« 今日は | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き »

2014.04.19

【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その2~蓄電池電車が走る烏山線を訪ねる

 2014年春最後の18きっぷ旅の続き。栗橋から宇都宮線に乗り込み、宇都宮へやってきました。ここから烏山線の列車に乗り換えますが、烏山線と言えばやはり先月のダイヤ改正で営業運転を開始した蓄電池電車「ACCUM」。今のところ運用が限定されてますが、ダイヤ改正号となったJR時刻表3月号の烏山線のところを見ると、10時3分発烏山行きの列車番号が1329Mとなっており、蓄電池電車が使用されていることがわかります。

 ホームで列車の入線を待つことに。ホームには多くの乗客が列車を待っており、なかなか盛況な様子でしたが、やがて黒磯寄りからステンレス車体に緑の帯が入った2両編成の列車が入線してきました。真新しい車体には「ACCUM」と記されたロゴが入っていて、車内は新車の香りがまだ残っていましたが、ロングシートの一角に腰を下ろすと10時3分、烏山行きの”電車”はほぼ定刻に宇都宮を発車しました。

ACCUMポスター@宇都宮'14.4.5
この日のミッションであるACCUMに乗車

 宝積寺までは東北本線の線路を走るので、パンタグラフを上げての運行となりますが、その先はもちろん架線のない非電化区間になるため、パンタグラフを下げて充電した電力で動くことに。宝積寺でしばらく停車したのちに出発。非電化区間は多少速度は落としていましたが、やはり一番印象に残ったのは静かな車内でしたね。これは周りの乗客からも声が上がっているのが聞こえましたが、地元でも評判は上々の様子のようです。

 こうしてACCUMは10時57分、終点の烏山に到着。さっそくホームに降りて外からACCUMの様子を見ることにしましたが、しばらくするとホームに併設された充電設備にパンタグラフを上げて充電を開始しました。この設備は昨年10月に烏山線沿線を訪れた際に設置されていたのを確認していますが(詳しくは、こちら)、パンタを通じて充電している様子はまるで家電製品みたいですねcoldsweats01

EV-E301系@烏山'14.4.5

ACCUM側面ロゴ'14.4.5

パンタグラフ'14.4.5
(3枚とも)烏山線のニューフェイス、ACCUMに乗って烏山に到着

 さて、この後折り返しまでは1時間半ほど時間が空いてしまいましたので、ここでランチタイムついでに町中をブラブラすることにしますが、改札を抜けて駅前に立つと、以前あった木造の駅舎に代わってこじんまりとした立体感ある建物へ建替えられていました。去年10月に訪れた時にはまだ木造駅舎が健在だったので、新しい駅舎を目にした時には正直びっくりでしたが、ローカル線の終着駅らしい駅舎がなくなってしまったのは残念weep

烏山駅舎'14.4.5
建替えられた烏山駅

 この後、烏山の街中へ繰り出すことになりましたが、ここ烏山はいつ行っても食事処に困るところ。で、今回は駅から少し離れたところにあるファミレスで済ませることにしました。どこにでもあるチェーン店と味気のないランチとなってしまいましたが、食後は腹ごなしを兼ねて公園を散策することに。園内には花が開いた桜の木があり、すでに散りつつあった関東南部に比べるとちょうど見頃でした。

桜@烏山'14.4.5
烏山の桜はちょうど見頃を迎えていましたcherryblossom

 こうしてブラブラしてから再び烏山駅に戻り、12時29分発宇都宮行きに乗り込みましたが、この後はどこか適当なところで降りて撮影タイムといたしました。この続きですが、少し長くなってきたのでこのあたりで一旦切ることにします(つづく)。

|

« 今日は | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59496555

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その2~蓄電池電車が走る烏山線を訪ねる:

« 今日は | トップページ | 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き »