« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.31

【12/31】地元鉄~1年間ありがとうございました

 2013年も今日が最後となりましたが、家の掃除などもあって地元で過ごしておりました。こちらは午前中には済ませ、午後からは今年最後の地元鉄をすることに。去年と同じく水上号が走っているとのことで狙ってみましたが、今年は田町色のOM03編成が入りました。これまでも書いた通り、今年春まで湘南色として活躍してきた編成ですが、今年は185系が大きく動いた年。来年更に動きがあるので、気になるところ。

特急水上91号@宮原'13.12.31
年末運転の臨時特急水上91号

 そして夕方ですが、去年と同様に安中貨物を狙ってまいりました。こちらも機関車がEF510から”金太郎”ことEH500へ変更になり、動きのあった年となりましたが、これまで東北線で走っている姿を見る程度だっただけに、一気に馴染み深くなりましたね。重量感溢れるカマはEF81やEF510とは違った魅力を感じます。

EH500-53@宮原'13.12.31
2013年も締めは安中貨物でしたwink

 以上、本年の活動はこれでおしまいとなりましたが、年末に出かけたときの報告が年内に出来なかったので、こちらは年明け早々には報告したいと思います。一方、今年は去年に続いて全国鉄道むすめ巡りの方に奔走したり、7月に3年ぶりとなる海外脱出もあったりと、それなりに充実した1年だったと思います。それ以上に平穏に生活できたことが何よりでして、これが来年も引き続きこうであればと願っております。

 以上、来年も引き続きよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.30

【12/15】冬の江ノ電訪問その4~江の島・鎌倉フリーパス途中下車顛末記

 冬の江ノ電訪問記、前回の記事で一通り報告は終了となりますが、一つだけ書いておきたいことがあります。それは、今回使用した江の島・鎌倉フリーパスについてですが、小田急の公式サイト内にある「おとくなきっぷのご案内」の江の島・鎌倉フリーパスのページを見ると、こう書かれています。

※発駅~藤沢駅間の小田急線のご乗車は往復1回に限ります。(ただし途中下車の制限はありません。)

 これを見る限り、発駅からフリー区間の入口である藤沢までは後戻りできないものの、途中下車することについては制限がない、つまり途中下車可能と読み取ることができます。事実、数年前に同じ江の島・鎌倉フリーパスを使って途中下車したことがあり、今回も藤沢までの道中にいくつかの駅で途中下車をしようと考えておりました。

 さっそくとある駅で途中下車するべく有人改札へ。当初、そのままどうぞとのことで、すんなり行くかと思いきや、きっぷはここで回収する旨伝えられました。もちろんそれでは困るので、引き続き乗る旨伝えたところ、的を得ない表情で、運用が変わったのかと聞いてみてもなしのつぶて。奥にいた別の社員も、江の島・鎌倉フリーパスのパンフレットに途中下車についての記載がないことを理由に同様の対応となりました。

 挙句の果てに、今回特別に途中下車を認めますという旨伝えられましたが、さすがにそこまでして降りる気もなく結局断念。その場を離れ、そのまま藤沢へと直行と相成りました。

 今回下車しようとした駅は特急が停車しない駅だったので、これが町田や相模大野といった特急停車駅だとどうだったのかが気になるところ。帰宅後、改めてフリーパスの途中下車について調べてみましたが、出来なくなったような記事など見当たらず、今回の対応については何とも不可解なところです。ICカードが幅を利かせる中、複雑なきっぷのルールを熟知した社員が少なくなりつつあることも理由の一つかもしれませんね。

江の島・鎌倉フリーパス'13.12.15
今回利用した、「江の島・鎌倉フリーパス」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.29

【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策

 冬の江ノ島訪問の続き。一旦江ノ電沿線を離れ、湘南モノレールの湘南江の島駅の真下へやってきました。1本見送った後、大船からしょもたんのイラストがデザインされたラッピングモノレールが到着。しょもたんは湘南モノレールのキャラクターで、ラッピングモノレールはこの日が運行初日でしたが、湘南モノレールも久しく乗っていないですねぇcoldsweats01

湘南モノレール5000系@湘南江の島'13.12.15
この日から運行開始されたしょもたんのモノレール(ヘッドマークが光ってしまいましたbearing

 この後、再び江ノ電沿線へ。龍口寺前の交差点でしばらく待っていたら、リニューアル更新された1500形1501Fがやってきました。午前中から走っている姿をあちこちで目にしていましたが、サンライン号の運転終了後、塗装変更はもちろん、シングルアームパンタグラフを装備して一新されました。また、行先表示機にはクリスマスツリーのイラストも表示。こちらはクリスマスシーズンらしい演出ですねxmas

江ノ電1000形@江ノ島'13.12.15
リニューアルされた1501F。行先表示機に表示されたイラストがクリスマスらしいですねxmas

 さて、まだ帰るには早い時間だったので、ここで江ノ電沿線を離れ、江ノ島へと向かいます。江ノ電沿線で有数の観光名所の一つで、この日も多くの観光客が訪れていましたが、江島神社内にある中津宮手前にある展望台から対岸を走る江ノ電を見ることが出来るとのことで、いろいろと撮影してみることに。ところが、ちょうど到着した直後に太陽が雲に入ってしまい、今ひとつのできでしたねbearing

中津宮からの眺め'13.12.15
江島神社境内、中津宮の展望台から対岸を望む

 こうして時刻は15時近く。そろそろ帰り支度となりました。足早に片瀬江ノ島駅へと戻りますが、帰りは久しぶりにロマンスカーに乗ることに。15時32分発のえのしま84号の特急券を事前に押さえておきました。使われていたのはEXE。VSEやMSEに比べ地味な存在で、一番ロマンスカーらしくない車両ですが、1時間ほど揺られ、新宿へと戻ってまいりました(つづく)。

えのしま84号@片瀬江ノ島'13.12.15

えのしま84号特急券'13.12.15
(2枚とも)帰りは久々にロマンスカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/15】冬の江ノ電訪問その2~極楽寺から江ノ島へ

 冬の江ノ電訪問の続き。タンコロまつりの会場を出発し、この後はフリーきっぷを生かして江ノ電沿線を乗り歩くことにしますが、その前に鎌倉寄りにあるトンネルにご挨拶してきました。極楽寺駅は小高い山の合間にある駅で、鎌倉寄りには極楽洞と呼ばれるトンネルがありますが、江ノ電唯一のトンネルで、すぐ側にかかる桜橋から見ることが出来ます。

江ノ電2000形@極楽寺'13.12.15
江ノ電唯一のトンネル、極楽洞を列車が行く

 藤沢行きの列車に乗り込み、極楽寺を出発。2つ先の七里ヶ浜で途中下車することにします。まずは近くの海岸へと向かいますが、波打ち際から江ノ島方面に目をやると、相模湾に浮かぶ富士山が見えました。この日は好天に恵まれ、富士山の姿を見るには絶好の日でありましたが、朝方乗ってきた小田急の車内からも富士山の様子を見ることができ、冬到来といったところですね。

富士山@七里ヶ浜'13.12.15
七里ヶ浜の海岸から富士山を望む

 一旦七里ヶ浜駅まで戻った後、線路に沿って隣の鎌倉高校前駅まで歩いて移動することに。8月のサンライン号引退の時は鎌倉高校前駅からここまで歩いてきたので、その時とは逆コースになりますが、列車が来る度に立ち止まって撮影タイムとなりました。この間、前方に浮かぶ富士山を見ることが出来ますが、なかなか思うように撮れないもんで、こうしてみるとなかなか奥深い路線であります>江ノ電。

江ノ電1000形@七里ヶ浜'13.12.15

江ノ電10形&1000形@七里ヶ浜'13.12.15

鎌倉高校前1号踏切'13.12.15
(3枚とも)七里ヶ浜から鎌倉高校前までのんびり沿線歩き

 鎌倉高校前駅のすぐ近くの踏切を抜け、ここから再び藤沢行きの列車に乗車。次の腰越で下車します。この駅はホームが短く、鎌倉寄りの車両はドアの扱いをしないことから、ここで下車する時は前方の車両へ乗り込むことになり注意が必要ですね。まずは駅近くにある満福寺にご挨拶。境内のすぐ前に江ノ電の踏切があり、その合間を縫うように走る列車の様子はまさに江ノ電らしい光景といったところでしょうか。

