« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その12~雪の大津線乗り歩き | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その1~大落古利根川の桜 »

2014.04.16

全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その13~旅の終わりはこだま号

 全国鉄道むすめ巡り関西編もいよいよ大詰め。浜大津14時3分発の太秦天神川行きに乗り込み、京阪山科へやってきました。ここで、隣接するJRの山科駅から東海道本線に乗り換え。湖西線からやってきた113系に乗り込みました。103系や201系と並んでもはや首都圏では見ることができなくなった車両ですが、緑1色に塗装され、ここでもJR西日本お馴染みの単色化が施されていました。

石山ともかポスター@京阪石山'14.3.10
大津線各駅に掲示されていた石山ともかのポスターheart01

クハ111‐7704@京都'14.3.10
緑1色に単色化された113系に揺られ、京都に到着

 こうして再び京都へ戻ってきましたが、ここからはいよいよ帰り道。新幹線に乗って帰ることにします。乗り込んだのは、15時9分発こだま666号。今回も、2月の大井川鉄道の京阪3000系ツアーに続いてぷらっとこだまのプランを押さえておきましたが、東京と京都の区間で1万円を切る値段は、高速バスを除けば、特に急ぎでないときには魅力な設定ですねhappy01

 京都を発車してしばらくすると、瀬田川の鉄橋を通過。川の手前で大津線の線路と交差しましたが、加速してスピードが出ていたこともあり、あっという間に通過してしまいました。一方空模様の方も、京都を発車した時には好天だったのが次第に雲行きが怪しくなり、米原に近づく頃には雪景色に変貌。米原で後続列車の通過待ちをしていた時にホームに降りてみましたが、駅周辺は一面の銀世界でした。
 
瀬田川付近@こだま666号車内'14.3.10

米原付近@こだま666号車内'14.3.10
(2枚とも)京都から米原までの一区間でこれほど変化するとは・・・coldsweats01

 米原を発車し、関が原を越えると再び天気は回復。セントラルタワーを始めとする高層ビル群が乱立する名古屋に到着しました。さすがにここからは多くの乗客が乗り込んできて、自分が乗っていた車内は座席が埋まりつつありましたが、その後も各駅に停車しながら後続列車の通過待ちの繰り返し。富士川の鉄橋に差し掛かった頃には、だいぶ日も暮れていました。

富士山@こだま666号車内'14.3.10
明るいうちに富士山を拝めましたfuji

 こうして明るいうちに富士山の雄姿を拝み、終点の東京には18時47分に到着。京都を出てからおよそ3時間半、ようやくこだまの旅も終了となりました(おわり)。

こだま666号@東京'14.3.10
終点東京に到着。今回は定時運行でしたhappy01

|

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その12~雪の大津線乗り歩き | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その1~大落古利根川の桜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59480360

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その13~旅の終わりはこだま号:

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その12~雪の大津線乗り歩き | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その1~大落古利根川の桜 »