« mattoh通信(1/5)~快速シーハイル上越号初運転 | トップページ | mattoh通信(1/6)~テールマークが・・・ »

2013.03.06

【2/24】まちかど雛めぐりを訪ねてきた

 先月21日の晩から23日までの日程で広島を旅してきましたが、その旅の疲れがまだ取り切れていない24日、床屋ついでに岩槻へ行ってきました。

 岩槻ではこの時期、ひな祭りシーズンに合わせて「まちかど雛めぐり」というイベントが毎年行われていますが、床屋へ行く前にちょっとだけ市内を散策することに。駅で入手したパンフの中に、「食べる」と題して市内の参加飲食店が紹介されており、雛めぐり限定メニューもあるとのこと。その中から、旧岩槻区役所前にあるラーメン店「めんくみ」で、「春キャベツ・岩槻ねぎの塩ラーメン」なるメニューを頂いてきました。

春キャベツ・岩槻ねぎの塩ラーメン@めんくみ'13.2.24
地元特産の岩槻ネギを使用したラーメンを頂きましたnoodle

 岩槻ねぎもすっかり定着した感があり、岩槻に住んでいた時と比べていろいろと宣伝もしている様子ですね。ただ、当時あった店がいつの間にかなくなっていたり、逆に新しいお店がいつの間にかオープンしていたりして、いろんな発見もありました。

 その後、散策がてら時の鐘の方へ。多くの観光客が引っ切り無しに行き来する川越のものに比べると地味な印象は否めないところですが、市外から来た様相のグループの姿をちらほら見かけており、まちかど雛めぐりの知名度も少しづつ定着しているのかなとも感じました。

時の鐘@岩槻'13.2.24
岩槻の時の鐘

 こうして再び駅周辺へと戻り、行きつけの床屋で散髪を済ませてから足早に岩槻駅へ。この後は浦和美園行きのシャトルバスに乗り込みます。イベント期間の内、2月最後と3月最初の週末の4日間、岩槻駅と浦和美園駅との間をおよそ30分間隔でシャトルバスが運行されましたが、こちらは無料。駅前のバス乗り場にはすでに国際興業バスの車体が止まっており、さっそく乗り込むことに。

国際興業バス@岩槻駅前'13.2.24
浦和美園行き無料シャトルバスで岩槻を後に・・・

 乗車時、職員からアンケート用紙が配られ、浦和美園到着時までに記入をお願いされました。その中には、両駅を結ぶ快速バスを運行する予定云々の文言が記されており、今回のイベント期間中はいわば試行のようなものなんでしょうか?しかし、肝心の乗客は自分以外もう一グループがいただけ。どうしても宣伝不足な感は否めませんでしたねcoldsweats01

 バスの方は岩槻駅を出発すると越谷県道を進み、16号バイパスの先で右折。これは岩槻と東川口を結ぶ岩11系統と同じですが、県道蒲生岩槻線と国道463号線の交差点で右折し、浦和美園駅へと到着しました。所要時間は20分ほど。休日だったことを考慮してもまずまずの所要時間でしたが、如何せん乗客が少なかったのが寂しいところ。別の時間帯がどうだったのかは気になるところですが・・・。

 ちなみに赤羽からだと、期間中販売していた往復割引乗車券を使えば大宮回りよりも安くなる計算でしたが、快速バスの運転が始まってどれくらい需要があるのか、気になるところですね。

まちかど雛めぐりポスター@浦和美園'13.2.24
浦和美園駅にあったポスター

|

« mattoh通信(1/5)~快速シーハイル上越号初運転 | トップページ | mattoh通信(1/6)~テールマークが・・・ »

さいたま市」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/56901478

この記事へのトラックバック一覧です: 【2/24】まちかど雛めぐりを訪ねてきた:

« mattoh通信(1/5)~快速シーハイル上越号初運転 | トップページ | mattoh通信(1/6)~テールマークが・・・ »