« 【4/28】埼京線・川越線の新しい顔・E233系に会う | トップページ | mattoh通信(2/13)~1番線から発車 »

2013.05.06

【4/29】東武沿線散策記その1~野田線に入った10000系

 GW最初の3連休。最終日の29日は先月20日から野田線で営業運転を開始した10000系を見て来る事に。とりあえず、それ違う列車を確認しながら運用を確認しようとした矢先、大和田と七里との間で見慣れない塗装の列車とそれ違いました。その列車こそまさに今回のお目当てである10000系で、大宮からの返しを待つべく七里で下車。以前訪ねた、岩槻方向へ15分ほど行った線路脇で待つことにしました。

 手持ちの東武時刻表で時間を確認したところ、大宮8時19分発の柏行きで折り返してくるとのこと。そうすると七里は8時28分発とのことでしたが、そろそろ通過する頃と思いスタンバイしていたら、上り列車が近づいてきました。幸い大宮行きが行ってしまった後にやってきたので事なきを得ましたが、本線で走る車両とは帯のカラーが異なる上、上部に黄緑の帯が入るなど、ずいぶんと雰囲気が変わりましたね。

東武10000系@七里'13.4.29
野田線で運転を開始した10000系

 これですぐに撤収し、七里駅へ。再び下り列車に乗り込み先を目指します。一つ運用がわかればおおよその予想で大まかなスジは確認できるものですが、もう一度撮影しようと思いどこでお迎えしようか考えた末、自分にとっては定番の藤の牛島へ向かうことに。春先に大落古利根川で桜を撮影しに訪れたばかりでしたが、今は駅名にもあるとおり藤の花がシーズンで、駅は藤を見物する乗客で賑わっていました。

 再び東武時刻表で運用を確認。すると、柏から戻ってくるのは10時23分とのことで、何度か撮影のために度々足を運んだことのある、駅から柏寄りに歩いて10分足らずのところにある踏切で待機することにしました。この日は天気もよく、撮影には絶好の天気でしたが、近くの川でなの花を入れて撮影して過ごしながら、この日2度目の10000系との対面を果たしました。

東武8000系@藤の牛島'13.4.29
黄色い菜の花が至る所で見られました

東武10000系@藤の牛島'13.4.29-1
この日2度目の10000系撮影

 こうして2度の撮影を済ませ、もう十分なところ。ついでに藤の花でも見てこようと思い駅から10分ほど歩いて向かうも、入口には藤の花を見ようと大勢のお客さんの長い列が出来ていて、中に入るには時間が掛かる様子でした。もっとも今回は予定に入っていたわけではなく、こちらは断念。この後、大宮からの戻りを大落古利根川の川べりで撮影してから藤の牛島を後にしました(つづく)。

東武10000系@藤の牛島'13.4.29-2
大落古利根川を渡る10000系。来年はここで桜とのツーショットが見たいところ。

|

« 【4/28】埼京線・川越線の新しい顔・E233系に会う | トップページ | mattoh通信(2/13)~1番線から発車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/57325094

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/29】東武沿線散策記その1~野田線に入った10000系:

« 【4/28】埼京線・川越線の新しい顔・E233系に会う | トップページ | mattoh通信(2/13)~1番線から発車 »