« 市場の洋食屋が宮原駅前にオープン | トップページ | 来年度の運行再開を目指す~信楽高原鉄道 »

2013.12.05

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その1~三島までの道のり

 先月23日は久しぶりに西へと向かうことに。朝6時前に地元を出発し、湘南新宿ラインで小田原までやってきました。この日利用したのは、休日おでかけパス。ここ小田原からはフリー区間外となるため、一旦改札を出てから手持ちのSuicaで入り直しとなりましたが、熱海行きの列車を待っていると、隣の大雄山線の乗り場には富士山をかたちどったヘッドマーク付きの列車が大雄山に向けて出発しました。

伊豆箱根5000系@小田原'13.11.23
富士山をあしらったヘッドマークつき大雄山線の列車を小田原で目撃

 この日向かう伊豆箱根鉄道の駿豆線もそうですが、ここ大雄山線も沿線から富士山を見ることが出来るところ。今年は世界遺産登録という記念すべき年となり、いろいろと話題になった富士山ですが、周辺を走る鉄道各社もさぞかし忙しかったことと思います。

 この後、熱海行きに揺られて真鶴に到着。ここで途中下車することにしました。実は小田原から三島までだと、ここで降りてきっぷを買い直した方が安くなるんですが、特にあてはなく、駅周辺をブラブラしていたら、駅前に豆相人車鉄道の記念碑があるのを発見。東海道本線が開通する前、小田原と熱海との間を結んだ人力による鉄道ですが、記念碑によれば、この付近には「城口」という駅があったのこと。

豆相人車鉄道説明板@真鶴'13.11.23
真鶴駅前に鎮座する豆相人車鉄道の説明板

 この後、熱海で乗り換えてJR東海エリアへと進み、伊豆箱根鉄道の乗換駅である三島へとやってまいりました(つづく)。

|

« 市場の洋食屋が宮原駅前にオープン | トップページ | 来年度の運行再開を目指す~信楽高原鉄道 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58703458

この記事へのトラックバック一覧です: 【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その1~三島までの道のり:

« 市場の洋食屋が宮原駅前にオープン | トップページ | 来年度の運行再開を目指す~信楽高原鉄道 »