« 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 | トップページ | 【12/31】地元鉄~1年間ありがとうございました »

2013.12.30

【12/15】冬の江ノ電訪問その4~江の島・鎌倉フリーパス途中下車顛末記

 冬の江ノ電訪問記、前回の記事で一通り報告は終了となりますが、一つだけ書いておきたいことがあります。それは、今回使用した江の島・鎌倉フリーパスについてですが、小田急の公式サイト内にある「おとくなきっぷのご案内」の江の島・鎌倉フリーパスのページを見ると、こう書かれています。

※発駅~藤沢駅間の小田急線のご乗車は往復1回に限ります。(ただし途中下車の制限はありません。)

 これを見る限り、発駅からフリー区間の入口である藤沢までは後戻りできないものの、途中下車することについては制限がない、つまり途中下車可能と読み取ることができます。事実、数年前に同じ江の島・鎌倉フリーパスを使って途中下車したことがあり、今回も藤沢までの道中にいくつかの駅で途中下車をしようと考えておりました。

 さっそくとある駅で途中下車するべく有人改札へ。当初、そのままどうぞとのことで、すんなり行くかと思いきや、きっぷはここで回収する旨伝えられました。もちろんそれでは困るので、引き続き乗る旨伝えたところ、的を得ない表情で、運用が変わったのかと聞いてみてもなしのつぶて。奥にいた別の社員も、江の島・鎌倉フリーパスのパンフレットに途中下車についての記載がないことを理由に同様の対応となりました。

 挙句の果てに、今回特別に途中下車を認めますという旨伝えられましたが、さすがにそこまでして降りる気もなく結局断念。その場を離れ、そのまま藤沢へと直行と相成りました。

 今回下車しようとした駅は特急が停車しない駅だったので、これが町田や相模大野といった特急停車駅だとどうだったのかが気になるところ。帰宅後、改めてフリーパスの途中下車について調べてみましたが、出来なくなったような記事など見当たらず、今回の対応については何とも不可解なところです。ICカードが幅を利かせる中、複雑なきっぷのルールを熟知した社員が少なくなりつつあることも理由の一つかもしれませんね。

江の島・鎌倉フリーパス'13.12.15
今回利用した、「江の島・鎌倉フリーパス」

|

« 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 | トップページ | 【12/31】地元鉄~1年間ありがとうございました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58849068

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/15】冬の江ノ電訪問その4~江の島・鎌倉フリーパス途中下車顛末記:

« 【12/15】冬の江ノ電訪問その3~江ノ島散策 | トップページ | 【12/31】地元鉄~1年間ありがとうございました »