« 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その1~酒処・新潟を堪能する | トップページ | 【3/16】鬼怒川温泉への道のり »

2014.03.28

新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その2~新潟の町を歩く

 にいがた酒の陣を訪ねる旅の続き。朱鷺メッセの食事処でへぎそばを食べた後、家内の同僚と別れて2人で信濃川沿いを歩くことにしました。朱鷺メッセを背にしてしばらく歩いていると、信濃川に架かるコンクリート造りの橋が見えてきましたが、新潟市のシンボル的存在である萬代橋はちょうど10年前の2004年に国の重要文化財に指定。この橋を渡って対岸の万代シティバスセンター付近までやってきました。

萬代橋@新潟'14.3.15
新潟のシンボル、萬代橋を渡ってバスセンター付近へ

 万代シティバスセンターに隣接する商業ビルの中に、新潟市マンガ・アニメ情報館という施設があり、見学することに。新潟市が策定した「マンガ・アニメを活用したまちづくり構想」に基づき開設されましたが、館内には「ドカベン」の水島新司氏や「うる星やつら」の高橋留美子氏といった日本を代表する漫画家を始め、新潟ゆかりの漫画家やアニメーターの作品が紹介されていました。

エヴァカフェ@ビルボードプレイス'14.3.15
企画展「エヴァンゲリオン展」が開催中のマンガ・アニメ情報館を訪ねる

 館内ではちょうど企画展「エヴァンゲリオン展」が開催されており、商業施設内にある飲食店はエヴァンゲリオンのイラストで埋め尽くされていましたが、この他館内にはアニメの基本的なしくみについて学んだり漫画の製作を実際に体験できるコーナーがあったのは目新しいところでしたね。さいたま市にも大宮に漫画会館がありますが、新潟のこちらの施設と比べるとちょっと古臭さは否めないところですね。

 この後、万代シティバスセンターから新潟市観光循環バスに乗車。帰りの新幹線まで時間があったので、時間潰しを兼ねて乗ることにしましたが、15時44分に白山公園に先に向かうドカベン号がやってきたものの、ドカベンのキャラクターがデザインされたラッピングバスがこの日は検査の関係でお休み。一般車での運行でした。せっかくマンガ・アニメ情報館を観てきたばかりだったので、ちょっと残念でしたweep

新潟市観光循環バス停留所@万代シティバスセンター'14.3.15
時間潰しに乗車

 バスは再び萬代橋を渡り、県庁や市役所など官公庁がある白山公園付近へ差し掛かりました。この辺りはかつて新潟交通の鉄道路線が伸びていて、白山前駅というモダンな駅舎がありました。1990年3月、ここから乗り込んで終点の燕まで乗り潰しをしたものでしたが、それから2年後の1992年に白山前と東関屋の区間が廃止。それから早20年が経過し、今はその形跡をうかがい知ることは出来ないようです。

白山前駅舎'90.3.19
在りし日の白山前駅('90年3月訪問)

 バスはやがて日本海の海岸線までやってきて、マリンピア日本海の最寄から多くの乗客が乗り込んできました。車内は一気に盛況となり、立ち客も出るほど。そんな中、自分はうとうとしてしまい、気づいた時には朱鷺メッセの近くまで来ておりましたが、相変わらずイベント会場へ向かう人の姿が見られ、根強い人気を伺わせてくれました。こうしてバスは万代シティバスセンターから1時間近くかけ、終点の新潟駅まで到着。

新潟市観光循環バス@新潟駅前'14.3.15
1時間かけて新潟駅前に到着

 この後、駅構内でみやげを物色しながら過ごし、いよいよ18時16分発Maxとき344号で帰ることに。グリーン車に乗り込みました。乗車1ヶ月前だとかなり割安で指定席特急券を購入できる「えきねっと割引」というのがありますが、行きは普通車が取れたものの、帰りはあいにく満席。グリーン車しか空きがありませんでしたが、それでも普通に買うのに比べ安く、おかげで帰りは豪勢な旅を味わうことが出来ましたwink

雪だるま弁当'14.3.15
グリーン車内で食べた雪だるま弁当

|

« 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その1~酒処・新潟を堪能する | トップページ | 【3/16】鬼怒川温泉への道のり »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59370720

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その2~新潟の町を歩く:

« 新潟淡麗にいがた酒の陣を訪ねる旅その1~酒処・新潟を堪能する | トップページ | 【3/16】鬼怒川温泉への道のり »