江ノ電500形@腰越'13.12.15
腰越駅近くの満福寺の前を江ノ電が行く

 時刻はちょうど昼時。そろそろ腹も減ってきたので、この付近でランチタイムとします。探していたら、駅近くに江ノ島名物のしらすが食べられる店があったので入ることに。メジナの刺身が入った3色丼というのがあったので、そちらを頂いてきましたが、メジナといえば磯釣りの定番のイメージがあり、普段なかなか食べられない魚ですね。さすが海に近いところとあって、いろんな種類の魚が味わえるのは楽しいところです。

しらす3色丼'13.12.15
この日のランチは名物のしらす丼

 充分腹も満たされたところで、この後は腹ごなしも兼ね、次の江ノ島駅までのんびり歩くことに。もちろん江ノ電有数の名所である併用軌道区間を歩いてきましたが、すぐ目の前を江ノ電の大きな車体が近づいてくるので、圧倒されてしまいますねcoldsweats01

江ノ電20形@腰越'13.12.15
江ノ電有数の名所、併用軌道を歩く

 こうしてのんびりと歩きながら江ノ島駅近くまで到着。この後も引き続き、江ノ電沿線をのんびり散策してまいりましたが、少し長くなってきましたので、ここで一旦切ることにいたします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.28

【12/15】冬の江ノ電訪問その1~久々のタンコロまつり

 12月も中旬に差し掛かった15日、恒例の江ノ電タンコロまつりが行われるとのことで、久しぶりに訪ねてまいりました。今回は行き帰りに小田急を利用することにしたので、新宿で江の島・鎌倉フリーパスを入手。出発前、特急乗り場の前にあるロマンスカーカフェで朝食してきましたが、食事スペースのすぐ目の前にロマンスカーを見ることができ、ちょっとしたトレインスポットになっています。

小田急30000形@新宿'13.12.15
新宿駅のトレインビュースポット、ロマンスカーカフェで朝ごはんbread

 朝食を済ませ、新宿を後にしましたが、当初は適当に途中下車して撮影タイムとする予定でした。ところが、とある駅で下車しようとしたら思わぬ対応を受けてしまい、あえなく断念。そのまま藤沢へ向かうことになりました。そのときの顛末については後ほど紹介することにしますが、藤沢到着後、改札を抜けて江ノ電の乗り場へ。8月の時は浮き輪の飾りがあった車止めには、クリスマスの装飾が施されていました。

江ノ電21@藤沢'13.12.15
駅もクリスマスムードに・・・xmas

 さっそく鎌倉行きの列車に乗り込みますが、まだ時間があったので、鵠沼で途中下車。ここははるか昔に下車したことがありますが、今回降り立ったのは、8月に訪れた際に乗っていた列車から駅近くで撮影している人の姿を見かけ、それを思い出した次第でした。列車から降りた後、そのまま改札を抜けて駅近くの川の土手付近で撮影タイム。帰りしな、限定の入場券を入手した後、再び列車に乗り込みました。

江ノ電1000形@鵠沼'13.12.15
鵠沼で撮影タイム

タンコロまつり限定入場券'13.12.15
イベント限定の入場券を入手

 後続の列車で鵠沼を出発。幸い空席があったので、そのまま極楽寺へとやってきました。早速、イベント会場の極楽寺検車区へ。会場にはすでに多くの人が来ていてなかなか盛況でしたが、以前と比べるとグッズ販売や体験イベントがメインで、ファミリー向けの内容となっていました。久しぶりのタンコロまつりでしたが、以前は車両撮影も出来ただけに、様子がすっかり変わってしまった印象ですね。

行先表示板@江ノ電タンコロまつり'13.12.15
久々のタンコロまつりは早々に切り上げることに・・・coldsweats01

 そんなわけで、グッズのブースも覗くも、こちらもこれといってめぼしいものはなし。早々に切り上げて退散と相成りました。この後、極楽寺を後にして沿線の乗り歩きをすることにしましたが、そのときの様子については別の記事で紹介します(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.27

ココログ10周年

 今日、12月27日は仕事納め。例年だと28日ですが、今年は1日早い上に年末年始の休みが9日もあることから、普段よりも得した気分ですね。ただ、生憎遠出の予定はなく、基本のんびり過ごす予定であります。

 ところで、ココログがサービスを開始してから今月でちょうど10周年。当ブログが開設されたのもちょうど同じ時期なので、このblogも始めてから10年が経過いたしました。この間、結婚やら転居やらと周りの環境が変わるなどいろいろありましたが、引き続き今のスタンスでやっていきたいと思います。とは言え、あまり役に立つような記事はありませんが…coldsweats01

 ちなみに、最初の記事はこちら。テストでUPしたものですが・・・coldsweats01

 最後に、10年前の2003年に起きた鉄道の話題の中から1枚画像を紹介します。いろいろとあった中から、この年に開業した沖縄モノレールの画像を紹介します。このときの様子については、当時まだblog開設前だったため、HPで紹介していますが、当時はモノレールの乗り方についてのパンフが駅にあって、鉄道が長らくなかった沖縄ならではですね。

沖縄モノレール1210@那覇空港'03.9
沖縄モノレールの開業から10年・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.26

【12/14】今年も行ってきたニューヨークグリルの夫婦ランチ

シャンパン@ニューヨークグリル'13.12.14
シャンパンからスタートbar

 年末恒例、パークハイアット東京52階のニューヨークグリルでのランチですが、今年は14日に訪問。改めて過去の記事を見たところ、ここ2年間は魚料理をメインディッシュにチョイスしていたとのことで、今年はオーストラリア産のステーキをチョイスしました。ステーキだとプラスアルファで国産牛に変更できるんですが、プラスの金額がなかなかのお値段で、さすがにこちらはなかなか踏み込めませんねぇcoldsweats01

ステーキ@ニューヨークグリル'13.12.14
今年のメインはステーキrestaurant

 一方、家内の方は今年は魚料理をチョイス。今回はクロムツが使われていましたが、肉料理と比べるとボリュームがあって、この後のデザートはかなり苦しい様子でしたcoldsweats01(~o~)。ステーキの方はさほどでもなかったので意外でしたが、魚料理を選んだときには食べる量に気をつけないといけませんね。

クロムツ@ニューヨークグリル'13.12.14
家内がチョイスした魚料理。今年はクロムツが使われていましたfish

 そんなわけで、今年は家内の胃袋がかなり膨れてしまいましたbearing

デザート@ニューヨークグリル'13.12.14
デザートまで何とかたどり着いた・・・coldsweats01

都庁@ニューヨークグリル'13.12.14
52階から見た都庁の景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.25

経営改善計画を発表~銚子電鉄

 存続か否か、いろいろと心配されていた銚子電鉄ですが、10年間に渡る経営改善計画が先日発表されました(参考:千葉日報ウェブの記事)。それによれば、運賃の値上げやぬれ煎餅の生産工場の増設などが盛り込まれたとのことで、一時は廃止の危機に立たされていただけに、一先ず最悪の危機は脱したところでしょうかね?

