« 信楽高原鉄道の思い出 | トップページ | 【11/10】栃木・群馬日帰り旅その3~頑張るぐんまの中小私鉄フェア2013訪問 »

2013.11.23

【11/10】栃木・群馬日帰り旅その2~国鉄型と古豪デハ101号に乗る

 北関東日帰り旅の続き。栃木到着後はそのまま両毛線へと乗り換えますが、臨時快速が遅れていたこともあって、乗り換え時間がわずかとなってしまいました。しかも栃木ではこの後使用するぐんまワンデーパスSPを入手する予定で、最悪1本やり過ごすことも考えたところ。改札を抜け、JRの乗り場へと向かい手際よく指定席券売機を操作し、無事にきっぷを入手した後、ホームへと上がりました。

 ちょうど高崎行きが入ってきたところで、すぐに乗り込むと発車。やってきたのは国鉄型の115系で、ここ両毛線のみならず上越線や吾妻線、果ては両毛線を経て宇都宮まで足を伸ばすこともあって、なかなかの働き者ですね。今のところ置き換えの発表もないので、当面今の姿を目にすることができそうですが、かつては高崎線や宇都宮線でも活躍した車両だけに思い入れがありますね。

クモハ115-1028@佐野'13.11.10
国鉄型115系に揺られ、一路桐生へ

 そんな115系に揺られ、桐生には11時前に到着。改札を抜け、そのまま上毛電鉄の西桐生駅へとやってまいりました。ちょうど古豪デハ101号が出発した直後で、この後の11時16分発中央前橋行きで出発することに。ホームには開業85周年のヘッドマークを付けた元京王井の頭線の車両が入線しており、こちらに乗り込んで西桐生を後にしました。

上毛717@西桐生'13.11.10
開業85周年を迎えた上毛電鉄

 この先、中央前橋の手前で大胡へと向かうデハ101号と交換するので、降りて乗り換えることに。どこで待ち受けるかあれこれ考えたものの、とくにこれというところはなく、結局大胡の一つ先の江木で待つことにしましたが、久しぶりに駅前に降り立つと、近くにあった集合住宅が取り壊されていて、広いロータリーに様変わりしていたのにはちょっと驚きでした。

江木駅舎'13.11.10
駅前が整理され、きれいになった江木駅

 そんな中、ホームでしばし待っていると、それまでどんよりと厚い雲に覆われていた空から太陽の光が差し込んできて、晴れ間が出てまいりました。そんな中、中央前橋からやってきたデハ101号の姿が見え、江木に到着。車内に入ると、今回も多くの乗客で賑わっていてなかなかの盛況ぶりでした。

上毛デハ101号@江木'13.11.10
古豪・デハ101号が到着

 こうして釣りかけサウンドを聞きながら、お隣大胡に到着。そのままイベント会場へと向かいました(つづく)。

|

« 信楽高原鉄道の思い出 | トップページ | 【11/10】栃木・群馬日帰り旅その3~頑張るぐんまの中小私鉄フェア2013訪問 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58630507

この記事へのトラックバック一覧です: 【11/10】栃木・群馬日帰り旅その2~国鉄型と古豪デハ101号に乗る:

« 信楽高原鉄道の思い出 | トップページ | 【11/10】栃木・群馬日帰り旅その3~頑張るぐんまの中小私鉄フェア2013訪問 »