« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.31

【1/24】快速おさんぽ川越号に乗れず・・・

 おさんぽ川越号の運転も今年で3年目を迎えましたが、運転初日の今月24日の川越行きに乗ろうと南浦和までやってきました。到着まで時間が少しあったので、去年と同じく武蔵浦和へ移動。これが間違いの元で、ホームで列車を待っていると、あっという間に目の前を通過していきました。この時、今年は武蔵浦和通過となったことを知った次第でしたが、時刻を調べておかなかったのが大きな間違いでしたweep

快速おさんぽ川越号@武蔵浦和'15.1.24
今年のおさんぽ川越号は武蔵浦和を通過・・・weep

 そんな武蔵浦和駅でしたが、おさんぽ川越号が通過する直前にEF66牽引の貨物列車が反対側のホームに入ってきました。100番台は時々目にすることはありますが、初期のタイプを目にするのはほんと久しぶりで、やはりEF66といえばこのスタイルですね。おさんぽ川越号に乗車できなかったのは痛かったですが、その代わりに思わぬお客さんに出くわしました。

EF66-24@武蔵浦和'15.1.24
思わぬお客さんと対面>EF66

 そのまま埼京線に乗り換えて追いかけることにしますが、元より追い付くはずはなく、南古谷で川越からの入庫を待つことに。隣のホームには205系が到着しましたが、どうやら川越ではE231系との並びとなった様子で、これも見たかったですね。そのまま川越車両センターの近くでしばらく待機。川越から戻ってきたE231系の回送列車が近づいてきました。普段見慣れた車両ですが、川越線で見ると新鮮ですね。

E231系@南古谷'15.1.24
普段の"足”も、ここでは珍客に・・・

 この後の列車に乗って川越へ移動。この後は川越市内をブラブラ散策することにしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.30

3両編成の205系@大宮

205系@大宮'15.1.7

 今月始め頃から、大宮駅構内の南側に3両編成の205系が止まっているのがホームから見えました。両端には南武線カラーの先頭車、そして中間には埼京線カラーという本線上では見ることがない異色な編成で、思わず目が釘付けになってしまいましたが、とりわけ南武線では後継のE233系へ置き換えが進んでおり、首都圏では徐々に数を減らしつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.29

【1/18】2年目を迎える鬼怒川みやびのスタンプラリーを巡る

 今月18日の続きですが、鬼怒川温泉駅到着後、さっそく駅前にある「鬼怒川・川治温泉観光情報センター」へ。まずはここで、鉄道むすめスタンプラリーの記念品と交換いたしました。今回のスタンプラリーは「姫宮ななコース」と「鬼怒川みやびコース」の2つがありますが、設置された各4ヵ所のうちの3ヶ所を回ると交換することができ、ここかソラマチのツーリストプラザで両方のコースの記念品を交換することができます。

鉄道むすめ10thanniversaryスタンプラリー記念品
まずは鉄道むすめのスタンプラリーの記念品をゲットheart01

 これでミッションが一つ終了。続いて2つ目のミッションへ進むことにします。まずはスタンプラリーの台紙を入手。ざっくり見ると、去年に比べてスタンプの設置箇所が16ヶ所と大幅に増えたのが一番の印象で、去年以上の力の入れ様が伺えますねhappy01。記念品の交換は8ヵ所から。さすがに1日で全部を回るのはこの時間からだと無理なので、記念品交換の条件となる8ヵ所を目標に回ることにします。

 まずは腹ごなしと思い、昨年も訪ねたミルフィーユカツサンドの「KODAMA」を目指すことに。ところが、お店があったところを目指してみるも、それらしい看板を見つけることができませんでした。1年前に足を運んだところなので、場所を特定していたつもりでしたが、やむなく近所のホテルを片っ端から回って500円以上の買い物をしながら、少しずつスタンプを集めてまいりました。

東武6050系@鬼怒川温泉'15.1.18
冬の鬼怒川温泉の風景

 去年と比べると入浴施設や飲食店が増えており、みやげ物ばかりに集中することはなさそうですが、それでも飲食店がなかなかなくてやむなく駅まで戻ってみると、駅構内の一角に去年はなかった飲食店がオープンしていました。よくよく見ると、スタンプ台紙の駅のところに「KODAMA」と記されており、店員に聞いたところ、去年8月にオープンしたとのこと。ここでミルフィーユカツサンドをいただきました。

KODAMA@鬼怒川温泉'15.1.18

ミルフィーユカツサンド@鬼怒川温泉'15.1.28
(2枚とも)エキナカに移転したミルフィーユカツサンドのお店「KODAMA」

 最後にホテルサンシャイン鬼怒川の足湯カフェに浸かり、無事に8個が収集。この後、再び駅前の鬼怒川・川治温泉観光情報センターへ向かい、限定アイテムと交換いたしました。限定アイテムは、鬼怒川みやびのイラストが入ったオリジナルステッカー。さすがに16ヶ所全てを1日で回ることはできず、今回はこれにて打ち止めと相成りましたcoldsweats01

鬼怒川みやびスタンプラリー記念品'15.1.18
鬼怒川みやびスタンプラリーの収穫

 3月13日および14日には、去年と同様に「スプリングフェスタ」が開催されるとのことで、こちらも今からが楽しみですね。ただ、今年は金曜と土曜の2日間とのことで、14日の訪問になりそうですが、この日はJRグループのダイヤ改正も控えているので、どんな行程になるのか、いろいろと考えたいところでもあります。

鉄道むすめスタンプラリー幟@鬼怒川温泉'15.1.18

鬼怒川温泉駅にはためく鉄道むすめたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.28

【1/18】鬼怒川への道

 今月18日の続き。大宮から東武アーバンパークラインに乗り込みますが、前日盛大に出発イベントが執り行われていたスペースにはスタンプラリーのポスターがぎっしり貼られていて、なかなか壮観な眺めですねcoldsweats01。それを横目に列車に乗り込み、七里でちょっとだけ寄り道。8000系と60000系という東武アーバンパークラインの新旧の顔に挨拶してきましたが、それにしても60000系が増えた印象を受けましたね。

東武60000系@七里'15.1.18
乗車する機会が多くなった60000系

 春日部からスカイツリーラインに乗り換えて南栗橋に到着。ここで鉄道むすめのスタンプを押印した後、駅の近くのよく行く田園地帯でのんびり撮影タイムと致しました。朝からすっきり晴れ渡った中、遠くの富士山を横目に過ごしてまいりましたが、如何せん今の時期に外で過ごすのはちょっと寒いところbearing

