« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その2~2年ぶりの和歌山へ | トップページ | 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その2~新潟の町を歩く »

2014.03.27

新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その1~酒処・新潟を堪能する

 今日は全国鉄道むすめ巡りの旅は一旦お休み。今月15日に新潟へ日帰り旅してきた時のことについて報告します。この日は大宮を6時半過ぎに発車する新幹線に乗るため、宮原を6時過ぎに発車する上野行きに乗車しましたが、駅へ向かう途中、線路沿いにカメラを持った多くのギャラリーと遭遇しました。この後、いよいよラストラントなった上野行きあけぼのが通過しましたが、残念ながら立ち会いは出来ず、そのまま大宮へ向かいました。

E7系乗車位置@大宮'14.3.15
この日から運行を開始~E7系

 大宮6時34分発のとき301号に乗車。今回の旅は家内も同伴で、2人で流れる車窓を見ながら一路新潟を目指しますが、上毛高原を過ぎて長い大清水トンネルを抜けると、そこはまさに雪国で、越後湯沢駅付近の民家の屋根には雪が厚く積もっていました。しかしそんな光景も長岡に近づくに連れて次第になくなり、晴れ間も出るほど。新潟平野を快調に走りながら、終点の新潟には8時12分に到着しました。

雪景色@越後湯沢'14.3.15
トンネルを抜けるとそこは・・・snow

 実は今回の旅、家内の同僚とご一緒させていただくことになっておりましたが、同僚のグループはこの後やってくるMaxとき303号に乗車とのことで、40分ほど待ち時間がありました。そこで、時間潰しを兼ねて駅構内をブラブラすることに。在来線ホームに向かう都、E653系のいなほ1号が停車していました。この塗装になってから実物を見たのはこれが始めてでしたが、車体には沿線のゆるきゃらがラッピングされておりました。

特急いなほ1号@新潟'14.3.15

きてけろくん@新潟'14.3.15
(2枚とも)E653系化されたいなほと初対面

 9時過ぎ、Maxとき303号で到着した家内の同僚グループと合流。タクシーに分乗し、今回の旅の目的地である朱鷺メッセに向かいました。ここでこの日と翌16日の2日間、「にいがた酒の陣」というイベントが開催され、新潟県内の酒蔵がそれぞれブースを出して試飲や販売が行われるという文字通り酒をテーマにしたイベントでしたが、首都圏から旅行商品も組まれるほどの人気で、市内の宿泊施設も盛況だとか。

にいがた酒の陣入口'14.3.15
会場に到着

 会場にはすでに多くの来場者が詰め掛け、長い列が出来ていました。さっそくその列に加わり、しばし待つこと10時過ぎ、ようやく列が動き出しました。如何せん初めてのイベントとあって勝手がわからず、ただ行列に身を委ねるのみでしたが、受付で事前に買っておいた前売券を見せると、腕に黄色い腕輪を付けてくれました。これが試飲できる目印となっており、さっそく試飲するべくブースへと向かいます。

 と言っても特にこれといって目当てがあるわけではなく、適当にブラブラしながら試飲を楽しむことに。中にはこのイベント限定の酒が試飲できるとのことで、わざわざ遠方から訪れる参加者もいるほどとのことでしたが、会場には酒のつまみになる食べ物の販売もなかなか充実しており、適当に買っては持ち寄って味わうことにしました。

ノドグロ丼&寿司@にいがた酒の陣'14.3.15
つまみも充実happy01

 いろいろブースを廻ってはいろいろと試飲を楽しみましたが、せっかくなので何かおみやげに買って帰りたいところ。何か気になるものがないか探していたら、漫画「うる星やつら」などの原作者である高橋留美子氏がデザインしたラベルの酒を売っているブースを見つけました。ふじの井酒造という新発田市にある酒蔵ですが、漫画「めぞん一刻」のキャラクターがラベルにデザインされた小ぶりの瓶を1本手に入れてきました。

日本酒@にいがた酒の陣'14.3.15
会場での戦利品bottle

 この他、会場内にはJR東日本新潟支社も出展。5月にデビューする新潟支社のジョイフルトレイン、「越乃Shu*Kura」のコーナーもありました。「酒」をコンセプトとした列車だそうで、さすがは酒処新潟らしい列車ですが、昨年登場した「TOHOKU EMOTHION」を始め、先日首都圏にもお目見えしたSL銀河など、JR東日本管内で楽しい列車が続々登場しており、どれも乗ってみたくなりますね。

越乃Shu*Kura模型@にいがた酒の陣'14.3.15
酒をテーマにしたジョイフルトレイン「越乃Shu*Kura」

 正午近くになると来場者も次第に増え、到着した時には比較的余裕だった会場内の各ブースも動きづらくなってきました。長居して酔っ払ってしまう人も出るほどのイベントとあってある程度気をつけていましたが、さすがに酒ばかり飲んでいては飽きてきたところ。悪酔いしないうちに会場を離れ、腹ごなしを兼ねて朱鷺メッセ内の食事処で軽く食事することに。へぎそばを食べてきました。

へぎそば@朱鷺メッセ'14.3.15
へぎそばで腹ごなし

 この後は酔い覚ましを兼ねて新潟の町をぶらぶらすることにしましたが、少し長くなってきたので、ここで一旦切ることにします(つづく)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その2~2年ぶりの和歌山へ | トップページ | 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その2~新潟の町を歩く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59365886

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その1~酒処・新潟を堪能する:

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その2~2年ぶりの和歌山へ | トップページ | 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その2~新潟の町を歩く »