« 【5/24】2014鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェアを訪ねるその3~大宮の町に汽笛が響く | トップページ | 大宮の鉄道イベントを振り返る »

2014.05.31

【5/24】2014鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェアを訪ねるその4~イベントの後

 24日の続き。大宮総合車両センターを出た後、大栄橋を渡って東側、銀座通りへやってまいりました。例年だと大宮総合車両センターだけで終わってしまうイベントですが、今年は大宮駅の周辺に様々な物販ブースが出店するなど、鉄道ファンだけではなく多くの人が楽しめる内容となっていました。こうした流れは「鉄道の町」が売りの大宮にとって、これまでにない新しいスタイルですね。

 そんな中、今回のイベントでは各箇所にスタンプが設置されており、それらのスタンプを3個押印すると記念品がゲットできるとのことなので、スタンプラリーをしながら西口の鐘塚公園へやってきました。ここにはステージが出来ていて、いろんな催し物が行われていましたが、それを横目で見ながらスタンプラリーの受付へ向かい、記念品をゲット。大宮駅の駅名板を模したストラップをいただきましたhappy01

鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェア戦利品
今年の戦利品~クリアファイル&ストラップ

 これでイベント訪問は終了。駅ナカでランチを済ませた後、”東武アーバンパークライン”こと野田線の乗り場へ向かいました。午後は野田線の様子を見て回ることにしますが、降り立ったのは大宮公園。ここも先日発表された設備投資計画で駅舎の建て替えが発表されており、昔ながらの駅舎は姿を消すことになりました。デザイン性のある建物とのことで楽しみですが、果たしてどんな駅になるのか・・・。

大宮公園駅舎'14.5.24
建て替えが決まった大宮公園駅

 この後、歩いて見沼田んぼへ移動。ここでのんびり過ごすことにします。時々遠くからSLの汽笛の音が聞こえてきて、ここまで聞こえてくるもんだと思ったりしながら、目の前を行き来する野田線の車両を眺めていましたが、60000系も去年6月のデビュー以来、来月で丸1年となりますね。まだまだ8000系の方が多いですが、様々な取り組みがスタートした野田線に今後も目が離せないところです。

東武60000系@大宮公園'14.5.24
6月でデビュー1周年を迎える60000系

 そのまま市民の森の脇を通り抜けて土呂駅へ。ここから宇都宮線の上り列車に乗って大宮へ戻ってきました。駅周辺では依然イベントが行われていて、多くの人で賑わっていましたが、そんな様子を横目で見ながら買い物をして宮原へ。ちょうどこの後、安中貨物が来る時間だったので、金太郎牽引のタンク車を見送ったあと、自宅へ帰ってまいりました。

EH500‐54@宮原'14.5.24
締めはこちら~安中貨物

|

« 【5/24】2014鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェアを訪ねるその3~大宮の町に汽笛が響く | トップページ | 大宮の鉄道イベントを振り返る »

さいたま市」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59737256

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/24】2014鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェアを訪ねるその4~イベントの後:

« 【5/24】2014鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェアを訪ねるその3~大宮の町に汽笛が響く | トップページ | 大宮の鉄道イベントを振り返る »