休み

 1983年の塩嶺トンネル開通により、それまで走っていた特急や急行のほとんどがみどり湖を経由することになり、現在は各停が行き来するだけの鄙びた区間となってしまいましたが、小野駅には長いホームがそのまま残っていて、優等列車が行き来していた頃の姿が残っていました。時間があれば途中下車して過ごしたいところなんですが、この後昼までに小諸へと向かうため、今回は車窓から様子を見るに留めました。

 こうして7時42分、終点の辰野に到着。隣のホームでは飯田線へ向かう7時48分発の駒ヶ根行きが乗換客を待ち構えていましたが、停まっていたのは昨年3月のダイヤ改正で119系を置き換えた313系。飯田線も4年前、閉園直前の佐久間レールパークを訪ねて以来ご無沙汰ですが、313系や213系に代わるなど、様子が変わったことと思います。

313系@辰野'13.1.9
119系の後を引き継いだ313系

 この後は7時47分発の長野行き快速みすずに乗り換え。車内は通学の高校生で大賑わいでしたが、岡谷でその高校生たちと一緒に列車から降り、8時4分発甲府行きに接続しました。ここまでの2本はいずれも115系でしたが、3月のダイヤ改正からは長野地区で211系の営業運転がスタートし、こちらも徐々に置き換えられていくことになりそうです。

クハ115-1010@岡谷'13.1.9
まだまだ長野では主力の115系も、この春以降変化があるかも・・・

 列車は長野県と山梨県の県境に差し掛かると車窓には八ヶ岳の姿が見え始め、小淵沢には8時54分に到着。ここから小海線に乗り換えます(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/9】信州1泊1日旅その1~深夜の上野駅を出発

 ようやく正月気分も抜けた1月上旬、夜の23時前に宮原を出発。上野に到着したのは午前様を迎える30分ほど前でした。駅の構内はすでに通勤帰りの客もさばけ、回送となる列車に乗り込もうとした酔っ払いが駅員に声をかけられるシーンも。思えばこんな時間に上野駅を訪れたのは3年前の夏以来で、当時健在だった急行能登で遠出したのも昔のことになってしまいました。

上野駅舎'13.1.8
深夜の上野駅にやってきたmoon3

 そんな様子を尻目に改札を抜け、向かった先は京成上野駅前にある高速バスの停留所。ここから長野行きの夜行高速バスに乗り込みます。定期の夜行列車が減ってしまった昨今、その代わりを夜行高速バスが担っておりますが、21時過ぎに千葉中央駅前を発車した成田空港交通のバスが東京ディズニーランドや西船橋駅などを経て0時10分前にやってきました。

 さっそくバスに乗り込み、時間調整した後に定刻0時5分に発車。最後の停留所である浅草雷門に停車後、隅田川に掛かる駒形橋を過ぎ、首都高へと入って行きました。この日の乗客は10人にも満たない状況で、自分の座席のすぐ後ろもいない中、リクライニングシートを大きく倒し横たわることに。おかげですぐに寝入ってしまい、中央道に入った頃にはすでに夢の中でした。

 5時過ぎ、室内の明かりが付き、中央道原パーキングエリアで10分ほどトイレ休憩となりました。ここは中央本線で行けば青柳駅付近にあたるところで、明け方の冷え込む中、バスの外へ出てみると、トイレの入口付近には中央道の通行止め解除の貼紙を見かけました

通行止め解除貼紙@中央道原PA'13.1.9
中央道通行止め一部解除の貼紙

 夜中に笹子トンネルを通過したときは完全に夢の中。当然様子などうかがい知ることはできませんでしたが、年末年始の帰省ラッシュ時には追突事故が発生するなど、一部復旧したとはいえまだまだ混乱があるようです。最近高速道路をマイカーで運転する機会がなくなってしまい、専ら高速バスでの利用となっていますが、今回の事故は高速バスを利用する身にとっても見逃せないところですね。

成田空港交通バス@中央道原PA'13.1.9
松本まであと1時間弱

 こうして10分ほどの休憩の後に出発。中央道から長野道へと進み、定刻より10分ほど早い6時少し前に松本バスターミナルに到着しました。直前、車内には上高地方面へ乗り換えの案内も流れており、シーズンには上高地へ向かうハイカーで賑わうことでしょうね。かつての急行アルプスや長野行き夜行普通列車が担っていた役割を現在は高速バスが代わりに勤める格好となっています。

