« 【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その5~三島の町と横浜行きの東海道本線 | トップページ | 上野東京ライン »

2013.12.09

【11/24】地元鉄&鉄博訪問

 11月最後の日曜日は地元でのんびり過ごしておりましたが、夕方は安中貨物狙いで地元”鉄”。晩秋のこの時期は日も短くなり、15時半を過ぎると太陽もだいぶ西に傾いてきますが、安中貨物が通過する16時過ぎ頃までならかろうじて横から太陽光線が差し込んでくれるので、何とか撮影できます。ちなみにこの日の安中貨物は金太郎の38号機が担当でした。

EH500-38@宮原'13.11.24
夕方の地元”鉄”は安中貨物

 そのまま日進駅脇の駐輪場へ向かい、コミュニティサイクルをレンタル。15分ほど掛かって鉄道博物館へやってきました。さいたま市のコミュニティサイクルも今年5月のスタートから設置場所が徐々に増えてきましたが、鉄道博物館駅近くにも設置場所が置かれ、鉄博訪問にも利用したいところ。鉄博近くだとニューシャトルの駅のすぐ隣に設置場所がありましたが、初めてだとちょっとわかりづらいところかも・・・coldsweats01

 さっそく館内へ。今回は事前にビューカードのポイントを鉄博の入館券に引き換えてきましたが、受付で入館券を見せたところ、記念品としてハードカバーのオリジナルノートを頂いてきました。こちらはミュージアムショップでも売っているそうですが、ポイントで入館できた上にお土産付きとはなかなかおいしいですねhappy01

鉄博オリジナルノート
記念にゲットした、ハードカバーのオリジナルノート

 まずは2階のスペシャルギャラリーへ。10月から始まった「越境のドラマ」と題した企画展を見学します。碓氷峠や上越線の清水トンネルに代表される峠越えの建設の歴史が紹介されていましたが、国土の半分以上を山で閉める日本の現状を考えると、いかに峠越えが難所であったかが伺えます。特に碓氷峠は早い時期から当時の最先端技術が投入されるなど、国家事業として重要視されていたかが伺えますね。

越境のドラマ企画展看板@鉄道博物館'13.11.24
今回の目的は、企画展「越境のドラマ」の見学

 そんな企画展の展示の中に、187系特急型車両の設計図があり、一番気になったところ。図面は国鉄末期の1985年に設計され、計画ではオールM車による編成とのことでしたが、わずか12年後には横軽が廃止されてしまうことを考えると、仮に実現したとしても果たしてその後の行く末がどうなっていたのか興味がありますね。

 そんな峠越えですが、やはり自分にとっては碓氷峠が忘れられないところですね。1997年9月の廃止から今年で早16年、18きっぷなどで何度も行き来していた区間とあって、もう16年も経ったんだなぁと時の流れ感じさせる次第でしたが、横川駅での釜めしのホーム売りや”峠のシェルパ”と呼ばれたEF63による補助機を連結しての運転など、決して忘れることが出来ませんね。

EF63-8@軽井沢'92.1
横川から峠を越え、機関車を切り離すところ

 この後はいつもの通り、館内を一回り。日も暮れた17時近くからはパークゾーンのイルミネーションが光り始め、真っ暗になった鉄博周辺も明るく光り輝いていました。

イルミネーション@鉄道博物館'13.11.24
今年もパークゾーンにイルミネーションが灯りました

|

« 【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その5~三島の町と横浜行きの東海道本線 | トップページ | 上野東京ライン »

さいたま市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58728264

この記事へのトラックバック一覧です: 【11/24】地元鉄&鉄博訪問:

« 【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その5~三島の町と横浜行きの東海道本線 | トップページ | 上野東京ライン »