« 【6/21】3度目の正直、下町トレインと出会う~東武 | トップページ | mattoh通信(4/18)~夜行3本 »

2013.06.27

【6/22】後藤デフ仕様パレオ追いかけ記 往路編

 先月18日に広瀬川原で行われたわくわく鉄道フェスタで、後藤工場仕様のデフを装備したC58が展示されましたが、引き続きその姿でパレオの運行に就いているとのことで、ぜひとも走っている姿を目にしたいと思っていたところでした。ところが運行は6月一杯までとのこと。6月も後半となった先週の土曜日、その雄姿を目にするべく久々に秩父鉄道沿線に赴いてまいりました。

 熊谷に到着後、まずは例によって窓口で秩父路遊々フリーきっぷを入手。出発まで時間があったので、西口へ通じる跨線橋から構内を見ると、スカイブルーの1000系1001Fの姿がありました。今月は毎年恒例となっている俳句展示列車として運転されていますが、週末は羽生10時44分発の三峰口行きに限定運用していることが最新の秩父鉄道ニュースに記されており、乗車や撮影目的にとっては有難いところ。

秩父1000系@熊谷'13.6.22-1
今年の俳句展示列車はスカイブルー1001F

 ここんとこ定番となっている8時52分発の三峰口行きで出発することに。すると、ちょうど隣のホームにオリジナルカラーの1000系1010Fが入ってきました。こちらはこの後、8時54分に羽生へ向けて発車。そのまま行けば羽生9時36分発三峰口行きで折り返してくる予定で、ちょうどパレオの前にやってくることもあり、後で撮影できることになりそうです。

秩父1000系@熊谷'13.6.22-2
オリジナルカラー1010Fが到着

 こうしてひろせ野鳥の森駅に到着し、土手伝いに歩いて車両基地へとやってきました。すでに構内ではこの日の主役である後藤デフ装備のC58がスタンバイ。しかもこの日は、「JR時刻表」50周年記念のヘッドマークも取り付けられていました。こちらは先月行われた大宮総合車両センターのイベントの際、センターの入口に鎮座するD51にも同じデザインのヘッドマークが取り付けられていました。

秩父C58363@ひろせ野鳥の森'13.6.22
後藤デフを装備したC58がスタンバイ

 この後、土手で恒例の入れ換えシーンを見物。構内へと再び戻っていく様子を見届けてから大麻生駅近くまで移動してまいりました。ここで熊谷からやってくるパレオをしばし待つことに。この日はヘッドマークを付けていたせいか、普段よりもギャラリーが多めでしたが、そんな中、まずは先ほど熊谷で見かけたオリジナルカラーの1000系1010Fが接近。2度目の対面となりました。

秩父1000系@大麻生'13.6.22
1010Fと2度目の対面

 それから10分ほど経過した10時20分過ぎ、JR時刻表50周年記念のヘッドマークを装備したパレオが轟音を上げながらこちらに接近。寄居方面へと走り去りました。乗客も外から見た限りでは普段より多めの様子でしたが、この日は梅雨の合間の好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。

秩父C58363@大麻生'13.6.22
客車を従えて広瀬川原を通過する後藤デフ装備のパレオ

 こうして無事パレオを見送り、すぐに大麻生駅へと移動。後続となる10時33分発の三峰口行きに乗り込みました。去年までだと大麻生を発車するのが11時ちょっと前の列車で、その後長瀞で追い抜くというダイヤでしたが、今年春のダイヤ改正で20分ほど繰り上がったため、寄居での追い抜きとなりました。そのため波久礼より先で再度撮影が可能となり、波久礼や野上では多くの乗客が降りていきました。

 さすがにそれではせわしないところ。しかもこの日は普段よりもギャラリーが多目とあってそのまま先を目指すことに。長瀞、秩父、御花畑と過ぎ、いつしか車内も閑散としてまいりました。こうなると浦山口や武州中川、それに武州日野といった駅が頭をよぎりましたが、結局下車したのは武州中川。前回4月の時と同じでしたが、三峰口寄りの踏切でしばし待機することにいたしました。

 待つこと30分ほど。まずは12時25分発の三峰口行きが到着。先ほど熊谷で見かけたスカイブルーの1000系1001Fで、俳句展示列車のヘッドマークを付けておりました。過去、1000系で毎年運転されてきたこの列車ですが、すでに今年度を持って1000系の引退が伝えられており、1000系による運転も今年で最後となってしまいそうです。

秩父1000系@武州中川'13.6.22-1
俳句展示列車1001Fと再会

 それから10分後、まずは三峰口から12時36分発の羽生行きが到着。こちらは先程大麻生で撮影した1010Fでしたが、その直後に遠くの方から煙を上げながらパレオが近づいてきました。パレオは武州中川の駅構内に接近。そのまま煙を上げて通過していきました。おかげで1000系との交換シーンを目にすることが出来ましたが、こうした姿も過去のものとなってしまいそうですね。

秩父C58363@武州中川'13.6.22
1010Fと交換する後藤デフパレオ

 こうしてこの日2度目のパレオを無事見送り、この後三峰口へと向かいますが、次の列車まで40分ほど時間が空いてしまいました。そこで前回と同じ、駅隣にある手打ちそばの店「そば道場あらかわ亭」でランチタイム。大盛りの手打ちそばをいただいた後、13時18発の三峰口行きに乗り込みました(つづく)。

手打ちそば@そば道場あらかわ亭'13.6.22
今回もランチはそばでしたnoodle

秩父1000系@武州中川'13.6.22-2
スカイブルーと3たび再会

|

« 【6/21】3度目の正直、下町トレインと出会う~東武 | トップページ | mattoh通信(4/18)~夜行3本 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/57678167

この記事へのトラックバック一覧です: 【6/22】後藤デフ仕様パレオ追いかけ記 往路編:

« 【6/21】3度目の正直、下町トレインと出会う~東武 | トップページ | mattoh通信(4/18)~夜行3本 »