 この後、すぐ近くのファストフード店で朝食を済ませ、松本駅へと向かいました(つづく)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.13

mattoh通信(11/24)~豊田のイベント訪問

211系@宮原'12.11.24

寝台特急あけぼの@宮原'12.11.24

 この日は豊田車両センター公開の日。日中はこちらを中心に見物。この日の晩から西へと旅立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.12

夕飯

夕飯
1号機関車の駅弁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.11

【1/5】真岡のSLと宇都宮界隈ネタ探し

 まだ正月気分が抜け切れない2013年最初の週末は、宇都宮線と水戸線を乗り継いで下館へ。2年ぶりに真岡鉄道のSLを見にやってまいりました。水戸線の列車が遅れているとのことで、9時41分発茂木行きは5分ほど遅れて出発。2つ目の折本で交換したSLの送り込み列車を見送り、益子までやってきました。

 この日の天候は晴れ。沿線には撮影するギャラリーの姿を多く見かけましたが、この後バスで宇都宮へと移動することを考え、益子で降りることにした次第。ここは3年前の2009年にも訪ねたことがあり、駅から真岡寄りへ歩いて10分ほどいったところに広がる田園地帯で撮影しておりますが、今回も同じところで構えることに。何分広大なところなので、どういうアングルにしようか、あれこれ迷いますね。

水鳥@益子'13.1.5
寒空の中、しばしSLを待つ

 こうして11時半近く、煙を上げながらSL列車がやってきました。先頭にはC11が立ち、その後ろには赤い帯を纏った50系客車が繋がれていましたが、この客車を今の姿で見るのはこれが2度目で、整備のため大宮駅の側線で止まっていたのを見かけて以来となりました。ラインが入っただけで、以前とはまた違った印象を受けますね。

真岡C11-325@益子'13.1.5
「賀正」のヘッドマークを掲げ通過するSL列車

 この後はバスで宇都宮へと移動。しかし次のバスまで1時間近くあったことから、益子の街中をぶらぶらすることにしました。この町も何度か訪れている割にはなかなか回る機会がなく、さっそく埼玉県在住の身にとってはTVコマーシャルで馴染みのある窯元共販センターへ。以前、自宅で割ってしまった茶碗蒸し用の器をお土産にしてから、12時37分発の東野バスで益子を後にいたしました。

東野バス@益子'13.1.5
益子の町をブラブラ散策foot

 益子から1時間ほど、13時半すぎにJR宇都宮駅前に到着。ランチがまだだったので、例によってエキナカにある餃子小町へ。何度も足を運んでいるところですが、今回は「さつき」という店に入り、いろんな種類の餃子がセットになったメニューを頂いてきました。

餃子@さつき'13.1.5
宇都宮といえばやはり餃子ですねhappy01

 さてこの後ですが、宇都宮線や烏山線の列車をいろいろと見て回ろうと思い、まずは黒磯行きの列車に乗ることに。次の列車は14時10分発。すると、ホームには幕車の211系A36編成が止まっていました。先月から高崎線内の211系の運用が激減し、このA36編成の姿を高崎線の運用で見る機会が少なくなりましたが、宇都宮線や高崎線の211系で唯一残る幕車との再会をこうして果たすことができました。

クハ210-3036@宇都宮'13.1.5
貴重な幕車、A36編成と対面

 宇都宮から2つ目、宝積寺でA36編成を見送り下車。ここでしばらく行き交う列車を撮影することにしますが、宇都宮寄りの踏切で待っていると、定期列車が来ない時間帯にもかかわらず急に踏切が鳴り出しました。何かと思いながらやってきたのはEF 64の1001号機で、実は朝方小山で見かけており、これが2度目。黒磯方面からやってきたので、何か列車を牽いて来た後、戻ってきたんでしょうか?

