« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.31

【3/22】桜@飛鳥山

 今年は桜の開花が例年に比べて早く、関東の平野部ではすでにピークを過ぎつつあるところも出ているようですが、そんな中、22日金曜日は遅番だったので、毎年訪ねている飛鳥山公園へ出勤前に訪ねてまいりました。

 飛鳥山公園というと、公園前の交差点に掛かる歩道橋から桜をバックに行き交う都電を撮影するのが定番となっておりますが、まずはやはりこちらから。この日は天気がよく、桜を見物するにはぴったりな日でしたが、如何せん平日とあって園内やその周りは人もまばらでした。

都電8500形@王子'13.3.22
今年もここへやってきました>飛鳥山

 一旦ここを離れて飛鳥山公園へ。公園内にある売店の東側へとやってきました。ここは展望スペースになっていて、高架を行き交う新幹線を眺めることができますが、3月のダイヤ改正でデビューしたE6系をお迎えしようと思いやってきた次第。時間的には東京からやってくるスーパーこまち7号が来る時間でしたが、実物を見ると赤い車体はなかなか目立つ存在ですね。

E6系@王子'13.3.22
3月のダイヤ改正でデビューを果たしたE6系スーパーこまちと飛鳥山の桜とのコラボ

 その後、園内をブラブラしながら桜を見ていたら、早稲田方面からレトロ車両9002号が近づいているのを確認。すぐに先ほどの歩道橋へと向かいました。9002号は5月まで「都電さくら号」として運転。特製のヘッドマークも取り付けられていましたが、まさに桜のシーズンにぴったりな電車ですねwink

都電9000形@王子'13.3.22
「都電さくら号」として5月まで運転されている9002号レトロ車両

 そんなこんなでそろそろ出発の時間となってしまいました。名残惜しいところでしたが、のんびりしていると出勤時間に間に合わなくなってしまうので、南北線に乗って王子を後にいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.30

2013年春・18きっぷの旅~信州編その3・中央線で帰途に

 18きっぷの旅信州編もいよいよ帰り道。松本に戻るとすぐに中央本線の上り列車に乗り換えます。次の列車は12時41分発小淵沢行き。しかし乗り換え時間がわずかとのことで、駅構内の売店で駅弁を入手してから列車に乗車。落ち着く暇もなく松本を後にいたしました。

 車内はそこそこの乗車率だったものの、座れないほどというわけではなく、適当に空いているところに着席することに。しかし停車駅ごとに乗客も降りていき、塩尻を過ぎたあたりから落ち着いてきたので、先ほど慌てて入手した駅弁を開いて食べました。時間があれば松本あたりでゆっくりしたかったところでしたが、何分今回は18きっぷの旅とあって時間に余裕がなかったのがちょっと残念でしたねgawk

とりめしパッケージ@松本'13.3.20
松本で慌てて入手した駅弁

とりめしパッケージ@松本'13.3.20
その中身。野沢菜が入っているのがミソ?

 そんな小淵沢行きに使用されていたのは115系。かつては高崎線や東北線で活躍した車両で個人的にも馴染み深い車両ですが、3月のダイヤ改正で朝方長野駅で見かけた211系の営業運転が始まり、いずれはこちらへ置き換えられることになります。国鉄時代からのボックスシートでの汽車旅が味わえるのも、ここ長野ではそう長くはないかもしれませんね。

クハ115-1020@茅野'13.3.20
長野支社の115系も依然元気ですhappy01

 途中、強風の影響があったこともあり、富士見と信濃境との間で徐行運転が行われました。そのため、小淵沢には数分遅れで到着。そのまま14時7分発高尾行きに接続しました。こちらも115系が使用されており、松本から高尾までの区間を国鉄型の車両で移動することになりました。遅れの方も途中で回復し、無事に八王子からのむさしの号に間に合うことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.29

2013年春・18きっぷの旅~信州編その2・上高地線ふるさと鉄道まつり訪問

 18きっぷの旅信州編の続き。松本到着後、しばらくホームで観察しているうちに乗車する予定のアルピコ交通新島々行きの列車が発車してしまいましたcoldsweats01。いやはや、これはうっかりしておりましたが、次の列車まで30分近く、アルピコ交通のホームで大人しく待つことに。やがて、井の頭線からやってきた3000系がホームに到着。車体には、上高地線のイメージキャラクター、渕東なぎさのラッピングが施されていました。

アルピコ交通3000系@松本'13.3.20

渕東なぎさラッピング'13.3.20
(2枚とも)堂々渕東なぎさがラッピングされた「なぎさTRAIN」

 うーん、正直ここまでやるとは思いもよりませんでしたねぇcoldsweats01。せいぜいヘッドマークくらいかと思っていたんですが、側面にはなぎささんのイラストがドーンとラッピングされ、さらに車内の吊り広告にももちろんなぎささんが登場。これほどなぎささん一色となると、乗っている方もいささか恥ずかしくなってしまいそうです。

 こうして新島々行きの列車は11時23分、松本を出発。15分ほどで目的地の新村に到着しました。去年訪れた時はひっそりとしていたのに、今回はさすがにイベント開催日とあって、会場となっている電車庫には多くの人で賑わっていました。まずは構内に止まっている3000系の車内へ。ここではグッズ販売が行われ、なぎさグッズの他にも上田電鉄の北条まどかの関連グッズもあり、その中から記念きっぷ類を入手。

アルピコ交通3000系@新村'13.3.20-1
構内に展示された3000系にもなぎささんのヘッドマークheart01

渕東なぎさ&北条まどか等身大パネル@上高地線ふるさと鉄道まつり'13.3.20
なぎささんとまどかさんのツーショットが実現heart04

戦利品@上高地線ふるさと鉄道まつり'13.3.20
戦利品の数々。実は他にもあったりして・・・(謎)。

 一方、構内には重厚な凸型の電気機関車が展示。このED301型は元々大糸線の前身である信濃鉄道が導入した後、国鉄買収後も引き続き大糸線で活躍しましたが、私鉄に払い下げされてここまでやってきました。側面には1926年製である旨記されたプレートも掲げられていますが、何分今年で87歳となるご高齢のカマだけに、さすがに動かすことは難しいでしょうね。

旧松本電鉄ED301型@新村'13.3.20
重厚な凸型の電機も展示

 そしてここ新村と言って忘れられないのが、構内に留置されている青がえるですね。長らく現役時代の塗装で留置されていたものを東急時代のグリーンに塗装。昨年訪れた時には敷地外からしか見ることが出来ませんでしたが、今回のイベントで反対側から間近で拝んでまいりました。

旧松本電鉄5000系@新村'13.3.20
青がえるにもご挨拶

 今年で6回目だそうで、それほどイベントの規模は大きくはないものの、個人的にはなかなか見所の多かったイベントだったと思います。帰りは来た時と同じなぎささんのラッピング車両に乗車。松本へと戻ってまいりました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.28

mattoh通信(1/17)~雪景色・カシオペア編

寝台特急カシオペア@大宮'13.1.17

 雪景色編、今回はカシオペアです。14日の大雪から3日、まだ残っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

2013年春・18きっぷの旅~信州編その1・リゾートビューふるさと号に乗る

 2013年春季の18きっぷ2日目は春分の日、信州方面へ日帰りで旅して来ました。ちょうどこの日はアルピコ交通の新村駅でイベントがあり、そちらを訪ねるのが目的でしたが、あれこれルートを勘案したところ、どうしても”飛び道具”は使う必要があることから、松本へ向かう途中で長野新幹線を利用することに相成りました。

 出来るだけ飛び道具に掛かる費用を抑えるべく、熊谷から7時31分発あさま503号に乗り込むことに。祝日とあって指定席車両はほぼ満席で、自分の座席の後ろには若いグループ客が賑やかに談笑していて、車内はなかなか賑やかでしたねpout。どうせ軽井沢までと思いきや、意外とここでは降車はなく、次の佐久平で後ろのグループも含め、半分近くが降りていきました。

