« 【4/19】1000系のいない秩父鉄道沿線を巡る | トップページ | 鉄博のおみやげ各種 »

2014.04.29

【4/19】限定イベント・ナイトミュージアムを訪ねる~鉄博

 19日ですが、もう一つ書くことがありました。一旦自宅に戻り、一休み。今度は家内を連れて鉄道博物館へやってまいりました。実は3月末まで行われていた「川越・さいたまぶらぶらスタンプラリー」で、スタンプを押して手拭いを貰ったことはこちらの記事に書きましたが、その時応募した鉄道博物館のナイトミュージアムが見事当選しました。4月頭に行ったばかりだったものの、通知が届いたのはその後だった次第。

 鉄道博物館駅に到着し、さっそく鉄博の入口へ。すでに多くの人が行列を作って会館を待っている状態でしたが、開館時刻の18時半にその行列が動き出し、館内へ進みます。すると正面には、今回のスタンプラリーの舞台となったさいたま市と川越市のゆるきゃら、ヌゥとときもがお出迎え。この辺り、人数限定のイベントならではといったところですね。

ヌゥ&ときも@鉄道博物館'14.4.19
さいたま市と川越市のゆるキャラがお出迎えhappy01

 まずはヒストリーゾーンへ。限定イベントとあって、普段の時と比べると館内はだいぶ落ち着いていましたが、中央に鎮座するC57には特製のヘッドマークが取り付けられていました。おそらくこのイベント限定のものと思われますが、こちらも限定イベントならではといったところですが、他にもいろいろナイトミュージアム限定のイベントが企画されていました。

C57135@鉄道博物館'14.4.19
C57に取り付けられたナイトミュージアム限定の特製ヘッドマーク

 そんな限定イベントの一つに、春先に行われていたナハネフ22の車内公開があり、今回も見てまいりました。車内へ入るのに幾分時間が掛かりましたが、今回も時間での入れ替え制で、スタッフによる説明を受けながら見学となりましたが、改めて20系の52センチの寝台幅に、家内もびっくりの様子でしたねcoldsweats01。自分もこの寝台で旅したことがありましたが、24系に比べても狭いのが肌で感じられました。

ナハネフ22寝台@鉄道博物館'14.4.19
ナハネフ22の車内に再び潜入happy01

 この後、家内と一緒に館内をブラブラしながら過ごしてまいりましたが、ナイトミュージアムは2012年の時に続いて今回で2回目。普段とは雰囲気の異なる博物館の姿を楽しめるので、今後もこうした企画が開催されるのを楽しみにしていますhappy01

|

« 【4/19】1000系のいない秩父鉄道沿線を巡る | トップページ | 鉄博のおみやげ各種 »

さいたま市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59553137

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/19】限定イベント・ナイトミュージアムを訪ねる~鉄博:

« 【4/19】1000系のいない秩父鉄道沿線を巡る | トップページ | 鉄博のおみやげ各種 »