« 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き | トップページ | 【3/21】18きっぷで行く松本・名古屋の旅その1~松本までの道 »

2014.04.20

【4/6】飛鳥山&大宮公園花見散策記

 今年の首都圏の桜ですが、先月末に満開を迎えたものの、3月最後の日曜日となった30日はあいにくの天候だったこともあって見て回ることができませんでした。残すは次の週で、5日は前回書いてきた通り、最後の1日分の18きっぷを使って烏山線沿線に出向いていたこともあり、翌6日に都内へ出向いて見て回ることに。まずは
飛鳥山公園のある王子にやってまいりました。

 飛鳥山公園も毎年足を運んでいますが、今年はまずほくとぴあの展望台へ上がって見ることに。今年のJR東日本のカレンダーで、3月に使用された写真が桜のシーズンにここから撮影されたもので、どんな様子なのか今回足を運んで見た次第でしたが、満開の時期からはやや過ぎた様子で、公園は幾分くすんだ印象は否めず、なかなか写真の様には行きませんねcoldsweats01

E4系@王子'14.4.6
ほくとぴあの展望台からの眺め。桜は少し盛りを過ぎた様子・・・weep

 しばらくここでのんびりして、E5系やE6系といった新鋭と桜のツーショットを撮影したかったところでしたが、時間がなかったため、適当なところで切り上げて地上へ降りることに。駅を経て明治通り沿いに歩きながら、飛鳥山交差点の歩道橋までやってきました。飛鳥山公園の桜をバックに行き来する都電の様子は例年通りで、ここは今年も目にすることが出来ましたwink

都電7000形@王子'14.4.6
今年も見ることが出来ました>飛鳥山公園の桜cherryblossom

 やや曇りがちな天気の中、飛鳥山公園には多くの花見客でごった返していましたが、その様子を横目で見ながら王子を発つことに。京浜東北線で赤羽へ向かい、宇都宮線に乗り換えて土呂へやってきました。この後、毎年恒例の大宮公園の花見オフに合流しますが、20分ほど歩いて到着。護国神社の鳥居付近に宴席を広げていた本体と合流しました。

 ここ大宮公園の花見オフは10年以上も続く毎年恒例の行事で、参加者とは1年に1度顔を合わせる程度となっていますが、こちらもまだまだ花を開いていて、公園内には多くの花見客が詰め掛けていました。そんな中、一時は西の方から雨雲が立ち込めてきて、合流してから1時間も経たない時間に一旦は撤収することになったものの、雨は降らず。その後、天気も徐々に回復し、再び宴席が開かれることになりました。

桜@大宮公園'14.4.6
恒例の大宮公園の花見オフに参加

 こうして15時過ぎに花見オフは終了しましたが、帰るには少し早かったので、鉄博へ寄り道することに。大宮公園から20分ほど歩いて鉄博にたどり着きましたが、ちょうど「鉄道×絵画」と題した企画展が行われていたので、見てまいりました。鉄博でコレクションしている鉄道関連の絵画の展示でしたが、写真の方が多い中、絵を通じてみる鉄道というのも新鮮なところ。あいにく自分は絵心はありませんが・・・coldsweats01

鉄道×絵画企画展@鉄道博物館'14.4.6

埼玉新都市交通2000系@鉄道博物館'14.4.6

167系HM@鉄道博物館'14.4.6
(3枚とも)鉄博に寄り道

|

« 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き | トップページ | 【3/21】18きっぷで行く松本・名古屋の旅その1~松本までの道 »

さいたま市」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

桜が映えるアングルで、私も見に行きたくなりました( ^∀^)

投稿: 研究★室長 | 2014.04.20 15:04

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 首都圏周辺では桜の名所も多く、例年飛鳥山公園や大宮公園には毎年必ず訪れていますが、残念ながら今年は飯田橋から市ヶ谷にかけての堀や去年足を運んだ柳瀬川など、行けなかったところもあり、こちらは来年リベンジしたいですね。それでは。

投稿: mattoh | 2014.04.21 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59500188

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/6】飛鳥山&大宮公園花見散策記:

« 【4/5】最後の1枚、2014年春18きっぷの旅その3~宇都宮界隈”撮”歩き | トップページ | 【3/21】18きっぷで行く松本・名古屋の旅その1~松本までの道 »