あさま503号@長野'13.3.20
"飛び道具”で一気に長野へbullettrain

 8時44分、長野に到着。ここから篠ノ井線に乗り換えますが、在来線ホームへやってくると、ホームにステンレスの車体が停まっているのが見えました。今回のダイヤ改正で長野に登場した211系で、ここでは2種類の青い帯が巻かれ、すっかり長野仕様となっていましたが、我が地元で長年親しまれてきた車両がこうして塗装を変更しただけでずいぶんと印象が変わってしまうもんだと改めて思いました。

211系@長野'13.3.20
長野でデビューした211系

 さて、この後は快速リゾートビューふるさと号に乗り込みます。去年10月に初乗りした列車で、今回が2度目となりましたが、前回は松本から長野までのルートで、夕方から夜にかけての運転だったこともあって車窓はほとんど楽しめなかったのに対し、長野発は途中の姨捨で15分ほど停車があり、善光寺平からの風景をホームから見ることができます。

リゾートビューふるさと号指定券'13.3.20
リゾートビューふるさと号の指定券

 リゾートビューふるさと号は9時4分、ほぼ定刻に発車。展望スペースには季節柄、小さな雛人形も飾られるなど和んだ雰囲気でしたが、祝日とあって乗客が多いかと思ったら、2両合わせても10数人超えた程度とやや少なめでした。まあ、先ほど乗った新幹線の車内のように、喧騒とした雰囲気というのよりはずっとマシではありますけどねぇcoldsweats01

雛人形@リゾートビューふるさと車内'13.3.20
展望スペースには小さな雛人形が・・・heart01

 こうして列車は篠ノ井を過ぎ、姨捨駅に入線する直前で一旦停車。すると今度は進行方向を変え、逆向きに動き出しました。いわゆる「スイッチバック」というシステムで、ここ姨捨駅の特徴の一つとなっていますが、列車はゆっくりと進んで姨捨駅に到着。ここで15分ほど、ホームの眼下に広がる善光寺平や棚田を見ながら、しばし信州の空気をいただいてまいりました。

姨捨駅舎'13.3.20

快速リゾートビューふるさと@姨捨'13.3.20

姨捨駅名板'13.3.20
(3枚とも)姨捨駅でのひと時

 この後列車は篠ノ井線をひた走り、アルプスの山々を車窓に見ながら、松本には10時27分に到着。ここから、新村へ向かうべく上高地線に乗り換えます(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26

mattoh通信(1/16)~雪と200系

200系@大宮'13.1.16

 2日前に降った雪がまだ路盤に残る16日、大宮駅で200系にご挨拶しました。元々雪国を走る車両でしたので、雪景色の200系はそれほど珍しいものではありませんが、こうした光景も3月のダイヤ改正で過去のものとなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.25

mattoh通信(1/14)~雪景色

E231系@宮原'13.1.14

 朝のうちはあけぼのも定時で通過するなど大きな混乱はありませんでしたが、次第に雪の降り方も激しくなりました。午後には交通機関も混乱。さすがにこの状態では自宅で過ごすしか術がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.24

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その7~名勝錦帯橋を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡りの旅の続き。新岩国駅から岩国を代表する名所、錦帯橋を訪ねることにしますが、その前に駅から歩いて数百メートルのところにある錦川鉄道の御庄駅にご挨拶。乗換駅となっているものの駅名が異なり、何も知らなければ存在すら気がつかないほどですが、新岩国駅から岩国駅へはいわくにバスが頻発しており、錦川鉄道を利用して岩国へ向かうのは一般的はないのが現状です。

 その錦川鉄道は20年以上も昔、まだ学生だった頃に乗り潰しを済ませていますが、ご他聞に漏れず、終点の錦町まで単純に往復しただけで途中の車窓すらはっきりと記憶に残っていなかったりしますcoldsweats01。その錦町より先は「とことこトレイン」なる怪しい(?)乗り物があるとかで、そちらも気になるところですね。

錦川NT2003@錦町'91.3.10
初乗りしたときに乗車した錦川鉄道のレールバス。現在は後継車両に置き換え。

 錦川鉄道の車両でも見たかったところでしたが、あいにく列車が来る時間ではなかったため、再び駅前へ戻ることに。するとバス乗り場に錦帯橋方面へ行くバスが到着していたのですぐに乗り込むことにしました。バスは出発してから15分ほどで錦帯橋バスターミナルに到着。河原から橋の全容を拝んだ後、川の対岸へ向かうべく橋を渡ることに。

錦帯橋'13.2.23
錦川に掛かる木造のアーチ橋と対面

 橋の袂で300円を支払い、そのまま橋へと進みます。太鼓型の急なカーブはこの橋の特徴の一つと言えそうですが、下りに差し掛かると足が竦みそうになり、危うく転びそうになるほど。川の氾濫などに耐えられるよう、こうした構造で造られたとのことですが、実は学生時代に一度、近くにあったユースホステルに宿泊したことがあり、これが2度目でした。といっても当時の記憶はほとんどなく、写真も残っていませんでした。

 対岸にはみやげ物屋が並んでおり、そのうちの一つに入ってランチを摂ることに。あちこちで岩国寿司と書かれた旗があったので気になっていましたが、この店にも定食メニューがあったので食べてみることに。いわゆるばらのちらしを四角に切ったもので、長崎の大村寿司とよく似ていますね。ただこちらは大きく輪切りにされたれんこんが乗っているのが特徴で、何でもここ岩国の特産品とのことです。

岩国寿司@むさし'13.2.23
大きなれんこんの輪切りが目立つ岩国寿司をランチに

 この後、別に掛かる橋から錦帯橋を眺めながら渡り、バスターミナルへ戻ることに。岩国空港行きのバスを待っている間、行き交う路線バスを眺めていましたが、岩国ゆかりのイラストがラッピングされたバスやかつて市内を走っていた路面電車をモデルにした「いちすけ号」が走るなど、見ているだけでも楽しいですね。しかも時刻表には、どのバスにどのラッピング車両が充てられているのか載っているのは楽しいところ。

島耕作バス@錦帯橋バスターミナル'13.2.23

いちすけ号@錦帯橋バスターミナル'13.2.23
(2枚とも)バスターミナルで見かけた個性的なバスたち

 この後、いよいよ岩国空港へ向け、錦帯橋を出発します(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.23

【3/16】東急東横線と繋がった副都心線

 先週土曜日の続き。浦和を出発し、南浦和から武蔵野線に乗り換えて北朝霞へとやってきました。ここからは東武東上線に乗り換え。いよいよ東急東横線と繋がった副都心線へと進みますが、その前に一箇所訪ねたいところがあり、池袋寄りに歩いて10分ほど行った黒目川の近くまでやってきました。以前、この辺り一帯で菜の花が咲いている様子を車窓から見たことがあり、それを間近で見ようと思った次第。

東武50090系@朝霞台'13.3.16
朝霞台駅近くを流れる黒目川近くの空き地で菜の花を見ながら東上線を撮影

 時期がまだ早いのか、満開とまでは行きませんでしたねぇcoldsweats01。ここで東急の車両でも来ないか待っていましたが、結局来るのは東武の車両やメトロの10000系ばかり。適当なところで切り上げて朝霞台駅へと戻りました。

 乗車前、これから使用する「東上横浜ベイサイドきっぷ」を有人改札口で入手。今回新たに設定されたきっぷで、出発駅から元町・中華街までのうち、みなとみらい線と副都心線沿線が乗り降りできるというものですが、これまでだと往復の経路上は原則下車前途無効のものばかりだったので、横浜へ行くついでに都内にも寄り道という使い方が出来ますね。

東上横浜ベイサイドきっぷ'13.3.16
副都心線開通で登場した「東上横浜ベイサイドきっぷ」

 こうして改札を抜けてホームへと降りると、電光掲示板には「元町・中華街」という表示が出ていて、いまだ違和感がたっぷりありましたが、直後に下りホームに入線してきた東急4000系の姿もここではまだまだ違和感がたっぷりですね。とはいえ、いずれはこうした光景も日常のものとなるのでしょうが、改めて副都心線の開通により東急の車両も乗り入れることになったことを認識いたしました。

電光掲示板@朝霞台'13.3.16
「元町・中華街」の行き先が何とも新鮮かつ違和感が・・・coldsweats01

東急4000系@朝霞台'13.3.16
こちらも新鮮です>東急車

 やってきた元町・中華街行きは東武車。列車は和光市を過ぎ、副都心線内へと入ってきました。どうも副都心線は新しく開業したせいなのか、使う頻度はそれほど多くない路線とあって馴染みがそれほどないんですが、新宿三丁目や明治神宮前など都内で集客の多いエリアを通過することもあって、車内には多くの乗客で賑わっておりました。

 列車は渋谷に到着。朝霞台から着席できたのでそのまま座って行きたいところでしたが、ここは渋谷で一旦下車することに。改札を出てすぐ地上にあるヒカリエへ上がり、以前銀座線の列車を撮影した踊り場へやって来ると、前日まで使用されていた東急渋谷駅が見えました。営業終了近くには多くのギャラリーが詰め掛け大盛況だったようですが、この駅舎もいずれはなくなることになるんでしょうね。

渋谷旧東急駅舎'13.3.16
役目を終えた旧東急渋谷駅

 そんなかまぼこ型の駅舎にご挨拶してから再び地下ホームへ。東横線に乗り込みますが、ホームにはメトロ車の7000系が入線。ここで後続列車との接続待ちをするとのことだったので、休みがてら座って行きたいと思いこちらに乗車。こちらは副都心線直通開始前に一度東横線内で乗車しておりますが、やはり東横線でこの車両を目にすると、まだ違和感が拭えないですね。

東京メトロ7015@自由が丘'13.3.16
東横線でこの日多く目にした東京メトロ7000系

 自由が丘で後続の急行に乗り換え。そのまま一気に元町・中華街へとやってきました。時刻は正午を過ぎていたので、中華街でランチを済ませ、賑わいを見せる中華街をブラブラしながら駅へ戻ってきました。

ランチ@中華街'13.3.16
ランチはもちろん中華街restaurant

副都心線相互乗り入れ記念フラッグ@中華街'13.3.16
相互乗り入れ開始を祝う旗が中華街で見られました

 改札を抜けてホームへ向かうと、電光掲示板に記された「和光市」や「石神井公園」など、これまで東横線内では目にすることがなかった行き先が表示され、正直訳がわからないほど。この後、新丸子で途中下車し、ホームで軽く撮影してきました。あいにく東武車や西武社は目にすることが出来ませんでしたが、車種が多いこともあって見ていても飽きませんね。途中下車できるきっぷであれば多摩川あたりで下車してのんびり観察したいところでしたが、こちらは少し経ってから再訪したいと思います。

東急4000系@新丸子'13.3.16
新丸子で軽く撮影タイム

 時刻は15時をとうに過ぎ、そのまま後続列車を乗り継いで都内へ。しかしそのまま帰るのにはまだ早かったので、きっぷを有効に使うべく副都心線の雑司が谷で途中下車。近くを走っている都電にご挨拶後、帰途へとつきました。

都営7000形@鬼子母神前'13.3.16帰りに雑司が谷に寄り道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

mattoh通信(1/13)~安中貨物

EF510-506@宮原'13.1.13

 この日の安中貨物は506号機。昨年9月、函館からの帰りに乗った北斗星のカマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.21

【3/16】湘南新宿ライン、浦和駅に停車

 今年の3月16日はJRのダイヤ改正と東急東横線の副都心線乗り入れが重なるなど、首都圏の鉄道各社で様々な変化がありました。さっそくこの日、様子を見に行くべくあちこち出かけてまいりましたが、まずは何といっても湘南新宿ラインの停車駅となった浦和駅でしょう。何分地元ネタとあって、まずは様子を見に浦和駅へと向かいます。

 宮原から湘南新宿ラインの列車に乗って直接向かおうと思ったところ、高崎線内でトラブルが発生し列車が遅れているとのこと。しかも次の湘南新宿ラインまでは定刻でも30分近く待つとのことだったので、やむなくやってきた上野行きの列車で大宮へ。幸い後続の列車が湘南新宿ラインの特別快速だったため、こちらに乗り換えて何とか浦和にたどり着きました。

 ちょうど記念列車の出発式があったとかで、ホーム上では後片付けをする駅員の姿を見かけました。そういえば253系を使用した記念列車が運転されるビラが東浦和駅にあったのを思い出しましたが、さぞかしホーム上は大賑わいだったことと思います。

浦和駅名板'13.3.16
新しいホーム上にある駅名板

E231系@浦和'13.3.16
浦和にも停車するようになりました>湘南新宿ライン

さいたまフェスタ旗@浦和'13.3.16
記念のイベントも開催されました

 そのまま階段を降りて改札へ。工事中は雑然としていた構内も今は広々としていてすっきりとなりましたが、いずれは何でもない光景となることでしょうね。思えば工事が始まってからずいぶん時間が経ったなという印象があり、ホーローの駅名板があった平屋ホームの時代が少し前のことのように思えます。そんな大工事もようやく日の目を見ることとなりました。

 改札前の踊り場で関係者が式典の準備に追われている様子を横目で見ながら、西口へ。浦和駅停車のうちわを持ったうなこちゃんの銅像にご挨拶した後、京浜東北線に乗って浦和を後にしました(つづく)。

うなこちゃん@浦和'13.3.16
うなこちゃんも祝福してましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.20

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その6~こだまになったレールスター

 全国鉄道むすめ巡りの旅の続き。広島駅に戻り、次の目的地である岩国を目指します。岩国までは新幹線に乗車。昨年3月に100系と300系が引退し、山陽新幹線を走る車両のバリエーションも一頃に比べると落ち着いた感がありますが、500系や九州新幹線用のN700系など、山陽新幹線でないと見られない車両はやはり見所ですね。

N700系@広島'13.2.23
多くの新幹線が発着する広島駅

 次の列車は11時23分発のこだま735号。やってきたのはひかりレールスターで使用されている700系でした。山陽新幹線の顔ともいうべき列車も九州新幹線の開業によって本数が減少し、こうしたこだま号としても使用されていますが、その車内で乗り込む前に買ったレモンケーキをいただくことに。駅の売店などで「レモン」と書かれた文字を目にしましたが、広島はレモンの国内生産第1位(平成21年度)とのこと。

瀬戸田レモンケーキ'13.2.23
こだま号の車内でレモンケーキをいただく

 食べ終わって落ち着こうかと思う暇もなく、列車は新岩国に到着。列車から降りた後、しばらくホーム上で行き交う新幹線を観察していくことにしました。この駅は通過列車が頻繁に行き来し、物凄い音を上げて通過する様子は見ていると圧倒されっぱなしですが、そんな中でやはり注目は九州へ乗り入れるN700系でしょうか。何しろ関東では見ることが出来ない車両ですからね。

レールスターロゴ'13.2.23
こだまになったレールスターで新岩国に到着

700系@新岩国'13.2.23
上りのこだま号にも使用されたレールスター

N700系@新岩国'13.2.23
九州新幹線へ乗り入れるN700系が通過

 そんな新幹線の通過シーンに圧倒された後、岩国の名勝を目指すべく新岩国の駅前へと出ました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.19

mattoh通信(1/12)~朝焼け

寝台特急あけぼの@宮原'13.1.12

 この日は鉄道むすめ巡りで栗橋へ行っておりましたが、出掛けにあけぼのを見送ってきました。朝から天気もよかったので、朝日を見ながらのお見送りとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.18

2013年春・18きっぷの旅~烏山線を訪ねる

 今年の春も18きっぷのシーズンがやってきましたが、買うかどうかいろいろ迷った挙げ句、結局入手してしまいましたcoldsweats01。どの道、大井川鉄道にも行く予定があるし、あればあったでいろいろとお出かけに使えるので、買っておけば何かと便利ですね。

 その1日目ですが、先週月曜日に休暇を取って烏山線を訪ねてまいりました。本来なら出掛けに宇都宮線内で北斗星でも撮影しようと思っていたところ、前日北海道周辺で吹き荒れた強風の影響で運休。ゆっくり目に自宅を出て、途中の小金井と石橋で途中下車。郵便局巡りをしてきました。石橋は昔下車したことがありますけど、駅前に建つメルヘンチックな建築物に目が行きますね。

洋風建築@石橋'13.3.11

石橋局風景印
石橋駅前の洋風建築(画像・上)と宇都宮線沿線の郵便局で貰った風景印(画像・下)

 宇都宮まで行った後、12時10分発烏山行きに乗り込むことに。列車到着までしばらくホームで待っていると、側線に今回のダイヤ改正で置き換えられる日光線の107系が止まっているのが見えました。先頭には「さよなら」と書かれた文字が入り、引退への飾りつけも施されていましたが、地味な存在だったものの、近年レトロ調の塗装に変更されて、観光路線にふさわしい姿になりましたね。

107系&211系@宇都宮'13.3.11
「さよなら」の文字が施された日光線用107系

205系デビューポスター@宇都宮'13.3.11
後継車両205系デビューのポスター

 やがて烏山からやってきたディーゼルカーが到着。2両編成のキハ40系のうち、烏山寄りには首都圏色の車両が連結されていました。1月の真岡鉄道を訪ねた帰りに宝積寺へ行った際には見事にフラれてしまいましたが、今回ようやく対面となりました。

キハ40-1004@宇都宮'13.3.11
烏山線にも登場した首都圏色キハ40系と対面

 12時10分、烏山行きディーゼルカーは定刻に宇都宮を発車。東北線を走った後、宝積寺から烏山線へと入ります。車内は意外と乗客が多く、ほとんどが地元客ばかり。そんな車内からのんびりした車窓を見ているうちにうとうとし始め、いい気持ちで寝ているうちに終点の烏山に到着しました。

 まずは駅近くにある郵便局を訪問。おととし4月に訪れた際、駅のすぐ近くに郵便局があることを把握していて、今回ようやく足を運ぶことができた次第でしたが、ここでの用事はここくらい。折り返しまで1時間近くあったことから、さすがに時間を持て余してしまいましたcoldsweats01

烏山局風景印
山あげ祭りがデザインされた烏山局の風景印

 こうして来た時と同じディーゼルカーに乗って烏山を後にしましたが、もう1箇所下車できる時間だったので、交換設備がある大金で途中下車することに。かつて「大金駅」の入場券が縁起きっぷとして売れた駅で、烏山線初乗りの時には列車交換の合間に硬券入場券を買った記憶があります。ただ駅を少し離れるとのどかな田園地帯が広がり、その中でも川に架かる大きな吊り橋が目立っていましたね。

キハ40系@大金'13.3.11
大金駅を発車

南那須局風景印
駅近くにある南那須局の風景印

大金吊り橋'13.3.11
遠くからでも目立つ存在の大金吊り橋

 こうして大金で1時間半も滞在し、15時50分発の宝積寺行きで出発。宝積寺では今回唯一目にした国鉄色のキハ40系に見送られ、帰途につきました。

キハ40系@宝積寺'13.3.11
国鉄色と対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.17

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その5~広島近郊JR線乗り歩き

 2月23日、ホテルのレストランで朝食を済ませてからチェックアウト。玄関前の通りは路面が濡れており、どうやら夜中に雨が降った様子でした。すでに大きなミッションは果たし、後は帰りまで特に予定はなし。とりあえずは広島駅へと向かい、近くの路上で広電の電車をいろいろ撮影することに。やって来たのはグリーンムーバーなどの新しい車両ばかりで、旧形車には会えませんでした。

広電5000形&5100形@広島駅前'13.2.23
朝の広島駅前で行き交う電車を撮影

 一応、昼前の新幹線で新岩国へ向かう予定を立て、それまでは近郊でいろいろネタ探しをしようとまずは山陽本線の上り列車に乗車。さっそく次の天神川で下車することにしました。すると、側線に真新しい”桃太郎”EF210形の車体が目に止まりましたが、”セノハチ”用EF67にかわる後継機の300番台であります。地元でも普段見慣れている桃太郎ですが、黄色いラインが入るなど若干異なる出で立ちですね。

EF210-301@天神川'13.2.23
EF67形の後継機、300番台と対面

 せっかくなので、一旦改札を出て駅舎にご挨拶。駅前のコンビニで買った缶コーヒーを飲んで再び中へと入りました。すると、広島寄りからEF200形に牽かれた貨物列車が接近。最後部には補機となるEF67が連結されていました。貨物の運用など全くノーマーク状態でしたが、これが見れただけでも来た甲斐がありましたね。

天神川駅舎'13.2.23
初めて降り立った天神川駅

EF200-16@天神川'13.2.23

EF67-3@天神川'13.2.23
(2枚とも)セノハチ用補機を連結した貨物列車が通過

 しかしながら時間はまだまだたっぷりあったので、再び山陽本線の上り列車に乗り込み瀬野へ。やってきた2ドアの115系は学生時代、長崎と埼玉の間を行き来した際に度々お世話になった車両で、首都圏では見ることがない115系の2ドア車というのも目を惹きましたね。広島エリアでは国鉄型の車両がまだまだ現役ですが、近い将来に新車への置き換えも検討されているとのことで、今後の動向が気になります。

クハ115-3001@瀬野'13.2.23
2ドアの115系に揺られて瀬野へ

 ここ瀬野といえば11年前の2002年に訪れたことがあり、隣接するみどり口駅からスカイレールサービスに乗るのが目的でした。一見ロープウェイに見えるもののれっきとした”鉄道”で、懸垂式モノレールのような軌道が設けられていますが、当時乗車した記憶では眼下に野ざらしの土地が目立っていたことが印象的で、現在どんな状況なのか気になるところですね。

スカイレールサービス@瀬野'13.2.23
一見変わった新交通システム、スカイレールサービスを見る

 駅周辺をぶらぶらしたものの、かつて機関庫があったことを物語る石碑が駐車場にあるくらいで、これといった痕跡はなし。少し早めに10時過ぎの下り列車に乗って戻ってきました(つづく)。

115系@瀬野'13.2.23
現在の瀬野駅周辺の様子

瀬野機関区記念碑'13.2.23
駅前にたたずむ瀬野機関区の記念碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.16

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その4~広島の夜

広電800形&5000形@広島駅前'13.2.22
広島駅前に到着

 全国鉄道むすめ巡りの旅広島編も無事に目的を果たし、宮島口から延々グリーンムーバーに乗って広島駅前に到着したのは、19時45分を過ぎたところでした。さすがに腹も減ってきたので、夕飯にすることに。今回も駅ビルASSE内にあるお好み焼き店が連なるフロアへやってきました。広島を訪れる度に必ず立ち寄るエリアで、一人旅でも広島名物のお好み焼きが味わえるのは有難いところ。特に当てはなく、待たずに入れた「老松」という店で食べてきました。

お好み焼き@老松'13.2.22
夕飯はやはり広島名物のお好み焼きhappy01

 後はもうホテルへ向かうだけ。駅ナカのコンビニでいろいろ仕込んでからホテルへ向かい、そのまま部屋でのんびりと過ごしました(つづく)。

宮島ビール&せんじ肉'13.2.22
晩酌も地域限定モノで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.15

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その3~みゆきさんと宮島さん

 鉄道むすめ巡りの旅の続きです。皆実町六丁目で宇品線に乗り換え。落ち着く暇もなく次の御幸橋で下車します。ここは文字通り、停留所の東側を流れる京橋川に架かる橋から名づけられた停留所ですが、個人的には鷹野みゆきさんの名前の由来にもなったところという方が通りがいいかもしれませんねheart01。肝心の御幸橋の方は明治18年に造られており、歴史ある橋であることが伺えます。

御幸橋'13.2.22
京橋川に架かる御幸橋の袂

 ここから千田車庫まではすぐなので、のんびり歩いていくことに。途中、スーパーの前に丸っこい洒落た車両が鎮座しているのが見えてきましたが、ドルトムントからやってきた元広電の70形で、現在は車内を改装してレストランとなっています。あいにく食事時ではなかったのでそのまま素通りとなってしまいましたが、おととし2月に呉線の坂駅で見かけた2000形同様、第二の人生を歩む車両もあるようですね。

広電70形@トランヴェールエクスプレス'13.2.22
レストランとして第二の人生を送る旧ドルトムント市電の車両

 こうして千田車庫に到着。さっそくみゆきさんの限定グッズと先ほど乗車した1000形の運行開始記念乗車券を入手しました。営業運転を開始して1週間ほどとあって1000形関連のグッズの見本が窓口に飾ってあり、あれこれ迷うほど。その後続いて隣の事務所へ移動しスタンプを押してきましたが、真ん中あたりがどうしてもうまくつかず失敗weep。どうも1週間前に訪問した京王れーるらんどといい、今回は今ひとつの調子であります。

鷹野みゆきポスター@千田車庫'13.2.22
スタンプは押したものの・・・coldsweats01

 この後はみゆきさんのもうひとつの由来となる鷹野橋の前を通過。広島中央郵便局に寄り道した後、再び原爆ドームの前までやってきました。すでにミッションは完了しており、後は予約していたホテルへと逗留するだけとなりましたが、時刻は17時を過ぎたところでまだ早い時間。そこで、せっかく1日乗車券が手元にあることから、有効活用するべく宮島まで往復することにしました。

広電1900形@鷹野橋'13.2.22
鷹野橋界隈にて

原爆ドーム'13.2.22
夕方の原爆ドーム

広島中央局風景印
広島中央局の風景印

 やってきた宮島行きは夕方の通勤ラッシュとあって車内は満員。ようやく西広島で目の前の座席が空いて座ることが出来ましたが、生活の足として広島では路面電車が大いに活躍している様子が伺えましたね。そんな車内も阿品でようやく落ち着いて、宮島に着いたのは18時過ぎ。外はすっかり日が暮れておりました。

広電3900形&5000形@広電宮島口'13.2.22
夕方の宮島口はひっそりとしていました・・・

 さすがにこの時間とあっては宮島へ向かうフェリー乗り場にも観光客はまばら。今回は宮島へは行く予定はなく、そのまま広島市内へ向けて引き返すことになりました。せっかくなので、広電自慢の車両であるグリーンムーバーが来るまで待つことに。2本ほど待って5000形がやってきたので、こちらに乗ってのんびり終点まで帰ってきました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.14

mattoh通信(1/8)~初詣臨

183系@宮原'13.1.8

 仕事の帰り、地元の駅で見かけた183系の初詣臨です。こちらも1月の時期の風物詩ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.13

【3/9】第4回立川バスファン感謝イベント訪問

 先週末の予定が直前までなかなか決まらず、どうしたものかあれこれ悩んでいましたが、立川バスのイベントがあるとのことで訪ねてみることにしました。とはいえ、自分にとって立川バスは利用した記憶がないこともあって馴染みの薄い会社だったりしますが、鉄道むすめのサイトにこんな告知がありちょっと気になるところ。バスよりは新規キャラクター目当てで一路拝島へと向かいました。

 大宮からは定番のむさしの号に乗り立川へ。立川からもイベント会場となっている拝島営業所までのバスがありましたが、何分到着したのが9時半頃と時間がたっぷりあり、急ぐこともないので日野へ行くことに。多摩川の土手から鉄橋を渡る中央線の列車を撮影してきました。E233系から115系、それにE351系のあずさやブルーサンダー牽引の貨物など、1時間近くいて飽きることなく過ごせました。

115系@日野'13.3.9
多摩川を渡る中央線の115系と遭遇

 日野からは八王子経由で拝島へ。しかし八王子での八高線の接続が悪く、待ち時間は30分ほど。ここで早昼を摂って八高線の川越行きに乗り込みました。拝島に到着したのは正午前。西武と改札が分離され、駅ナカショップが出来たりしてすっかり印象が変わった駅の改札を抜け、少し離れたところにあるバスターミナルから拝島営業所行きのバスに乗車。15分ほどで拝島営業所に到着しました。

 会場に入ってまず目に入ったのが、「バスっこ」と名づけられたお目当てのキャラクター。バスを擬人化していて、これが鉄道むすめの公式サイトであやめさんがつぶやいていたキャラと判明しましたが、作者はサボコレクションのキャラを書いたよしのさんという方で、確かに鉄道むすめともバスむすめとも違ったテイストですね。

バスっこ@拝島営業所'13.3.9
お目当て(?)のキャラがこれ。ちょっと微妙か・・・coldsweats01

 一方、車両展示は時間帯により車体近くまで寄れたり撮影タイムを設けるなどきめ細かい設定がされていたのが感心しましたね。これは都電のイベントなど鉄道系イベントでも見かけますけど、撮影者それぞれが声を掛け合って譲り合いながら撮影していた様子はなかなか手際よく好印象でしたね。なかなか社員と来場者が一体となったイベントというのも見ることができませんが、この雰囲気なら再訪したくなりました。

車両展示@拝島営業所'13.3.9
車両展示の様子

リラックマ@拝島営業所'13.3.9
リラックマが運転手???

きゅんた@拝島営業所'13.3.9
小田急バスのキャラクターも登場

 立川バスのブースでバスを模したネクタイピンを記念に入手し会場を出発。バスに乗って拝島駅へ戻りました。ここからは西武拝島線に乗車。西武沿線を乗り継ぎながら、あちこち乗り降りすることにしました。萩山では多摩湖線の白い新101系と対面。その後、レオライナーに乗って西武ドームを見ながら西所沢経由で飯能へと向かいましたが、一頃に比べスマイルトレインの姿を多く見かけたのが印象的でしたね。

西武新101系@萩山'13.3.9
萩山で見かけた新101系冬編成

西武30000系@元加治'13.3.9
この日はあちこちでスマイルトレインを見かけました

 結局、東飯能から川越線経由で帰ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12

mattoh通信(1/7)~遅れてやってきたあけぼの

寝台特急あけぼの@宮原'13.1.7

 冬季になるとあけぼのも定時での運行が厳しくなり、大幅な遅れもしばしば発生しますが、この日は遅番勤務で、出勤の途中にあけぼのと出会いました。

 遅れは定刻よりも2時間半ほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.11

【3/4】「とあるモノレール」に乗る

 タイトルが些か意味深ですがcoldsweats01、多摩都市モノレールで先月来から運行されている映画「とある魔術の禁書目録」のヘッドマークを付けた「とあるモノレール」が今月14日までの運転とのことで、一度お目にかかりたいと思いつつ先月16日の高尾山冬そば号の日は何と運用なし。で、おととい9日に行われた立川バスのイベントのついでと思ったら、この日もやはり運用なしと、なかなかご縁がありませんでしたweep

 せっかく記念きっぷも買ったので、運行終了までには目にしたいと思いいろいろと調整。何とか先週の月曜日の午後なら仕事が空いたので、その足で立川へと向かいました。

 で、立川に到着したのが16時過ぎ。公式サイトに出ていた運用では、立川北を16時9分に発車する多摩センター行きが来るので、立川南へ向かう途中のデッキで待つことに。しばらくして白い車体の両端にヘッドマークを付けたモノレールがゆっくりこちらに近づいてきました。

多摩都市モノレール1000系@立川'13.3.4
時間通りやってきた「とあるモノレール」。ヘッドマークが付いているだけ・・・coldsweats01

 実はどんなものなのか全く把握していませんで、てっきりラッピングでもしてあるのかと思っていたんですが、両端にヘッドマークを付けただけなんですねぇ。さすがに大々的にラッピングというのは、いつぞや小田急ですったもんだした時のことがあって難しいのかもしれません。

 この後、多摩センターからの戻りを狙うべく立川北へ。17時1分発ということで、駅周辺をぶらぶらした後、10分ほど前にホームへ入り待機。すると、ゆっくりカーブしながらこちらに近づいてきました。

多摩都市モノレール1000系@立川北'13.3.4
多摩センターからの返しを立川北で待ち伏せ

 ちなみに車内の方はキャラクターや映画の宣伝で埋め尽くされていて、さながらギャラリーとなっていました。さすがにその様子は撮影できず、途中の玉川上水で見送った後、西武に乗り換えて帰途につきました。

とある魔術の禁書目録HM
多摩センター側のヘッドマーク。上北台側は撮影できずweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.10

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その2~広電に乗って市内散策

 全国鉄道むすめ巡りの旅。広島に到着し、いよいよ広電の乗り歩きを始めますが、その前に広島バスセンターの隣にある広島中郵便局に寄り道することに。この日は平日とあって郵便局巡りも兼ねて市内を回ることにしますが、こんな時便利なのがやはり1日乗車券ですね。郵便局で用事を済ませた後、平和記念公園内にあるレストハウスで入手しました。

広島中局風景印

広電一日乗車券
原爆ドームがデザインされている広島中局の風景印(画像上)と今の広電の1日乗車券

 原爆ドームに挨拶した後、太田川にかかる相生橋から広電を狙うことに。この辺りは何度も訪れているにもかかららず撮影した記憶がほとんどなく、これまで乗り潰しという目的が主でじっくり時間をかけて回るということがなかなか出来ませんでしたが、ここは一番広島らしい風景と言えるところかもしれませんね。

広電5100形@原爆ドーム前'13.2.22
原爆ドームをバックに相生川の橋を渡るグリーンムーバーMAX

 12時半を過ぎたところで原爆ドーム前電停へ移動。ここから12時45分発白島行きに乗り込みます。1週間前の2月15日から江波と白島を結ぶ運用が新たに設定され、八丁堀の本線と白島線とを結ぶ短絡線を使った営業運転が始まりました。その白島行きに乗る前、反対側の停留所には紫色の真新しい1000形が到着。こちらも15日から登場した超低床の連接車両で、「PICCOLA」という愛称が付けられています。

広電1000形@原爆ドーム前'13.2.22
2月より営業運転を開始した1000形。落ちついたカラーが印象的。

 その1000形、これから乗車する白島行きにも充てられており、もちろんこれが初乗車。まだ新車の香りが残る車内から広島の町並みを見ているうちに八丁堀に到着。ここから大きく左折し白島線へと入っていきました。実はこの区間、2006年1月に当時出入りしていた通信関係のオフ会で貸切電車を運転した際に乗車しており、すでに体験済みでしたが、営業運転で改めて乗車することが出来ました。

白島行き時刻表@原爆ドーム前'13.2.22
白島行きの時刻表

広電1000形@原爆ドーム前'13.2.22
再び新車登場。こちらで白島へ向かいます。

 こうして終点の白島に到着。電停近くの広島白島局に寄り道した後、白島線の区間運用に就いていた900形に揺られて八丁堀まで戻ってきました。時刻はすでに13時を過ぎており、そろそろランチにしようと周辺をぶらぶらしていたら、「とんてき」と書かれた看板を見つけたので入店。「八百豚」という居酒屋がちょうどランチ営業中で、とんてきの定食で腹を満たすことに。何でも広島の名物とのことで、ボリュームのある豚肉をはさみで切っていただきました。

広島白島局風景印
白島電停近くにある郵便局の風景印

広電906@八丁堀'13.2.22
帰りは元大阪市電の900形に乗車

トンテキ@八百豚'13.2.22
ランチは広島名物のトンテキをいただきましたrestaurant

 その後は腹ごなしを兼ね、立町から胡町を経て宇品線との乗り換え電停のある的場町までぶらぶら歩くことに。その途中でいくつか郵便局も回ってきました。この周辺は広島でも一番の賑やかなところで、JRの広島駅周辺と比べてもこちらの方が賑やかな雰囲気ですね。そんな中、大通りでは広電のみならず路線バスも多く行き来していました。

広島県PR横断幕@本通'13.2.22
「おしい」のキャッチコピーが何とも気になるcoldsweats01

広電5100形@銀山町'13.2.22
広島一の繁華街を路面電車が闊歩

風景印@広島
歩きながら集めた風景印

 この後、的場町から宇品線の電車に乗車。こちらは本線と比べて運転本数が少なく、10分近く待ってようやく宇品行きの電車がやってきました。途中、比治山橋電停手前に郵便局があったので、こちらに寄り道した後、後続の電車で皆実町六丁目へとやってきました。

広島比治山本町局風景印
比治山橋電停近く、広島比治山本町局の風景印

広電1900形@比治山橋'13.2.22
比治山橋電停で出会った元京都市電1900形

 こうしていよいよこの旅一番のミッションであるスタンプを押すため、千田車庫へと向かいますが、長くなってきたので一旦ここで切ることにいたします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3/3】「東武東上線×神様はじめましたスタンプラリー」参戦

 3月3日のひなまつり、昼前からちょっとだけお出かけしてまいりました。といっても、向かったのはまちかど雛めぐりで賑わう岩槻ではなくて川越。先月18日からスタートしていたアニメ「神様はじめました」のスタンプラリーに参戦してまいりました。

 参加するにはまず、東武東上線の各駅で販売している「小江戸川越クーポン」を買うか川越市内の路線バスが1日乗り降りできる「小江戸名所めぐりバス1日フリー乗車券」を入手。その際に貰えるスタンプラリーの台紙に4個押印すると記念品のマウスパッドが貰えるというものですが、今回は後者のバスのフリーきっぷを利用することに。売っている場所がわからず、うろうろしながら改札で聞いて何とか定期券売り場を見つけることが出来、無事入手できました。

小江戸名所めぐりバス1日フリー乗車券
このきっぷを手に入れ、スタンプラリーの台紙をゲット

 まずは一つ目のスタンプを駅で押印。一方市内には観光協会にスタンプが設置されているので、バスに乗って向かうことにしました。せっかくなので、小江戸名所めぐりバスに乗車しようと東口のバスターミナルへ。こじんまりとしたバスに乗り込み、川越駅を後にいたしました。

東武バス@川越駅東口'13.3.3
小江戸名所めぐりバスでスタート

 小江戸名所めぐりバスは市街地を走り抜け、川越で有数の名所である喜多院の前を通過。実はこのバスに乗るのはこれが始めてで、おそらく市内を走っている様子は目にしたことがあるかもしれませんが、やがて町の中心へと進み、時の鐘にも近い大手町で途中下車。ここから蔵造りの町並みを見ながら、ぶらぶら歩いて目指す小江戸川越観光協会へとやってきました。

蔵造りの町並み@川越'13.3.3
週末で賑わう川越の町並み

神様はじめましたポスター@小江戸川越観光協会'13.3.3
観光協会にもポスターがありましたhappy01

 無事2個目のスタンプをゲットしましたが、市内でスタンプが設置されているのはここだけで、もうちょっとあってもいいのかなと思いつつ3カ所目となる川越市駅を目指しますが、近くのバス停で確認したら、ちょうど発車してしまったばかりでしばらく待つ様子でした。やむなく徒歩で川越市駅まで向かいましたが、川越だったら歩いても散策ついでに町並みを見ながらになるので、さほど苦にはなりませんでしたね。