EF64-1001@宝積寺'13.1.5
”茶釜”と思わぬところで対面

 場所を移動し、今度は駅前を通り過ぎて黒磯方面へと歩いて見ることに。どこか烏山線の列車を撮影できるところがないか探していたところ、宇都宮線との分岐した先あたりに掛かる歩道橋から狙えそうでした。ちょうど近くにはお地蔵さんが見守る踏切もあり、この一帯でいろいろと撮影しながら過ごしてきました。

211系@宝積寺'13.1.5
お地蔵さんに見守られて・・・

キハ40系@宝積寺'13.1.5
西日を背に国鉄色のキハ40系が出発

 こうして駅に戻り、15時49分発の宇都宮行きを待つことに。やってきたのは先ほど乗ってきたA36編成で、再びこちらに乗り込み宇都宮に到着。すると、構内に広がる側線に首都圏色のキハ40系が止まっているのが見えました。この後、烏山線の運用に就くと思われますが、実は今回宇都宮訪問の目的はこちらで、運用に就いているところが見られなかったのは残念なところ。次回は烏山線で見たいですね。

キハ40系@宇都宮'13.1.5
首都圏色に塗装されたキハ40系と対面

 一方、黒磯寄りには茶色の205系の姿が見えました。こちらは3月のダイヤ改正から日光線で営業運転が始まりますが、かつては首都圏の通勤車両として活躍してきた車両も徐々に追われ、ローカル線運用へと移っていくことになりそうです。

205系@宇都宮'13.1.5
日光線用205系がお目見え

 こうして栃木路の日帰り旅も無事終了。16時35分発快速ラビットで一気に大宮へと戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

【1/3】開運号とEL列車@秩父その3~EL列車”乗”編

 先日の秩父路紀行もこの記事で大詰め。皆野から再び長瀞へと戻ってきました。この後はEL列車に乗って熊谷へと帰りますが、往路の車内に比べると復路は参拝帰りの乗客でもうちょっとは混んでいるんじゃないかと予想。しかし状況は同じでしたcoldsweats01。もちろん座れないよりは全然いいんですけど、沿線で撮影しているギャラリーの数と比べると何だか違和感を覚えましたね。

秩父デキ104号@長瀞'13.1.3
帰りは”青ガマ”デキ104号が先頭に

 こうして客車に乗り込み14時48分、ゆっくりと長瀞を発車。昨年リニューアルした12系客車に乗るのはこれが始めてでしたが、木目調の内装や褐色の塗装は何でも秩父路の風景にマッチしたものだとか。それにしても、早くSLでその姿を再び目にしたいものです。

12系車内'13.1.3
レトロ調にリニューアルされた12系客車

 寄居を過ぎ、武川には15時29分着。ところでこの列車、熊谷着が16時3分となっており、武川を出発してから30分以上も掛かっています。もちろんすんなり進めばもっと早くに到着できるわけで、後続の普通列車の退避がある模様でした。

 予想では広瀬川原と思っていたものの、大麻生を過ぎて広瀬川原の車両基地に差し掛かっても減速せずにそのまま通過。そうなると退避できるところは石原のみで、駅の手前でポイントを転線したかと思ったら、ホームの隣に延びる側線に停車しました。もちろんここを列車で差し掛かるのは初。朝方広瀬川原で見かけたのだめヘッドマーク付きの列車を先にやった後、16時3分に終点の熊谷に到着。

秩父7500系@石原'13.1.3
石原で後続列車の待避待ちを経験

 なお、毎年恒例となっている干支の記念入場券ですが、熊谷駅では完売。長瀞で入手いたしました。

干支記念入場券
熊谷で涙を飲むも長瀞で何とか入手できましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.09

【1/3】開運号とEL列車@秩父その2~のだめスタンプラリーは空振り

 今年最初の秩父鉄道の訪問。長瀞11時32分発三峰口行きに乗って親鼻へとやってきました。ここへ来たのは、昨年末からスタートした漫画「のだめカンタービレ」のスタンプラリーをやるため。原作者である二ノ宮知子氏が皆野町の出身とのことで、町内の対象店舗のうち5ヶ所でスタンプを押すとプレゼントが貰えるとのこと。その前にスタンプラリーの用紙を貰うため記念乗車券を入手します。

のだめ記念乗車券
参加にはのだめの記念乗車券を手に入れる必要あり

 スタンプラリーを始める前に駅近くで撮影タイムとすることに。朝、広瀬川原で見かけた急行開運号を始め、1000系や映画「のぼうの城」のヘッドマークを付けた7000系7001Fといった列車がやってきました。

