« mattoh通信(5/25)~双頭連結器 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~三峰口編 »

2013.08.24

【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~往路編

 今年度末での引退が伝えられている秩父鉄道1000系ですが、その1000系を使用したツアー列車が今月の17日と31日の2日間運転されることになり、これはぜひとも参加したいところ。そこで、募集開始日に合わせて早速申し込みをすることにしましたが、2日間あるうちの17日のツアーに参加してまいりました。

 8時ちょっと過ぎ、熊谷に到着。エキナカのコンビニで飲み物などを調達した後、ツアーの受付を済ませました。一方、窓口に目をやると、この日から発売された1000系の記念入場券の案内があり早速手に入れることに。スカイブルー1001Fとオレンジ1003Fの台紙が付いたものでしたが、今月24日に開催されるのだめサマークラシックの記念入場券も一緒に入手いたしました。

秩父1000系記念入場券
熊谷駅で手に入れた1000系とのだめサマークラシックの記念入場券

 これで準備万端となり、改札を抜けてホームに下りることに。すでに構内にはツアーに使用される1000系がスタンバイしており、先頭三峰口側にはスカイブルー1001Fが、そして後方羽生側にはオレンジ1003Fが連結され、堂々6両編成となっていました。普段は3両編成でのんびりと行き来している1000系ですが、もちろんこうした格好での運転は始めてで、まさにツアーならではといったところでしょうね。

秩父1000系@熊谷'13.8.17‐1
スカイブルーとオレンジが連結され、堂々6両編成となってスタンバイ中の様子

 徐々に参加者がホームに降りてきてにわかに賑やかになりつつある中、側線に止まっていた1000系がゆっくりと動き出し、三峰口寄りに向かった後引き返してきてホームへと入線してまいりました。到着後、割り当てられた車両に乗り込みますが、割り当てられたのが非冷房の2号車。この日は朝から気温が上がり、汗がにじみ出るような陽気でしたが、今時冷房装備のない車両に乗ると言うのも貴重な体験と言えるかも。

扇風機@1000系'13.8.17
エアコンがない車内ではこれが必需品coldsweats01

 こうして9時24分、ツアー列車は熊谷を発車。正直我慢大会になるんじゃないかと危惧していたものの、動き出してしまえば窓から入ってくる風で十分凌げるほどで、走行中のモーター音を楽しみながら次の停車駅、寄居に到着しました。ここで9分ほど停車時間があり、参加者の多くが列車から降りて撮影などに興じておりましたが、如何せん時間がなく、東武8000系との並びを撮影した程度でした。

秩父1000系&東武8000系@寄居'13.8.17
寄居で実現した東武8000系とのツーショット

 寄居を発車後、徐々に山の中へと進み、次の停車駅である長瀞に到着。ここも9分ほど停車時間があり、駅舎のあるホームへと通じる踏切付近ではちょっとした撮影会と化しておりました。やはり普段は見ることが出来ないスカイブルーとオレンジを連結した列車とあって、多くの参加者の注目を浴びていましたが、それもあっという間に時間が過ぎ、発車1分前に踏切の警報機が鳴ったところで列車へと戻ることに。

長瀞駅構内'13.8.17
この日は注目の的だったスカイブルー1001F

 この後、ツアー列車は上長瀞の先にかかる荒川橋梁を渡り武州原谷駅へ。貨物駅とあって普段は旅客列車の停車しない駅ですが、今回特別に停車と相成りました。こうしたあたりもツアー列車ならではですが、武州原谷駅というと地元での朝練ではあけぼのの前に通過する石炭空返列車5764レを思い出しますね。この日も熊谷へ向かう前、地元でお迎えしてきました。

武州原谷駅構内@ツアー列車車内'13.8.17
普段は立ち入ることが出来ない武州原谷駅の様子を見ることができましたhappy01

 こうして列車は10時半過ぎに秩父に到着。ここでは30分ほど停車時間があり、その間は駅に併設されたみやげ物店で買い物しながら過ごすことに。何度か足を運んだことのあるところでしたが、店内はツアー客ばかりでなくそれ以外の客もいて賑わっており、ゆっくり品定めをするにはちょっと厳しいところでしたね。そんな中、アニメ「あの花」のキャラクターがデザインされたサイダーを入手して列車に乗り込むことに。

 あっという間に30分が過ぎ、ツアー列車はゆっくりと秩父を出発。ここでランチ用の弁当が配られましたが、終点三峰口では到着後すぐ撮影会へと進むため、少し早めながら車内で済ませることに。得てしてありきたりのものしか並ばない幕の内弁当が多い中、秩父の名産であるしゃくし菜や味噌ポテトが入っていた辺り、ちょっとはポイントが高くなりましたねwink

記念弁当包装紙'13.8.17

記念弁当中身'13.8.17
(2枚とも)ツアー参加者に配られた弁当の中身

 こうしてツアー列車は終点の三峰口に到着。この後は2本の1000系を並べた撮影会へと進みます(つづく)。

|

« mattoh通信(5/25)~双頭連結器 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~三峰口編 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

質問
途中どこかで
列車に抜かれましたか?

投稿: 鉄道自称マニア | 2013.08.30 14:55

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 秩父鉄道の時刻表を見ると、秩父駅での停車中に後続の普通列車と急行列車の2本を待避することが確認できます。当日はあいにくこのときホーム上にはおらず、駅に併設されたみやげ物屋で買い物をしておりました。それでは。

投稿: mattoh | 2013.08.30 19:58

返信ありがとうございます。
それでは後続の急行に乗って熊谷を出ます!。
わざわざ回答ありがとうございました!。

投稿: 鉄道自称マニア | 2013.08.30 20:56

昨日いって参りました!
是非見てください!

urlに書きましたので多分見れる……
part8までありますw

投稿: 鉄道自称マニア | 2013.09.01 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58056820

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~往路編:

« mattoh通信(5/25)~双頭連結器 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~三峰口編 »