東武100系@南栗橋'15.1.18
南栗橋で中休止happy01

 その後、列車を乗り継いで下今市からは会津若松行きのAIZUマウントエクスプレスに乗り換え。去年も乗車していますが、この列車にはアテンダントが乗務していて、車内販売も行われていました。そこで売り上げに貢献するべく、乗車しているAIZUマウントエクスプレスのストラップを入手。先般、JR東日本の一部列車でこの春から車販の取り止めが発表されただけに、末永く続けてほしいところですね。

会津鉄道AT-701@鬼怒川温泉'15.1.18

AT-700形ストラップ
(2枚とも)AIZUマウントエクスプレス車内で入手したストラップ

 こうして12時10分、鬼怒川温泉に到着。さっそく温泉街を巡ることとします(つづく)。

鉄道むすめ10thanniversaryスタンプラリーポスター@大宮'15.1.18
大宮駅の光景heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.27

【1/18】今年も運転~快速シーハイル上越号

 今月18日、今年も始まった鬼怒川みやびのスタンプラリーを巡るため、朝早く自宅を出発しましたが、出掛けに地元で快速シーハイル上越号をお見送りすることに。今月10日から運転が始まりましたが、去年から185系へ置き換えになって今年で2年目となり、「臨時快速」と記されただけのヘッドマークを見ると、183系時代のイラスト入りのほうが懐かしく思えますね。

快速シーハイル上越@宮原'15.1.18
今年もシーハイル上越の季節が到来wink

 そのまま大宮へ向かい、東武アーバンパークラインに乗り換え。2日連続となりましたが、あちこち寄り道しながら鬼怒川温泉を目指すことにします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.26

ムーミン、鉄博へ

 「ムーミン」の愛称で親しまれたEF55電気機関車。長らく高崎の地で保管されていましたが、ゴールデンウィーク頃をめどに鉄道博物館で展示されることが発表されました(参考:鉄道博物館の公式サイト・PDFファイル)。そういえば先週の金曜日の晩、高崎から大宮まで回送されたという話題がtwitterに流れていましたが、まさにこのための回送だったんですね。

 そんなムーミンですが、今から7年前の2008年12月に本線上を走行した際にムーミン牽引の快速列車に乗車しています。多くのギャラリーが沿線に詰め掛けていたのを記憶していますが、鉄博で末永く保存されるとあれば一安心ですねhappy01

EF55-1@水上'08.12
鉄博で保存されることになったムーミン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.25

【1/17】「東武鉄道下町スタンプラリー2014年冬」を巡る

 今月17日の続きですが、北千住で一旦途中下車。昨年9月にも回った「東武鉄道 下町スタンプラリー」の冬バージョンを巡ることにします。鉄道むすめと並んで現在行われている東武関連のスタンプラリーですが、ここで最初のスタンプを押してから隣の牛田へ移動。荒川の土手で京成のスカイライナーを眺めた後、堀切駅近くで浅草からやってきたスカイツリートレインをお見送りしました。

京成AE形@牛田'15.1.17

東武634型@堀切'15.1.17
(2枚とも)牛田から荒川の土手経由堀切駅という定番コースを散策foot

 今回はスタンプラリーをやることもあり、大宮駅で「浅草下町フリーきっぷ」を入手。堀切から再び列車に乗り込み、乗ったり降りたりを繰り返しながら浅草までやってきました。ここは下町スタンプラリーと鉄道むすめスタンプラリーの両方が別々のところに置かれているので、駅ビルを移動して無事に押印。再び列車に乗り込んで、隣のとうきょうスカイツリー駅に降り立ちました。

東武クハ8665@亀戸'15.1.17

東武鉄道むすめ@亀戸'15.1.17

東武車両ポスター@亀戸'15.1.17
(3枚とも)亀戸駅の風景

 下町スタンプラリーの最後の1個を押し終え、景品の引換場所となっているソラマチ5階にあるツーリストプラザへ。夏のときと同様、スカイツリー周辺ゆかりのご当地キャラがデザインされた缶バッジを無事ゲットいたしました。同時に係員の女性から、「フリーきっぷをお持ちですか?」と聞かれ、手持ちの浅草下町フリーきっぷを見せたところ、キャラクターのシールもいただきました。

東武鉄道下町スタンプラリー2014冬台紙&缶バッジ
スタンプラリーの台紙と景品の缶バッジ

 今回は下町スタンプラリーの方がメインで、鉄道むすめの方は完集には至りませんでしたが、翌18日に鬼怒川へ行っていろいろ集めてまいりました。こちらの様子については後日紹介することとして、今回もスカイツリー近くにある「ローカル線本舗」に寄り道した後、17時過ぎのスペーシアに乗って帰ってきました。

東武100系@浅草'15.1.17
帰りはスペーシアでゆったりhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.24

【1/17】鉄道むすめ仕様になったスカイツリートレイン~東武

 1月も中旬になり、東武鉄道から鉄道むすめ10周年記念のスタンプラリー開催が発表されました。東武ゆかりの鉄道むすめ8人のスタンプが設置されるとのことですが、さらに開催2日目となる17日には、鉄道むすめ仕様になったスカイツリートレインの出発イベントが大宮駅で開催されるとのことで、急遽数日前にスカイツリートレインの特急券を入手し、乗り込むことにいたしました。

 当日の正午前、東武アーバンパークラインの大宮駅に到着。さっそくスタンプラリーの台紙を手に入れ、1個目となるスタンプを押印しました。スタンプ台は券売機前に設置されていて、JRの改札から向かう際にはわかりやすい位置。一方、ここ大宮駅に起用された鉄道むすめは川越あさかで、東上線の車掌を勤める彼女は今回、川越からはるばる出張と相成りましたheart01

川越あさか@鉄道むすめ10thanniversaryスタンプラリー
大宮駅のスタンプは川越あさかのイラストheart04

 改札を抜けてすぐ目の前、幾分スペースのあるところに出発イベントの会場が設置され、多くのギャラリーに見守られる中、正午前にセレモニーがスタートしました。大宮駅長の挨拶に続き、実際の制服に身を纏ったリアルな鉄道むすめたちが登場。背後は乗客が行き来していて、思わぬところで執り行われていた盛大なセレモニーに注目が集まっておりましたcoldsweats01

出発イベント会場@大宮'15.1.17
盛大に(?)執り行われた出発イベント会場

 そんな中、スカイツリートレインが入線。車内整備が終了後、指定された4号車に乗り込むと、車内一面にラッピングされた東武ゆかりの鉄道むすめにただ圧倒されてしまいましたcoldsweats01。なかなか派手な装飾で、興味のない人がこの車両に乗り合わせてしまうと正直違和感があるかもしれませんが、鉄道むすめ達と汽車旅をしたいという向きにはこの4号車をチョイスするといいかもしれませんね。

東武634-11@大宮'15.1.17

鉄道むすめラッピング@スカイツリートレイン車内'15.1.17

渡瀬きぬラッピング@スカイツリートレイン車内'15.1.17
(3枚とも)鉄道むすめ1色となったスカイツリートレイン

 出発イベントに登場したリアル鉄道むすめたちに見送られ、スカイツリートレインは大宮を発車。この列車も2012年12月に登場して以来2年が過ぎましたが、東武アーバンパークライン線内では土曜日のみの運転ながら、すっかり定着した感がありますね。そんなスカイツリートレインは春日部からスカイツリーラインへ進み、13時12分北千住到着。ここでお見送りとなりました(つづく)。

春日部しあ&栗橋あかなラッピング@スカイツリートレイン車内'15.1.17
鉄道むすめに見送られ、北千住で下車heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.23

【1/11】今年も訪問~京王百貨店駅弁大会

 今月11日の続きですが、多摩川駅から一気に新宿までやってきました。この後、毎年恒例となった、京王百貨店の駅弁大会を覗いてくることに。会場となっている7階のフロアは多くの来場者でごった返していて、人気のある駅弁のブースには長蛇の列ができていましたが、例年行列ができていない比較的すぐに買えるところを選んで買っており、今回もすぐに買える弁当をチョイスしました。

鶏樽めし'15.1.11
今年チョイスした大館駅の鶏樽めし

 手に入れたのは、鶏めしで有名な大館駅の駅弁で、昭和40年代後半に実際に売られていた「鶏樽めし」というもの。当時のレシピを参考にして再現したとのこと(参考:花善のホームページ)で、樽型の器に入っていることもあって、ボリュームも満点でしたね。ところで通常の鶏めしが大宮駅でも買えるようですけど、まだ見たことがないので、次回駅弁を買うことがあれば探してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.22

【1/11】東急東横線×富士山

 今月11日の続き。再び南武線に乗り込み、武蔵小杉から東急東横線に乗り換えて多摩川駅までやってきました。降り立つのはちょうど一月ぶりとなりましたが、今回も多摩川浅間神社で眼下を行き来する東横線の姿をカメラに収めてきました。前回は遠く富士山の姿が霞んでしまってはっきりその姿を見ることができませんでしたが、今回は午前中だったので、対岸に広がる山間から富士山の頭を見ることができました。

東急5000系@多摩川'15.1.11
富士山をバックに多摩川を渡る東横線の姿をカメラに収めるcamera

 こうして無事に”リベンジ”を果たし、再び多摩川駅から東横線に乗車。今度は自由が丘に降り立ちました。ここ自由が丘といったら自分にとってはお菓子のお店の亀屋万年堂が真っ先に頭に思い浮かべますが、今回は名物ナボナを買いに渋谷寄りにある本店を訪ねようとしたら、現在店舗改装中とのこと。駅前にある店で買ってまいりました。

ナボナ
自由が丘でナボナを入手

 この後、再び東横線に乗り込み、渋谷を抜けて新宿三丁目に到着。この後は京王百貨店で今年も開催された駅弁大会を訪ねてまいりましたが、長くなってきたのでここで一旦切ることにいたします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.21

【1/11】南武線×富士山

 富士山の姿がはっきり見ることができる季節になりましたが、そんな今月11日、富士山を見にあちこちブラブラしてまいりました。まずやってきたのは南多摩。武蔵野線で府中本町に到着した後、南武線に乗り換えましたが、立川方面からやってきたのは209系でした。E233系が続々投入されている南武線にあって今も205系と混じって運転されていますが、どうしてもこの顔を見ると京浜東北線を思い出しますね。

クハ208-68@南多摩'15.1.11
南武線の209系に一区間だけ乗車

 南多摩に到着し、そのまま歩いて是政橋まで到着。橋を渡って府中本町側の土手にたどり着きました。ここから富士山をバックに多摩川を渡る南武線の列車を撮影。去年9月に訪れて以来で、その時は富士山の姿を見ることができませんでしたが、今回は朝からすっきり晴れ渡り、遠く富士山の山稜がはっきり見て取ることができました。

205系@南多摩'15.1.11
いずれは貴重になるのか~南武線205系と富士山のコラボ

 そんな南武線ですが、前回足を運んだ昨年秋頃と比べ、新型のE233系が増えたという印象を受けました。比率としてはまだまだ205系の方が多いですが、車両の置き換えのスピードが速いJR東日本だけに、あっという間に置き換えが完了しそうですね。あとどれくらいこの路線で205系の走る姿を目にすることができるかわかりませんが、富士山と205系のコラボを目に焼きつけ、再び南多摩駅へ戻りました(つづく)。

E233系@南多摩'15.1.11
これからの南武線の顔~E233系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.20

【1/10】久しぶりの流鉄沿線

 今月10日の続きですが、新八柱から武蔵野線に乗って一駅先の新松戸へやってきました。そのまま隣接する幸谷駅へ。この後、年末から年始にかけて運転された「みんなの流鉄号」に乗車します。ホームで待っていたら、馬橋方面から黄緑色の「若葉」が到着。列車の前後には、昨年11月のイベントで子供たちが「夢」をテーマに記した寄せ書きでできたヘッドマークが取り付けられていました。

流鉄クモハ5004@小金城址'15.1.10
「みんなの流鉄号」として運転された「若葉」

 今回は一区間だけ、次の小金城址で下車。流山からは、この日の日中に動いていた「あかぎ」と交換しました。流鉄沿線を訪ねたのは久しぶりで、車両の置き換えが完了したこともあって最近はなかなか足を運べないでいましたが、色とりどりの列車が行き来する沿線の風景は以前と変わっていないですね。手作り感溢れるヘッドマークといい、のんびり訪ねるにはいい路線かもしれません。

流鉄5000形@小金城址'15.1.10
「若葉」とともに日中線内を行ったり来たりしていた「あかぎ」

 とは言え、16時近くになり、だいぶ日が傾いてきました。沿線の建物の影が目立つようになってきたこともあって、結局隣の鰭ヶ崎まで歩いたところで撤収。南流山からしもうさ号に乗って大宮まで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.19

