« 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その4~江差から函館へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その6~函館の朝 »

2013.07.01

全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その5~函館の夜

 全国鉄道むすめ巡り函館・弘前編の続き。函館駅到着後、そのまま予約してあった駅前のホテルへと直行しチェックイン。部屋に荷物を置いてしばし休憩後、夜の函館の街へと繰り出しました。日中こそ関東周辺と同じく半袖でも十分過ごせる陽気でしたが、夜はさすがにシャツ1枚では肌寒く、何か上へ羽織るものがほしいほど。そんな中、夕飯を食べようと駅周辺を散策することにしました。

 朝市の方へ向かうも、空いている店はまばら。そこで電車通り沿いまで出て一軒のハンバーガーショップに入ることにしました。といっても、身近にあるチェーン店ではなく、函館ではあちこちに目にする「ラッキーピエロ」というお店ですが、10年以上前、当時札幌在住だった知人から教えてもらって訪ねたことがあり、3年前に函館を訪ねた時は調理に時間が掛かるということでタイムアウトとなってしまいました。

 さっそく店内で注文をすることに。しかしメニューが煩雑で分かりにくいことこの上なく、若いバイト店員に聞いても的を得られませんでしたcoldsweats01。結局、人気No.1というチャイニーズチキンバーガーのセットを注文することになりましたが、昨今これだけローカルフードがメディアでも注目を浴びているだけに、普段入り慣れていない観光客にもわかりやすいメニューが欲しいところですね。

ラッキーピエロ@函館'13.6.7

チャイニーズチキンバーガー@ラッキーピエロ'13.6.7
(2枚とも)3年前のリベンジを果たす>ラッキーピエロ

 とはいえ、ハンバーガーの方はなかなかボリュームがあり、チェーン店とは違った独特の風味はやはり魅力たっぷりといったところでしょうか?ただ、セットに一緒に付いていたポテトがジョッキで出てきたのは正直圧倒されましたが、まあこうしたノリもまたありなのかもしれませんねwink

 腹が十分満たされたところで夜の函館の街をブラブラすることに。といってもあまり遠くへは行かず、駅周辺で行き交う市電を眺めたり駅近くでおみやげを買って過ごしておりました。首都圏と違って19時を過ぎると駅前の大型店舗が閉店してしまい、飲食店以外で空いているお店というとコンビニ程度といったところでやや寂しい印象を受けました。

函館市電2000形@函館駅前'13.6.7
夜の函館の町を市電が行き来する

 あまり外にいると体が冷えるので、函館駅へとやってきました。この後は21時48分発上野行き北斗星を見送ることにしますが、少し早かったもののあまり立ち寄れるところもなかったことから入場券を買って中へ。ホームには近隣へ向かうキハ40系のディーゼルカーが停まっていました。日中、江差線でも乗った見慣れた車両ですが、元々国鉄時代からの車両なので、ホームでは国鉄型の並びが見られました。

キハ40系@函館'13.6.7
夜の函館駅で国鉄型が並ぶ!

 夜ともなると新青森や札幌から到着する列車はしばらくなく、乗客もほとんどいない構内は観光地とは思えないほど寂しい雰囲気でしたが、21時36分、DD51に牽かれた北斗星がゆっくりと到着。思えば去年9月にここから乗り込んだ時には乗車券を落とすという失態をしてしまい、そのときの記憶が蘇ってまいりましたweep。しかしシーズンオフのこの時期は乗客も少なく、客車の動力の鳴り響く音が甲高く聞こえました。

寝台特急北斗星@函館'13.6.7-1

寝台特急北斗星@函館'13.6.7-2

函館駅名板'13.6.7
(3枚とも)夜の函館駅で北斗星をお見送り

 北斗星を見送り、すっかり体も冷えてしまいましたbearing。このまま足早にホテルへと直行。コンビニでアルコール類と二枚重ねにする下着を買い込んでから部屋へと入りました(つづく)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その4~江差から函館へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その6~函館の朝 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/57705139

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その5~函館の夜:

« 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その4~江差から函館へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その6~函館の朝 »