« ハイライトからヒントを得た0系の青と白 | トップページ | 【12/27】仕事納め »

2014.01.11

【12/24】年末の富士急乗り歩き・続編

 年末の富士急日帰り旅の続きですが、無事この日の目的を果たしたので、後はのんびり沿線をブラブラすること。下吉田駅に戻り、次の河口湖行きの列車の時刻を確認したところ、少し時間があったのでブルートレインテラスに展示されているスハネフ14にご挨拶してきました。これまで何度か足を運んでおりますが、きれいに整備されている様子で、末永くこの地で大事にされて欲しいところですね。

スハネフ14-20@下吉田'13.12.24
ブルトレが終焉の昨今、この車両は末永く大切にして欲しいところhappy01

 12時58分発河口湖行きの列車に乗るべくホームで待っていると、やって来たのは「マッターホルン号」と呼ばれる赤と白に塗装された1000形でした。ここまで115系や富士急6000系に乗ってきたので、ようやくここで1000形に乗ることが出来ましたが、6000系の入線以降、やや影が薄くなりつつあるのが気になるところ。この後、富士山駅で途中下車することにいたしました。

富士急1000形@富士山'13.12.24
この日最初に乗った1000形はマッターホルン号

 時刻は13時を過ぎたあたり。すでにこの日の目的は果たしているので、帰りは14時ちょうど発の富士登山電車に乗ることにしましたが、この列車には乗車整理券が必要なことから、空席状況を窓口で確認。幸い空いているとのことで、整理券を1枚確保した後、市内へと繰り出しました。駅周辺の2ヶ所の郵便局を回って風景印をゲット。いずれも富士山が描かれているあたり、お約束ですねfuji

富士吉田風景印'13.12.24
富士山駅周辺にある郵便局の風景印。もちろん富士山がデザインされてますfuji

 再び富士山駅に戻り、ホームでしばし待っていると、河口湖方面から富士登山電車が到着。早速乗り込むと座席がほぼ埋まっている状態で、空いている席に何とか着席したところで14時ちょうど、富士山駅を発車しました。しばらくすると、車窓に富士山の姿が見えてきましたが、乗客の中にはアジア方面からの観光客の姿もあり、世界遺産登録でさらに外国人旅行客の需要が増えそうですね。

富士急1205@三つ峠'13.12.24

富士登山電車車窓'13.12.24

クリスマス装飾@富士登山電車車内'13.12.24
(3枚とも)富士登山電車で大月へ

 こうして富士登山電車は14時46分、終点の大月に到着。隣のホームには京王5000系時代の白地に赤い帯の入った1000系が停車していて、到着してから5分ほどした14時51分に河口湖行きとして出発しました。今回こちらを目にしたのはこれだけ。元のカラーだけに、1000形にはこの塗装が一番ぴったりですね。

富士急1000形@大月'13.12.24
大月で待ち構えていたのは、白に赤帯の元京王塗装

 この後15時19分発東京行きに乗車。E233系なので旅情は全く感じませんがcoldsweats01、高尾を越えて先まで乗り換えなしで移動できるのは有難いところですね。八王子では16時52分発の大宮行きむさしの号に乗り換え。この3月のダイヤ改正ではこれまで通過していた豊田と日野に停車するものの、現行より遅めの列車が新たに設定されるとのことで、富士急沿線へ行く際はもう少し滞在できそうですね。

クハ204-103@八王子'13.12.24
むさしの号で大宮へ

|

« ハイライトからヒントを得た0系の青と白 | トップページ | 【12/27】仕事納め »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/58924982

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/24】年末の富士急乗り歩き・続編:

« ハイライトからヒントを得た0系の青と白 | トップページ | 【12/27】仕事納め »