【1/10】新京成「干支ヘッドマーク」列車を追う

 東武や京急と並び、新年を祝うヘッドマークを付けた列車が毎年運転されている新京成ですが、今年も運転されると聞いて今月10日に乗ってきました。出発は新津田沼駅。ここから松戸方面を目指しますが、ホームで待っていると、さっそく反対側の京成津田沼方面のホームにお目当ての列車が到着。何ともタイミングがよすぎるところで、ここはそのままお見送りとなりました。

新京成8800形@新津田沼'15.1.10
いきなり”待ち人”と出会うcoldsweats01

 ヘッドマーク付き列車は千葉中央行きとのことで、戻ってくるまでしばらく時間が掛かることから、一先ず先を目指すことに。適当に降りて一区間歩きながら先を目指そうと思い、まずは習志野で降りてみました。このあたりは北習志野以外で降りたことはなく、どこで降りても新鮮なところ。しかも駅と駅との間が短いこともあり、のんびり歩きながら散策するのもよさそうですね。

 線路沿いに歩き続けたところ、結局高根公団までたどり着くことに。ここでヘッドマーク付き列車を待つことにしました。20分ほど待ってようやくお目当ての列車が到着。使用されているのはピンクをベースにした塗装の8800形で、昨年夏頃から徐々に登場しているカラーでありますが、なかなか明るい雰囲気ですね。まだまだ旧塗装の列車の方が多いですが、新京成のイメージも少しずつ変わっていきそうです。

新京成8801-1@二和向台'15.1.10

2015謹賀新年HM'15.1.10
(2枚とも)ヒツジがデザインされた今年のヘッドマーク付き列車に乗車

 時刻は正午前。これまた未踏の地だった二和向台で降りることにしました。この後、松戸からの返しをお迎えしますが、戻ってくるまで1時間近く掛かるので、ここでランチタイム。国道57号線沿いのファストフードの店で済ませ、そのまま歩いて鎌ヶ谷大仏駅までたどり着きました。その先にある踏切付近で待機。しばらくすると、松戸方面からお目当ての列車がやってきましたが、架線柱の影が掛かってしまって失敗でしたweep

新京成8800形@鎌ヶ谷大仏'15.1.10
鎌ヶ谷大仏駅近くの踏切で待つも失敗・・・weep

鎌ヶ谷大仏'15.1.10
大仏様にもご挨拶wink

 鎌ヶ谷大仏に挨拶後、再び新京成の列車に乗り込み松戸方面へ。先ほど見送ったヘッドマーク付き列車は今回も千葉中央行きとのことで、所要時間などから勘案すれば、戻りは14時半くらいになりそうでした。そこで八柱まで向かい、去年も足を運んだ駅近くの線路脇へ。あちこち動き回りながら過ごすこと14時40分過ぎ、千葉中央から戻ってきたヘッドマーク付き列車が近づいてきました。

新京成8800形@八柱'15.1.10
八柱駅近くの線路脇で"リベンジ”

 こうして何とか”リベンジ”を果たし、新八柱から武蔵野線に乗車。時刻は15時を過ぎた頃で、もう1箇所くらいは足を運べそうでした。そこで、隣の新松戸で下車。この後、流鉄沿線に足を運ぶことにしましたが、この続きはのちほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.18

【1/4】地元ネタその3~ようやく初対面、ニューシャトル第7編成

 1月4日の続きですが、臨時水上を見送ってからそのままニューシャトルの加茂宮駅へ。列車を待っていたら、去年11月の丸山車両基地の公開イベントでお披露目された2000系の第7編成がやって来ました。実は年末あたりからこの第7編成を見ようとニューシャトル沿線に何度か足を運んだものの、なかなか出会うことができず、ようやく乗ることができました。

埼玉新都市交通2000系@加茂宮'15.1.4
去年11月に登場した2000系第7編成に初乗車

 大宮に到着後、駅周辺で買い物を済ませてからすぐに地元へ逆戻り。夕方、今年最初の安中貨物をお見送りし、年末年始の休みがこうして過ぎていきました。

EH500-65@宮原'14.1.4
今年最初の安中貨物でこの日は締めに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.17

【1/4】地元ネタその2~185系2題

 今月4日の続きですが、午前中は地元で185系を使用した2本の列車をお迎えいたしました。1本目はあかぎ8号。言わずと知れた、高崎線に残る185系の定期列車ですが、この日は斜めストライプ塗装の車両が充てられておりました。185系も昨年あたりから塗装変更が行われ、斜めストライプ塗装の列車が以前に比べて目にする機会が多くなりましたね。

特急あかぎ8号@宮原'15.1.4
この日は斜めストライプ塗装が使用されたあかぎ8号

 そしてこの日は上野行きの臨時特急水上号が運転されました。ちょうど昼前に通過していきましたが、この列車も数年前までは定期列車として当たり前に見ることができた列車で、現在は年末年始の臨時列車として細々と運転されています。使用されているのは田町色と呼ばれる塗装の185系。この塗装での水上は定期時代にはなかったので、やはり違和感を感じざるを得ませんね。

特急水上90号@宮原'15.1.4
田町色185系を使用した特急水上90号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.16

【1/4】地元ネタその1~今年最初のやまどり

 今月4日は地元で過ごしていましたが、いくつかネタを紹介したいと思います。まず一つ目は朝やってきたリゾートやまどり。毎年恒例の快速列車「新春初詣やまどり」号がこの日まで運転されました。高崎支社のみならず、去年は富士急線内にも顔を出すなど、なかなか広範囲な活躍を見せていますが、思えば以前に比べるとお座敷列車の走る姿を見なくなったような気がします。

快速新春初詣やまどり@宮原'15.1.4
今年もどれだけ見ることができるのか・・・>やまどり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.15

【1/3】年始め大師線乗り歩き紀行その3~ミッション後の落穂拾い

 正月3日の続きもすでにこの日のミッションは完了しましたが、少し時間があったので、あちこち寄り道しながら帰ることにしました。京急川崎から多摩川を越え、再び蒲田へ。駅周辺をブラブラすることにしましたが、東海道線沿いに川崎方面へ15分ほど歩いたところにある通称「タイヤ公園」にはこの日、多くの家族連れで賑わっていました。その光景を横目にすぐ近くに架かる歩道橋から行き交う東海道線を撮影。

251系@蒲田'15.1.3

東急7700系@蒲田'15.1.3
(2枚とも)蒲田周辺をのんびり散策

 再び蒲田駅近くまで戻り、東急の列車に挨拶してから京浜東北線に乗り込んで都心へ。時刻はまだ16時少し前で、田町を出た直後に東京駅開業100周年記念の山手線ラッピング列車とそれ違いました。ここから逆算すれば上野の先あたりでもう一度出会うことができそうだったので、そのまま西日暮里まで向かいお出迎え。ラッピング列車に乗り込み、上野までやってきました。

E231系@西日暮里'15.1.3
東京駅開業100周年記念ラッピング列車と対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.14

【1/3】年始め大師線乗り歩き紀行その2~京急大師線

 年始め大師線乗り歩き紀行の続きですが、都心を経て蒲田までやってきました。京急蒲田駅の前までやってくると、駅のすぐ隣に伸びる第1京浜沿いに多くの人だかりの姿を見かけましたが、この日は箱根駅伝の復路が行われた日。沿道でしばらく待っていると、駅伝のランナーが白バイの先導を受けながら目の前を通り抜けていきました。

箱根駅伝@京急蒲田'15.1.3
京急蒲田駅から箱根駅伝の様子を拝見

 ここから京急に乗り込み、京急川崎へ。到着後、さっそく階下の大師線乗り場へやってきました。今年もホームには川崎大師へ向かう多くの人でごった返していましたが、車止めの周辺でしばらく待っていると、小島新田からやってきたヘッドマーク付きの列車が到着。もちろん、今年の干支であるヒツジがデザインされたヘッドマークでしたが、なかなか今年も可愛らしいイラストですねhappy01

京急1500形@京急川崎'15.1.3

2015京急干支HM'15.1.3
(2枚とも)可愛らしいヒツジのイラストが目を引く今年のヘッドマークhappy01

 そのまま到着した列車に乗車。今年も去年と同様、東門前へやってきました。撮影目的であれば港町駅周辺が定番となっていますが、幾分建物の影が気になるものの、今年も2種類のヘッドマークを拝むことに。川崎大師へ向かう人の流れを見ながら、のんびり行き交う赤い電車を撮影し、川崎の地を後にいたしました(つづく)。

京急1500形@東門前'15.1.3-1

京急1500形@東門前'15.1.3-2
(2枚とも)東門前で2種類のヘッドマークを拝見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.13

【1/3】年始め大師線乗り歩き紀行その1~東武大師線

 毎年恒例の東武と京急の両大師線で運転される新年のヘッドマーク付き列車が今年も走るということで、3日に訪ねてまいりました。まずは東武の方へ足を運びましたが、今年は赤羽駅東口から西新井駅へ向かう国際興業バスに乗って西新井大師を目指すことに。乗り場のある東口にはバスに乗る乗客の長い列ができており、車内で立ったまま30分近く揺られ、ようやく西新井大師の前までやってきました。

 そのまま大師前駅へ向かい、西新井からやってくる列車を待ち構えることに。しばらくすると、ヘッドマークを付けた2両編成の8000系が近づいてきました。ヘッドマークはもちろん今年の干支である羊がデザイン。正月らしい雰囲気が出ていましたが、一時期東京スカイツリーのイメージキャラクターを使用したイラストが使われていた時と比べると、やはりこちらの方が新年らしくていいですね。

東武8000系@大師前'15.1.3

2015賀正HM'15.1.3
(2枚とも)今年の干支、羊がデザインされた東武大師線のヘッドマーク

 ちなみに東武大師線といえば、自分にとって日本の鉄道全線完乗を果たした思い出の地でもあり、2005年1月の完乗達成から早10年が経過したんだなぁと今回現地へ赴いて改めて感慨に浸っておりました。これがご縁で、毎年干支のヘッドマーク付き列車を見に訪れるようになりましたが、これも完乗という目標があったからその後のご縁に繋がった形になりますね。


 この後、西新井へ出て東武スカイツリーラインに乗り換え。北千住を経て都心へ向かいました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.12

【1/2】2015”鉄”始めその3~西武沿線をブラブラ

 正月2日の続き。西武秩父から飯能行きの普通列車に乗り込み、秩父路を後にしました。時刻は13時過ぎと少し早めでしたが、先月訪れたばかりだったこともあって今回は早めに切り上げることにしましたが、午後は西武沿線をブラブラしようと思い、飯能から池袋線の列車に乗り込んだ直後、”赤い西武”こと9003Fとそれ違い。さっそく元加治で降りて入間川にかかる橋の上から狙いました。

西武9000系@元加治'15.1.2
入間川の鉄橋を渡る”赤い西武”こと9003F

 この日は練馬駅で発生した人身事故の影響で、昼過ぎに西武秩父を発車する予定のレッドアローが運休になるなど、一部ダイヤの乱れが午後にも影響していましたが、その関係なのか、小手指車両基地には朝方東飯能で見かけたヒカリエトレインが止まっていました。パンタグラフが上がっていたのでもしかしたら動くかと思い、西所沢で待機してみましたが、なかなかそううまくは行きませんでしたねbearing

西武30000系@西所沢'15.1.2
久しぶりの西所沢も、すっかり日が暮れて・・・

 時刻が16時を過ぎると徐々に日が落ち始め、このあたりで撤収。所沢で新宿線に乗り換え、川越経由で帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.11

【1/2】2015”鉄”始めその2~今年も運転、急行開運号&SL秩父路初詣号

 正月2日の続き。横瀬から乗り込んだ長瀞行きは、西武秩父駅の手前で短絡線を渡り、秩父鉄道へ入ってきました。まずは急行開運号を迎えることにしますが、特にどこで降りるとか決めていたわけではなく、あれこれ考えた結果、和銅黒谷で下車することに。ここへ降り立つのも久しぶりでしたが、駅前にあった古い建物が取り壊され、小さな駅前は広々としていました。

和銅黒谷駅舎'15.1.2
駅前の建物が取り壊され、駅周辺が広々となった和銅黒谷駅

 20分くらいで開運1号がやってくるので、駅のすぐ近くにある踏切で待機。しばらくすると、熊谷方面からヘッドマークをつけた急行開運1号が近づいてまいりました。今年の開運号、昨年秋に登場したリバイバルカラーがどの列車に充てられるのかが気になるところでしたが、こちらは一般塗装の編成。この後やってくる3号に期待がかかります。

秩父6000系@和銅黒谷'15.1.2
一般塗装の車両が使用された開運1号

 その開運3号までは1時間ほど時間があり、後続の上り列車に乗り込み、皆野へやってきました。昨年降り立った際に見かけた桜沢みなのさんの等身大パネルが今回見当たらなかったのが気になりましたが、さっそく3号をお迎えするべく親鼻側に歩いて10分ほど行った大浜新道沿いの線路脇で待機。すると、親鼻寄りからリバイバルカラー使用の3号が近づいてきました。

秩父6000系@皆野'15.1.2
リバイバルカラーは開運3号に使用

 この後、SL列車をお迎えするべく、駅寄りの踏切へ移動。以前はなかった正月のSL運行もすっかり定着した感があり、こうして新年早々に秩父鉄道沿線を回ることになりましたが、待つこと11時40分過ぎ、SL秩父路初詣号が煙を上げてこちらへ近づいてまいりました。今回は新春らしく、先頭部分に国旗を掲揚するなど、新年らしい装いとなりました。

秩父C58363@皆野'15.1.2
2015年最初のパレオ~SL秩父路初詣号

 この直後、三峰口から折り返してきたリバイバルカラー使用の熊谷行き急行を見送り、足早に皆野駅へ。後続の三峰口行きに乗り込みました。秩父でSL列車を追い抜いて隣の御花畑で下車。ここでもう一度お迎えしてから西武秩父駅へ向かいました。時刻は12時台。少し早めではありますが、秩父鉄道は今回これで撤収。飯能行きの普通列車に乗って秩父を後にしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

【1/2】2015”鉄”始めその1~秩父への道のり

 2015年最初のお出かけは秩父へ。昨年末に訪ねたばかりですが、今回は西武を利用することにします。自宅を6時前に出発。川越線に乗って南古谷にやってきました。いつもだったら次の川越で乗換えとなるところですが、後続の高麗川方面行きがここ南古谷始発だったことから降りた次第。朝の早い時間に川越車両センターから出庫する運用の存在を以前から知っていましたが、もちろん乗るのはこれが初でした。

クハ205‐3003@南古谷'15.1.2
南古谷始発の八王子行きに乗車

 東飯能に到着。さっそく隣の西武線の乗り場で秩父フリーきっぷを入手します。券売機で発券できないので、その都度窓口で買わなければいけないのが面倒なところですが、駅前のコンビニで朝食を調達してホームに入ると、高麗寄りの踏切の警報機が鳴り始めました。何が来るか待っていたら、やってきたのはヒカリエトレイン。武蔵丘の車両基地から出庫したところで、思わぬところで目にすることになりました。

東急4000系@東飯能'15.1.2
ヒカリエトレインの回送列車と遭遇

 予定よりも1本早い列車に乗り込み、東飯能を出発。武蔵横手に到着すると、ヤギの親子が小屋の外へ出て過ごしている姿が見えました。昨年、当初から飼育していたオスの「そら」が死んでしまい、現在は「みどり」との間に生まれた2頭の子ヤギとともに3頭で暮らしていますが、飼育エリアの一角には「やぎ之墓」と記された墓石も車内から見ることができました。

ヤギ@武蔵横手'15.1.2
3頭となった武蔵横手のヤギ

 1本早い列車に乗っていたので、横瀬で途中下車。ここは昨年2月の大雪で車両基地内の車庫の屋根が崩落してしまい、今も保存車両がシートを被ったまま置かれていますが、側線には先月20日に引退イベントで主役を務めた999塗装の3000系3011Fが止まっていました。先月のイベントが行われた日は銚子へ行っていた時と重なっていて行けませんでしたが、最後にここで目にすることが出来ました。

西武3000系@横瀬'15.1.2
お疲れ様でした>3011F

 この後、秩父鉄道直通の長瀞行きに乗車。秩父鉄道沿線を巡ることにします(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.09

イルミネーション@宮原駅

イルミネーション@宮原'15.1.3

 去年の暮れ、中目黒駅周辺で「青の洞窟」と呼ばれるイルミネーションが点灯し、これを見に来た多くの人で溢れかえっている光景がTVで映し出されていました。正直、ここまでして見にいくかとなるとちょっと引いてしまいますが、規模こそ小さいものの身近なところでも毎年恒例のイルミネーションが点灯しており、見ていてきれいなものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.08

さざなみ

 東京と内房線の館山を結ぶ特急さざなみ。小学生だった頃、家族で富浦へ泊りがけで旅行した際、帰りに利用したのを今でも記憶していますが、車内が混んでいたという印象が今でも残っています。もちろん当時は東京湾アクアラインがまだ開業していない頃で、特に房総半島の各観光地へ向かう利用客の需要が大いにあった時代でしたが、当時は房総半島に限らず、在来線の特急はまだ輝きがありましたね。

 そんなさざなみですが、今年3月のダイヤ改正で、君津から先での運行が取り止めとなることが決まっており、改めて東京湾アクアライン開通後のJRの立ち居地の厳しさがうかがい知るところ。ローカル路線であるいすみ鉄道や小湊鉄道は様々な企画で多くの利用客を呼び込んでいるのに比べると、内房線や外房線といった幹線はやや寂しいところで、何か起爆剤になるものが欲しいところですが・・・。

クハ183‐1529@館山'00.7
さざなみといったらやはりこちらですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.07

【12/28】2014年最後の鉄博訪問

 先月の28日は夕方からお出掛け。その前に地元で高崎線の列車をいろいろ撮影してきました。この日は朝から冬晴れで、安中貨物が来る前にやってくる特急草津32号の側面には西日が当たるようになりましたが、この列車も去年までは185系だったのが今年の春から651系へ置き換えとなり、以前ほどバリエーションがないのがやや物足りないところですね。

特急草津32号@宮原'14.12.28
西日を浴びて白い車体が通過

 安中貨物を見送った後、日進駅の隣にある駐輪場からコミュニティサイクルに乗り込み、一路鉄道博物館へ。自宅から鉄博へ向かう場合、天気のいい日はこちらの方が移動時間が短い上に安上がりで、コミュニティサイクルもなかなか重宝しておりますが、鉄博やその周辺に自転車の乗り捨てができるサイクルポートが設置されているのも便利ですね。

 さっそく館内に入り、まずは企画展が行われている2階のスペシャルギャラリーへ。現在、「100年のプロローグ」と題した企画展が2月16日まで開催されており、昨年開業100年を迎えた東京駅に関する資料が展示されていました。東京駅の一連のイベントについてはレプリカの硬券を手に入れたくらいで、それほど興味を示しませんでしたが、記念Suicaの方も希望者全員が手に入るようになり、一先ず落ち着きそうです。

スペシャルギャラリー@鉄道博物館'14.12.28
2月まで開催中の企画展「100年のプロローグ」を見学

 一方、鉄博はこの日が年内最終日。すでに年末年始の休暇に入っていることもあり、館内には普段よりも多く来場者がいる印象でした。最後に屋外パークゾーンのイルミネーションを見てから鉄博をあとにし、再びコミュニティサイクルに乗り込んで帰ってまいりました。

注連飾り@鉄道博物館'14.12.28
ED17に飾られた注連飾り

イルミネーション@鉄道博物館'14.12.28
パークゾーンのイルミネーションも恒例に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.06

【12/27】東武東上線リバイバルカラー第2弾に乗る

 年末年始の休暇に入った最初の日は東武東上線の沿線へ。お目当ては、昨年11月に登場した8000系のリバイバルカラー、81107Fに乗ることでしたが、まずは越生線沿線へ向かうため、坂戸までやってまいりました。さっそく階段を昇り降りして越生線のホームへ。停まっていたのはノーマル塗装の8000系で、一先ずこちらに乗り込んで先を目指します。

 途中、どこかで下車することにしましたが、あれこれ考えた末、川角へ向かうことに。ここにした理由は、川越市内にある高校へ通学していた当時、同級生の1人がここ川角から通学したのを思い出した次第で、これまで越生線を行き来したことはあったものの、今回ようやく足を運ぶことができました。駅自体はどこにでもありそうな雰囲気で、近くに大学があることから学生の利用が多い様子。

川角駅舎'14.12.27
川角駅に初めて下車

 一方、肝心のリバイバルカラーの方は、その後何本か行き来する列車を確認するも、どうやら越生線には就いていない様子。そのため、そのまま越生まで向かい、八高線に乗り換えて小川町へやってきました。ここ小川町というと、昨年は特産の和紙が無形文化遺産に認定され、先に世界遺産へ登録された富岡製糸場と並び、東京近郊で相次いで快挙となりました。

ユネスコ無形文化遺産登録記念横断幕@小川町'14.12.27
特産の和紙が快挙にhappy01

 駅周辺でランチを済ませ、今度は寄居行きの列車に乗車。停まっていたのはやはりノーマル塗装の8000系で、一先ずこちらに乗って先を目指しますが、次の東武竹沢に到着すると、反対側のホームに今回一番のお目当てであるリバイバルカラーの81107Fが入ってきました。これでとりあえず運用に入っていることが無事確認でき、次の男衾で下車。駅周辺でお迎えしました。

東武8000系@男衾'14.12.27
リバイバルカラーに塗装された81107Fと初対面

 セイジクリームのときもそうでしたけど、更新顔に旧塗装はやはり違和感たっぷりですねcoldsweats01。もっとも、完全なリバイバルというわけにはいかないわけで、これはこれでアリとしないといけませんが、この後は玉淀へ向かい、荒川鉄橋を渡る81107Fを撮影。10分ほどで寄居からの折り返しに乗り込みました。車内は新旧の東上線ゆかりの列車が写真つきの吊り広告で紹介されていて、ちょっとした博物館となっていました。

東武8000系@玉淀'14.12.27
荒川橋梁を渡る81107F

81107F吊り広告'14.12.27
車内はちょっとしたギャラリーにwink

 終点の小川町へ戻り、再び改札外へ。駅前にあるおからドーナツの店「三代目 清水屋」でドーナツをいただきました。おととしの9月以来の訪問となりましたが、豆腐屋が作るドーナツとあって味が気になるところではありますが、市販で食べるドーナツとさほど変わりはなく、むしろすっきりした味わいでもっちりしていますね。今回は自宅用におみやげにいたしましたhappy01

おからドーナツ@三代目清水屋'14.12.27
小川町駅前のおからドーナツの店でおみやげを物色wink

 これでそろそろ帰り支度。再び改札を抜けてホームへ向かうと、寄居方面からセイジクリーム塗装の81111Fがやってきました。日中、運用に入っているところを見かけなかったので、おそらく寄居駅構内の側線で休んでいたものと思われますが、線内にいれば81107Fとの並びも見ることができたかもしれませんね。そちらも興味深いところで、それを見に再訪するのもまた面白いかもしれません。

東武8000系@小川町'14.12.27
最後にセイジクリームと対面

 こうして池袋行きの列車に揺られ、一気に川越まで戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.05

焼きたてチーズタルトの店、大宮駅にオープン

 大宮駅構内の北側にあるDilaの中に、焼きたてチーズタルトの店「BAKE」が年末にオープンし、さっそく仕事帰りに買ってきました。当日は裏手の社員専用のスペースにまで行列が延びるほど盛況で、20分ほど待ってようやく手に入れることができましたが、後日店の前を行き来すると必ず行列が出来ていて、なかなか人気があるようですね。

 味の方ですが、意外とすっきりしていて食べやすいですね。これは人気が出るのも当然かもしれません。また買いに行くかもしれませんが、しばらく盛況でしょうかね?

チーズタルト@BAKE'14.12.25
大宮駅構内にオープンした「BAKE」のチーズタルトをさっそく頂きましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.04

【12/23】年末の秩父鉄道散策記その3~リバイバルカラーには乗れず

 先月23日の続きですが、秩父駅から三峰口行きに乗り込みました。この後、後続でやってくる急行秩父路5号と三峰口からの上りパレオをお迎えすることにしますが、あれこれ思案した結果、武州中川で下車することに。ここんとこ秩父鉄道沿線に出向く際によく立ち寄るようになったところですが、駅近くの三峰口寄りにある踏切でのんびりお迎えいたしました。

秩父6000系@武州中川'14.12.23

秩父C58363@武州中川'14.12.23
(2枚とも)武州中川でリバイバルカラー&パレオをお迎え

 三峰口行きの列車に乗り込み終点へ。14時半を10分ほど過ぎた頃で、ホームに降り立つと、構内には午前中乗車した秩父ジオパークトレインやリバイバルカラーの6000系、それにアニメ「あの花」のキャラクターがラッピングされた西武4000系の姿がありました。すでにパレオが出発した後とあって駅の周辺は人も少なく閑散としていましたが、駅構内はなかなか見所満載でしたね。

三峰口駅構内'14.12.23

あの花ラッピング'14.12.23

桜沢みなの等身大パネル@三峰口'14.12.23
(3枚とも)この日の15時前後の三峰口駅

 この後は帰り支度。15時20分発の急行で帰ることにします。窓口を覗くとリバイバルカラー運転記念の急行券があったので1枚入手。このきっぷ、熊谷では完売となっていたので、ここで無事入手することができましたが、側線に停まっていたリバイバルカラーを期待したものの、やってきたのは別の側線に停まっていた一般色の編成でしたweep

リバイバルカラー記念急行券'14.12.23
三峰口駅で入手した記念の急行券

秩父6000系@三峰口'14.12.23
帰りの急行は一般色weep

 こうして16時半過ぎに熊谷に到着。そのまま高崎線に乗り換えて帰ってきましたが、2014年の秩父鉄道は元国電の1000系引退という大きなニュースがあった一方で、秩父地域開通100周年という記念すべき年と鉄道むすめの誕生など、引き続き多くの見所がありますね。2015年も引き続き、時間が許す限り秩父鉄道沿線に足を運びたいと思います。

桜沢みなの等身大パネル@熊谷'14.12.23
熊谷のみなのさんはクリスマス仕様heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.03

【12/23】年末の秩父鉄道散策記その2~秩父ジオパークトレインに乗って秩父へ

 先月23日の続きですが、パレオを見送った後、武川から後続の三峰口行きに乗り込みます。やってきたのは秩父ジオパークトレイン。こちらも11月末に行われたキャラクターさみっとを訪れた際に見かけておりますが、乗車は今回が初で、車体にラッピングされている動物のイラストもさることながら、車内にはそれぞれの動物が紹介されていて、まるで動物園にいるようでしたね。

秩父7500系@武川'14.12.23
秩父ジオパークトレインに初乗り

 寄居で先行のパレオを追い越したので、この先で再びお迎えしようとあれこれ考えておりましたが、なかなか腰が上がらず、結局秩父までたどり着いてしまいましたcoldsweats01。とりあえず、御花畑駅まで歩いて向かい、パレオが来るまでランチタイム。手軽に御花畑の駅前にある蕎麦屋で腹ごなしといたしました。

山菜そば&みそポテト@御花畑'14.12.23
この日のランチ。秩父名物のみそポテトもいただきましたwink

 この後、この日2度目となるパレオと再会するべく、秩父と御花畑の間で待機。午後はさらに先を目指すことにします(つづく)。

秩父C58363@御花畑'14.12.23
この日2度目の対面~パレオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.02

【12/23】年末の秩父鉄道散策記その1~リバイバルカラー6000系を見る

 2015年がスタートしましたが、年末に出かけた時の出来事が幾つか残っておりましてcoldsweats01、少しずつ報告させていただきます。まずは天皇誕生日の23日、久しぶりに秩父鉄道沿線へ出かけてきましたが、熊谷でいつも通りフリーきっぷを入手しようとしたら、普段利用している「秩父路遊々フリーきっぷ」ではなく、「秩父地域開通100周年記念フリーきっぷ」が出てきました。

秩父地域開通100周年記念フリーきっぷ
熊谷駅で手に入れた"戦利品”

 秩父路遊々フリーきっぷよりも140円安いこのきっぷ、12月までの期間限定のきっぷでしたが、今年は秩父地域開通100周年ということで5000系にヘッドマークが取り付けられたり、10月下旬には秩父駅構内でイベントが行われるなど、いろいろ盛り上がりを見せてくれましたが、ちょうど別件で用事が入ってしまい、行けなかったのが残念でしたねweep

 一緒にパレオのクリスマス運転記念の入場券も入手してから出発。明戸で下車し、歩いて武川駅近くまでやってきました。今回の目的は、パレオよりは10月に登場したリバイバルカラー6000系の方がメインで、まずは羽生からやってくる秩父路1号を待つもののこちらはノーマル塗装。続く三峰口からやってくる4号を待つと、こちらはお目当てのリバイバルカラーが入っていました。

秩父6000系@武川'14.12.23-1
秩父路4号に入ったリバイバルカラー

 このリバイバルカラー、昨年11月下旬に羽生で行われたキャラクターさみっとを訪ねた際、羽生駅で見かけておりますが、この時は偶然見かけた上に羽生駅を発車するところをホームから撮影したに留まりました。それにしてもこの塗装は今はなき1000系で1度実現しておりますが、まさか6000系で再び登場するとは思っても見ませんでしたね。

 その後、パレオが来るまでの間、行き交う列車を撮影しながら過ごすことに。朝から晴れ上がった中、三ヶ尻線を行き交う石灰石列車の姿を目にしました。秩父鉄道を巡る際、朝早い時間だとここか広瀬川原で過ごすことが多いですが、ここ武川だと旅客列車に加えて石灰石列車が来るので、その点では楽しみが多いですね。

秩父デキ504号@武川'14.12.23
貨物線を走る石灰石列車

 羽生から戻ってきたリバイバルカラー使用の3号をお迎えした後、10時半近くにパレオが接近。この日は「カクテルエクスプレス」と題し、車内でプロのバーテンダーによる様々なカクテルが振舞われたとのことで、どんなカクテルだったのかちょっと気になるところでしたが、パレオを見届けるとすぐにこの場を撤収し、武川駅へ向かいました(つづく)。

秩父6000系@武川'14.12.23-2
羽生から折り返しで戻ってきたリバイバルカラー

秩父C58363@武川'14.12.23
この日のパレオは「カクテルエクスプレス」として運転

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.01

【1/1】新年あけましておめでとうござます

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。2014年の締めの挨拶にも書きましたが、今年はやはり北陸新幹線開業が一番大きなニュースでしょうか。早い段階で完乗タイトルの維持をしておきたいところですが、全国鉄道むすめ巡りとの兼ね合いもあるので、今のところ予定等は立っていません。こちらも詳細がわかり次第、予定を立てたいと思います。

 さて2015年最初の日となった今日は自宅でゆっくり過ごしておりましたが、午前中ちょっとだけ外出し、あかぎ8号をお迎えしました。今年も斜めストライプの185系がやってきましたが、国鉄型の定期列車も現在高崎線でこれ1本のみとなり、数年前とだいぶ状況が変わりました。そんなわけで、2015年最初の鉄分を下にUPしておきますhappy01

特急あかぎ8号@宮原'15.1.1
高崎線で唯一定期の国鉄型車両で運行のあかぎ8号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »