« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~往路編 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 »

2013.08.25

【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~三峰口編

 1000系貸切ツアーの続き。三峰口到着後は撮影会が行われるため、係員の誘導で反対側に広がる鉄道公園へとやってきました。ここでしばらく待機することに。構内に目を向けると、ここまで乗ってきた貸切列車の後方に繋がれていた1003Fが切り離されて構内を移動。スカイブルー1001Fの隣に並びました。これで準備が整い、係員の誘導で構内へ。撮影会がスタートしました。

秩父1000系&西武4000系@三峰口'13.8.17
ヘッドマークを付けて撮影会がスタートhappy01

 先頭にはこの撮影会のために用意されたヘッドマークが掲示されましたが、本音からすれば本線上でこれが見たかったところでしょうか?当初撮影会場は雑然としていたものの、展示車両が少ないせいか持ち時間20分でも十分楽しむことが出来、総じて落ち着いて撮影することができました。

 この後は13時半の出発までフリータイム。ちょうどその前にパレオがやってくるので、駅近くの踏切付近で待機することにしました。山の中とはいえ汗ばむ陽気の中でしたが、定期列車の来ない時間にもかかわらず踏切の警報機が鳴り始めたので何がくるのかと待っていたら、先程まで撮影会で注目の的だったスカイブルー1001Fが入れ換え作業のため接近。帰りはこちらが羽生寄りに連結されることになります。

秩父1000系@三峰口'13.8.17-1
撮影会を終え、入換作業のため近づいてきたスカイブルー1001F

 1001Fが駅構内へと戻っていった後、遠くの方で汽笛の音が聞こえてきました。やってくるまではまだ時間がありましたが、やがてその主が煙を上げて姿を現すと、ドラフト音を上げながら自分の脇を通過。普段だったらこちらの方が注目の的となるところですが、この日ばかりは1000系の方に主役の座を奪われてしまった様子でありましたcoldsweats01

秩父C58363@三峰口'13.8.17
この日ばかりは1000系にお株を取られた感がありましたねcoldsweats01>パレオ

 こうして駅へと戻ってきましたが、改札時間までまだ時間があったので、休憩車両として開放していた7500系の車内でしばし過ごすことに。エアコンが効いた車内はそれまで炎天下の中を過ごしていた身にとっては天国でしたが、それもつかの間。13時15分には改札が始まることから、すぐに列車から離れて駅へと向かいました(つづく)。

|

« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~往路編 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

偶然同じ列車の5号車に乗車していました。
三峰口駅では、あまり動かなかったのですが、パレオ到着も確認しました。
行動パターンも同一ですね。
尚、三峰口の記念入場券は、そこそこ余っていたことと、改札脇に急きょグッズ販売がありました。
5月の広瀬川原公開で買い足したかったノートを追加していましたが、最後ということでした。
またどこかのイベントでお会いできれば、ご挨拶させてください。

投稿: 横山 正典 | 2013.08.25 18:36

 こんにちは。コメントありがとうございます。ツアーに参加されていたとのことで当日はお疲れ様でした。

 今になって気がつきましたが、三峰口駅でも1000系の記念入場券が発売されていたとのことで、現地ではあまりの暑さのせいかすっかり頭が回りませんでした。デザインも異なるとのことで欲しかったところでしたが、こちらは別の機会に手に入れたいと思います。

投稿: mattoh | 2013.08.26 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58059529

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~三峰口編:

« 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~往路編 | トップページ | 【8/17】さよなら国電リバイバル1000系貸切りツアー参加顛末記~復路編 »