秩父7000系@親鼻'13.1.3
親鼻駅のすぐ近くで撮影タイム

 こうしていよいよスタンプラリーを開始となりましたが、元々親鼻駅周辺には対象店舗が少なく、目星を付けた店舗へ行って見るも、どこも軒並み休みでした。思えば、この日3日は三が日。正月休みの真っ只中でしたね。そのため、ここではスタンプを集めることが出来ず。やむなく皆野へ移動となりましたweep

 皆野に最後に降り立ったのはもう20年近く前のことで、意外と降りる機会が少ない駅でもあります。で、こちらの方が皆野町の中心ということもあり、いくつか開いている店舗がありました。まずはバスターミナル近くにある喫茶店でランチを済ませ、ここから10分ほど歩いたところにある和菓子屋でお買い物。これで何とか2ヶ所でスタンプをゲットいたしました。

火の見やぐら@皆野'13.1.3
町営バスロータリーに鎮座する火の見やぐら

 スタンプラリーは5月末までなので、まだまだ期間は長いですが、どうせ近いうちにロウバイシーズンで再訪することになりそうなので、そのときにリベンジしたいと思います(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.08

【1/3】開運号とEL列車@秩父その1~広瀬川原&長瀞で”撮”

 正月三が日の最後は秩父鉄道沿線へ。例年だと急行開運号を撮影して別のところへと移動してしまいますが、今年はEL列車が運転されるとのことで、フリーきっぷ片手に1日かけて回ることにしました。

 熊谷で8時ちょうど発三峰口行きを待つことに。ここで側線に目をやると、2本の1000系が揃って止まっていました。今やリバイバルカラーの編成もスカイブルーの1001Fとオレンジの1003Fの2本のみとなってしまい、これらの活躍する姿を見るのを楽しみにしていた身にとっては寂しいところですが、もう一本の1000系、1010Fがちょうど7時55分発羽生行きでホームに停まっており、こちらをお見送りしました。

秩父1000系&7500系@熊谷'13.1.3
スカイブルーはお休みsleepy

秩父1000系@熊谷'13.1.3
日中動いていた1000系は1010Fだけ

 さて今回ですが、往路の長瀞行きは”撮”、復路の熊谷行きに乗って帰ってくるというプランを立て、まずはひろせ野鳥の森で途中下車。いつもの広瀬川原で待ち構えることにしました。その前に車両基地の様子を見ることに。昨年末に引退した1007Fが留置されているのが見えましたが、今にも動きそうな雰囲気とはいえ、「おわり」と表示された方向幕が何とも寂しかったですね。

秩父1000系@ひろせ野鳥の森'13.1.3
お疲れ様でした~1007F

 この後、広瀬川原の土手へ到着。この一帯は春になると桜や菜の花で満開になるところですが、今は枯れ枝があるだけで春にはまだまだ遠い景色。そんな中、毎年恒例の急行開運号を待つことに。短時間でやってくる三峰口行きの秩父路1号と羽生行きの4号にはそれぞれ絵柄の異なるヘッドマークが取り付けられていました。

秩父6000系@大麻生'13.1.3-1

秩父6000系@大麻生'13.1.3-2
(2枚とも)今年も運転された急行開運号

 この後も引き続き撮影タイム。先ほど熊谷で見送った1010Fや昨年末から皆野町でスタートした漫画「のだめカンタービレ」スタンプラリー開催記念のヘッドマークを付けた7500系など、以前に比べるとステンレス車が幅を効かしている中にあって、退屈することはありませんでした。しかし1月のこの時期、寒空の中を待っているのはちょっと辛かったですねbearing

秩父7500系@大麻生'13.1.3
「のだめ」スタンプラリーに合せて登場したヘッドマーク付列車

 こうして時刻は10時10分前、ようやくEL列車が近づいてきました。先頭は褐色のデキ201号が立ち、その後方には褐色の12系客車というなかなか綺麗な姿でしたが、乗客はまばらでワンボックスまるまる空いているところもちらほら。どれくらい乗っているのかも気になっていただけに、この状況は正直拍子抜けでした。

秩父デキ201号@大麻生'13.1.3
褐色尽くめのEL列車を無事お迎え

 この後は大麻生から後続の三峰口行きに乗車。すると、波久礼で待避線に停車しているEL列車を目撃。ここで先行しました。実は恥ずかしながら時刻表をほとんど把握しておらず、ここで待避すること自体全くのノーマークでしたが、そうなるともう一回は撮影も可能なわけでいろいろ思案するうちに樋口、野上と過ぎてしまい、結局長瀞まで移動。熊谷寄りの線路脇でお迎えしました。

