« トワイライトエクスプレス | トップページ | 165系のムーンライト »

2014.06.04

ムーンライトの元祖~上越夜行

 「ムーンライト」と言えば、自分にとっては臨時快速がまず頭に浮かんできますが、元々は東京と新潟を結ぶ夜行高速バスに対抗するべく1985年に当時の国鉄が団体専用列車として運行させたところからスタートしました。その後、民営化を経て定期運行となったのは周知の通りですが、18きっぷで利用できる貴重な夜行列車とあって、臨時化になってからも引き続き多くの利用者がありました。

 そんなムーンライト号の前身に、上野と長岡を結ぶ夜行普通列車というのがありました。1985年3月まで運行され、なくなるちょうど1年前の1984年3月に乗車しましたが、大宮を出てしばらくは通勤ラッシュ並みの混雑で座ることも出来ないほど。ようやく落ち着き始めたのは、日付が変わって高崎に到着した頃でしたが、隣のホームには20系を使用した急行天の川がやってきて、先に発車していきました。

115系@新前橋'84.3.20
115系を使用した、上野と長岡を結ぶ夜行普通列車

 実はこれが18きっぷを使った初めての旅となりましたが、翌朝はまだ夜が開け切らない午前4時過ぎに終点の長岡に到着。そのまま信越本線の下り列車を乗り継いで新発田まで向かい、廃止間近の赤谷線に乗って帰ってきました。今思えば乗っているだけのハードな行程でしたが、見るもの聞くものが全て新鮮で、さすがに今では体験できない旅かもしれませんね。

米倉駅名板'84.3.20
今はなき赤谷線米倉駅の駅名板

|

« トワイライトエクスプレス | トップページ | 165系のムーンライト »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/59759488

この記事へのトラックバック一覧です: ムーンライトの元祖~上越夜行:

« トワイライトエクスプレス | トップページ | 165系のムーンライト »