« 【10/19】頑張るぐんまの中小私鉄フェア2014を訪ねる~上電本社前会場編 | トップページ | 上武鉄道の廃線跡を訪ねる(2002年1月) »

2014.10.30

【10/19】全線開通80周年を迎えた八高線を訪ねる

 今月18日の続きですが、13時28分発の高麗川行きに乗り込んで高崎を出発。倉賀野の先、北藤岡の手前で高崎線と別れ、単線の非電化区間へ進んでまいりました。午後は八高線沿線をブラブラすることにしましたが、神流川を越えて埼玉県に入った最初の駅、丹荘で下車することに。この駅は未訪の駅でしたが、無人駅ではあったものの、昔ながらの平屋の駅舎が残っていました。

丹荘駅舎'14.10.19
昔ながらの平屋の駅舎が残る丹荘駅

 待合室に八高線の詳細な時刻表があったので見ていると、1本前に八高線全通80周年記念列車が入った高崎12時10分発の列車は終点の高麗川に13時52分に到着。そのまま14時33分発の高崎行きで折り返してくる様子でした。当初は1時間後の14時57分発高麗川行きに乗って先を目指す予定でしたが、その先の寄居で交換となることから、いろいろ考えた末、ここでのんびり待つことにしました。

 こじんまりした駅前を後にして児玉駅方面へ線路に沿って延々歩いていくと、すぐに広々とした田園地帯にやってきました。晴れていたので、この辺りでのんびり待っているのもいいかと思いましたが、何分列車が頻繁に来るところではないので手持ち無沙汰。結局、駅へ戻ることになりました。こうして15時37分、寄居方面から白地に赤い帯の入った記念列車がホームに到着しました。

キハ110系@丹荘'14.10.19
かつてのキハ38形をモチーフに塗装変更されたキハ110系

 ところでここ丹荘は、1986年まで営業運転をしていた上武鉄道の始発駅で、ここと西武化学前の区間で貨物輸送を中心に列車が行き来していましたが、さらにさかのぼること1972年頃までは旅客輸送も行っていたとのことで、どんな車窓だったのか気になるところですね。実は今から10年以上も前、やはり高崎で行われたイベントの帰りに廃線跡を訪ねたことがあり、この時は帰りにバスで本庄へ出てまいりました。

丹荘駅構内'14.10.19
丹荘駅は小さいながらも広い構内

 16時10分発の高麗川行きで丹荘を後にしましたが、高麗川経由で帰ろうと思いつつも、この日は川越まつりがあって、ここを通過すると混雑に巻き込まれる恐れがありました。そこで、寄居で秩父鉄道に乗り換えて熊谷経由で帰ることに。熊谷駅の改札前では秩父鉄道の鉄道むすめ、桜沢みなのさんがハロウィンの格好をして出迎えてくれましたhappy01

桜沢みなの等身大パネル@熊谷'14.10.19
熊谷駅で出迎えてくれたみなのさんheart04

|

« 【10/19】頑張るぐんまの中小私鉄フェア2014を訪ねる~上電本社前会場編 | トップページ | 上武鉄道の廃線跡を訪ねる(2002年1月) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道むすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/60568839

この記事へのトラックバック一覧です: 【10/19】全線開通80周年を迎えた八高線を訪ねる:

« 【10/19】頑張るぐんまの中小私鉄フェア2014を訪ねる~上電本社前会場編 | トップページ | 上武鉄道の廃線跡を訪ねる(2002年1月) »