秩父デキ201号@長瀞'13.1.3
もう1ヵ所、長瀞でお出迎え

 これで行きの”撮”はおしまい。後続の11時32分発三峰口行きで長瀞を後にしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.07

mattoh通信(11/23)~地元でつれづれ・・・

寝台特急あけぼの@宮原'12.11.23

 2日後に遠征を控えていたこともあって、この日は地元でのんびり過ごすことに。朝のあけぼのの他は夕方の安中貨物を中心にあれこれ狙っておりましたが、湘南色185系や11月まで211系だった安中の前の普通も撮れ、いろいろと楽しめました。

特急草津32号@宮原'12.11.23

211系@宮原'12.11.23

EF510-504@宮原'12.11.23
(3枚とも)夕方狙った列車たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.06

【1/2】今年の“鉄”始めその3~番外編

 2013年の”鉄”始め。最後は番外編ということで、京急と東武以外で見つけた様々なネタをいろいろ紹介したいと思います。

 板橋へ向かう途中、高崎線から埼京線に乗り換えるため赤羽で下車しましたが、すぐ後に北斗星が来るとのことでお迎えすることに。冬季になってから大宮より先の到着時間が20分ほど繰り下げとなり、ここんとこ撮影する機会がありませんが、この日のカマは512号。大きな遅れはなく、上野へ向けてラストスパートを切っておりました。

寝台特急北斗星@赤羽'13.1.2
今年最初の撮影~北斗星

 時間はずっと進み、大師前駅近くの環七通り沿いにある都バスにバス停から乗車。都営まるごときっぷを持っていたので、ここは出来る限りフルに活用したいところですが、すぐにやってきたのが王子行きだったためこちらに乗って終点へ。その後は例によって周辺界隈をぶらぶらし、貨物線や京浜東北線を跨ぐ歩道橋からスカイツリーをバックに行き来する新幹線を撮影してきました。

E4系@王子'13.1.2
浅草界隈の喧騒を抜け、遠く王子界隈で雄姿を拝む

 この後、都電の線路に沿ってぶらぶら散策。梶原では都電もなかをおやつにして再び歩き始め、荒川車庫前へとやってきました。周辺をぶらぶらしながらネタ探しをしていると、「賀正」と書かれたヘッドマーク付きの8800形8807号や都電おもいで広場で鎮座する都営のマスコット、とあらんと遭遇。都電沿線も正月ムード満載でありました。

都電もなか'13.1.2

都電8800形@荒川車庫前'13.1.2

とあらん@都電おもいで広場'13.1.2
(3枚とも)年明けの都電沿線の様子をあれこれと・・・

 しかし、せっかく都電沿線に来ているのにここまで一度も乗っていないのはちょっともったいないところ。そこで、荒川車庫前から乗り込んで宮ノ前へとやってくると、レトロ車両9000形9002号が町屋から接近。初詣客で行列が出来ていた尾久八幡神社をバックに軽快に王子へ向けて通過して行きました。

都電9000形@宮ノ前'13.1.2
初詣客でにぎわう尾久八幡神社の前をレトロ車両が通過

 時刻は16時近くになり、そろそろ帰り支度をしないといけないため、熊野前から日暮里・舎人ライナーに乗車。日暮里には16時をちょっと過ぎて到着しました。そういえば、カシオペアが上野を発車するのが16時20分だったことを思い出し、ここはお見送りするため、以前立ち寄ったことのある日暮里駅南側の歩道橋で待つことに。幅の狭い  柵に手こずりながら、何とか銀ガマのカシオペアを見送ってきました。

寝台特急カシオペア@日暮里'13.1.2
北を目指すカシオペアを見送り、帰途へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/2】今年の“鉄”始めその2~東武大師線

 2013年の”鉄”始め、その2は東武大師線へと向かいます。京急川崎から都営浅草線直通の列車で浅草までやってきましたが、列車から降りてホームに立つと、一緒に降りてきた乗客で流れが悪い状態。浅草寺への参拝の上、東京スカイツリー開業の影響もこうしたところに表れているようで、当初浅草からスカイツリーを眺めながら押上までのんびり歩こうという思惑は見事外れてしまいましたweep

