« mattoh通信(4/28)~春のあけぼの | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その10~旅の終わりはあけぼので »

2013.07.13

全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その9~弘南鉄道に乗る

 全国鉄道むすめ巡りの函館弘前編も最近ご無沙汰してしまいましたが、あれから早1ヶ月が経過し、そろそろ書き残しておきたいところ。つがる6号は14時10分に弘前に到着。ここからこの日2つ目のミッションである弘南鉄道弘南線に乗り換えます。1995年9月に初乗りしているので、かれこれ18年ぶりの訪問となりましたが、当時は黒石まで乗った後、黒石線でそのまま川部まで出るというルートでした。

 まずは最大のミッションであるスタンプを押すことに。スタンプは改札脇の窓口の前にありましたが、何分押せる場所が狭いもんで、押すのに苦労いたしましたがcoldsweats01、実は正直言うと前回乗った時の記憶がほとんど残っていなかったりします。何しろ最後に乗ったのが18年前ですからそれも致し方のないところではありますが、東急から来た7000系だけは当時と変わらずで、14時30分発の黒石行きで出発。

弘南7152@弘前'13.6.8
久々の弘南鉄道弘南線に乗車

 車内にあるつり革には渋谷の大型店舗の広告があり、これはお約束ですが、弘前を出発して市街地を抜けると、リンゴ畑が車窓に広がってきました。もっと時間があれば、下車してのんびりと歩いてみたいところでしたが、今回は1ヶ所降りるのが精一杯。いろいろと考えた結果、鉄道むすめの名前の由来にもなっている平賀で下車することにしました。

平賀ひろこ貼紙@平賀'13.6.8
平賀で下車

 駅から15分ほど歩いていったところに南田温泉があるとのこと。この後、あけぼのに乗って帰る予定だったので、それまでに一風呂浴びてこようと思い訪ねた次第でしたが、観音様の像が建物の屋根に鎮座する「アップルランド」という日帰り施設に到着。入浴料350円を支払い浴場へとやってきました。温泉施設はごく普通といったところでしたが、この手の施設にありがちな塩素臭がなく、泉質はなかなかよさそう。

南田温泉アップルランド'13.6.8
南田温泉で旅の疲れを癒すspa

 旅の汗を流し、再び来た道を歩きながら平賀駅へ。地方私鉄には些か大振りな駅舎に圧倒されましたが、窓口で硬券の入場券を1枚買ってから、16時6分発の弘前行きに乗り込みました。ちなみに全国鉄道むすめ巡りの限定グッズは3月の東京国際アニメフェアの会場で入手済みだったこともあり、今回はパス。16時21分、終点の弘前に戻ってきました。

平賀駅舎'13.6.8
平賀駅は農協と併設

青森鉄道むすめポスター@7000系車内’13.6.8
7000系の車内には鉄道むすめのポスターもheart04

 この後、青森へ戻るべく16時42分発の普通列車に乗り込むことに。リゾートしらかみの広告が目立つ弘前駅の構内を歩いていたら、ちょうど弘前到着時に秋田方面からやってきた”RED THUNDER”ことEF 510形牽引の貨物列車が停車していました。今回の旅で2度目の対面となったRED THUNDERですが、日本海側ではお馴染みのカマですね(つづく)。

リゾートしらかみミニ車両@弘前'13.6.8
リゾートしらかみのミニ車両がお見送りhappy01

EF510-8@弘前'13.6.8
この旅2度目の対面となったRED THUNDER

|

« mattoh通信(4/28)~春のあけぼの | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その10~旅の終わりはあけぼので »

きっぷ・硬券」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道むすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/57779851

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その9~弘南鉄道に乗る:

« mattoh通信(4/28)~春のあけぼの | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り 函館・弘前編 その10~旅の終わりはあけぼので »