 今月15日にひたちなか海浜鉄道と姉妹鉄道提携を結んだばかりで、何とかして鉄道を盛り上げていこうという姿勢は認めたいところですが、蛇足ながら、鉄道むすめの方ももっと押して欲しいところですかねぇ。最近、ちょっと影が薄くなりつつあるもんでして・・・weep

外川つくしポスター@デハ1002車内'12.3
つくしさんの笑顔をまた見に行きたいところ・・・heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.24

今年も登場、さいたま新都心のイルミネーション

 今月13日、仕事帰りにさいたま新都心へ寄り道してきましたが、恒例のイルミネーションが今年も始まり、駅周辺は色とりどりの電飾で飾られておりました。

イルミネーション@さいたま新都心'13.12.13
今年も始まった新都心駅周辺のイルミネーション

 これが始まる頃には気温もぐっと下がり、冬がやってきたことを実感しますが、こうしてみると、毎年同じように見えても多少は変化を付けているんでしょうねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.23

【12/8】地元鉄~昼間のE653系&安中貨物

 今月8日は地元でのんびり過ごしておりましたが、例によって昼間と夕方にそれぞれ地元”鉄”することに。昼間は211系使用の871M狙いでしたが、その前に上りをE653系が通過していきました。E653系と言えば今年の夏、臨時快速マリンブルー南房総号で高崎線を走り、フレッシュひたちの運用から離脱後は高崎線へも足を運ぶようになりましたが、今回は回送での運用だった模様。

E653系@宮原'13.12.8
突然やってきたE653系

 一方、夕方は安中貨物を中心に狙っていましたが、先月30日に続いてこの日も草津32号は国鉄色のOM08編成が担当でした。

特急草津32号@宮原'13.12.8

EH500-32@宮原'13.12.8
(2枚とも)夕方の地元”鉄”>草津32号&安中貨物

 以上、この日の地元”鉄”についてご報告しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/7】午後はまったり都電沿線散策

 7日の続き。撮影会が無事に終了し、再び都電沿線へと戻ってまいりました。荒川遊園地前電停近くの中華料理の店でランチを済ませてから都電に乗車。細かな予定は立てていませんでしたが、ちょうど1年前、尾久八幡神社の境内にあるイチョウの木が黄色く色づいていたのを記憶していたので、宮ノ前で降りることに。あいにく時期は過ぎておりましたが、神社をバックに午前中目にしたあかおび号がやってきました。

都電7000形@宮ノ前'13.12.7
尾久八幡神社の前を行く7001号”あかおび号”

 もっと時間があれば三ノ輪橋まで行きたいところでしたが、さすがにそこまで行ってしまうと時間が足らなくなりそうだったので、今回は断念。都電をくまなく回ろうとすると、思っていた以上に時間が足らないことに改めて痛感した次第でしたが、栄町で降りて例のスカイツリーが見える陸橋へ。しばらくすると、E6系が上野方面から近づいてまいりました。ここで撮影したのは確か初。今や東北新幹線のエース的な存在ですね。

E6系@王子'13.12.7
初めて撮影した、E6系とスカイツリーとのコラボ

 飛鳥山でこの日3度目のあかおび号を見送った後、早稲田行きの電車に乗り込み、一気に鬼子母神前へ。そのまま千登世橋へと向かうと、明治通り沿いに並ぶ木々が色づいているのが見えました。去年訪れた11月頃はまだ紅葉前。改めて訪ねようとしたものの、結局行けずじまいで見ることができませんでしたが、2年越しでようやく目にすることが出来ました。

都電9000形@鬼子母神前'13.12.7
2年越しで目にすることが出来ましたwink>明治通り沿いの紅葉

 この後、鬼子母神前電停から都電雑司が谷電停まで歩き、日が傾く中をブラブラ。最後にこの日の主役だったあかおび号に一区間だけ乗車し、都電の旅を終えました。

都電7000形@東池袋四丁目'13.12.7
一区間だけ乗車>あかおび号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.22

【12/7】EF81電気機関車撮影会 in 田端運転所参加

 7日の続き。一旦都電沿線を離れ、歩いて20分ほど掛けて田端運転所へとやってきました。ここへ来るのは今年6月の撮影会以来ですが(そのときの様子はこちら)、今回も鉄道雑誌の出版社企画の撮影会に参加することに。前回は九州ブルトレの牽引機だったEF65が主役でしたが、今回の主役は東北や北海道へ向かうブルトレを牽引するEF81が一堂に並ぶことになります。

 まずは入口で受付を済ませ、開始時間が来るまでしばらく待つことに。並び始めてから20分ほどすると、社員による会場内での注意事項の説明が行われ、それが終わると撮影会場へと誘導されました。会場には5台のEF81が並んでいて、それぞれ、「北斗星」や「カシオペア」、それに「あけぼの」といった東北や北海道へ向かうブルトレのヘッドマークが取り付けられていました。

EF81@田端運転所'13.12.7-1

EF81-80@田端運転所'13.12.7-1

EF81-98@田端運転所'13.12.7
(3枚とも)撮影会前半の様子

 今回、”レインボー”こと95号機の姿がありませんでしたが、この日、95号機を使用した団体専用列車が上野から上越線方面へ往復したため、会場で展示されなかったのはちょっと残念だったところweep。その後、中盤あたりでヘッドマークの交換が行われましたが、こちらは6月の撮影会にはなく、展示された5つのヘッドマークのうち、エルム、カシオペア、北斗星がゆうづる、出羽、北陸にそれぞれ交換されました。

EF81-80@田端運転所'13.12.7-2
ヘッドマークが交換され・・・

EF81@田端運転所'13.12.7-2
再び撮影タイムwink

EF81-97&EF81-98@田端運転所'13.12.7
高崎線を走った2つのブルトレ、「北陸」と「あけぼの」が並びましたhappy01

 こうして持ち時間の40分はあっという間に過ぎ、正午過ぎに撮影会はお開きとなりましたが、会場の後方にはこの日の朝まであけぼのと北斗星を引っ張っていたと思われるEF64とEF510がそれぞれヘッドマークをつけて並んでいました。すでに報じられた通り、来年春にはあけぼのが、再来年には北斗星がそれぞれ運行終了となることから、こうした姿も近いうちに過去のものとなってしまいますweep

EF64-1032&EF510-512@田端運転所'13.12.7
現役の2本のブルトレも、来年は北斗星のみに・・・weep

 撮影会は今年6月に続いての参加でしたが、それなりの料金を払っていることもあって、参加者がお互いに譲り合って撮影しているあたり、安心して撮影できるのがありがたいところですね。今後もこうした鉄道ファン向けの撮影会やツアーがあれば、可能なかぎり参加してみたいと思います(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.21

【12/7】レトロカラーになった7001号に会う~都電

 12月最初の土曜日はまず王子へ。久しぶりに都電沿線を中心に1日ブラブラしてまいりました。駅を出てから飛鳥山公園へ向かい、明治通りの交差点に架かる歩道橋の上から行き交う都電を撮影することに。飛鳥山公園もそうでしたが、明治通り沿いに並ぶイチョウ並木は黄色く色づいていて、晩秋にふさわしい光景が広がっておりました。

都電8500形@飛鳥山’13.12.7
通り沿いのイチョウ並木も色づく師走の景色maple

 そのまま京浜東北線の線路を越えて都電の線路へ。栄町の電停から乗り込みます。乗車の際、手持ちのSuicaに1日乗車券の設定をしてもらってから車内へ。まずは荒川車庫前で下車することにしました。しばらく周辺をブラブラしていましたが、しばらくすると、王子寄りから黄色い塗装に赤い帯が入った7000形が到着。先月10日から運転が始まった、7000形のトップナンバーであります。

都電7000形@荒川車庫前’13.12.7

あかおび号HM'13.12.7
(2枚とも)リバイバルカラーを施した7000形のトップナンバー

 7001号に往年の都電の塗装を施したものですが、かつての都電といえばこの色でしたね。とはいってもこの塗装で走っていた頃のことは知る由もなく、写真でしか見たことがありません・・・coldsweats01

 ちなみにこの日はもう1台のレトロカラー、7022号も運転されていました。こちらも一緒に紹介しておきます。

都電7000形@飛鳥山’13.12.7
もう一台のリバイバルカラー、7022号も忘れずに・・・

 ここで一旦都電沿線を離れることに。この日は別件で用事があり、この後、目的地へと向かうことにしましたが、そちらについては後日別の記事で紹介したいと思います(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.20

北大阪急行延伸へ

 ここ数年、新規開業路線がないこともあり、目下完乗タイトル防衛中の身でありますがwink、ここ数年の間に新幹線以外で新規開業路線の予定がありそうです(参考:読売新聞の記事)。北大阪急行が千里中央より先、箕面市方面へ延伸する計画を決定したそうで、早ければ2018年の開業を目指すとのこと。オリンピックが開催される2020年より前に開業の運びとなるかもしれませんね。

 何分都市部の路線とあって、乗り潰しとなればどうしても乗っておしまいになってしまいそうですが、いずれにせよ、ここんところ新規開業路線がなかったこともあり、こうした話題は乗り潰し派にとっては嬉しいところですね。これも、”アベノミクス”の影響なんでしょうか???