 仕方なく後続の列車で押上へ向かいましたが。当然こちらも似たような状況。早々にこの界隈を離れ、半蔵門線からの南栗橋行きに乗って一気に西新井へとやってまいりました。

東武8000系@大師前'13.1.2
これに乗って大師前へ

 例年、日暮里・舎人ライナーで西新井大師西駅からのんびり大師前駅まで歩いていたので、西新井から大師線に乗り込むのは久しぶりでしたが、通勤ラッシュ並みに混雑した2両編成の8000系に揺られること数分、あっけなく大師前に到着。さっそく後方の突端へ移動すると、今年も東京スカイツリーのマスコットがデザインされたヘッドマークが貼り出されていました。

新春HM@東武'13.1.2

東武8000系@大師前'13.1.2
スカイツリーマスコット総出のヘッドマーク(画像・上)と、ヘッドマークが貼り出された8000系(画像・下)

 それにしても、干支が全く出てこないのはここ数年来続いていることではありますが、このホームに降り立つ度、毎年同じことを考えていますねぇcoldsweats01

 さて、これでこの日2つのミッションが無事終わりとなり、西新井大師くらい参拝しようとも思いつつも、ここも川崎大師に負けないくらいの賑わいだったこともあり断念bearing。そのまま環七通り沿いのバス停から都バスに乗り込みました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/2】今年の“鉄”始めその1~京急大師線

 2013年の最初の”鉄"始めは恒例の東武と京急の両大師線の訪問へ。新板橋で都営まるごときっぷを入手し、三田線に乗り込むところまでは例年通りでしたが、今年はそのまま三田まで乗車し、ここで浅草線に乗り換えることに。何分行動パターンが一緒になりがちなので、今年は先に京急の方から乗ってくることにしました。

 三田で後続の列車を待っていたら、”ブルースカイトレイン”こと京急600形606Fが到着。これは新年から幸先がいいと思いつつ、都営まるごときっぷは次の泉岳寺まで。やむなくここで下車し、改めて精算してから始発の特快を待つと、やってきたのはやはり”ブルースカイトレイン” 2100形2164F。泉岳寺から京急川崎まで、”ブルスカ”の乗り継ぎが実現しました。

京急606-8@泉岳寺'13.1.2

京急2164@京急川崎'13.1.2
(2枚とも)2本の”ブルスカ”を乗り継ぎ、京急川崎へ

 京急川崎に到着後、階下の大師線ホームへ。まずは到着する列車を待ち構えますが、今年も昨年末に募集したイラストの中から選ばれたヘッドマークを採用とのことで、どんなデザインか楽しみなところ。すると、緑色の地にだるまと干支のヘビがデザインされたものと、紅白の輪に黄色いヘビがデザインされた2種類のヘッドマークを付けた1500形がやってきました。

京急1500形@京急川崎'13.1.2

川崎大師2013巳HM1
(2枚とも)今年も登場した干支のヘッドマーク

 そのうち、だるまが描かれたヘッドマーク付きの1500形1521Fに乗り込み出発。例年だったら次の港町で下車し、すぐ近くの線路脇で待ち構えていたんですが、ここは京急川崎から一駅と手頃なこともあって例年ギャラリーも多め。しかも帰りの列車は川崎大師から戻ってきた乗客で車内はごった返しているため、今年は趣向を変えて終点の小島新田まで乗車することにしました。

 なかなか訪ねる機会もない大師線の終着駅ですが、以前来た時は1面のホームに1線しかなかったのが、いつの間にか2線へと変わっていたでちょっとびっくりでした。そんな中、撮影できそうなところを探して見ましたが、何分地下化工事の影響で線路脇は柵で覆われており、駅のすぐ手前にある踏切くらい。ここで2種類のヘッドマーク付きの列車を撮影した後、ゆったり座って京急川崎へと戻りました。

京急1500形@小島新田'13.1.2

川崎大師2013巳HM2
小島新田駅近くの踏切から撮影した1500形(画像・上)と、黄色いヘビのヘッドマーク(画像・下)

 その地下化工事ですが、駅名にもなっている産業道路が渋滞することから、産業道路駅と小島新田駅とにかかる長い踏切を解消するべく行われており、完成は2014年頃のこと。このあたりも改めて再訪してみたいところです。

