« コナン駅 | トップページ | 東武アーバンパークライン »

2013.12.17

【12/4】めっきり見なくなった、川越線の205系

 12月4日。仕事が一段落したことや今月後半まで休みが取れないこともあり、午後から休みを入れることにしました。とは言え、特にあてがある訳ではなく、あれこれ考えたものの特にネタもないことから、近場をブラブラすることに。結局、川越線に乗って南古谷へやってきました。まずは駅から歩いて15分ほどのところにある川越今泉郵便局で風景印を入手。近場で未収集の所が少ないので、ある意味貴重でしたね。

川越今泉局風景印'13.12.4
川越今泉郵便局の風景印。郵便局の建物がデザインされています。

 再び駅近くまで戻り、車両センターのある方へ。荒川寄りに広がる田園地帯で、行き交う川越線の列車を撮影してきました。今年になってから行く機会が多くなったエリアですが、夏頃に来たときと比べて明らかにわかるのは、E233系が増えたことでしょうかね?デビューした7月頃はなかなか出会う機会が少なかったんですが、その後続々入線し、着々と置き換えが進んでおります。

E233系@南古谷'13.12.4
続々入線するE233系

 一方で205系の数は明らかに少なくなり、車両センターに止まっている車両でも数が少なくなっていることが見て取れましたが、そんな中、15時を過ぎた頃に指扇方面から205系がやってきました。動いている205系を目にしたのはこの日これが初めて。来年春にはE233系への置き換えが完了する予定とのことなので、この路線で目にするのも残りわずかですね。

205系@南古谷'13.12.4
西日を浴びてやってきた205系

 思えば、川越線電化と埼京線開業直後に山手線から転属してきた103系を置き換えたのがこの205系でしたが、それらよりもはるかに長い20年以上も川越線や埼京線を走り続けたことになるわけで、103系よりもむしろ205系のイメージの方が強くなりました。

 この後、日も傾き始めたあたりで撤収。戻る途中、川越から折り返してきた205系を見送り、南古谷駅を後にいたしました。

川越車両センター'13.12.4
夕暮れの車両基地

<おまけ>
 1990年当時に武蔵浦和駅で撮影した205系を紹介します。反対側には103系の姿があり、置き換えが行われていたあたりと思われます。

クハ205-90@武蔵浦和'90.1.3
在りし日の埼京線205系。バックに103系の姿が・・・。

|

« コナン駅 | トップページ | 東武アーバンパークライン »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58773135

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/4】めっきり見なくなった、川越線の205系:

« コナン駅 | トップページ | 東武アーバンパークライン »