北大阪急行8005@新大阪'93.5
久々の新規開業のニュースは、嬉しい限りhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.12.19

ジャカルタの脱線事故

 今月9日にインドネシアの首都、ジャカルタで発生した列車事故。液化石油ガスを積んだトラックと衝突、炎上したとのことで、脱線した上に死者も発生し、記事の文面だけではありますが、改めて事故の悲惨さを知ったところであります。

 そんな列車事故ですが、当該車両がかつて有楽町線で走っていた7000系7121Fとのことで、事故当日はtwitterなどで話題になりました。インドネシアと言えばこれまで日本で活躍した多くの車両が輸出されていますが、この7121F、改めて確認したところ、東武東上線や西武池袋線で撮影や乗車していることが判明しました。こうした格好で、遠い異国の地で最後を迎えてしまうとは、正直何とも言えないところですね。

東京メトロ7000系@川越市'08.6

東京メトロ7000系@西所沢'09.8
(2枚とも)ジャカルタへ行く前の在りし日の姿~7121F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.18

東武アーバンパークライン

 タイトルだけだと一体どこの路線かと考えてしまいますが、何と来年4月から野田線に付く愛称とのことで、聞いた時には正直”?”でありましたcoldsweats01。今年は新型の60000系が投入されたりと、やたら最近になって力が入っている野田線でありますが、ピンと来ないのも正直なところで、かつてのE電のように当初話題になったものの、そのままフェードアウトということにならなければいいですが、果たして・・・。

参考:東武鉄道のニュースリリース(PDFファイル)

東武60000系@春日部'13.8
野田線のイメージが果たして変わるのか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.17

【12/4】めっきり見なくなった、川越線の205系

 12月4日。仕事が一段落したことや今月後半まで休みが取れないこともあり、午後から休みを入れることにしました。とは言え、特にあてがある訳ではなく、あれこれ考えたものの特にネタもないことから、近場をブラブラすることに。結局、川越線に乗って南古谷へやってきました。まずは駅から歩いて15分ほどのところにある川越今泉郵便局で風景印を入手。近場で未収集の所が少ないので、ある意味貴重でしたね。

川越今泉局風景印'13.12.4
川越今泉郵便局の風景印。郵便局の建物がデザインされています。

 再び駅近くまで戻り、車両センターのある方へ。荒川寄りに広がる田園地帯で、行き交う川越線の列車を撮影してきました。今年になってから行く機会が多くなったエリアですが、夏頃に来たときと比べて明らかにわかるのは、E233系が増えたことでしょうかね?デビューした7月頃はなかなか出会う機会が少なかったんですが、その後続々入線し、着々と置き換えが進んでおります。

E233系@南古谷'13.12.4
続々入線するE233系

 一方で205系の数は明らかに少なくなり、車両センターに止まっている車両でも数が少なくなっていることが見て取れましたが、そんな中、15時を過ぎた頃に指扇方面から205系がやってきました。動いている205系を目にしたのはこの日これが初めて。来年春にはE233系への置き換えが完了する予定とのことなので、この路線で目にするのも残りわずかですね。

205系@南古谷'13.12.4
西日を浴びてやってきた205系

 思えば、川越線電化と埼京線開業直後に山手線から転属してきた103系を置き換えたのがこの205系でしたが、それらよりもはるかに長い20年以上も川越線や埼京線を走り続けたことになるわけで、103系よりもむしろ205系のイメージの方が強くなりました。

 この後、日も傾き始めたあたりで撤収。戻る途中、川越から折り返してきた205系を見送り、南古谷駅を後にいたしました。

川越車両センター'13.12.4
夕暮れの車両基地

<おまけ>
 1990年当時に武蔵浦和駅で撮影した205系を紹介します。反対側には103系の姿があり、置き換えが行われていたあたりと思われます。

クハ205-90@武蔵浦和'90.1.3
在りし日の埼京線205系。バックに103系の姿が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

コナン駅

 アニメ「名探偵コナン」の原作者の出身地、鳥取県北栄町にある山陰本線由良駅が、この度「コナン駅」という愛称が付けられ、昨日現地でセレモニーが行われました(参考:朝日新聞の記事)。由良駅といえば去年11月、早朝雨の降る中をブラブラしましたが、町内には原作者の記念館もあり、もっと時間をかけてゆっくりと回りたいところ。幸い、来年は全国鉄道むすめ巡りで智頭急行が入っていることもあり、そのときに訪ねたいところですね。

# 去年書いた記事はこちら

キハ126-1015@由良'12.11
コナンのふるさと、由良に到着したコナントレイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.15

【12/1】東武ファンフェスタ訪問記その4~イベントの後

 東武ファンフェスタ訪問記もいよいよ大詰め。会場を後にして南栗橋駅まで戻ってきました。この後は駅周辺でのんびり撮影タイム。幸手方面へしばらく行った付近であれこれ撮影してきましたが、昨年登場したスカイツリートレインやスペーシアの他、今年から南栗橋まで乗り入れるようになった日比谷線直通の列車の姿もありました。こちらはもちろん去年までいなかった車両なので、ここで目にするのは新鮮でしたね。

東武634型@南栗橋'13.12.1

東京メトロ03系@南栗橋'13.12.1

東武20000系@南栗橋'13.12.1
(3枚とも)南栗橋駅近くで撮影タイム

 いろいろ撮影しているうちに時刻は15時半を過ぎていました。すでにイベントは終了しており、もう少し待っていれば、撮影会場に展示されていた車両が出庫してくるかもしれませんでしたが、この後16時半から栗橋商工会主催の懇親会に参加するため、このまま南栗橋駅へ戻って栗橋へ移動となりました。懇親会は今年もゲームなどで盛り上がり、充実した1日の締めにふさわしい内容となりました。

栗橋みなみ&あかな等身大パネル@懇親会'13.12.1
今年も盛り上がりましたheart01>懇親会

 以上、東武ファンフェスタの1日について報告いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.14

【12/1】東武ファンフェスタ訪問記その3~会場ぶらぶら歩き

 東武ファンフェスタ訪問記の続き。南栗橋に到着し、混んでいるシャトルバスの乗り場を横目に会場まで歩いてやってきました。ところが来場者の列が入口から延々と続いており、その長さは最後尾が見えないほど。最後尾を探すべく延々と歩き続け、ようやく最後尾までたどり着いた時には、会場の裏手まで来ておりました。結局駅を出てから入口まで、正味30分ほど掛かってようやくたどり着きましたcoldsweats01

 こうしてようやく入口までたどり着き、さっそく受付で案内図と記念品をゲット。恒例のティッシュボックスは今年も健在で、今回は野田線の60000系をあしらったものと、野田線沿線に所縁のある者にとっては嬉しい限りでしたね。また今年は鉄道むすめの新キャラクター、鬼怒川みやびのイラストが入ったポストカードもゲットheart01。こちらは後ほどステージの方で紹介されることになります。

60000系ティッシュボックス&鬼怒川みやびポストカード
今年の記念品~60000系ティッシュボックスと鬼怒川みやびポストカード

 まずは物販ブースへ。今年も鉄道むすめのグッズ目当てにあれこれとゲットしてきました。一つは栗橋商工会のブースで入手した2014年のカレンダーで、もう一つはトミーテックブースで入手した栗橋みなみのスタンドポップでしたが、スタンドポップの方は今回のイベントでの限定グッズとのこと。ちなみに3,000円以上買うと非売品のスタンドポップが貰えたとの事でしたが、到着時点ですでに終了していましたweep

2014年カレンダー@栗橋商工会

栗橋みなみスタンドポップ
(2枚とも)今回の戦利品~カレンダー&スタンドポップ

 この後、12時からステージで行われる鉄道むすめのイベントを見物することに。これまでのイベントではステージの催し物を見ることはありませんでしたが、ステージ上には10月のアニ玉トレインに乗務していた鉄道むすめ扮するコスプレイヤーが登場。受付で貰ったポストカードにデザインされていたスペーシアの乗務員、鬼怒川みやびが紹介されました。

鬼怒川みやび@東武ファンフェスタ'13.12.1
ステージで紹介された新キャラクター・鬼怒川みやび

 何でも来年3月には鉄道むすめ関連のイベントが鬼怒川温泉であるとのこと。こちらも見逃せないところですねheart04

 適当にランチを済ませ、この後は恒例の車両撮影会の会場へ。今年も去年に続いて15分間隔の入れ替え制とのことで、30分ほど待ってようやく順番が回ってきました。今年はやはり野田線の60000系が一番の注目株でしょうかね?もちろん今年デビューした車両ということもありますが、11月に森林公園で行われたイベントでも展示されたリバイバルカラーの8111Fよりも注目されていたかもしれません。

車両展示@東武ファンフェスタ'13.12.1

東武60000系@東武ファンフェスタ'13.12.1

東武ファンフェスタHM'13.12.1
(3枚とも)車両撮影会の様子

 あっという間に15分が過ぎ、撮影会場を離れ、再びトミーテックブースへとやってきました。午前中来た時にはグッズを買うのに手一杯となってしまい、鉄道むすめの新製品情報を確認することができませんでしたが、ブースには新しく発売されるねんどろいどの他、来年の全国鉄道むすめ巡り3rdについては限定グッズの紹介はあったものの、具体的な日程については判明しませんでした(後日、公式サイトにて発表)。

鉄道むすめ新製品紹介@東武ファンフェスタ'13.12.1-1

鉄道むすめ新製品紹介@東武ファンフェスタ'13.12.1-2
(2枚とも)鉄道むすめの新製品紹介も見逃さず・・・coldsweats01

 ここまでかなりバタバタしてしまい、正直手一杯の状況となりつつあったので、工場内をさっくり見て回ってから撤収することに。工場内には今年も目玉をつけた整備中の車両が展示されていましたが、今年は10000系がその任に就いていました。これも恒例となりつつあるようですねcoldsweats01

東武10000系@東武ファンフェスタ'13.12.1
今年も登場~顔つき電車coldsweats01

 以上、東武ファンフェスタ会場について報告しました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/1】東武ファンフェスタ訪問記その2~スカイツリーライン撮影@姫宮

 東武ファンフェスタ訪問記の続きですが、春日部からスカイツリーラインに乗り換えるものの、すんなり南栗橋へ向かうのも面白くないところ。そこで、途中で寄り道することにしましたが、向かったのは定番の姫宮でした。さっそく、東武動物公園寄りの広大な田んぼが広がる一帯で撮影タイム。特に充てはなかったものの、上りスペーシアが下り列車に被られてしまったのはちょっと残念でしたねweep

東武200系@姫宮'13.12.1
姫宮で充てもなく撮影タイム

 時刻は10時半過ぎでそろそろ南栗橋へと向かうことに。再び姫宮から乗り込み、次の東武動物公園で後からやってくる南栗橋行きに乗り換えて終点までやってきました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/1】東武ファンフェスタ訪問記その1~話題満載だった野田線を訪ねる

 12月に入り、2013年もいよいよ残りわずかとなりましたが、この12月といえば、自分にとってはやはり東武ファンフェスタですね。毎年恒例のイベントで、もちろん今年も訪ねるべくまずは大宮から野田線に乗り込みますが、途中で野田線の列車を撮影しようと思い、七里で下車。これまで何度か足を運んだことのある、岩槻寄りに10分ほどの水路の先辺りへやってきました。残念ながら今回は新車60000系には出会えませんでしたが、七里到着時に大宮へ走っていった10000系を見かけたので、折り返しを撮影することに。

東武8000系@七里'13.12.1

東武10000系@七里'13.12.1
(2枚とも)七里で撮影タイム

 今年は野田線にとっては新車60000系やステンレス車体の10000系の入線など、これまでにないほど話題の多かった年でしたが、依然8000系の方が主力とはいえ、この姿もいつまで見られるのか・・・。

 再び七里駅に戻り、春日部へ向かおうとしたものの、次の列車は岩槻止まり。とは言えここで待っていても持て余すので、そのまま岩槻へとやってきましたが、列車から降りて目に飛び込んできたのが、幅が広くなったホームでした。岩槻駅は橋上駅舎の建設に伴い、駅構内の改修工事が行われておりますが、ホーム幅が広がったことを受け、柏方面へ向かう線路の位置も北側へ移動されました。

岩槻駅ホーム'13.12.1
ホームが拡幅された岩槻駅ホーム

東武8000系@岩槻'13.12.1
ホーム拡幅に伴い、線路も付け替えに

 生まれてこの方見慣れていた駅構内だったので、ホームの幅が広がっただけでも大きな変化のように思えますが、屋根の方は以前のまま。こちらもこちらもいずれ改修されることになると思いますが、新しい岩槻駅の完成に向けて着々と進みつつありますね。

 そんな岩槻駅を見届け、後続の列車に乗り込んで春日部に到着。すると、隣のスカイツリーラインのホームに60000系の姿がありました。今年もイベント開催に合わせ団臨が運行されましたが、今年は野田線の60000系が使用され、北千住から南栗橋までスカイツリーラインを走りました。こちらは残念ながら不参加でしたが、野田線のホームから出発を見届け、その後スカイツリーラインの乗り場へと向かいました。

東武60000系@春日部'13.12.1
南栗橋へ向かう60000系使用の団臨

 この後も寄り道しながら南栗橋へと向かいましたが、長くなってきたので、一旦このあたりで切ることとします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.13

【11/30】地元鉄~昼間の211系&西日を浴びてやってきた特急

 11月30日、翌日に毎年恒例の東武ファンフェスタを控えていることもあり、この日は地元で大人しくしておりましたが、そんな中、昼間と夕方に地元であれこれ活動しておりました。まずは昼間。このときのお目当ては、12時半近くにやってくる211系の籠原行き871Mでしたが、普段見慣れているとはいえ、久しぶりに撮影でした。すっかり高崎線開業130周年記念のヘッドマークが板に付いた印象がありますね。

211系@宮原'13.11.30
久しぶりに撮影した211系。ヘッドマークがすっかり板に付いた感じ・・・。

 一旦撤収し、再び夕方15時半頃に出没。この日は日中から好天に恵まれ、夕方のこの時間になると西から夕日が差し込んでまいりましたが、16時前にやってくる特急草津32号には国鉄色OM08編成が入っていました。夕日に照らされた国鉄色は何とも言えませんでしたねwink

特急草津32号@宮原'13.11.30
西日を浴びて国鉄色がやってきました

 以上、11月30日の地元鉄でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.12

【11/27】リバイバルカラー1050系1053編成に乗る~埼玉新都市交通

 先月27日は出勤前に大宮のパスポートセンターへ。手持ちのパスポートの期限がそろそろ切れることから継続の申請に行ってきましたが、オープンが9時半とのことだったので、出掛けに時間潰しがてらニューシャトル沿線に出没してきました。自宅から近い加茂宮駅でしばらく待っていたら、新幹線カラーの1050系1052編成が到着。今年の話題の一つでしたが、ある意味、”サプライズ”な塗装変更でしたねcoldsweats01

埼玉新都市交通1050系@加茂宮'13.11.27
新幹線カラーの1052編成。今年のサプライズの一つでしたcoldsweats01

 その後もしばらく様子を見ていましたが、さすがに時間がなくなってきたので、そろそろ大宮へ向かうことに。出来れば先日の丸山車両基地のイベントで展示されたリバイバルカラーの1050系1053編成が来ないかと期待していましたが、これから乗ろうと思っていた列車がまさにお目当ての車両でありました。もちろん本線上を走る姿はこれが始めてでしたが、この塗装はやはり1000系の方がしっくりきますねぇcoldsweats01

埼玉新都市交通1050系@加茂宮'13.11.27ー2
最後の最後で出会えたリバイバルカラー1053編成

 その1053編成に乗って大宮へ。そのままパスポートセンターへ行って申請をした後、少し時間があったので、久しぶりに新幹線ホームで様子を見てきました。一番の印象はやはりE6系が増えたということですが、そんな中、E3系の単独編成が北へ向けて走って行く姿を見かけました。いつもは長い編成で走っている姿を目にしますが、短い編成だとちょっと寂しい印象がありますね。

E3系@大宮'13.11.27

E6系@大宮'13.11.27
新旧こまちと出会う>大宮駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.11

湘南軌道

 Twitterを見ていて拾った記事ですが、かつて秦野と二宮との間を結んだ湘南軌道が1906年の開業当初の馬車鉄道から蒸気機関車に動力変更されて今年で100年目とのこと。そこで、それを記念したイベントがかつての沿線でいろいろと行われるそうです。秦野周辺はかつてタバコの葉の産地だったところで、東海道本線との乗り換え駅である二宮まで輸送するため建設された鉄道でした。

 実は12年前の夏、二宮から秦野まで神奈中のバスで移動した際に始発の二宮駅近くで湘南軌道旧本社の建物を見かけたことがありましたが、この時は廃線跡の散策で訪れたわけではなく、別の目的があって偶然ここを通り掛った次第。果たして今もこの建物が残っているのでしょうか???

湘南軌道旧本社'01.9
12年前に二宮を訪ねた際、見かけた旧本社建物

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.10

上野東京ライン

 東北縦貫線の開業に向け、現在上野と東京の間で工事が進められていますが、この区間の愛称が「上野東京ライン」に決まりました(参考:JR東日本のニュースリリース・PDFファイル)。開業予定は2014年度末とのことで、まだ1年以上も先の話ではありますが、2001年に開業した湘南新宿ラインの時と比べると、どうしても強烈なイメージというのがあまり感じられないのが正直なところだったりします。

 むしろ今、一番気になっているのが、これまで頭端式のホームが特徴的だった上野駅がどうなるのかでして、上野東京ライン開業によって上野を通り抜ける運用が出来ることから、今までの終着駅の雰囲気が強いイメージに少なからず変化が現れることが予想されます。こちらも今後の動向が気になるところですね。

啄木歌碑@上野'10.1
終着駅の香り漂う上野駅にも変化の波が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.12.09

【11/24】地元鉄&鉄博訪問

 11月最後の日曜日は地元でのんびり過ごしておりましたが、夕方は安中貨物狙いで地元”鉄”。晩秋のこの時期は日も短くなり、15時半を過ぎると太陽もだいぶ西に傾いてきますが、安中貨物が通過する16時過ぎ頃までならかろうじて横から太陽光線が差し込んでくれるので、何とか撮影できます。ちなみにこの日の安中貨物は金太郎の38号機が担当でした。

EH500-38@宮原'13.11.24
夕方の地元”鉄”は安中貨物

 そのまま日進駅脇の駐輪場へ向かい、コミュニティサイクルをレンタル。15分ほど掛かって鉄道博物館へやってきました。さいたま市のコミュニティサイクルも今年5月のスタートから設置場所が徐々に増えてきましたが、鉄道博物館駅近くにも設置場所が置かれ、鉄博訪問にも利用したいところ。鉄博近くだとニューシャトルの駅のすぐ隣に設置場所がありましたが、初めてだとちょっとわかりづらいところかも・・・coldsweats01

 さっそく館内へ。今回は事前にビューカードのポイントを鉄博の入館券に引き換えてきましたが、受付で入館券を見せたところ、記念品としてハードカバーのオリジナルノートを頂いてきました。こちらはミュージアムショップでも売っているそうですが、ポイントで入館できた上にお土産付きとはなかなかおいしいですねhappy01

鉄博オリジナルノート
記念にゲットした、ハードカバーのオリジナルノート

 まずは2階のスペシャルギャラリーへ。10月から始まった「越境のドラマ」と題した企画展を見学します。碓氷峠や上越線の清水トンネルに代表される峠越えの建設の歴史が紹介されていましたが、国土の半分以上を山で閉める日本の現状を考えると、いかに峠越えが難所であったかが伺えます。特に碓氷峠は早い時期から当時の最先端技術が投入されるなど、国家事業として重要視されていたかが伺えますね。

越境のドラマ企画展看板@鉄道博物館'13.11.24
今回の目的は、企画展「越境のドラマ」の見学

 そんな企画展の展示の中に、187系特急型車両の設計図があり、一番気になったところ。図面は国鉄末期の1985年に設計され、計画ではオールM車による編成とのことでしたが、わずか12年後には横軽が廃止されてしまうことを考えると、仮に実現したとしても果たしてその後の行く末がどうなっていたのか興味がありますね。

 そんな峠越えですが、やはり自分にとっては碓氷峠が忘れられないところですね。1997年9月の廃止から今年で早16年、18きっぷなどで何度も行き来していた区間とあって、もう16年も経ったんだなぁと時の流れ感じさせる次第でしたが、横川駅での釜めしのホーム売りや”峠のシェルパ”と呼ばれたEF63による補助機を連結しての運転など、決して忘れることが出来ませんね。

EF63-8@軽井沢'92.1
横川から峠を越え、機関車を切り離すところ

 この後はいつもの通り、館内を一回り。日も暮れた17時近くからはパークゾーンのイルミネーションが光り始め、真っ暗になった鉄博周辺も明るく光り輝いていました。

イルミネーション@鉄道博物館'13.11.24
今年もパークゾーンにイルミネーションが灯りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.08

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その5~三島の町と横浜行きの東海道本線

 勤労感謝の日の続きもこの記事で完結となります。三島二日町駅で三島行きの列車を待っていると、修善寺方面から1300系がやってきました。この車両は2008年暮れに西武からやってきた元新101系で、おととしこの地を訪れた時には走っているところは目にしたものの、乗ることが出来ませんでした。1100系は引退したものの、今もこの地で西武顔を見ることが出来ます。

伊豆箱根1300系&185系@三島田町'13.11.23
元西武車・1300系に初乗車

 そのまま三島まで行かず、手前の三島田町で下車。午前中、ハイキング客が多く下車した駅ですが、自身も降りるのは初めてで、この後は市内をブラブラ散策しながら三島駅へ戻ることにします。しばらく歩くと三嶋大社の鳥居が見え、そのまま右折して東海道を熱海方面へ。しばらく歩くと東海道本線の線路が見えてきましたが、バックには富士山が見え、行き交う東海道本線の列車を撮影してきました。

EF210形@三島'13.11.23
富士山と桃太郎のコラボfuji

 この後は来た道を戻り、三嶋大社の境内をブラブラすることに。季節柄、七五三で訪れている家族連れの姿が目に留まりましたが、イチョウの葉も黄色く色づいて秋らしい景色が広がっていました。そんな中、ゆっくり散策したいところでしたが、時刻は15時近くでそろそろ帰り支度の時間。後ろ髪を引かれる思いをしながら、三島駅へと急ぎました。

三嶋大社'13.11.23

イチョウ@三嶋大社'13.11.23

井戸@三島'13.11.23
(3枚とも)三島の風景

 三島から東海道本線の熱海行きに乗車。3両編成の211系の車内は立ち客も出るほどの混雑で、18きっぷシーズンには嫌というほど思い知らされましたが、熱海までの乗車でこの後は始発列車とあって、立って行っても苦にはならない距離。そんな熱海に到着すると、行先表示機には通常「東京」と出るはずの「横浜」と記されていました。

横浜行き行先表示@熱海'13.11.23
この週末限り目にすることが出来た「横浜」行きの表示

 この日、品川駅で線路切換工事が行われ、東海道本線の東京と横浜の区間が終日運休となりましたが、熱海方面からの上り列車は湘南新宿ラインを除いて横浜止まりとなり、行先表示機や方向幕に記された「横浜」の文字を記録する乗客の姿を目にしました。かく言う自分もその一人(~o~)。途中の平塚で湘南新宿ラインに乗り換え、宮原へと戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その4~駿豆線のヘッドマーク付き列車2題

 勤労感謝の日の続き。三島二日町駅に戻ると、ヘッドマークを付けた3000系が三島方面から到着しました。ヘッドマークには「韮山反射炉を世界遺産に」と記されており、現在の伊豆の国市に江戸時代造られた、鉄を溶かして大砲を製造する溶解炉の世界遺産登録を祈願して出されたものですが、富岡製糸場のある上信電鉄同様、世界遺産登録の運びとなれば、さぞかし盛り上がることになりそうですね。

伊豆箱根3000系@三島二日町'13.11.23-1
世界遺産登録を目指す韮山反射炉のヘッドマークをつけた3000系

 この直後、さらにもう1本ヘッドマークを付けた3000系が到着。こちらは富士山の世界遺産登録を記念したヘッドマークでした。朝方、三島へ来る途中に小田原で見かけた大雄山線のものと同じ、富士山の山の形をモチーフにしたものでしたが、どちらも富士山を車窓から見ることの出来る鉄道ならではのヘッドマークですね。

伊豆箱根3000系@三島二日町'13.11.23-2
富士山世界登録を記念したヘッドマーク付き3000系が到着

 大場へ来る途中に乗った伊豆大鉄道博覧会のヘッドマーク付き列車も同様、様々なヘッドマークを付けた列車が行き交う駿豆線ですが、三島二日町駅では富士山の世界遺産登録を記念した乗車券があったので、1分入手してから三島行きの列車に乗るべくホームへと向かいました(つづく)。

富士山世界文化遺産登録記念乗車券
世界遺産登録記念乗車券を入手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その3~富士山求めて駿豆線沿線巡り

 勤労感謝の日の続き。イベント会場を離れ、富士山をバックに駿豆線が撮影できる踏切の近くを目指します。ここはおととしの”赤電” 1100系の撮影で訪れたところ。有名処でありますが、秋晴れの好天の中、富士山の雄大な姿をバックに走る駿豆線のオリジナル車両やJRから乗り入れてくる185系など、いろんな車両を撮影。この間、富士山の姿にずっと見とれていましたhappy01

伊豆箱根3000系@大場'13.11.23
富士山と駿豆線のコラボfuji

 撤収後、来た道を戻り大場駅へ。修善寺行きの列車に乗り込み、伊豆長岡にやってきました。この後は温泉に入ろうと思い、出発前に情報を収集。駅近くに日帰り温泉施設があるとのことでさっそく訪ねてみることにしましたが、入口に柵が掛かっていて中に入ることが出来ませんでした。入口に立っていた看板には、一般客の入浴時間が夕方のみと記されていて、結局なすすべもなく駅へと戻ることにweep

伊豆長岡駅舎'13.11.23
伊豆長岡に降り立ったものの、結局何も出来ず帰ることに・・・weep

 やってきた三島行きの列車はどこかで見たことがあると思ったら、先ほど大場からここまで乗ってきた列車。こちらに乗り込み、三島二日町で下車しました。ここから大場寄りへ歩いて10分ほど行った田園地帯で駿豆線の列車を撮影しますが、このあたりも富士山をバックに撮影できるところで、午前中訪ねた大場駅近くの踏切とはまた違った趣の風景ですが、こちらは直線区間だけにすっきりした印象を受けますね。

185系@三島二日町'13.11.23
三島二日町駅近くの田園地帯で富士山と駿豆線のコラボfuji

 もうちょっと撮影したいところでもありましたが、もうちょっと別のところから富士山を撮影したいところだったので、切りのいいところで撤収。再び三島二日町駅へと戻りました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.07

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その2~いずはこね ふれあいフェスタ訪問

 勤労感謝の日の続き。三島到着後、そのまま伊豆箱根鉄道駿豆線の乗り場へ向かうと、ホームに停まっていた「伊豆大鉄道博覧会」と記されたヘッドマーク付きの7000系に乗り込みましたが、車内は比較的混んでいて、修善寺方面へ向かう行楽客かと思いきや、途中の三島田町でどっと降りていきました。何でもこの日は鉄道会社主催のハイキングが行われたとのことで、そちらに参加する乗客でした。

伊豆箱根7101@大場'13.11.23
伊豆大鉄道博覧会のヘッドマークをつけた7000系に乗り、大場に到着

 2つ先の大場に到着し、ここで下車。そのまま伊豆箱根鉄道の本社で行われたイベント会場へとやってきました。ここのイベントに来るのは、2006年以来7年ぶり。どちらかといえばファミリー向けのイベントで、鉄道イベントで見られるような車両展示や撮影会といったコアな層向けのものは控え目でありますが、そんな中注目したのは、2台の凸型電気機関車、ED32号とED33号でした。

伊豆箱根ED33号@大場工場'13.11.23
2台の凸型電気機関車は今年も健在

 1947年に製造され、当初は西武で活躍していましたが、5年後の1952年にここ駿豆線にやってきたとのこと。現在は工場の入換作業や大雄山線で使用される車両の甲種輸送で使われていますが、なかなか動いているところというのは目にするのは難しいところですね。一度は見てみたいところでもありますが・・・。

 一方、グッズ販売は、「のりもの市場」と銘打って多くの事業社が出店。静岡県内のみならず、首都圏の事業社も多く見られましたが、首都圏在住の身にとってはイベントでお馴染みの顔ぶればかりで、静鉄あたりは新鮮でしたね。ただ、あいにくめぼしいものが今回見当たらず、無料でもらえるクリアファイルやパンフ類を中心に仕入れてきました。

 そんなわけで、一回りしたところでそのまま退却と相成りましたが、ここのイベントで注目するのは、飲食ブースが充実していたところでしょうか。沿線のうまい処がいろいろと屋台を出していて、どれも興味がありましたが、ちょうど会場にいた時刻が食事時ではなく、今回はパスとなったのは残念だったところ。さすがにアルコール類はこの後のこともありましたし・・・coldsweats01

伊豆箱根7000系&軌陸車@大場工場'13.11.23
軌陸車と並ぶ7000系

 この後はイベント会場を離れ、富士山と駿豆線が撮影できるところへと向かいましたが、そちらについては次回報告したいと思います(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.06

来年度の運行再開を目指す~信楽高原鉄道

 今年9月の台風で橋脚が流され、今だ運行再開に至っていない信楽高原鉄道については先日こちらにも書きましたが、国の補助を受けて早ければ来年度中にも再開を目指すとのことで、一先ず最悪の事態は回避されそうです。今後、復旧に向けてどのくらいの費用が掛かるのか、調査をしてから具体的な日程がわかるものと思われますが、一日でも早い運転再開を祈るところですね。

 今年4月に近鉄内部線に乗りに行ってから京都へ向かう道中、草津線で貴生川に着いたときにタヌキのラッピングが施されたレールバスを見かけましたが、再び走り出す姿を目にしたい次第であります。

信楽高原SKR310形@貴生川'13.4
このタヌキのラッピングされたレールバスが動く姿を目にしたいところですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.12.05

【11/23】富士山×伊豆箱根鉄道駿豆線の旅その1~三島までの道のり

 先月23日は久しぶりに西へと向かうことに。朝6時前に地元を出発し、湘南新宿ラインで小田原までやってきました。この日利用したのは、休日おでかけパス。ここ小田原からはフリー区間外となるため、一旦改札を出てから手持ちのSuicaで入り直しとなりましたが、熱海行きの列車を待っていると、隣の大雄山線の乗り場には富士山をかたちどったヘッドマーク付きの列車が大雄山に向けて出発しました。

伊豆箱根5000系@小田原'13.11.23
富士山をあしらったヘッドマークつき大雄山線の列車を小田原で目撃

 この日向かう伊豆箱根鉄道の駿豆線もそうですが、ここ大雄山線も沿線から富士山を見ることが出来るところ。今年は世界遺産登録という記念すべき年となり、いろいろと話題になった富士山ですが、周辺を走る鉄道各社もさぞかし忙しかったことと思います。

 この後、熱海行きに揺られて真鶴に到着。ここで途中下車することにしました。実は小田原から三島までだと、ここで降りてきっぷを買い直した方が安くなるんですが、特にあてはなく、駅周辺をブラブラしていたら、駅前に豆相人車鉄道の記念碑があるのを発見。東海道本線が開通する前、小田原と熱海との間を結んだ人力による鉄道ですが、記念碑によれば、この付近には「城口」という駅があったのこと。

豆相人車鉄道説明板@真鶴'13.11.23
真鶴駅前に鎮座する豆相人車鉄道の説明板

 この後、熱海で乗り換えてJR東海エリアへと進み、伊豆箱根鉄道の乗換駅である三島へとやってまいりました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.04

市場の洋食屋が宮原駅前にオープン

 はるか昔に記事にした、大宮市場にある洋食屋の「キッチンニューほしの」ですが、新しい店舗が先月18日、宮原駅西口にオープンしました。実は夏頃から工事していたのを見かけていまして、その時はもう少し早い時期にオープンするようなことが書かれていましたが、のびのびになってこの度オープンした次第。さっそく先月22日の金曜日、仕事帰りに家内と一緒に訪ねて来ました。

 お店に着いたのは20時過ぎ。中にはそこそこお客さんがいてなかなか盛況な様子でしたが、メニューはオープニングとあって市場のお店に比べると少なめでした。あいにく自分の定番メニューであるトルコライスはなく、自分はジャンボカツカレー、そして家内はハヤシライスを注文しましたが、量の多さは相変わらずですねcoldsweats01。ジャンボカツカレーも名前だけあって、完食はなりませんでした。

キッチンニューほしの@宮原'13.11.22

ジャンボカツカレー@キッチンニューほしの'13.11.22
(2枚とも)市場の洋食屋が宮原にオープンrestaurant

 何分、この手のお店がこれまで宮原界隈になかったので、それなりにお客さんは入りそうですね。何より駅前にあるのが大きいところで、マイカーがないとなかなか行きづらい市場に比べ、気軽に行けるのは有難いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.03

和の未来~北陸新幹線用E7系

 すっかり乗り遅れてしまいましたがcoldsweats01、北陸新幹線の列車名が10月に決まり、東京と金沢との間を走る速達タイプの「かがやき」、停車駅の多いタイプの「はくたか」、富山と金沢との間を走る「つるぎ」、東京と長野との間を結ぶ「あさま」の4系統となりました。「はくたか」は在来線からの栄転(?)となり、「あさま」も現在のものがそのまま引き継がれることになりますが、速達タイプの「かがやき」は何とも意外でした。

北陸新幹線愛称決定ポスター@南流山’13.11.3
南流山駅に貼られた北陸新幹線愛称決定のポスター

 一方、それらに使用されるE7系も先日公開。「和の未来」というコンセプトの元、日本らしい内装が施されるとのことで、とかく無機質になりがちな新幹線の車内も、九州新幹線の800系あたりから趣向を凝らすようになってきたのは楽しみなところですね。このあたり、鉄道車両にも「おもてなし」の心が大事になってきているのではとも思えますが、乗る側にとっては歓迎したいところ。今から楽しみですね>E7系。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.02

【11/17】3日ぶりの東上線訪問記その4~晩秋の沿線風景

 先月17日の続きもこの記事で完結となりますが、森林公園から池袋行きの列車に乗り込んで霞ヶ関へとやってきました。ここまでは去年と全く同じルートでしたが、この後もルートは全く同じ。歩いて入間川の土手へとやってきました。今年も土手に並ぶ桜は晩秋のこの時期、赤く色づいていて、この季節らしい風景が広がっていましたが、今年は行くことが出来なかった桜のシーズン、来年は足を運びたいところですね。

209系@西川越’13.11.17
今年も入間川で晩秋の風景を堪能することにmaple

 そのまま西川越駅近くまで行き、そこから歩いて少し行った東上線の踏切付近で撮影タイム。するといきなり8000系が霞ヶ関寄りから近づいてきました。日中、玉淀から8000系に乗っていますが、こちらは4両編成と短いのに対して池袋と小川町との間を走るのは10連と長い編成で、こちらの方は最近、なかなか見る機会も少なくなりました。野田線では見慣れた車両もこちらでは貴重な存在となっています。

東武8000系@西川越’13.11.17
西日を浴びて8000系がやってきましたsun

 こうしてあれこれ撮影しているうちに時刻は16時近く。だいぶ日も傾いてきたので、西川越から川越線に乗り込み、家路へと急ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

【11/17】3日ぶりの東上線訪問記その3~東上線森林公園ファミリーイベント2013訪問

 先月17日の続き。玉淀から8000系に乗り込み小川町へと向かい、ここから池袋行きに乗り換えて森林公園へとやってきました。さっそくイベントが行われている森林公園検修区へ。時刻は13時過ぎで、さすがにこの時間にもなるとだいぶ落ち着いてきておりましたが、今年も開始直後はかなり混雑していたとのことで、やはりここはゆっくり訪ねた方が得策かもしれませんね。

 入口で会場の案内図と一緒に東上線の路線図が描かれたオリジナルバンダナをゲット。去年の硬券といい、ここのイベントはなかなか凝ったものをいただくことが出来るので、なかなかいい記念になったと思いますが、バンダナや手ぬぐいは自分にとってあまり使う機会がなく、そのままタンスの中に仕舞い込んでしまうことになりそうですcoldsweats01

東上線路線図オリジナルバンダナ
今年の記念品。個人的にはあまり実用的ではありませんが・・・coldsweats01

 そのまま会場へと進み、まずはグッズ販売のブースへと向かうことに。今回は東武のブースで、9000系と10000系、それに10030系のBトレをそれぞれ2箱づつゲットしてきましたが、ちょっとお値段は高めでしたねcoldsweats01。もっともいずれは買う予定だったものですので、ここは思い切って奮発してしまった次第でしたが、久しぶりの散在となりました。

東武9000系他Bトレ
今回の戦利品は東武のBトレ3種類wink

 続いて向かったのは車両撮影会場。こちらも定番のコーナーですが、今年も多くの来場者が集まっていましたね。今回はイベントでお馴染みのリバイバルカラー8111Fを始め、東急の「ヒカリエトレイン」も展示されましたが、こちらは今年9月に西武池袋線の大泉学園で初めて見かけました。如何せん1編成のみとあってなかなか乗ることが出来ませんが、一度は乗ってみたいところです。

車両展示@東上線ファミリーイベント’13.11.17

東武50090系&東急4000系@東上線ファミリーイベント’13.11.17

東武8000系@東上線ファミリーイベント’13.11.17
(3枚とも)今年の車両撮影会場のラインナップ

 車両撮影会場はあまりの混雑だったこともあって、一通り撮影を済ませた後、撤収。最後に洗車体験の様子を見てから検修区を後にいたしましたが、今回も回るパターンが例年とほぼ同じとなってしまいましたcoldsweats01。これも致し方のないところではありますが、この後は森林公園駅に戻り、東上線に乗車。次の目的地へと向かいました(つづく)。

東武50090系@東上線ファミリーイベント’13.11.17
今年も50090系による洗車体験が行われていましたwink

姫宮なな等身大パネル@東上線ファミリーイベント’13.11.17
この方もいらっしゃいました>ななheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »