« 2014夫婦旅台湾編その9~平渓線の終着駅・菁桐で過ごす | トップページ | 【10/4】世界遺産レトロ列車デキ号で行く上信電鉄~復路編 »

2014.10.14

【10/4】世界遺産レトロ列車デキ号で行く上信電鉄~往路編

 10月最初の週末となった4日は高崎線を北上。この日は高崎線の沿線にカメラを抱えた多くのギャラリーの姿をあちこちで見かけましたが、普段ばんえつ物語号で使用される客車を使った臨時列車が上尾と水上の間で運転されたとのことで、熊谷の先でEF64の37号機に牽かれて大宮方面へ向かう列車とそれ違いました。しかし、こちらは全く眼中にはなく、そのまま深谷へ到着。

 ここで降りたのは、「ぐんまワンデー世界遺産パス」を手に入れるためで、過去数年、群馬県内の鉄道に乗り降りできるフリーきっぷを期間限定で販売していますが、今回は深谷までフリー区間が延びたことから、ここで下車した次第。思えば深谷に降り立つのは随分久しぶりで、東京駅とよく似た赤レンガの駅舎をじっくりこの目で見てまいりました。

ぐんまワンデー世界遺産パス'14.10.4

深谷駅舎'14.10.4
(2枚とも)フリーきっぷの入手のため、久しぶりに深谷駅に下車

 後続の列車で高崎までやってくると、大宮寄りの側線に583系の姿を確認。意外なところでの出会いで正直驚きましたが、そのまま上信電鉄の乗り場へ直行しました。今回はこの日と翌5日の2日間運転されるデキの臨時列車に乗車するのが目的でしたが、発車は8時58分と少し時間があり、先に乗ってしまうか撮影にするか考えどころ。一先ず行きは”乗”に専念することにして、ホームでしばし待つことにします。

583系@高崎'14.10.4
高崎に現れた583系

 8時49分、下仁田からの列車が到着すると、すぐに車庫へ引き上げ。入れ替わるように、デキの臨時列車が入線してまいりました。2両のデキの後方には、茶色に塗装されたデハ200形電車が連結されていて、側面に富岡製糸場の世界遺産登録を祝う文字がラッピング。こうして、デキ牽引の臨時列車は定刻の8時58分、ゆっくり高崎を発車しました。

祝富岡製糸場世界遺産登録ロゴ@200形'14.10.4
レトロ仕様の電車に乗り込み出発

 この列車、下仁田までの間の停車駅は上州富岡のみ。と言っても、速度はほとんど上がっていないので、のんびりしたものでした。とはいえ、急ぎの旅ではないのでそんなことを気にする必要などはありませんでしたが、走っている間は窓から入ってくる秋の心地よい風が何とも気持ちよかったですね。正直、途中で降りてのんびり撮影タイムとしたかったところでしたが、列車は9時46分、上州富岡に到着しました。

 ここで10時38分まで52分間の停車。これまた随分のんびりした列車ですが、駅前広場では出店やステージが設けられ、イベントが行われていました。出店には上信電鉄のブースもあり、ここで世界遺産登録を記念したきっぷを入手。一方ステージではゆるキャラのショーが行われていて、群馬県内のみならず、深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」も登場するなど、多くの人で盛り上がっていました。

上信デキ3号@上州富岡'14.10.4

ゆるキャラ勢ぞろい@上州富岡'14.10.4

富岡製糸場世界遺産登録記念きっぷ
(3枚とも)上州富岡駅前で盛大にイベントが開催

 そんな上州富岡駅で今回一番びっくりしたのが、やはり新しくなった駅舎ですね。建て替えが行われたことは聞いてはいたものの、以前の古めかしい駅舎のイメージが今も残っていたので、建て替え後の明るい雰囲気の駅舎を目にすると、あまりの変わりように正直戸惑うところ。ただ、今や世界遺産の玄関口となったこの駅も、以前の駅舎と比べれば格段によくなった印象を受けますね。

上州富岡駅舎'14.10.4
新しくなった上州富岡駅

 こうして1時間近くの滞在の後、10時38分に出発。高崎から乗っていた乗客は半分ほどが降りてしまい、少し寂しくなってしまいましたが、30分近く揺られること11時6分、終点の下仁田に到着しました。折り返しまでここでのんびり過ごすことにしましたが、この続きは後ほど(つづく)。

|

« 2014夫婦旅台湾編その9~平渓線の終着駅・菁桐で過ごす | トップページ | 【10/4】世界遺産レトロ列車デキ号で行く上信電鉄~復路編 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/60479387

この記事へのトラックバック一覧です: 【10/4】世界遺産レトロ列車デキ号で行く上信電鉄~往路編:

« 2014夫婦旅台湾編その9~平渓線の終着駅・菁桐で過ごす | トップページ | 【10/4】世界遺産レトロ列車デキ号で行く上信電鉄~復路編 »