« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 | トップページ | mattoh通信(5/27)~E2系&E3系 »

2013.08.26

【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~雪くまを食す

 秩父鉄道1000系貸切ツアーは無事に終了しましたが、ここからはおまけとなります。時刻は15時を過ぎた頃で、さすがに帰るにはまだ早い時間。普段はパレオを撮影したりして熊谷に戻ってくるのは16時半近くなので、どこか寄り道しようと思いあれこれ考えた結果、熊谷名物の雪くまを食べることにしました。何分冷房のない車両で過ごしてきたので、冷たいものを食べて暑さを吹き飛ばそうと思い立った次第。

 さっそく東口にある観光案内所へ向かい雪くまに関する資料を探してみると、市内の雪くまを扱っている店舗が載った地図があったので頂くことに。それによれば、駅ビルの中にもお店があるとのことで、まだまだ気温が高い熊谷の町を歩き回るのはしんどいこともあり、今回は近場で済ませることにしました。

 エアコンが効いた駅ビルに入り、エスカレーターを上がっていくと、どこかで見たことがある光景が飛び込んできましたが、鳥めしを食べに何度か足を運んだことのある登利平の前でした。その隣に今回目指す「珈水亭」があり、さっそく中へ。4種類ありましたが、おすすめというコーヒー味の雪くまをチョイスしました。6年前に一度食べて以来となりましたが、暑いこの季節にはカキ氷が一番ですねhappy01

雪くま@珈水亭'13.8.17
熊谷名物雪くまを食べて暑さを吹き飛ばしてきましたwink

 こうして食べ終わったものの、時刻は16時前とまだ帰るには早い時間でした。そこで再び猛暑の中、高崎線の線路を行田方面に沿って歩くことに。16時半近くに安中貨物が来るので、そちらを撮影して帰ってまいりました。

EH500-64@熊谷'13.8.17
この日の安中貨物は熊谷でお迎え

|

« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 | トップページ | mattoh通信(5/27)~E2系&E3系 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58070355

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~雪くまを食す:

« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 | トップページ | mattoh通信(5/27)~E2系&E3系 »