« 【12/15】冬の江ノ電訪問その1~久々のタンコロまつり | トップページ | 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 »

2013.12.29

【12/15】冬の江ノ電訪問その2~極楽寺から江ノ島へ

 冬の江ノ電訪問の続き。タンコロまつりの会場を出発し、この後はフリーきっぷを生かして江ノ電沿線を乗り歩くことにしますが、その前に鎌倉寄りにあるトンネルにご挨拶してきました。極楽寺駅は小高い山の合間にある駅で、鎌倉寄りには極楽洞と呼ばれるトンネルがありますが、江ノ電唯一のトンネルで、すぐ側にかかる桜橋から見ることが出来ます。

江ノ電2000形@極楽寺'13.12.15
江ノ電唯一のトンネル、極楽洞を列車が行く

 藤沢行きの列車に乗り込み、極楽寺を出発。2つ先の七里ヶ浜で途中下車することにします。まずは近くの海岸へと向かいますが、波打ち際から江ノ島方面に目をやると、相模湾に浮かぶ富士山が見えました。この日は好天に恵まれ、富士山の姿を見るには絶好の日でありましたが、朝方乗ってきた小田急の車内からも富士山の様子を見ることができ、冬到来といったところですね。

富士山@七里ヶ浜'13.12.15
七里ヶ浜の海岸から富士山を望む

 一旦七里ヶ浜駅まで戻った後、線路に沿って隣の鎌倉高校前駅まで歩いて移動することに。8月のサンライン号引退の時は鎌倉高校前駅からここまで歩いてきたので、その時とは逆コースになりますが、列車が来る度に立ち止まって撮影タイムとなりました。この間、前方に浮かぶ富士山を見ることが出来ますが、なかなか思うように撮れないもんで、こうしてみるとなかなか奥深い路線であります>江ノ電。

江ノ電1000形@七里ヶ浜'13.12.15

江ノ電10形&1000形@七里ヶ浜'13.12.15

鎌倉高校前1号踏切'13.12.15
(3枚とも)七里ヶ浜から鎌倉高校前までのんびり沿線歩き

 鎌倉高校前駅のすぐ近くの踏切を抜け、ここから再び藤沢行きの列車に乗車。次の腰越で下車します。この駅はホームが短く、鎌倉寄りの車両はドアの扱いをしないことから、ここで下車する時は前方の車両へ乗り込むことになり注意が必要ですね。まずは駅近くにある満福寺にご挨拶。境内のすぐ前に江ノ電の踏切があり、その合間を縫うように走る列車の様子はまさに江ノ電らしい光景といったところでしょうか。

江ノ電500形@腰越'13.12.15
腰越駅近くの満福寺の前を江ノ電が行く

 時刻はちょうど昼時。そろそろ腹も減ってきたので、この付近でランチタイムとします。探していたら、駅近くに江ノ島名物のしらすが食べられる店があったので入ることに。メジナの刺身が入った3色丼というのがあったので、そちらを頂いてきましたが、メジナといえば磯釣りの定番のイメージがあり、普段なかなか食べられない魚ですね。さすが海に近いところとあって、いろんな種類の魚が味わえるのは楽しいところです。

しらす3色丼'13.12.15
この日のランチは名物のしらす丼

 充分腹も満たされたところで、この後は腹ごなしも兼ね、次の江ノ島駅までのんびり歩くことに。もちろん江ノ電有数の名所である併用軌道区間を歩いてきましたが、すぐ目の前を江ノ電の大きな車体が近づいてくるので、圧倒されてしまいますねcoldsweats01

江ノ電20形@腰越'13.12.15
江ノ電有数の名所、併用軌道を歩く

 こうしてのんびりと歩きながら江ノ島駅近くまで到着。この後も引き続き、江ノ電沿線をのんびり散策してまいりましたが、少し長くなってきましたので、ここで一旦切ることにいたします(つづく)。

|

« 【12/15】冬の江ノ電訪問その1~久々のタンコロまつり | トップページ | 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58840410

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/15】冬の江ノ電訪問その2~極楽寺から江ノ島へ:

« 【12/15】冬の江ノ電訪問その1~久々のタンコロまつり | トップページ | 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 »