« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その8~アニメ「いなり、こんこん、恋いろは」で盛り上がる京阪沿線へ | トップページ | 【3/27】スワローあかぎに初乗り »

2014.04.07

【3/22】新しくなった指扇駅を訪ねる

 先月22日ですが、前日の21日からこの日の朝に掛け、18きっぷを使って松本と名古屋を旅しておりました。御前様になる30分ほど前に中央本線の中津川に到着し、ここから新宿行きの夜行高速バスを利用しましたが、早朝新宿に到着後、寄り道したりして自宅には朝の9時半頃に帰宅。風呂に入ったり掃除をしてしばし休息した後、日中は近場へ軽くお出かけしてきました。

 まずは地元で、11時半過ぎにやってくる651系使用の特急草津83号や配6794レなどを撮影。配6794レは今回のダイヤ改正からなのか、いつの間にか機関車がEF64に変わっていました。EF65だったり”ブルーサンダー”EH200だったりと、頻繁に機関車が変わっている配6794レですが、EF64だと原色だったり広島更新色だったりとバリエーションがあるので、これからが楽しみですね。

特急草津83号@宮原'14.3.22

EF64‐1005@宮原'14.3.22
(2枚とも)お昼の撮影タイム~651系特急草津&配6794レ

 この後日進から川越線に乗車。2つ目の指扇へやってきました。ここは先月9日に新しい駅舎が供用を開始。今回はその新しい駅舎を拝みにやってまいりましたが、外観は近隣の西大宮や日進とよく似た造りで、これはある程度致し方ないところでしょうかね?もうちょっと個性のある駅舎にしてもいいんじゃないかと思ってしまいますが、北口側にあるちょっとしたスペースから駅の北側が見渡せるのがせめても救いでしょうね。

指扇駅舎'14.3.22
新しくなった指扇駅

 その北口は駅前ロータリーが目下工事中で、駅前らしい風景になるにはもうちょっと時間が掛かりそう。ただ、近隣に高校がいくつか点在しており、昔からこれらの学校へ多くの生徒が乗り降りしているので、北口を利用できるようになったのは大きいところですね。以前から臨時の改札口はありましたが、周辺も徐々に民家が出来ているので、いずれは北口も南口同様賑やかになりそうです。

北口@指扇'14.3.22
駅の北口を望む

 この後、隣の西大宮まで歩いて移動。この区間は昨年6月、指扇氷川神社のアジサイを見に行った帰りに歩いているので、概ね道のりは把握していましたが、途中で「川越」「さいたま」と書かれたラッピング車両とそれ違い。川越方面へ走っていくのを確認しました。これは3月末まで行われていた「川越・さいたまぶらぶらスタンプラリー」のラッピング車両で、川越から折り返してくるところを西大宮で待ち伏せ。

E233系@西大宮'14.3.22

さいたま市ラッピング'14.3.22
開催終了まで10日弱、ようやく撮影できましたwink>川越・さいたまぶらぶらスタンプラリーラッピング列車

 そのままこちらに乗り込み、日進へ。時刻は15時を回ったあたりだったので、16時過ぎまで夕方の撮影タイムと相成りました。ダイヤ改正後、安中貨物の通過時間がどうなるのかが気になるところでしたが、こちらは特に大きな変化はなし。いつもの金太郎を見送り、帰宅しました。

EH500‐29@宮原'14.3.22
ダイ改後も健在>安中貨物

|

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その8~アニメ「いなり、こんこん、恋いろは」で盛り上がる京阪沿線へ | トップページ | 【3/27】スワローあかぎに初乗り »

さいたま市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59430103

この記事へのトラックバック一覧です: 【3/22】新しくなった指扇駅を訪ねる:

« 全国鉄道むすめ巡り&交通科学博物館訪問の旅その8~アニメ「いなり、こんこん、恋いろは」で盛り上がる京阪沿線へ | トップページ | 【3/27】スワローあかぎに初乗り »