 こうして京急川崎へと戻った後、すぐやってきた都営浅草線直通の列車に乗り換え。再び都内へと戻ります(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.05

mattoh通信(11/20)~晩秋の風景

寝台特急あけぼの@宮原'12.11.20

とき306号@大宮'12.11.20

209系@東浦和'12.11.20

 身近なところから集めてみました。とはいえ、秋らしさからはかなり離れておりますが・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

真岡鉄道のSL列車を撮影後、宇都宮界隈をぶらつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.04

 変貌を遂げる浦和駅

 浦和駅の高架化工事に関連した内容について、かつて当blogでもいろいろと書いていますが、この記事を書いてから早5年。平面だった頃が遠い昔になりつつありますね。結構最後の頃まで国鉄時代の名残があったりしたんですが、今やその面影は全くと行っていいほどなくなり、1ヵ所に集約された改札や東西を結ぶ通路など新しい駅が出来つつあります。

 今年3月に行われるJRのダイヤ改正では湘南新宿ラインがここ浦和駅に停車することになり、現在もホームの整備が急ピッチで行われていますが、ここをそのままスルーして行き来する場合は停車駅が増えることもあって不満なところではあるものの、ここを経由して通勤しているところとしては選択肢が増える点ではありがたいところです。ここは立場によっていろいろと思いはありそうですね。

関連記事
 ・浦和駅高架化工事
 ・【4/12】高架化間近の浦和駅
 ・【3/6】浦和駅高架化工事の様子を見て回る

浦和駅舎'90.3
'90年3月頃撮影した、在りし日の浦和駅

浦和京浜東北線ホーム'08.4
かぶりつきから浦和駅到着の様子を伺う

211系@浦和'08.4
工事前までは当たり前だった光景も今や・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.03

mattoh通信(11/18)~手短に

寝台特急あけぼの@宮原'12.11.18

 この日は日中、森林公園で行われたイベントを訪問。出掛けにあけぼのだけお迎えして出発しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

mattoh通信(11/17)~暗い朝

 昨年の地元ネタに戻りますが、11月中旬の土曜日は暗い朝を迎えました。この時期になると日も短くなるので、天気が悪いとどうしても暗くなってしまいますが、この日はあけぼのの前に上沼垂の485系が上京。久しぶりにその姿を目にしました。

485系@宮原'12.11.17
上沼垂の485系が上京した朝でしたwink

寝台特急あけぼの@宮原'12.11.17
あけぼのは485系の後に通過

 なおこの日、485系は宮原の1番線でしばらく待避していました。以前はかつての臨時急行能登のスジで上がってそのままスルーしていたんですけど、最近になって変わったんでしょうか?

 この日は日中、大宮発とうきょうスカイツリー行きの臨時列車に乗車。少し早目に地元に戻ることができたので、安中貨物をお迎えしました。この日は”カシ釜”こと510号機の担当でしたが、ハイビーム状態でイマイチの出来と相成りましたcoldsweats01

EF510-510@宮原'12.11.17
安中はカシ釜担当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

mattoh通信(1/1)~A Happy New Year

 新年明けましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いします。

 去年に続き、今年も新規開業路線の予定がないとのことで、完乗のタイトルは引き続き維持できそうですが、首都圏で鉄道の話題といえばやはり3月の副都心線全線開業となりそうですね。あと、3月の改正では上越新幹線の200系が営業運転を終了することや、湘南新宿ラインの浦和停車など、こちらも目が離せない内容となっています。個人的には、鉄道むすめ巡り第2弾でしょうかね?こちらはさっそく今月からスタートとのことで、とりあえずは近場中心に回ろうと考えています。

 さて本日ですが、いきなり寝坊いたしましてcoldsweats01、今朝のあけぼのはパスとなってしまいました。何しろ前夜の運行状況では遅れているとのことで、どうせゆっくり来るものと思っていたら、遅れはさほどではなかったらしく、7時半頃目覚めて確認したらすでに上野着とのことでした。

 そのため、太陽もすでに高い位置に上がり、初日の出もパス。青空の中にくっきりと見えた富士山に救われた格好となりました。

富士山'13.1.1
初日の出は見れず・・・

 さて、本日何かないかと思っていたら、上りの特急水上が運転されているとのことで、こちらを撮影。一般色でしたが、2013年の"鉄"始めと相成りました。

特急水上90号@宮原'13.1.1
2013年元日はこれで打ち止めcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »