« 【8/24】東京総合車両センター夏休みフェア訪問 | トップページ | 【8/25】第4回栗橋みなみ夏祭りを訪ねる »

2013.08.31

【8/24】久々の江ノ電

 先週土曜日の続き。大井町から南行の京浜東北線に乗り込んだものの、大森で抑止を食らってしまいました。何でもこの先、蒲田との間で障害物が入り込んだとのことで、除去するためしばらく停車するとのことでしたが、特に急ぎではなかったものの、大井町から東急に乗って回った方がよかったんじゃないかとも思ってしまいました。結局10分ほどで動き出し、川崎から東海道本線の列車に乗り換えて大船へ。

 改札を出た後、券売機で鎌倉・江ノ島パスを入手。以前あった江ノ島・鎌倉フリーきっぷに変わって登場したきっぷですが、フリー区間のみのきっぷとなってしまった上、フリー区間でしか買うことが出来なくなってしまいました。もっとも代替となるきっぷがいろいろ出ているので、大きな影響というのはありませんが、国鉄時代から長らく親しまれたきっぷが大きく変化したことになります。

鎌倉・江ノ島パス'13.8.24
フリー区間のみとなった鎌倉・江ノ島パスを始めて使用することに

 きっぷを手に入れて準備万端。改札を抜けると、改札の上の行先表示機に13時6分発特急リゾート踊り子号の案内が出ていたのでお迎えすることに。上野から乗った京浜東北線の車内で、田町の車両基地に止まっていた伊豆急のアルファリゾート21の姿を目にしましたが、定刻よりも少し遅れて到着。東海道本線内で目にすると新鮮味がありますね。

特急リゾート踊り子@大船'13.8.24
伊豆急アルファリゾート21を使用した特急リゾート踊り子号と対面

 リゾート踊り子号を退避していた13時8分発熱海行きに乗り込み、次の藤沢で下車。ホーム上にある80系を模した売店を確認した後、改札を抜けて江ノ電の乗り場へとやってきました。すると、ちょうど目の前でサンライン号が発車。8月一杯でサンライン号としての塗装での運行が終了するとのことで、今回やってきた次第でしたが、とりあえずは後続の列車で出発することにします。

江ノ電1100形@藤沢'13.8.24
江ノ電に乗り込み、鎌倉を出発!

 江ノ電沿線に足を運ぶのは2年ぶり。案外行く機会がなく、年末近くに行われるイベントもここんとこご無沙汰ですが、元々混んでいるイメージがあった江ノ電はこの日も地元客や観光客、それに海水浴客で混んでいました。やはり何といっても観光路線ですから混んでいるのは当然と言えばそうなりますが、まずは江ノ島で途中下車。一緒に多くの乗客が降りてきました。

水着禁止看板@江ノ島'13.8.24
江ノ島駅改札口にあった注意看板。海辺を走る路線ならではの注意書きですねcoldsweats01

 腰越方面へと歩き、併用軌道へと入る交差点で待機することに。ここで鎌倉からやってくるサンライン号を待ちます。江ノ電きっての名所ですが、併用軌道とあって往来には行き交う車があり、それらを気にしながらの撮影は他とは違ったスリルがありますね(~o~)。そんな中、鎌倉から戻ってきたサンライン号と対面。先頭には「さよなら」と記されたヘッドマークが貼り付けられていました。

江ノ電1500形@江ノ島'13.8.24
今月一杯で運行が終了するサンライン号

 この後は江ノ島へ戻らず、併用軌道に沿って腰越駅方面へと向かって歩くことに。ここは江ノ電で随一の名所でもありますが、通りには海沿いの町とあって魚屋さんも点在し、店先には干物を干しているところもありました。このあたりはなかなかの風情もあって、ずっといても飽きないところ。しかし、ここで長居もできず、鎌倉方面からやってきた列車を1本撮影し、そのまま腰越駅へと向かいました。

江ノ電1500形@腰越'13.8.24
併用軌道区間を走る江ノ電

 腰越から列車に乗り込み、次の鎌倉高校前で下車。後続でサンライン号がやってくるので、近くの踏切でしばし待つことにしましたが、この踏切もいろいろと写真などで紹介されているところで、時よりサーフボードを抱えたサーファーが行き交うなど、沼南の海岸らしいところですね。そんな中、サンライン号があっという間に通過。隣の七里ヶ浜駅まで海岸に沿って歩きます。

江ノ電1500形@鎌倉高校前'13.8.24‐1
海をバックに・・・

 この後、鎌倉方面から戻ってくるサンライン号を撮影しますが、どこで撮影しようかあれこれ考えていたところ、途中の峰ヶ原信号場が思いつきました。この日は旧型の300形も運用に就いており、しかも藤沢寄りに連結されていましたが、ここまで行き交う列車をいろいろと観察していたところ、ここで両者が交換する可能性があることが判明。しばし待つことに。

 まずは鎌倉方面からサンライン号が接近。到着後、しばらくして藤沢方面から300形を連結した列車がやってきて、見事両者が並びました。当日の運用を見ての判断でしたが、江ノ電の車両の中でネタになる2つの車両の並びを見ることが出来たのは幸いと言えるかもしれませんねhappy01

江ノ電300形&1500形@鎌倉高校前'13.8.24
峰ヶ原信号場で300形と並ぶサンライン号

 最後はサンライン号に乗りたいと思い、七里ヶ浜から後続の列車に乗って極楽寺へ。サンライン号が戻ってくるまで時間があったので、極楽寺駅周辺をブラブラした後乗り込みましたが、車内は特別に施されたものがあるというわけではなく、たまたま空いていた空席に座って鎌倉に到着しました。列車から吐き出された多くの乗客に混じり自分も下車。こうして江ノ電の旅は終了となりました。

さよならサンライン号貼紙@極楽寺'13.8.24
極楽寺で見かけた手作りの貼紙

 今回は午後からの散策とあってあまり時間をかけて回るというのが出来ませんでしたが、江ノ電沿線はいつ行っても飽きないところなので、1日かけて時間を気にせずに回りたいですね。この後は横須賀線に乗り換えて大船へ。フリーきっぷはここまでなので、一旦改札を出てSuicaで入り直した後、17時前の湘南新宿ラインで帰ってきました。

|

« 【8/24】東京総合車両センター夏休みフェア訪問 | トップページ | 【8/25】第4回栗橋みなみ夏祭りを訪ねる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58101332

この記事へのトラックバック一覧です: 【8/24】久々の江ノ電:

« 【8/24】東京総合車両センター夏休みフェア訪問 | トップページ | 【8/25】第4回栗橋みなみ夏祭りを訪ねる »