« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.31

【12/31】よいお年を

 2014年も残すところわずかとなりましたが、今日は午前中は自宅で掃除をして過ごし、午後は買出しついでに地元で今年最後の”鉄”活動といたしました。例によって安中貨物を狙ってきましたが、今日はタキとトキを繋いだ長い編成で、一路安中へ向けて走り去っていきました。天気の方も1日晴れとなり、2014年最後の日は穏やかな1日と相成りました。

EH500‐65@宮原'14.12.31
2014年も安中貨物で締めることに

 そんなわけで2014年は全国鉄道むすめ巡りを中心にあちこち動き回った1年でしたが、来年はさらにエリアが広がる全国鉄道むすめ巡りと北陸新幹線などの新規開業路線の完乗タイトルの維持など、いろいろ忙しい1年になりそうです。以上、2015年も当blogをよろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/20】銚子電鉄&シーサイドライン訪問記その3~クリスマス列車 柴口このみ号に乗る

 今月20日の続き。銚子から列車を乗り継ぎ、一気に新杉田までやってきました。この日はもう1つ目的があり、横浜シーサイドラインでこの日と翌21日に開催された「クリスマス列車 柴口このみ号」というイベントに参加してきましたが、18時30分過ぎにシーサイドラインの乗り場前で受付を済ませると、引き換えに柴口このみのイラストが入った「幸福きっぷ」という記念きっぷを頂きました。

幸福きっぷ
クリスマス列車参加者の特典その1~幸福きっぷ

 次の集合時間までの間、駅構内をブラブラすることに。改札口付近には柴口このみのイラストが入ったポスターや幟などが一面貼り出されていて、会社ぐるみで推していることが伺えましたがhappy01、横浜シーサイドラインも昨年10月に社名をそれまでの「横浜新都市交通」から現在の「横浜シーサイドライン」に変更されたり、新型車両の置き換えを進めるなど、会社ぐるみで積極的にPRしている様子が伺えました。

新杉田駅構内'14.12.20

クリスマス列車ポスター@新杉田'14.12.20

シーたん@新杉田'14.12.20
(3枚とも)新杉田駅構内はこのみさん一色にheart01

 19時20分頃に再集合となり乗り場へ。乗車の際、社員からに袋に入った記念品を受け取ってから乗り込みました。列車の中には、クリスマスらしい装飾に混じって関東近辺の鉄道会社に所属する鉄道むすめのイラストが一同に展示されていて、なかなか華やかな雰囲気でしたが、なぜか東武の鉄道むすめがいなかったのが気になったところ。そんな中、クリスマス列車は19時30分、新杉田を出発しました。

横浜シーサイドライン2000形@新杉田'14.12.20

柴口このみイラスト@クリスマス列車車内'14.12.20

神井みしゃ&豊郷あかねイラスト@クリスマス列車車内'14.12.20
(3枚とも)クリスマス列車に乗車heart01

 1時間ほどの行程ということで、どんなイベントになるか気になるところでしたが、並木中央駅の中線に到着するとそのまま車両基地へ入ってきました。ここは2年前の3月に開催されたシーサイドラインフェスタの時に足を運んでいますが、回送列車が大きくカーブして車両基地に入ってくる様子を会場内から見かけ、今回も同じ線路を進みながら構内に進んでくると、そのまま洗車場へやってきました。

柴口このみ等身大パネル@クリスマス列車'14.12.20
このみさんもクリスマス列車に乗車?heart01

 普段なかなか体験できない夜の洗車体験や柴口このみの等身大パネルが当たる抽選会が行われるなど、参加者のみならず社員も一緒に楽しめる内容となっていて、なかなか濃い内容でした。そんなクリスマス列車もあっという間に1時間が過ぎ、再び新杉田に到着。そのまま流れ解散となり、根岸線に乗って大船まで出てから湘南新宿ラインに乗って帰ってきました。

クリスマス列車記念品
クリスマス列車のおみやげはなかなか豪華happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

【12/20】銚子電鉄&シーサイドライン訪問記その2~小雨の銚子電鉄沿線を廻る

 今月20日の続き。銚子駅からいつものように歩いて仲ノ町駅にやってきました。早速、銚子電鉄の鉄道むすめ、外川つくしのイラストが入った記念入場券を1枚入手。今年5月、同様の記念きっぷを外川と犬吠で入手しておりますが、こちらのブログによれば今月1日から新たにここ仲ノ町と笠上黒生でも発売されたとのことで、笠上黒生についてはこの後訪ねることにします。

外川つくし入場券発売告知@仲ノ町'14.12.20
仲ノ町駅でも外川つくしのイラスト入り入場券が発売されることにheart01

 しばらくすると外川から赤いデハ1002号が到着。来月10日に引退することが決まっておりますが、この日は1日営業運転に就いているとのことで、しばし銚子からの戻りを待つことにします。雨がパラパラ降ってきたので、待合室の壁に貼ってあった時刻表を見てこの後の行程を練っていましたが、改めて日中の運行本数が減ってしまったことを確認。これまでより動きにくくなってしまいましたbearing

銚子電鉄デハ1000形@仲ノ町'14.12.20
この日は終日運行していたデハ1002号

 この後、銚子から戻ってきたデハ1002号に乗車。今回は他の鉄道会社のイベントで入手した外川つくしのイラストが入った弧廻手形を持参していたので、まずは回って来た車掌に見せ、日付を入れてもらいました。のんびり揺られ、犬吠に到着。今回使用した弧廻手形でも濡れ煎餅の引き換えができ、売店できっぷを見せて1枚交換してきました。

外川つくし等身大パネル@犬吠'14.12.20
犬吠駅でお約束(?)の濡れ煎餅を交換happy01

 2階のギャラリーで行われていた鉄道写真家、中井精也氏の写真展を観てから、外川からの折り返しに乗車。今度は笠上黒生へやってきました。ここで目的の入場券を入手した後、銚子からの戻りを待つべく隣の西海鹿島へ移動。雨の中、傘を差しながら待っていると、先程乗り降りした赤い電車がキャベツ畑の中を縫うようにこちらへ近づいてきました。

銚子電鉄デハ1000形@西海鹿島'14.12.20
キャベツ畑をバックに一路外川へ向かうデハ1002号

 西海鹿島からこの日3度目のデハ1002号に乗車。車内では高校生くらいの若者が観音駅名物のたい焼きを販売しておりました。これは初めて見る光景で、たい焼きを食べたいけど観音に降りる時間がない向きには重宝しそうですね。しかし当方はこの後観音で降りるのでここでは買わず。今回も駅近くの漬け丼の店、「七兵衛」でしめ鯖の漬け丼を頂いてからたい焼きをデザートにいたしましたwink

