« 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その8~高架駅化後1番列車で出発 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その10~のと鉄道で穴水へ »

2015.05.14

全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その9~4年連続で七尾線に乗る

 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編の続き。津幡ですぐに七尾線に乗り換えました。能登半島へ来るのも今年で4年連続となりましたが、全国鉄道むすめ巡りがなければそこまで足を運ぶこともなかったであろうと考えつつ、今ではすっかり沿線の風景も見慣れるようになりましたが、津幡から乗り込んだのは途中の高松止まりで、ひとまず終点で後続の七尾行きを待つことにしました。

高松駅舎'15.4.20
七尾へ向かう途中、高松駅で小休止

 小ぢんまりとした駅舎の高松駅は高校生がひっきりなしに改札を抜け、折り返しの金沢行きに乗り込んでいきました。こうした地方路線にとっては大事なお客さんでもありますが、そんな様子を見ているうちに津幡方面から七尾行きが到着。ここで反対列車との交換待ちがあり、しばらくして金沢行きの特急能登かがり火2号が滑り込んできました。七尾線に新たに登場した列車で、朝夕1往復ここ高松に停車します。

特急能登かがり火2号@高松'15.4.20
3月のダイヤ改正で登場した特急能登かがり火号と交換

 7時10分、七尾行きは高松を出発。車内は通学途中の高校生で混雑しており、七尾へ近づくにつれて立ち客も出るほどでした。首都圏の通勤ラッシュさながらの光景が広がっておりましたが、周辺では金沢が中心都市なので、そこから離れていく列車であればそれほど混雑しないと思い意外に思えましたが、七尾市には県庁や裁判所などの官公庁もあり、能登半島の中心都市を担っています。

クハ412‐9@七尾'15.4.20
朝の七尾駅に到着

 こうして7時56分、終点の七尾に到着。ここからのと鉄道の穴水行きに乗り換えますが、この続きはのちほど(つづく)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その8~高架駅化後1番列車で出発 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その10~のと鉄道で穴水へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/61589391

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その9~4年連続で七尾線に乗る:

« 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その8~高架駅化後1番列車で出発 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015北陸編その10~のと鉄道で穴水へ »