« 台湾 | トップページ | 【9/6】久々の都電沿線散策 »

2014.09.14

【9/6】EF81 電気機関車撮影会 in 田端運転所に参加する

 昨年6月と12月に田端運転所で電気機関車の撮影会が行われ、両方とも参加してまいりましたが。今月6日にもEF81を使用した撮影会が開催されることになり、申し込みをしました。今回も午前中3回に分けての撮影会で、このうち最終組となった3回目の部を申し込み。11時過ぎ、田端運転所に到着し、受付を済ませてから待つこと20分ほどで係員から構内へ案内されました。

 会場に到着すると、構内には81号機、95号機、133号機の3台のEF81が並べられ、まずはヘッドマークのない状態からスタート。今回の目玉はやはり81号機でしょうかね?先月、お召し列車を牽引していた当時のローズピンク塗装に復元されて出場となりましたが、EF81といえば元々はこの塗装だったわけで、今でも北陸本線などで貨物列車を引っ張る姿を見ることができます。

EF81形@田端運転所'14.9.6-1
3台のEF81が並んだ今回の撮影会

 ヘッドマークなしの撮影会は15分ほどで終了。この後は2回に分けてヘッドマークを装着しての撮影会となりますが、まずは国鉄時代からの3つの列車、ゆうづる、はくつる、あけぼののヘッドマークが登場しました。いずれもEF81にとってはゆかりのある列車ばかりで、こうして一堂に勢揃いする様子を見ることができるのは撮影会ならではといったところですね。

EF81形@田端運転所'14.9.6-2
国鉄の世に走った3本の列車

 こちらも15分ほどで終了し、続いてJR後に登場した北斗星、カシオペア、エルムの3列車のヘッドマークが装着。特にこの中でエルムという列車には思い出がありまして、学生の時に夏休みを利用して初めて北海道を旅した帰りに北斗星に乗車しようしたところ、あいにく寝台券が満席で、かろうじて空いていたのがこのエルムでした。北斗星の補完の役割を担う臨時列車でしたが、夜行列車が元気だった時代でしたね。

EF81形@田端運転所'14.9.6-3
最後は分割民営化後登場の列車が登場

 去年暮れに行われた同じEF81の撮影会のときと比べると、今回は3台だけの展示で、登場したヘッドマークも6種類のみとややこじんまりした撮影会となりましたが、30分間の撮影会はあっという間に終了し、十二分に楽しむことが出来ました。この後、近くでランチを済ませた後、久しぶりに都電沿線へ繰り出してまいりましたが、長くなってきたので、ここで一旦切ることといたします(つづく)。

EF510‐509&EF510‐514@田端運転所'14.9.6

EF510‐512@田端運転所'14.9.12

ヘッドマーク並び@田端運転所'14.9.6
(3枚とも)撮影会場での様子

|

« 台湾 | トップページ | 【9/6】久々の都電沿線散策 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/60314535

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/6】EF81 電気機関車撮影会 in 田端運転所に参加する:

« 台湾 | トップページ | 【9/6】久々の都電沿線散策 »