« 【1/18】都営新宿線10-300形3次車に乗る | トップページ | あれから早10年・・・ »

2014.01.30

【1/18】都営バス90周年記念イベント・旧塗装ラッピングバス撮影会に行く

 今月18日の続き。住吉駅近くのバス停から都バスの錦13系統に乗り込みます。このバスで終点の深川車庫を目指しますが、途中どこかで目にしたことのある風景に出くわしました。正面には地下鉄東西線の15000系の姿がありましたが、2005年1月に公開イベントが行われた深川車両基地の一角でした。当時はまだ5000系が健在だった頃で、イベント会場でも展示されていましたね(当時のblog記事はこちら)。

車両吊り上げ作業@深川車両基地'05.1
2005年1月に深川車両基地で行われたイベントの様子

 バスは工業地帯の一角を縫うように走りながらりんかい線の東雲駅前を過ぎ、それから数分で終点の深川車庫に到着しました。地元からなら埼京線で1本道のところでしたが、バスを降りてまずは営業所の窓口へ。この日から発売開始の90周年都バス1日乗車券を入手いたしました。お値段1,000円也。A4サイズの台紙に入った立派なものですが、有効期限が今年3月一杯なのがちょっと頭の痛いところbearing

90周年都バス1日乗車券
営業所で記念乗車券をゲットwink

 時刻は9時を過ぎたあたり。ちょうど撮影会が始まった頃で、さっそく隣にある撮影会場へ向かいました。会場には5台のラッピングバスの他に2台のバスが展示。それぞれ各年代に活躍した塗装を身に纏っていましたが、自分自身これらのカラーは写真で目にした程度でしかなく、現在のグリーンをベースにした塗装しか馴染みがなかったりしますcoldsweats01

都バス旧塗装ラッピングバス撮影会看板@深川車庫'14.1.18

旧塗装ラッピングバス@深川車庫'14.1.18-1(2枚とも)往年の都バスのカラーが復活!

 そんな中、白地に青で塗装されたバスの前に多くのギャラリーが集まっていました。自分も写真でよく目にした塗装ですが、このバスが走っていた当時の都知事の名前を取って「美濃部カラー」と呼ばれる塗装であります。やはり世代によって思い入れのある塗装がありそうですが、前後の塗装は古すぎたりわずかな期間で消えたりと、やはり美濃部カラーは一番馴染み深いところかもしれませんね。

旧塗装ラッピングバス@深川車庫'14.1.18-2
多くのギャラリーが集まっていた「美濃部カラー」

 これで深川車庫を撤収。東16系統東京駅行きに乗り込み、豊洲へ向かいました。ここからゆりかもめに乗り換えますが、この続きは後日報告いたします(つづく)。

|

« 【1/18】都営新宿線10-300形3次車に乗る | トップページ | あれから早10年・・・ »

バス」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59039712

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/18】都営バス90周年記念イベント・旧塗装ラッピングバス撮影会に行く:

« 【1/18】都営新宿線10-300形3次車に乗る | トップページ | あれから早10年・・・ »