« 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その1~西武秩父線と秩父鉄道の新車7800系 | トップページ | 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その3~水芭蕉とパレオ »

2013.04.28

【4/13】春の秩父鉄道訪問記その2~清雲寺のしだれ桜とパレオ

 春の秩父鉄道散策の続き。オレンジ塗装の1003Fを見送った後、歩いて15分ほどのところにある清雲寺へとやってきました。さっそく境内のしだれ桜を見物して回ることに。今年は例年に比べて桜の開花が早く、ここ秩父周辺でもすでに桜のシーズンは過ぎてしまいましたが、ここ清雲寺のしだれ桜は十分見頃を迎え、ようやくここで春らしい雰囲気を味わうことができました。

しだれ桜@清雲寺'13.4.13
清雲寺のしだれ桜で春を満喫cherryblossom

 駅へ戻るため再び来た道を辿っていたら、駅近くの線路脇で遅咲きの桜が咲いているのを見つけたので、列車を絡めて撮影してみることに。清雲寺へ向かう途中にも気になっていたところでしたが、三峰口へ向かう急行列車や先ほど駅近くで見送った1003Fが通過。遠いところからの撮影でしたが、こうした楽しみ方ができるのもこの時期ならではといったところでしょうか。

秩父1000系@武州中川'13.4.13‐2
桜並木をバックに赤い電車が走り去る

 駅へ戻ると、時刻は午前11時を過ぎたところ。パレオが来るまでは1時間以上とまだまだ時間があり、少し早めでしたが駅前の手打ちそばの店でランチタイム。この一帯はそばの産地で、おととしの秋にラストシーズンのパレオを撮影しようと訪れた際にはそばの白い花をあちこちで見かけましたが、数年前に立ち寄った駅前の郵便局で貰った風景印には、そば打ちのイラストがデザインされていました。

手打ちそば@武州中川'13.4.13
この日のランチは手打ちそば

 そばで腹も満たされ、パレオ到着まで残り1時間ほどとなったので、再び駅側の踏切へ向かいしばし待機。それまでは行き来する列車をいろいろと撮影して過ごすことにしましたが、この日2本目の1000系となったスカイブルー塗装の1001Fやのだめスタンプラリーのヘッドマーク付き7507Fが到着。多士済々なな顔ぶれで退屈しない時間を過ごしました。

秩父1000系@武州中川'13.4.13‐3

秩父7500系@武州中川'13.4.13
(2枚とも)パレオが来るまでの間、やってきた列車たち

 徐々に周りにはパレオ目当てのギャラリーが増え始め、にわかに賑やかになってきたところで12時半過ぎ、パレオエクスプレスが煙を上げて到着。普段はこの駅を通過するパレオも清雲寺のしだれ桜のシーズンに合わせ、この時期はここ武州中川に臨時停車しますが、去年夏の広瀬川原での脱線事故以来、ようやく運行できるところまで漕ぎ着けました。

秩父C58363@武州中川'13.4.13
2013年最初のパレオを撮影

 この後、三峰口からの返しを狙いますが、隣の武州日野駅付近を考えたものの、後続の列車が来るまで時間があったので、歩いて移動することに。この間はおととし夏のEL運転の際にも行き来していて、歩いて20分掛からないほどで、のんびりと歩きながら武州日野駅へとやってきました(つづく)。

|

« 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その1~西武秩父線と秩父鉄道の新車7800系 | トップページ | 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その3~水芭蕉とパレオ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/57262375

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その2~清雲寺のしだれ桜とパレオ:

« 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その1~西武秩父線と秩父鉄道の新車7800系 | トップページ | 【4/13】春の秩父鉄道訪問記その3~水芭蕉とパレオ »