スタンプ台@川越市'13.3.3
川越市駅のスタンプ台

 こうして川越市でもスタンプを押し、この後東上線に乗り込み川越を後にしますが、実はスタンプの設置場所がもう1ヵ所あり、それが池袋駅。池袋駅発の小江戸川越クーポンを使えば難なくクリアできるんでしょうけど、どうせ時間はあるので、途中柳瀬川で寄り道しながら池袋を目指すことに。駅近くを流れる柳瀬川の土手は桜並木があり、もう少しすれば満開の桜が見られるところですね。

東武30000系@柳瀬川'13.3.3
柳瀬川に寄り道

東武東上線×神様はじめましたスタンプラリーポスター@柳瀬川'13,3,3
ここにもスタンプラリーのポスターが・・・

 池袋では姫宮ななさん風のお手製のポスターに癒され、無事に4個目のスタンプをゲット。有人改札で記念品のマウスパッドをいただいてまいりました。ちなみにこのアニメは一度TVで観ただけで、ストーリーはよくわからなかったりしますがcoldsweats01、1日で十分コンプできる内容なので、川越の観光ついでに楽しめそうですね。

TJライナーポスター@池袋'13.3.3
TJライナーのポスターにさりげなくななさんが・・・heart04

マウスパッド
戦利品のマウスパッド(下)とクリアファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.09

【3/2】「きままに☆5000形撮影会」訪問~関東鉄道

 関東鉄道で新たに投入されたキハ5000形二次車の営業運転に先駆け、下妻駅で撮影会イベントが行われるとのことで、先週の土曜日に訪ねてまいりました。

 守谷で1日乗り降りが出来るフリーきっぷ、「常総線フリーきっぷ」を改札口で入手。すぐにやってきた単行のディーゼルカーに乗って水海道までやってきました。しばらく待っていると、ホームにこの日の主役であるキハ5000形が特製のヘッドマークをつけて入ってきました。

関鉄5000形@水海道'13.3.2
水海道駅のホームに入線したピカピカの新車happy01

 臨時列車は9時54分に発車。会場となる下妻までは臨時列車として運転され、これが乗客を乗せての最初の運転となりました。発車直後、車内では社員の方によるお茶の配布がスタート。ささやかながらありがたい心遣いに感謝しているうちに石下に到着しました。臨時列車はここ石下を除いて他の駅は通過。10時19分、終点の下妻に到着しました。

 乗客を降ろした後、キハ5000形は一旦下館寄りへと進むと、向きを換えて今度は構内の側線へと転線し停車。そのまま撮影タイムへと入りました。ホームからの撮影でしたが、返しの水海道行きとなるまで1時間半もあることから全体としてまったりとした雰囲気で、のんびり過ごせたのはありがたいところでしたねhappy01

5000形撮影会貼紙@下妻'13.3.2
下妻駅で告知されたイベントの貼紙

関鉄5000形@下妻'13.3.2
下妻駅での”きまま”な撮影タイム

下妻駅駅名板'13.3.2
下妻駅に残る古いホーローの駅名板

 これで目的は果たせましたが、せっかくのフリーきっぷなのでいろいろと乗り歩きたいところ。水海道駅ではこの日の常総線のダイヤグラムが窓口で1部500円で販売され、自分も一部入手していましたが、それによればこの後11時8分発下館行きにキハ102号が充てられるとのことで、こちらに乗り込むこと。後続で首都圏色のキハ101号もやってくるとのことなので、どこかでのんびり撮影でもしようと考えつつ騰波ノ江で下車。折から吹き荒れた春一番の中、駅の近くでいろいろと撮影してまいりました。

関鉄キハ100形@騰波ノ江'13.3.2-1
旧型のディーゼルカーの行き来する沿線で撮影タイム

 猛烈に吹く春一番の中、先ほど撮影した首都圏色のキハ101号が使用された12時47分発水海道行きが遅れて騰波ノ江駅に到着。一本前の水海道行きが10分以上遅れてやってきましたが、どうやら水戸線も遅れていたらしく、下館で接続を待った様子でした。せっかくの晴れ間だったにもかかわらず、砂埃の舞う中では落ち着いて撮影というのも厳しく、そのまま水海道へと戻ってまいりました。

お雛様@騰波ノ江'13.3.2
駅舎内で飾られていた小さなお雛様

関鉄キハ100形@騰波ノ江'13.3.2-2
帰りは首都圏色のキハ101号で

 まだランチを済ませてなかったので駅周辺をうろうろしてみるものの、これといった店舗はなく、やむなくコンビニで入手したサンドウィッチを駅のベンチで頬張った後、再びホームへ。この後はキハ310形に乗り込んで取手方面へと向かいますが、そのキハ310形がホームに入線してしばらくすると、イベントを終えて営業運転に入ったキハ5000形が取手から到着。新旧のディーゼルカーの並びが実現いたしました。

関鉄キハ310形&キハ5000形@水海道'13.3.2
新旧のディーゼルカーが並んだ瞬間wink

 キハ310形使用の取手行きは14時13分にゆっくり水海道を発車。この後は特に予定を立てていなかったものの、去年11月の水海道でのイベントの帰りに撮影した守谷駅近くの線路脇で撮影しようと守谷でお見送り。先ほど水海道で並びが実現したキハ5000形や取手から折り返してきたキハ310形などを撮影して1時間近く過ごした後、TXで守谷を後にしました。

関鉄5000形@守谷'13.3.2

関鉄キハ310形@守谷'13.3.2
(2枚とも)新旧のディーゼルカーの姿を撮影

 実は2年前の3月にも関東鉄道で撮影会が主催され、この時は事前に申し込みをしていたんですけど、東日本大震災でイベント自体がキャンセルとなってしまい涙を呑んだ経験があります。毎年恒例の11月のイベントの他、関東鉄道では様々なイベントが催されているので目が離せないですね。機会があればまた参加したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.08

全国鉄道むすめ巡り広島遠征編その1~広島までの道

 2月21日の夜21時過ぎ、通勤ラッシュでごった返す新宿駅に降り立ちました。これから21時45分発の岡山行き夜行高速バス「マスカット」号に乗り込みますが、実は本当の目的地は広島でした。もちろん目的は全国鉄道むすめ巡り。広島行きの夜行高速バス「ニューブリーズ」だと新宿駅の発車が20時40分とちょっと早いとあって、少しでも出発を遅くしたいと思って岡山行きを選んだ次第。

小田急バス@新宿駅西口'13.2.21
ひっきりなしにバスが行き来する新宿駅西口

 ちなみに新宿から発車する岡山行きの高速バスは3路線あり、うち1本はJRバスの運行によるもので、残りの2本は同じ乗り場から。まずは小田急バス系列のルミナス号が21時半に発車。思いのほか乗客は多めで、乗務員からのチェックを済ませると、定刻よりも少し遅れて出発。その直後、この晩のねぐらとなるマスカット号がやってきました。

 定刻の21時45分をちょっと過ぎて新宿を発車。実は2月一杯まで平日の割引運賃が適用され、これがこの路線をチョイスした理由だったんですが、おまけに座席は窮屈な4列シートではなく高速バスでよく見られる3列シートというのが魅力でしたね。

 バスは首都高へと入り、いつしか眠りについたかと思うとトイレ休憩で停車した駿河湾沼津SAで目が覚めました。施設は真新しく、東名にこんなサービスエリアがあったのかと一瞬思いましたが、ここは昨年4月に開業した新東名高速道路上にあるサービスエリアで、もちろん今回行き来するのは初めて。とはいえ夜中とあっては、車窓を楽しむすべはありませんでしたけどねcoldsweats01

 この後、すぐにうとうとし始め、次に目が覚めたのは最初の停車地となる津山駅前。定刻より1時間も早く到着してしまいましたが、津山といえば駅構内にある扇形の車庫が近年整備され、時々イベントも行われているようで、いつかは訪ねたいところですね。その津山を出ると再び睡魔が襲い、次に目が覚めたのは学生風の若者が下車した岡山大学筋の手前。こうして岡山駅前には定刻より40分ほど早く到着しました。

両備バス@岡山駅西口'13.2.22
朝の岡山駅西口に到着

 バスから降りてまずはバスターミナルの建物へ。早速、この後乗車する広島行き高速バスのきっぷを入手することに。当初乗る予定だった8時50分の1本前に間に合いましたが、長旅で体を休めたいと思い予定していた便を抑えることに。こうして無事にきっぷを手にすると駅構内の喫茶店で朝食を済ませ、駅前へと繰り出しました。出発まで時間があったので、岡山の市電を撮影。腰高のパンタグラフが独特でしたね。

岡山電気軌道7900形@岡山駅前'13.2.22
時間潰しに岡山の市電を撮影

 岡山市電の自慢であるMOMOには会えず、やむなく適当なところで切り上げて再びバスターミナルへと戻ると、柵越しからアンパンマン列車が見えました。ホームで観察すれば四国からの特急列車が見られたなぁと思いつつも今回はこれで抑えることにし、バスターミナルに発着するバスを眺めながら時間を過ごすと、8時50分発の広島行きサンサンライナーが5分ほど遅れて到着しました。

2000系@岡山'13.2.22
岡山でアンパンマン列車と遭遇

 前の日に乗ったマスカット号と同様にこちらも両備バスの担当で、車内の乗客は半分にちょっと満たないほど。平行路線に新幹線があるので、所要時間の面では分が悪いものの、やはり運賃は半分ほどとあって需要はあるようですね。そんなことを思いつつ、次の停留所である岡山インターで数人の乗客をピックアップ。ここは駐車場併設の停留所で、自宅からマイカーで移動してここから乗り込む次第。

 途中、広島県に入ってすぐの八幡サービスエリアでトイレ休憩。売店を覗くと、広島らしくカープのイラストが入った栄養ドリンクを見つけたので1本入手。これを飲んで応援しようとのことで、こうしたところにもカープに対する思い入れが伝わってきますね。

カープ応援ドリンク剤
いよいよカープの国へwink

 バスは新交通システムとの乗換駅、中筋に到着。このあたりにくるともう広島の市街地が近く、次第に交通量も多くなりつつある中、終点の広島バスセンターに到着。この後、いよいよ旅のメインへと進んでいきます(つづく)。

両備バス@広島バスセンター'13.2.22
広島バスセンターに到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.07

mattoh通信(1/6)~テールマークが・・・

寝台特急あけぼの@宮原'13.1.6

 凍り付いているのか、はっきりと読み取ることができませんbearing。1月の寒い時期の光景といえばそうなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.06

【2/24】まちかど雛めぐりを訪ねてきた

 先月21日の晩から23日までの日程で広島を旅してきましたが、その旅の疲れがまだ取り切れていない24日、床屋ついでに岩槻へ行ってきました。

 岩槻ではこの時期、ひな祭りシーズンに合わせて「まちかど雛めぐり」というイベントが毎年行われていますが、床屋へ行く前にちょっとだけ市内を散策することに。駅で入手したパンフの中に、「食べる」と題して市内の参加飲食店が紹介されており、雛めぐり限定メニューもあるとのこと。その中から、旧岩槻区役所前にあるラーメン店「めんくみ」で、「春キャベツ・岩槻ねぎの塩ラーメン」なるメニューを頂いてきました。

春キャベツ・岩槻ねぎの塩ラーメン@めんくみ'13.2.24
地元特産の岩槻ネギを使用したラーメンを頂きましたnoodle

 岩槻ねぎもすっかり定着した感があり、岩槻に住んでいた時と比べていろいろと宣伝もしている様子ですね。ただ、当時あった店がいつの間にかなくなっていたり、逆に新しいお店がいつの間にかオープンしていたりして、いろんな発見もありました。

 その後、散策がてら時の鐘の方へ。多くの観光客が引っ切り無しに行き来する川越のものに比べると地味な印象は否めないところですが、市外から来た様相のグループの姿をちらほら見かけており、まちかど雛めぐりの知名度も少しづつ定着しているのかなとも感じました。

時の鐘@岩槻'13.2.24
岩槻の時の鐘

 こうして再び駅周辺へと戻り、行きつけの床屋で散髪を済ませてから足早に岩槻駅へ。この後は浦和美園行きのシャトルバスに乗り込みます。イベント期間の内、2月最後と3月最初の週末の4日間、岩槻駅と浦和美園駅との間をおよそ30分間隔でシャトルバスが運行されましたが、こちらは無料。駅前のバス乗り場にはすでに国際興業バスの車体が止まっており、さっそく乗り込むことに。

国際興業バス@岩槻駅前'13.2.24
浦和美園行き無料シャトルバスで岩槻を後に・・・

 乗車時、職員からアンケート用紙が配られ、浦和美園到着時までに記入をお願いされました。その中には、両駅を結ぶ快速バスを運行する予定云々の文言が記されており、今回のイベント期間中はいわば試行のようなものなんでしょうか?しかし、肝心の乗客は自分以外もう一グループがいただけ。どうしても宣伝不足な感は否めませんでしたねcoldsweats01

 バスの方は岩槻駅を出発すると越谷県道を進み、16号バイパスの先で右折。これは岩槻と東川口を結ぶ岩11系統と同じですが、県道蒲生岩槻線と国道463号線の交差点で右折し、浦和美園駅へと到着しました。所要時間は20分ほど。休日だったことを考慮してもまずまずの所要時間でしたが、如何せん乗客が少なかったのが寂しいところ。別の時間帯がどうだったのかは気になるところですが・・・。

 ちなみに赤羽からだと、期間中販売していた往復割引乗車券を使えば大宮回りよりも安くなる計算でしたが、快速バスの運転が始まってどれくらい需要があるのか、気になるところですね。

まちかど雛めぐりポスター@浦和美園'13.2.24
浦和美園駅にあったポスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.05

mattoh通信(1/5)~快速シーハイル上越号初運転

快速シーハイル上越@宮原'13.1.5

 年が明けて早々、今年もシーハイル上越号が運転されました。例年この時期の風物詩といえるかもしれませんが、やはり国鉄型の車両はいいですねhappy01。ときやあさまが高崎線から姿を消してだいぶ日が経ちますが、今も当時活躍した車両が動いていることにただ驚きでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.04

名鉄6600系

 おととしの4月、名古屋市営地下鉄桜通線の延伸区間を乗り潰しに訪れたついでに矢田川を渡る6600系を撮影していますが(こちらの記事参照)、瀬戸線初乗りの時も含めても、6600系には1度しか乗車していなかったりします。それだけ自分にとっては印象の薄い車両ということになるんですが、1978年に架線電圧が1500Vに昇圧した際に登場したということで、瀬戸線の近代化に貢献した車両と言えそうですね。

 思えば名鉄も久しく乗車していないですね。そもそも名古屋方面へ行く機会がないこともあるんですが、近鉄のナロー区間が気になるところで、いずれは足を運びたいところです。

名鉄モ6704@清水'07.5
6600系に一度だけ乗車したときに撮影した画像。完全に失敗でしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.03

ひなまつり

さくらもちをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.02

今日は

関鉄のイベントに行って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.01

北斗星ワイン

 少し前に秋葉原の鉄道雑貨の店、「TRAINIART」でたまたま見つけて入手したワイン。EF81に牽引された北斗星のイラストがラベルに入っています。

Round Hill'13.2.13
北斗星のイラストが入ったラベルのワインで舌鼓wink

 ハーフで980円と普段飲むワインに比べてちょっと高めですが、飲みやすくておいしかったですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »