« 【7/21】夏の富士急訪問記その2~富士急を走る臨時列車を見る | トップページ | 7月の全国鉄道むすめ巡りの旅その6~振られっ放しの関西大手私鉄縦断紀行 »

2014.08.02

【7/21】夏の富士急訪問記その3~岡田紅陽写真美術館訪問&RSE車再会

 夏の富士急沿線訪問記の続き。富士山駅に戻った後、駅前からバスに乗り込んで揺られるほど20分、四季の杜おしの公園前までやってきました。バス停のすぐ目の前には岡田紅陽写真美術館があり、この後ここを訪ねることにしますが、9月8日まで鉄道写真家である中井精也氏の写真展が開催されており、今回はこちらを見にバスに乗ってやって来た次第です。

1日1鉄!看板@岡田紅陽写真美術館'14.7.21
岡田紅陽写真美術館で開催中の中井精也氏の写真展を訪問

 中井氏がほぼ毎日更新しているblog「1日1鉄!」に掲載された写真が会場に展示されており、とかく画一的になりやすい鉄道写真にあって、鉄道以外のモノにも目を向けながら撮影している姿は新しい視点という点でいろいろ勉強になることが多いですが、こうして企画展に展示された写真を改めて拝見すると、氏の人柄が感じられ、ほっとしますねhappy01

中井精也像@岡田紅陽写真美術館'14.7.21
入口で中井氏がお出迎えcoldsweats01

 さすがに企画展だけ見て帰ってしまうのはもったいないので、常設の岡田紅陽氏の展示ももちろん見学することに。恥ずかしながら、岡田氏の存在については今回の企画展開催まで存じ上げておりませんでしたが、生涯において富士山をテーマにした写真を撮り続けた人物で、この日1日を通して富士山を見ることができなかったので、ここで存分堪能することができました。

岡田紅陽写真美術館'14.7.21
森の中の一角にある岡田紅陽写真美術館

 再びバスに乗って富士山駅へ戻ってきたのは13時近く。さすがに腹が減ってきたので、駅ビル地下にあるフードコートへやってきました。ここと言えば去年6月、山梨県のB級グルメである鳥もつ丼を食べようと食券を買ったものの、しばらく待たされた記憶が今も残っていて、あまりいい印象はありませんでしたが、如何せん琴線に触れるような食事処が見当たらず、やむなくここにした次第。

 こうして何とか腹も満たされ、今度は13時32分発の大月行きに乗り込み、富士山駅を後にしましたが、このまま帰るには少し早い時間なので、どこか中間駅で降りてのんびり列車を待つことに。せいぜい1時間ほどなので、あれこれ迷った末、寿で下車することにしました。3年前に訪れた小高い山の上からと思ったものの、線路脇でしばらく待っていると、朝方乗車した8000系が近づいてきました。

富士急8000系@寿'14.7.21
この日2度目の対面となった元RSE車

 こうして15時2分発の大月行きで出発。列車を乗り継ぎ、八王子からむさしの号に乗ってまっすぐ大宮まで帰ってきました。

|

« 【7/21】夏の富士急訪問記その2~富士急を走る臨時列車を見る | トップページ | 7月の全国鉄道むすめ巡りの旅その6~振られっ放しの関西大手私鉄縦断紀行 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/60083704

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/21】夏の富士急訪問記その3~岡田紅陽写真美術館訪問&RSE車再会:

« 【7/21】夏の富士急訪問記その2~富士急を走る臨時列車を見る | トップページ | 7月の全国鉄道むすめ巡りの旅その6~振られっ放しの関西大手私鉄縦断紀行 »