« 【10/19】全線開通80周年を迎えた八高線を訪ねる | トップページ | オークウッドのケーキ »

2014.10.31

上武鉄道の廃線跡を訪ねる(2002年1月)

 昨日上げた記事で少しだけ書きましたが、今月19日に訪ねた丹荘駅からかつて上武鉄道の線路が延びていました。その上武鉄道の廃線跡を一部ではありますが、今から12年前の2002年1月に訪ねたことがあります。そこで今日は、手元に残っている画像を紹介しながら、当時の記憶を呼び起こしてみたいと思います。とは言え、何分12年前の話なので、かなり記憶の中から消えつつありますが・・・coldsweats01

 さて、訪ねた日ですが、この日は高崎支社で当時頻繁に行われていたオレンジカードの即売会が前橋駅であり(昨日の記事では「高崎」と書いてしまいましたが、「前橋」の間違いcoldsweats01)、午前中はそちらを訪ね、午後は新町からバスに乗って鬼石へ向かいました。町内の温泉施設で一風呂浴びたあと、近くを流れる神流川に掛かる神流橋を渡って埼玉県の神川村へ。ここ鬼石は県境にある町であります。

神流橋@鬼石町'02.1
群馬県と埼玉県の県境に架かる神流橋

 帰りは本庄駅行きのバスで帰る予定でしたが、歩いているうちにたまたま廃線跡らしきものを発見。実は鬼石へやってきたのは温泉が目当てで、廃線跡については全くの偶然でしたが、せっかくだったので少しの区間だけでも廃線跡巡りをすることにしました。廃線跡は一部遊歩道として再利用されており、路盤の跡であることが伺えますが、しばらくして寄島駅の跡に到着。ホームの他、駅名板が設置されていました。

上武鉄道廃線跡'02.1

寄島駅跡'02.1
(2枚とも)少しの区間だけ上武鉄道の廃線跡を散策

 さすがに終点の丹荘まで歩き続けるには時間が掛かりすぎたこともあり、切りのいいところで歩くのを止め、途中からバスに乗って本庄へ向かいました。ちなみにこのバス路線は今も健在で、丹荘駅の近くに停留所が設けられていますが、今月19日のときもこのバスに乗って本庄へ向かおうかどうか迷いつつも、結局八高線に乗って帰ることになりました。

|

« 【10/19】全線開通80周年を迎えた八高線を訪ねる | トップページ | オークウッドのケーキ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/60574604

この記事へのトラックバック一覧です: 上武鉄道の廃線跡を訪ねる(2002年1月):

« 【10/19】全線開通80周年を迎えた八高線を訪ねる | トップページ | オークウッドのケーキ »