しめ鯖漬け丼定食@七兵衛'14.12.20

たい焼き@観音'14.12.20
(2枚とも)今回も観音で定番コースを・・・wink

 この後、この日4度目のデハ1002号に乗り込んで銚子に到着。1時間近くの待ち時間の後、14時44分発の千葉行きで銚子を後にしました(つづく)。

クリスマスツリー@デキ3号'14.12.20
デキもクリスマス仕様にxmas

銚子電鉄デハ1000形@銚子'14.12.20
この赤い電車が銚子の街を走るのも残りわずか・・・

銚子電鉄きっぷ
今回使用&入手した外川つくし関連のきっぷheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.29

【12/20】銚子電鉄&シーサイドライン訪問記その1~銚子までの道のり

 今月20日は朝の5時過ぎに日進駅へ。手元には前日入手した休日お出かけパスがあり、こちらを自動改札機に通して中へ入りました。ちょうど川越方面から列車が到着したところだったので、足早にホームへ向かおうとしたら、列車の屋根が普段見かける車両とは少し異なっていました。少し前までは当たり前のように川越線や埼京線で見ることができた205系は今も1本だけ、時々運用に就いています。

クハ204‐107@大宮'14.12.20
今も1編成だけ健在の埼京線・川越線205系

 そんな205系に揺られて武蔵浦和に到着。ここで武蔵野線に乗り換え、常磐緩行線、成田線と乗り継いで成田までやってきました。休日おでかけパスのフリー区間はここまで。ここから銚子まで別途運賃が必要になりますが、改札口付近にある電光掲示板には東京行きあやめ号の表示がありました。今月発表された来年春のダイヤ改正であやめ号の廃止が決まり、房総エリアの特急も大幅に見直されることになります。

電光掲示板@成田'14.12.20
成田駅の電光掲示板にあやめ号の表示

 こうして8時20分、銚子行き普通列車は成田を発車。どんよりとした厚い雲に覆われつつも雨の方は何とか銚子に到着するまで持ってくれました。改札を抜け、そのまま歩いて仲ノ町駅へ。いよいよ今回の旅のミッションの1つ、銚子電鉄に乗り込みます(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.28

台湾みやげのカップ麺

台湾製カップ麺'14.12.21

 9月に台湾を旅した時に手に入れた台湾製のカップ麺を先日食べてみました。現地のコンビニやスーパーで日本では見かけない種類のカップ麺をみやげに買って食べてみると、お国柄が理解できるかもしれませんが、今回手に入れた牛肉麺のカップ麺は少ないながらも具材が入っており、なかなか本格的でした。とは言え、ラベルにデザインされた調理例のようには行きませんが・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.27

今年もイルミネーションのシーズン

緑太郎@東浦和'14.12.17

 先日、仕事帰りに久しぶりに東浦和駅へ寄り道しました。今年も駅前のロータリーにイルミネーションが飾られ、駅前は華やかな雰囲気に包まれていましたxmas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.26

東武東上線8000系が一部区間から撤退

 数日前に公式サイトで発表されましたが、東武東上線を走る8000系がついに撤退することになりました。今回の撤退は池袋から小川町までの区間で、小川町より先、寄居までの区間については引き続き8000系で運行されますが、来月11日には3種類の塗装の編成を連結して運転されたり17日には団体列車が運転されたりと、イベントも開催されます。

 東武で長年通勤車両として君臨してきた8000系もついに”終着”のときが近づきつつありますが、2004年から10年近く1形式で運行してきた東武アーバンパークラインでも新車の60000系が投入されつつあり、ここでも数を減らしつつあります。JRほどスピードがあるわけではありませんが、いずれは新旧車両の比率も逆転してしまうことになりそうですね。

東武8000系@中板橋'08.10
東上線からついに撤退~8000系

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.12.25

【12/15】東急沿線都内散策

 今月15日、1日休暇を取って都内へ行ってきました。まずは渋谷へ。最初に渋谷郵便局で風景印を押印し、その後渋谷ヒカリエの4階にあるアーバンコアから眼下を行き交う銀座線を見てまいりました。ここへ来るのはしばらくぶりでしたが、レトロ調の1000系が多くなった印象がありますね。先代の01系と出会ったのは1本だけで、銀座線の主役がすっかり交代した感があります。

渋谷局風景印'14.12.15
ハチ公がデザインされた渋谷局の風景印

東京メトロ1000系@渋谷'14.12.15
今や銀座線の顔はレトロ車両へ

 そのまま地下にある東横線乗り場へ。横浜方面を目指します。時刻は11時半近く。祐天寺で降りてナイアガラのカレーを食べたいと思いつつも、この日は月曜日で定休日だったため、隣に学芸大学へやってきました。昔、この駅のホームから列車を撮影したことがありましたが、改札を抜けて外へ出るのは今回が初めてで、近くでランチを済ませてから郵便局に寄り道。風景印を貰ってきました。

目黒鷹番局風景印'14.12.15
目黒鷹番局の風景印にデザインされたボートと乗馬

 再び東横線に乗り込み、多摩川駅で下車。いつものように多摩川浅間神社へやってきました。この日は朝から天気もよく、関東周辺の山々の合間からうっすら富士山のてっぺんが見えていましたが、意外とここで富士山を見るのは今回が初めてだったりします。朝や午前中の早い時間であればもっとすっきり見えたかもしれませんが、ここはもう一度再訪したいところです。

東急3000系@多摩川'14.12.15
背景に富士山が薄っすら見えるも・・・coldsweats01

 この後、六郷用水に沿って歩きながら沼部駅方面へ向かい、多摩川の土手へ。六郷用水付近を散策するのは今回で2度目ですが、用水路には鯉が優雅に泳いでいて、東京とは思えないほど自然が豊富です。この水路はこの先、多摩川線の鵜の木付近まで延びているとのことで、機会があれば休日などにのんびり歩いて過ごすのもいいかもしれません。

六郷用水@多摩川'14.12.15
都内とは思えない風景が広がる多摩川駅周辺

 沼部駅へ向かい、多摩川線に乗車。相変わらず東急の古い車両が行き来しておりますが、武蔵新田で下車することにしました。ホームには木製のベンチが健在し、都内とは思えないほどのんびりした路線ですが、ここから池上線の千鳥町駅までは地図で見るとかなり近い位置にあり、十分歩いて移動できそうな様子。途中、千鳥郵便局に寄り道して風景印を入手してから千鳥町駅へやってきました。

武蔵新田駅名板'14.12.15
木製のベンチが残る武蔵新田駅

千鳥局風景印'14.12.15
千鳥局の風景印

 ここから池上線に乗車。途中、味のある駅舎を持つ石川台駅で下車し、隣の洗足池まで歩いて移動しました。以前足を運んだ時とは逆のコースで、新旧の車両が行き交う様子を見ながら洗足池の駅前までやってきましたが、駅前に広がる洗足池を横目で見てから再び池上線に乗車。五反田までやってきました。時刻は夕方近く。都内で買い物をしてから帰ってきました。

東急1000系@千鳥町'14.12.15
池上線で五反田へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.24

記念Suica

 東京駅で20日に発売された記念Suica。当日は銚子電鉄を訪ねる用事があったため、元々Suicaを購入する予定はありませんでしたが、手持ちのスマホでtwitterを見ているうちに現地が大混乱していることがわかりました。前日からの順番待ちを自粛するよう案内されていたにもかかわらず列が出来ていたことや、場内整理が出来ていなかったことなど、収拾が付かないとあっては発売中止もやむなしでしょう。

 各鉄道会社で様々な鉄道グッズが販売されていますが、特にSuicaを始めとするICカードの記念モノは人気があり、発売当日で完売するケースも。自分も発売当日の朝早くに並んで買ったことがありますが、鉄道博物館がオープンした2007年に記念Suicaが発売された際は大宮駅から長蛇の列が出来、何時間か並んでやっとの思いで手に入れたのを記憶しています。

 長年、記念きっぷやプリペイドカードなどいろいろ鉄道グッズを集めてきた身にとって、今回の騒動はいろいろ思うところがありますが、これだけ多くの人が詰め掛けたことを想定できなかったというJR東日本の対応には認識の甘さがあったことは否めません。今回の東京駅開業100周年イベントが数ヶ月に渡り開催されているので、日にちを設けた上で1人1枚とするとか、いろいろ手段はあったはずです。

 最近は発売日に先立ち、公開イベントなどで先行販売した後に各駅で販売するケースが大手私鉄で目立ってきました。売る側にとっては追加販売するかどうかの判断ができるし、買う側にとっても発売日当日に行けなくてもイベントで手に入れる機会に恵まれ、多様な対応が可能となりますが、JRもこれまでの販売方法によらず、こうした他社の販売方法を参考に生かしていって欲しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.23

【12/14】今年も運転、都電クリスマス号

 今月14日は午後からさくっとおでかけ。今年も都電クリスマス号が走り出したとのことで、見に行ってまいりました。王子駅から都電沿線に沿って荒川車庫前までのんびり歩くことにしましたが、飛鳥山公園前の交差点に架かる歩道橋を渡って公園の南側を抜け、京浜東北線を跨ぐ歩道橋を越えて都電沿線に向かうという、いつもの行動パターンと相成りましたcoldsweats01

都電8800形@飛鳥山'14.12.14
黄色く色づくイチョウ並木をバックに都電が行く

 そのまま線路に沿って梶原電停まで到着。明治通りと交差する踏切から三ノ輪橋方面を眺めると、遠くからレトロ車両9001号らしき姿が見えてまいりました。都電クリスマス号は去年に続いて9001号が担当とのことで、比較的早くに対面することになりましたが、さすがにちょっとあっけないところ。早稲田方面へ走り去るところを見届け、もう一度荒川車庫前付近で待ち構えることにします。

都電9000形@梶原'14.12.14
梶原で都電クリスマス号と対面

 梶原駅近くの「明美」で都電もなかを買ってから荒川車庫前に到着。イベントがあるときは多くの人でごった返すここも普段は人もまばらで、都電おもいで広場に佇む家族連れがのんびり過ごす姿が見られました。イベントのない時にこうして足を運んでみることもまたいいかもしれませんね。この日は天気もよく、快適に過ごすことができました。

7504号車内@都電おもいで広場'14.12.14
都電おもいで広場に展示されている7504号の車内で一休みwink

 そんな中、都電クリスマス号が王子方面から到着。先程車体をじっくり見ることができなかったので、改めて眺めてみると、両端にツリーと菱形のヘッドマークが取り付けられ、側面にはクリスマスシーズンらしいラッピングが施されていました。この都電クリスマス号も毎年恒例となっているので、この時期の楽しみの一つとなりつつありますね。

都電9000形@荒川車庫前'14.12.14

9000形ツリー'14.12.14
(2枚とも)クリスマスツリーが飾られた9001号

 これでミッションは終了。歩いて尾久へ向かい、高崎線に乗って帰りました。

都電もなか
おみやげに買った都電もなか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.22

【12/13】今年も訪問、ニューヨークグリルの夫婦ランチ

 我が家の師走の恒例行事(?)となった、パークハイアット東京52階ニューヨークグリルのランチ。今年は自宅を出るのが少し遅れてしまい、予約時間を10分ほど過ぎて到着と相成りましたcoldsweats01。ウェイターに通された席は中の方で、すでに窓側の席が塞がってしまい、外の景色を見ることができませんでしたが、さっそく前菜からスタート。やはりあれこれ取ってしまいましたねcoldsweats01

前菜@ニューヨークグリル'14.12.13
今年もついつい・・・coldsweats01>前菜

 さて、毎年頭を悩ませる(?)のがメインですが、おととしは魚、去年はステーキでしたので、今年はこれまであまりチョイスしてこなかったものと思いメニューを探してみたところ、一番下にあったパスタが気になったので、こちらをチョイスしてみました。家内は、量が少ないんじゃないかと言ってましたが、実際に出てきたメインの皿を見ると、確かに他のメインと比べるとやや物足りない印象を受けました。

パスタ@ニューヨークグリル'14.12.13
今年はパスタをチョイスしてみましたrestaurant

羊肉@ニューヨークグリル'14.12.13
妻は来年の干支にちなみ(?)、羊肉をチョイスaries

 こうしてメインも無事食べ終え、ウェイターの案内で食後のデザートへ。今度は窓側の席へ通され、スカイツリーや東京タワーなど、東京を代表する建物を見ながらティータイムとなりましたが、やはりケーキやらアイスクリームやらいろいろ取ってしまいますね。メインが終わった段階ではまだ胃も苦しくありませんでしたが、デザートの2回転目でとうとう来てしまいましたbearing。やはり胃薬は欠かせませんでしたね。

デザート@ニューヨークグリル'14.12.13
食後は外の景色を見ながらティータイムcakecafe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.21

【12/7】10年目を迎えた東武ファンフェスタを訪ねる その4~イベントの後

 今月7日の続き。東武ファンフェスタの会場を離れ、午後は南栗橋駅の周辺でのんびり過ごすことにします。行き交う日光線の列車もせいぜいスカイツリートレイン程度で特筆するようなものはありませんが、この日は天気もよかった上にそこそこ暖かかったこともあり、過ごしやすかったですねsun。会場は多くの人で賑わっていましたが、駅からちょっと歩けば、目の前には普段と変わらぬ風景が広がっていました。

東武100系@南栗橋'14.12.7
午後は南栗橋駅の周辺でのんびり撮影タイム

 何だかんだで時刻は14時近くになり、再び南栗橋駅まで戻ったあと、そのまま通り過ぎて栗橋駅方面へ歩き続けることに。途中、行き交う日光線の列車を眺めながら進み、旧栗橋商工会の建物の前までやってきました。今年もイベント後の懇親会が開催されるとのことで参加してまいしましたが、ゲームあり酒ありと楽しいひとときを過ごしてまいりましたhappy01

東武634型@栗橋'14.12.7
商工会へ向かう途中、やってきたスカイツリートレイン

みなみ&あかな等身大パネル@栗橋商工会'14.12.7
今年もお邪魔しましたheart01>懇親会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.20

今日は

今日は
今日は
盛りだくさんな1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.19

【12/7】10年目を迎えた東武ファンフェスタを訪ねる その3~車両撮影会など

 今月7日の続きですが、グッズの入手を無事に終え、今度は車両撮影会場へやってまいりました。開始は11時から。列の最後尾に並び始めたのが開始の15分ほど前で、列はそれなりには伸びていたものの、それほど待たずに順番が回ってきました。今年は東武顔の8111Fや1800系といった古参から東武アーバンパークラインの60000系まで、通勤車両から特急車両までと、東武ゆかりの車両が勢揃いしました。

車両展示@東武ファンフェスタ'14.12.7-1

車両展示@東武ファンフェスタ'14.12.7-2

東武ファンフェスタHM'14.12.7
(3枚とも)今年も東武ゆかりの車両が勢ぞろい>車両撮影会場

 この後はイベント会場の中をブラブラ散策することに。工場の中に入ると、サニーコーラルカラーのスペーシアが車両を切り離され、整備を受けていました。ここも例年どんな車両が整備を受けているのか、楽しみになっておりますが、ここ数年お目見えしていた顔つきの電車がいないと思いきや、帰宅して撮影した画像を見てみたら、運転台のところに目玉がありましたcoldsweats01

東武100系@東武ファンフェスタ'14.12.7
よくよく見たら、運転台に目玉が・・・coldsweats01

 結局、正午前には会場を撤収。ランチにするサンドイッチを手に入れてから、会場を後にいたしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.18

【12/7】10年目を迎えた東武ファンフェスタを訪ねる その2~グッズをあれこれ入手

 今月7日の続き。南栗橋駅に到着し、さっそく会場へ向かうことにします。例によって無料のシャトルバスには乗らず、のんびり歩いて会場へ向かうことに。思えば去年は入口から延々敷地の裏手まで行列が伸びていて、中に入るのに時間が掛かりましたが、今年は行列は出来ておらず、すんなり入ることができました。さっそく入口で案内図と記念品を入手。恒例のティッシュボックスは634型スカイツリートレインでした。

634型ティッシュボックス
今年のティッシュボックスはスカイツリートレインでしたhappy01

 まずは物販のテントへ。ここ数年足を運ぶところは決まっておりますが、最初にトミーテックブースに向かい、限定グッズのポストカードを手に入れてきました。去年は到着した時に限定グッズが一部売り切れてしまいましたが、今年は5種類全部入手することにhappy01。個人的にはポストカードの方がいろいろなものに使えるので、こちらの方が有難いですね。

鉄道むすめポストカード
5人の東武の鉄道むすめがデザインされたポストカードを入手

 そのトミーテックのブースに、来年行われる全国鉄道むすめ巡りの事業者がスタンプのイラストで紹介されていました。来年はこれまでで一番多い23ヶ所に設置されるとのことで、青森県から福岡県まで広範囲に渡ることになりますが、来年春から1年間開催とのことで、ある程度ゆとりを持って回ることができそうですね。ただ、なるべく早くに回りたいというのも本音ではありますが・・・coldsweats01

全国鉄道むすめ巡り紹介@東武ファンフェスタ'14.12.7
来年は23ヶ所coldsweats01>全国鉄道むすめ巡り

 続いて久喜市商工会のブースへ。旧栗橋商工会が他の旧市にあった商工会と統合となりましたが、東武ファンフェスタでここ数年手に入れている翌年のカレンダーが今年も発売されていたので、1部入手してまいりました。商工会についてはこの後、恒例となっている懇親会でお邪魔させていただいておりますが、その様子については後ほど紹介したいと思います。

2015栗橋みなみカレンダー
今年も商工会特製のカレンダーを入手happy01

 これでグッズ類は一通り入手が完了。引き続き、車両撮影会場へ向かうことにしますが、この続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.17

【12/7】10年目を迎えた東武ファンフェスタを訪ねる その1~駅舎建設が進む岩槻駅

 師走に入って最初の日曜日となった今月7日、恒例の東武ファンフェスタが開催されました。このイベントも今年で10年目を迎え、すっかり定着した感がありますが、自分にとってはこのイベントが過ぎるとすっかり年の瀬だなと感じるところ。今年も去年と同じく大宮から東武アーバンパークラインに乗り込みました。途中、七里で寄り道。東上線では残りわずかとなった8000系も、ここではまだまだ主力であります。

東武8000系@七里'14.12.7
長年慣れ親しんだ8000系もまだまだ現役happy01

 ここはさくっと済ませ、再び東武アーバンパークラインで隣の岩槻に到着。ここで下車したのは、現在進んでいる橋上駅化工事の様子を見たいためで、駅構内には橋上駅舎の鉄骨が組まれていました。来年度末の完成を目指し、着々と進んでいる様子が伺えましたが、子供の頃から慣れ親しんだ駅の風景が変わりつつあることに些か複雑なところでもあります。

岩槻駅舎'14.12.7
着々と工事が進む岩槻駅

 この後、春日部まで向かい、ここからスカイツリーラインに乗り換え。今年はそのまま寄り道せずに南栗橋へやってまいりました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.16

JR東海371系、富士急へ

 兼ねてから噂があったJR東海371系の富士急譲渡ですが、昨日富士急側から正式に発表されました(参考:富士急行公式サイト・PDFファイル)。7両編成を3両編成へ減車し、来年度中に営業運転を開始するとのことですが、これでかつて御殿場線で相まみえた両者が今度は富士急線内でフジサン特急として活躍することになります。おそらく例のイラストを施して登場することになると思いますが、どんな姿になるんでしょうか?

 そして、これと入れ替わるように現在フジサン特急で使用されている2000形が置き換えとなりそうですが、今回の371系の入線により、改造車を含む全ての165系が営業運転から姿を消すことになります。去年は2000形1編成がかつてのパノラマエクスプレスアルプス塗装に戻され、有終の美を飾ることができましたが、今回は果たしてどうなるか・・・。

371系@沼津'11.12
富士急への譲渡が決まった371系

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.12.15

パスネット

 2000年10月から首都圏の大手私鉄を中心に発売されたパスネットですが、JRのオレンジカードと同様、各社で様々な絵柄が発売されるなど、モノによっては発売日当日で完売してしまうほどの加熱ぶりでした。かく言う自分も、各地の鉄道会社へ出向いては気になる絵柄のカードを買いに奔走したものでしたが、ICカード全盛となった今となっては、「そんなこともあったなぁ」程度の思い出でもあります。

 そんなパスネット、手元には使用済みのカードが残されていて、絵柄もさることながら、裏面の印字が乗車形態によって多く印字されることに興味津津でした。乗り継ぎなどを繰り返すと印字される文字が多くなりますが、さすがにどこまで伸びるかなどをやる勇気はありませんでしたねcoldsweats01。そんなパスネットも来年3月末でサービスが終了となります(参考:東武のニュースリリース・PDFファイル)。

パスネット
パスネットデビュー当時、アイドルタレントの遠藤久美子さんを起用していましたheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.14

武豊線

 武豊線に初めて乗ったのは1989年8月ですから、今から25年も前の話になってしまいますが、乗り潰し目的でもないとなかなか乗る機会のない路線でもありますcoldsweats01。その時撮影した画像を改めて見ると、キハ58とキハ65という2両編成の列車に乗って武豊まで往復していますが、1987年の分割民営化からまだ2年しか経過していないこの時期、全国至るところにまだまだ国鉄の風景を見ることができました。

 そんな武豊線もここ数年で電化工事が進み、来年の3月1日に電化開業を迎えることになりました(参考:JR東海ニュースリリース)。沿線から名古屋方面への足としてさらに便利になることと思われますが、中間駅である半田駅の跨線橋や亀崎駅の現役最古の駅舎など、歴史のある施設が点在しており、電化後も末永く残していって欲しいところですね。

武豊駅舎'89.8
武豊線の終着駅・武豊駅

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.12.13

【11/29】箱根登山鉄道の新しい顔・アレグラに乗る その3~雨が上がるも・・・

 先月29日の続き。無事アレグラに乗車も済ませ、後は手持ちのフリーきっぷを使って乗ったり降りたしながら来た道を戻ることにしますが、如何せん雨降りの天候とあっては自由も効かないところ。もっとも、天気が良かったら良かったでおそらく多くの人で混雑していたのは必至だったわけで、こればっかりは何とも難しいところでしょうかね?

箱根登山109@小涌谷'14.11.29
午後も雨が降り続く箱根路rain


 これまで下車したことがなかった小涌谷に降り立った後、後続の箱根湯本行きに乗車。車内は空席が目立ち、座っていくことができましたが、一度座ってしまうとなかなか腰が上がりませんでしたねcoldsweats01。かと言ってこのまま箱根湯本まで戻ってしまうにはまだ時間が早かったので、もう一度塔ノ沢で下車。ここへ来てようやく雨も小降りになってきました。もう少し早くに上がればと思いたくもなるところでしたが・・・。

箱根登山モハ2形@塔ノ沢'14.11.29-2
再び塔ノ沢で下車。少し雨が小止みに・・・。

 こうして箱根湯本に戻ってきましたが、この後、もう一度アレグラを拝もうと駅に通じるデッキで待っていると、別の編成のアレグラが出庫したらしく、ホームに入線していました。そのアレグラを改めて見てみましたが、やはり大きなフロントガラスが目立ちますね。どことなくスイスの登山鉄道で走っている車両にも見えますが、箱根登山鉄道はスイスのレーティッシュ鉄道と姉妹提携を結んでいます。

箱根登山3000形@箱根湯本'14.11.29
箱根湯本を発車するアレグラ

 そんなアレグラを見送った後、小田原へ帰る前に駅裏手の温泉施設「かっぱ天国」で一風呂浴びていくことに。受付で手持ちのトコトコきっぷを見せると、通常800円のところ、1割引の720円で入ることができました。ここへ来るのは久しぶりでしたが、お値段の割には露天風呂しかないところで、やや高い印象は否めないところ。それでも温泉で旅の疲れを癒し、帰ってまいりました。

かっぱ天国@箱根湯本'14.11.29
箱根湯本駅裏手にある温泉施設「かっぱ天国」で旅の疲れを癒すspa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.12

【11/29】箱根登山鉄道の新しい顔・アレグラに乗る その2~解放感あるアレグラの先頭車

 先月29日の続き。塔ノ沢から強羅行きに乗り込み先を目指します。列車に乗り込むと車内は通勤ラッシュ並みの混雑で、改めて日本有数の観光地であることが頷けるところですが、箱根登山鉄道に乗るとどうしても混んでいるイメージが拭えないところで、これもある程度はやむをえないところかもしれませんね。時期や季節、そして時間帯にもよるのかもしれませんが・・・。

アレグラポスター@塔ノ沢'14.11.29
塔ノ沢にあったアレグラのポスター

 途中、出山信号場のスイッチバックを経た後、大平台に到着。ここで下車することにしました。雨は相変わらず降り続いていて、外へ出ることも難儀なところでしたが、駅構内や周辺の木々は赤く色づいていて、大変綺麗でしたね。今年7月に訪れたときは、近くに咲いていたアジサイが見頃を迎えていましたが、晩秋のこの時期もなかなか景色がいいところです。

箱根登山1000形@大平台'14.11.29
紅葉が見頃を迎えた大平台駅周辺

 しばらくホームで過ごした後、一旦駅を離れてすぐ近くにるラーメン屋でランチタイム。お品書きを見ていたら、「サンマーメン」の文字を見かけたので注文することにしました。神奈川県のラーメン屋では必ず目にするメニューのひとつで、恥ずかしながら未体験でしたが、今回ようやく実現することに。五目ラーメンみたいなもので、スープに重量感がありました。

サンマーメン@大平台'14.11.29
こちらがサンマーメン~見かけは五目ラーメンっぽい・・・coldsweats01

 この後、いよいよ今回の旅の目玉、アレグラに乗り込むことに。車内に入ってまず目についたのが運転台のある先頭部分で、大きなフロントガラスは開放感がありました。あいにく車内が混雑していたため、先頭部分に行くことができませんでしたが、運転台の後方からの眺めはさぞかし絶好なものでしょうね。途中、宮ノ下で目の前の席が空き、そこから先は座っていくことができました。

箱根登山3000形@強羅'14.11.29
アレグラに初乗車

 こうして終点の強羅に到着。ここ強羅というと2年前の7月に家内と夜のあじさい電車に乗りに来た際、夕飯を食べようと駅周辺で店を探したものの、開いている店が少ない上にどこも混雑していて難儀したことを思い出してしまいました。相変わらず雨も降り続いていてどこかへ行くことも出来ず、結局後続の列車で来た道を引き返すことにしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.11

【11/29】箱根登山鉄道の新しい顔・アレグラに乗る その1~雨の出山鉄橋

 箱根登山鉄道に登場した新型車両「アレグラ」こと3000形が11月から営業運転が始まり、早く乗ってみたいと思っていましたが、11月最後の土曜日となった29日にようやく実現することになりました。小田原到着後、まずは箱根登山鉄道の窓口でフリー乗車券の「トコトコきっぷ」を入手。7月に訪れた時とデザインが変更されていて、箱根登山鉄道の新旧の車両がイラストで描かれていました。

トコトコきっぷ'14.11.29
トコトコきっぷには新旧の箱根登山鉄道の車両がデザイン

 小田急の車両に揺られて箱根湯本へ向かい、ここから登山電車に乗り換え。さっそく隣の塔ノ沢で途中下車することにしました。一旦駅を離れ、歩くこと15分ほどで出山の鉄橋が見える橋に到着。ここは一度行ってみたいと思っていたところで、この時期背景の山が赤や黄色に色づいていましたが、次第に雨脚が強くなり、傘もまともに差せないほど強い風に見舞われてしまいましたrain

箱根登山モハ2形@塔ノ沢'14.11.29-1
晩秋の風景も、荒れた天気でのんびり過ごせず・・・weep>出山鉄橋

 天気がよければのんびりここで過ごしたいところでしたが、如何せん今回のような荒れた天気ではどうしてもそうもいかず、早々に出山の鉄橋付近から退散。来た道を雨に塗れながら歩いて塔ノ沢駅へ戻ってまいりました。ここでしばらく過ごすことにしましたが、自分が滞在した時間は他に人は誰もおらず、静かな山間の駅の風景が広がっていました。

塔ノ沢駅舎'14.11.29
雨降る塔ノ沢駅で1人過ごす

 2本ほど見送ってから強羅行きに乗車。先を目指します(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.10

【11/27】晩秋の都内散策~泉岳寺・明治神宮外苑・東京駅

 先月27日は午後から休暇を取って都内へ繰り出すことに。まずは泉岳寺駅にやってきました。駅の近くにある郵便局に寄り道した後、駅名にもなっている泉岳寺へ。実は今まで行ったことがなく、今回が初めての訪問となりましたが、赤穂浪士ゆかりの寺とあって境内には大石内蔵助の大きな像が鎮座していました。ただ思っていたほど境内は広くなく、周りをビルに囲まれていて、些か息苦しい印象は否めないところ。

泉岳寺駅前局風景印'14.11.27

本堂@泉岳寺'14.11.27

大石内蔵助銅像@泉岳寺'14.11.27
(3枚とも)忠臣蔵ゆかりの泉岳寺

 その泉岳寺のすぐ目の前に都バスの停留所があったので、ここからバスに乗り込むことに。新宿駅西口行き品97系統に揺られること30分ほどで明治神宮外苑の近くまでやってきました。この後、ここの名物であるイチョウ並木を訪ねることにしますが、毎年訪れることはなかなかできないものの、黄色く色づいたイチョウ並木の風景はまさに晩秋のこの時期にふさわしい景色でした。

イチョウ並木@明治神宮外苑'14.11.27
久しぶりに訪れた明治神宮外苑で黄色く色づいたイチョウ並木を堪能

 この後、外苑前から銀座線に乗り込み、赤坂見附で丸の内線に乗り換えて東京駅へ。丸の内口にある商業施設「KITTE」の屋上へ上がってみました。ここを訪れるのは今回が初めて。ここから東京駅の赤レンガ駅舎を一望することが出来ますが、時刻は16時半近くで日も暮れ、周りはだいぶ暗くなってまいりました。今思えばもう少しいて夜景を楽しんでもよかったんですけど、ここまで来てだいぶ疲れてまいりましたcoldsweats01

東京駅舎'14.11.27
KITTEの屋上から東京駅を望む

 そんな東京駅では今年、開業100周年を記念して様々なイベントが行われていますが、そのうちの1つ、周辺の5箇所の施設で記念のレプリカ硬券を配布しているとのこと。すでに10月から配布を開始していたので遅くなってしまいましたが、今回ようやく1枚目を八重州中央のみどりの窓口で入手。さすがに今回は全部回るのが面倒だったので、大丸でもう1枚手に入れて打ち止めと相成りました。

東京駅開業100周年記念レプリカ硬券
#後日改めて都内へ繰り出し、無事完集いたしましたhappy01

 この後、秋葉原に寄り道してから上野駅へ。スワローあかぎに乗って大宮まで帰ってきました。

651系&E657系@上野'14.11.27
この並びはなかなか目を引くところかもhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.09

【11/24】晩秋の富士急訪問記その5~富士急線内のN'EXは乗り得?

 先月24日の続き。富士急の終点、河口湖に到着し、後は帰るだけとなりました。今回は特に細かな予定を立てず、半ば行き当たりばったりの行程でしたが、ここから大月までN'EXに乗り込むことにしました。何も知らずに窓口で特急券を買おうとしたら、大月までであれば乗車券だけで乗れるとのこと。恥ずかしながら取り扱いについては全く無知で、この時初めて知りましたが、これはなかなか大盤振る舞いですねhappy01

行先表示機@河口湖'14.11.24
帰りはN'EXに乗車

 発車10分ほど前に改札がスタート。ホームにはすでに白い車体のN'EXが停まっていて、先頭の1号車へ向かいました。この車両は富士急線内は自由席扱いで適当に空いているところへ着席。普段、JR線内では全車指定席の扱いなので、この点もなかなか貴重な体験かもしれませんね。ただ車内は空席が目立ち、改札前に並んでいたときも大きな旅行バッグを持った外国人の姿をちらほら見かける程度でした。

E259系@河口湖'14.11.24
乗車前、富士山を入れて何とかツーショットfuji

 こうして成田空港行き特急成田エクスプレス41号は14時13分、河口湖を発車。富士急ハイランド、富士山と停車し、ここで進行方向が逆転して1号車が最後尾となりました。15時8分、大月に到着。ここからは中央本線に入り、全車指定席となって一路成田空港を目指しますが、富士急線内もさることながら、中央線内で見るN'EXというのもなかなか新鮮味がありましたね。

特急成田エクスプレス41号@大月'14.11.24
大月に到着した成田エクスプレス

 ここからは帰り道。15時21分発の始発東京行きに乗り込みました。使用されているのは10両編成のE233系。中央線でよく見かける通勤列車ですが、大月より先の区間からやってくる近郊型車両だと編成も短いので、どうしても座れる保証が無いところが痛いところですね。その点、旅情的なものは欠けるものの、疲れた体を座席に委ねることが出来るのは有難いところです。

E233系@相模湖'14.11.24
通勤車ながらも座っていけるのが有難い・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.08

【11/24】晩秋の富士急訪問記その4~N'EX、富士急線内を走る

 先月24日の続き。11時30分に三つ峠を後にしましたが、そろそろお目当ての列車がやってくる時間となりました。いろいろ考えた末、下吉田で迎えることにしましたが、到着後まずは駅構内のブルートレインテラスにご挨拶。ブルートレインと言えば、最後の1本となった北斗星の定期運行が来年3月で終了することが発表されましたね。国鉄時代から続いたブルートレインも、一つの時代を終えることになります。

ブルートレインテラス@下吉田'14.11.24
ここへ来ればいつでも出会える~ブルートレイン

 そんな下吉田駅で待っていると、大月からの富士登山電車が到着。すると、駅舎側ではなく反対側のホームに入ってきました。これを見て一瞬戸惑いましたが、数分間の停車中、列車から降りてきた乗客の流れを見て納得しました。乗客はホームに降りて思い思い過ごしていましたが、ホームから富士山を見ることができるるように配慮した格好ですね。

富士急1000形@下吉田'14.11.24
富士山をホームで堪能し、一路河口湖へ・・・>富士登山電車

 その富士登山電車が出発し待つことしばし、ようやく大月方面からお目当ての白い車体が近づいてきました。思いの他スピードを出していたのであっという間に通過していきましたが、この時間は通常フジサン特急のスジで、11月末までの週末を中心にE259系で運転されました。やはり富士急沿線でN'EXを目にするのは新鮮でしたが、富士急線内への乗り入れ実績がある車両がまた増えたことになりますね。

E259系@下吉田'14.11.24
成田空港から乗り換えなしで河口湖へ・・・

 後続の列車に乗り込み、下吉田を出発。そのまま終点の河口湖までやってきました。この後はいよいよ帰り道。折り返しとなる成田空港行きのN'EXに乗り込むことにしますが、この続きはのちほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.07

グレードアップあすざ色

189系&E26系@大宮'14.11.27

 先月27日、大宮駅で見慣れない塗装の車両を目にしました。グレードアップあずさ色と呼ばれる塗装で、20年位前に特急あずさに採用された塗装ですが、最近になりリバイバルで登場したようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.06

【11/24】晩秋の富士急訪問記その3~三つ峠で下車

 先月24日の続き。ヤマノススメのヘッドマーク付き列車に乗り込み、十日市場を後にしました。しばらくすると、女性の声による車内アナウンスが流れてきましたが、アニメのキャラクターを担当している声優によるもので、これはこのアニメのファンにとってはうれしいところですねhappy01。そんなアナウンスを聴きながら三つ峠に到着。この日は好天だったこともあり、ホームから富士山を望むことができました。

富士急6000系@三つ峠'14.11.24
「ヤマノススメ」ヘッドマーク付き列車に乗って三つ峠に到着

ヤマノススメ歓迎パネル@三つ峠'14.11.24
改札前でアニメのキャラクターのお出迎えheart01

 いつもであれば、ここから隣の寿へのんびり歩きながら富士山の見える定番の踏切へ向かうところ。しかし今回は趣向を変え、駅周辺で過ごすことにしました。この後20分ほどで新宿のホリデー快速富士山1号がやってくるので、駅から歩いて10分足らずのところで迎えることに。しばらくして、あずさ色の183系使用の快速列車がこちらへ近づいてきました。

ホリデー快速富士山1号@三つ峠'14.11.24
三つ峠駅近くでホリデー快速富士山1号を出迎え

 このあたりは三つ峠駅方向へ目をやると、富士山の雄姿を望むことが出来るところ。それからしばらくの間、行き交う列車を入れて何枚か撮ってみることにしました。三つ峠というとこれまでは寿との間にある富士山が見える踏切付近へ足を運ぶことが多かったですが、沿線をくまなく探してみればまだまだ見つかりそうですね。

富士急1000形@'14.11.24
富士山をバックに富士登山電車がやってきましたfuji

 こうして時刻は11時近くになり、再び三つ峠駅へ戻ってまいりました。この後すぐに河口湖から折り返してくる115系の高尾行きがやってくるので、駅近くの踏切付近でお出迎え。見送った後、駅前の飲食店で名物の吉田のうどんをいただき、駅の窓口でヤマノススメの記念乗車券を手に入れてから、11時30分発河口湖行きで三つ峠を後にしました(つづく)。

115系@三つ峠'14.11.24

吉田うどん@三つ峠'14.11.24

ヤマノススメ記念乗車券
(3枚とも)いろいろ収穫がありましたhappy01~三つ峠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.05

【11/24】晩秋の富士急訪問記その2~行けなかった田原の滝

 先月24日の続き。大月から富士急に乗り換えて一路河口湖を目指します。今回は「世界遺産・富士山フリーきっぷ」を前日に入手。以前は「河口湖・山中湖セレクトフリー乗車券」という名称のきっぷでしたが、富士山の世界遺産登録に併せてきっぷの名称が変更になりました。相変わらず、出発前日までに入手しなければならないところは同じですねsad

 7時51分発の河口湖行きで出発。今回の最大のミッションである成田エクスプレスがやってくるのは正午前後とあってだいぶ時間があり、それまではのんびり乗り降りしながら過ごすことにしましたが、まずは十日市場で下車することにしました。この後5分ほどで大月行きの列車がやってくるので待っていると、アニメ「ヤマノススメ」のヘッドマークをつけた6000系が近づいてきました。

富士急6000系@十日市場'14.11.24
富士急沿線も舞台~ヤマノススメ

 飯能市を舞台にした”山ガール”が登場するアニメで、飯能市内ではこのアニメのキャラクターがラッピングされた国際興業バスが走っていますが、富士急沿線の三つ峠がアニメの中に登場したこともあって、富士急の公式サイトには特設ページが設定されているほど。登山を扱ったアニメなので、山が近くにある鉄道会社にとっては今後他社でも展開があるかもしれませんね。

 この後一旦駅を離れ、大月寄りに歩いて5分ほどのところにある田原の滝の近くへ。ここは去年6月に訪ねたことがあり、橋の上から滝をバックに走る列車の様子を見ておりますが、現在橋が工事中で立ち入ることができす weep。やむなく駅に戻り、しばらくホーム上で過ごすことにしました。そんな中、大月方面からスカ色の115系が接近。高尾からの直通列車は午前中の富士急沿線で注目の的ですね。

115系@十日市場'14.11.24
午前中富士急線内へ乗り入れるスカ色115系

 この駅に降り立ってから1時間ほど、ようやく先程ホームでお迎えしたヤマノススメのヘッドマーク付き列車が大月から到着。こちらに乗り込み、ここを後にしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.04

【11/24】晩秋の富士急訪問記その1~115系で大月へ

 連休最終日となった先月24日は富士急沿線へ。今年7月以来の訪問となりましたが、今年の富士急で話題になったものの1つに成田エクスプレスの乗り入れがありましたね。外国からの観光客が直接富士山のお膝元まで乗り換えなしで行くことができるとあって、JRにとっても大きな利用客増に繋がる運行と思われますが、運行が11月までとあって何とかぎりぎり間に合いました。

 自宅を朝の5時過ぎに出発。列車を乗り継いで、6時半前に立川に到着しました。ここから、6時43分発の甲府行きに乗り換え。使用されているのは、長年中央線の普通列車で活躍してきた115系ですが、今年に入って211系への置き換えが進み、長年親しまれた車両が姿を消す日もそう遠いことではなさそうです。あのボックスシートに揺られながら車窓を眺める旅も中央線では出来なくなってしまうかもしれませんね。

クハ115‐1102@大月'14.11.24
中央線で長年親しまれた国鉄型に揺られ、大月へ

 こうして7時39分、大月に到着。ここから富士急に乗り換え、のんびり乗り歩くことにします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.03

魚へんの駅

 今年10月に訪れた由利高原鉄道鮎川駅の待合室に、「深海魚のアンコさん」という漫画のポスターが貼ってありましたが(画像はこちら)、そこには「魚がついた駅と聞いてやって参りました。」の文字が記されていました。もしかしたら、魚にゆかりのある駅に行けば同じポスターがあるのかもしれませんが、ここで”魚”や魚へんの漢字が使われている駅をいろいろ拾ってみました。

 鮫(八戸線)、鮫洲(京急)、鯖江(北陸本線)、魚津(北陸本線)、鯵ヶ沢(五能線)、鰭ヶ崎(流鉄)、大鰐温泉(奥羽本線)、鮎貝(山形鉄道)、鱒沢(釜石線)、魚沼中条(飯山線)、鯨波(信越本線)、魚沼田中(只見線)、糸魚川(北陸本線)、鰍沢口(身延線)、魚住(山陽本線)、鯖瀬(牟岐線)、薊野(土讃線)

 ざっと思い出したところもあれば、完全に見落としていたところもあったりして、意外とあるようでないようでといったところですが、やはり魚に由来した土地柄なのかもしれませんね。

485系@鯨波'10.8
ここも”魚”がつくところ~鯨波

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.02

来年12月開業~仙台地下鉄東西線

 まだ1年も先の話ですが、仙台市交通局の地下鉄東西線の開業日が来年12月7日6日に決まりました。八木山動物公園から仙台を経て荒井まで通じる路線で、沿線には東北大学のキャンパスもあることから、通勤のみならず通学に利用する乗客も期待できそうですね。一方、公式サイトに載っているイラストや広瀬川に掛かる橋梁などを見ると、一部地上区間を走るところがあるようです。

 ここ数年は新規開業路線がなかったので、北陸新幹線や第三セクターへ転換される平行在来線、そしてここ仙台市営地下鉄の開業と、久しぶりにタイトル死守のためにあちこち奔走することになりそうですね。全国鉄道むすめ巡りもあるので、どうやって回るのか、今から頭が痛いところですcoldsweats01

仙台市交通局1104@富沢'00.7
来年は久しぶりに杜の都の地下鉄に乗ることに・・・

# 改めて確認したところ、12月6日開業の誤りでしたcoldsweats01。訂正いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.01

【11/22】世界キャラクターさみっとin羽生訪問記その3~夕暮れ迫る鷲宮で過ごす

 先月22日の続きですが、ランチを済ませた後、秩父鉄道の様子を見ようと西羽生駅まで線路に沿って歩いてみることに。しばらく歩いていると、先月埼玉県民の日に御花畑で見かけたジオパークトレインが熊谷寄りから近づいてきました。11月半ばまで、週末は限定運用で運転されていましたが、現在はその任を解かれ、時間に寄らず目にすることが出来るようになりました。

秩父7500系@羽生'14.11.22
埼玉県民の日に続き、この日も遭遇した秩父鉄道のジオパークトレイン

 西羽生駅までたどり着き、再び来た道を歩いて羽生駅まで戻って伊勢崎線の上り列車に乗車。鷲宮までやってきました。ここで、夕方羽生を出発する臨時直通列車を待つことにしましたが、如何せん鷲宮を通過するのが16時半近くとあって、それまで3時間ほど。とりあえず鷲宮の町をブラブラしながら過ごすことにしましたが、定番の鷲宮神社へやってきたものの、境内をブラブラしても時間が余ってしまいましたcoldsweats01

鷲宮神社境内'14.11.22
午後は鷲宮でのんびり過ごす

 鷲宮の町でのんびり過ごしながら、時刻は16時近く。鷲宮駅から花崎駅方面へ10分ほど歩いた田園地帯の一角にある踏切付近で”待ち人”を待つことにしました。ところが16時を過ぎると日が西の方へだいぶ傾き、改めて日照時間が短くなったことを実感したところ。16時20分過ぎ、ようやくお目当ての臨時直通列車がやってきたときには、すっかり日も暮れてしまいました。

東武8000系@鷲宮'14.11.22
夕闇迫る中、一路七光台を目指す臨時直通列車

 こうして再び鷲宮駅に戻り、久喜経由で宇都宮線に乗って帰ってきました。

<おまけ>
KORAIL灰皿@鷲宮'14.11.22
鷲宮の街中にあるコンビニで見かけた灰皿。なぜか「KORAIL」の文字が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »