« 【1/31】651系で運転、快速ぶらり川越号を川越線内でお迎えする | トップページ | JR山田線不通区間、三陸鉄道移管へ »

2015.02.07

【1/31】快速ぶらり川越号に乗る

 先週31日の続きですが、川越到着後はそのまま市内へ。前の週と同じく川越の町を散策してきましたが、今回は川越を代表する名所の一つ、喜多院を訪ねてきました。ここを訪れるのは久しぶりでしたが、境内にある五百羅漢の石像はテレビ埼玉で流れるローカルCMにも登場し、表情の異なる石像はどれも愛嬌があって、見ているだけでも楽しいですねhappy01

五百羅漢@喜多院'15.1.31
一つ一つの表情が異なる五百羅漢の石像

 この後は川越の町をのんびり散策し、前の週と同じく14時頃に川越駅へ。そのままホームで快速ぶらり川越号の出発を待ちます。今回は事前に指定券を押さえてありましたが、ホームへ向かう前に指定席券売機で空席状況を確認したところ、すでに満席となっていてなかなか好評の様子。そんな中、ホームで待つこと14時半前、川越車両センターから出庫した651系がやってまいりました。

快速ぶらり川越号@川越'15.1.31

快速ぶらり川越号指定券'15.1.31
(2枚とも)川越からぶらり川越号に乗車

 団体の乗客も目にする中、ぶらり川越号は14時40分、この日も社員に見送られて川越を出発。この日も川越線内は各駅に停車するものの客扱いはせず、日進駅の先にあるポイントを転線して高崎線の線路に入り、大宮に到着しました。今回は柏まで乗車するので、引き続き乗車。大宮を発車した後は東北貨物線の短絡線を通って武蔵野線へ入り、南流山の先で短絡線をゆっくり通り抜けて常磐線に入りました。

 こうして2つの短絡線を堪能し、柏には15時56分到着。そのまま東武アーバンパークラインに乗り換え、大宮行きの列車に乗り込みました。一頃に比べると日が長くなり、16時前後のこの時間はまだ明るかったので、途中、運河で下車。駅近くを流れる利根運河に掛かるふれあい橋の近くから行き交う8000系を撮影した後、再び東武アーバンパークラインの列車に揺られ、大宮まで帰ってきました。

東武8000系@運河'15.1.31
利根運河を渡る東武8000系

|

« 【1/31】651系で運転、快速ぶらり川越号を川越線内でお迎えする | トップページ | JR山田線不通区間、三陸鉄道移管へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/61100247

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/31】快速ぶらり川越号に乗る:

« 【1/31】651系で運転、快速ぶらり川越号を川越線内でお迎えする | トップページ | JR山田線不通区間、三陸鉄道移管へ »