« 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その2~第21回丸窓まつりを訪ねる | トップページ | 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その4~旅の終わりは夜行高速バス »

2015.06.01

【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その3~久々の小海線

 先月5日の続き。上田駅で信州ワンデーパスを入手し、北陸新幹線に乗り込みます。この日は夜中近くに松本を発車する夜行高速バスで帰る予定だったので、小海線経由でのんびり松本を目指すことにしますが、15時22分発の東京行きあさま620号は出入口まで立ち客がいるほどの混雑で、行楽地からの帰省ラッシュの真っただ中でした。とは言え、乗るのは次の佐久平まで。ここは暫しの我慢と相成りましたcoldsweats01

信州ワンデーパス'15.5.5
旅の後半戦はこのきっぷを利用することにwink

 佐久平で小海線に乗り換え。15時58分発の小海行きに乗り込みました。やってきたのは、ステンレス車体の“ハイブリッド車”キハE200形。こちらもすっかり小海線の顔となりましたが、今回は首都圏色や急行色に塗装されたキハ110形がお目当てでした。運用は決まっていないようなので、乗るにしても撮るにしても運次第ですが、この先の中込で2本とも休んでいたところを目撃。目論見は外れてしまいましたweep

キハ110形@中込'15.5.5
お目当ての車両は車庫の中・・・weep

 5月に入り、冬の頃と比べても日が長くなったことを実感したところで、まだまだ途中下車をすることが出来そうでした。本音を言えば、野辺山あたりで降りたいところでしたが、乗り込んだのが小海行きとあってはそれも叶わぬところ。特に当てはなく、八千穂で途中下車することにしました。先程乗ってきたハイブリッド車が小海から折り返してくるので、駅から10分ほど行ったところにある踏切付近でお迎えいたしました。

キハE200形@八千穂'15.5.5
八千穂駅近くでハイブリッド車をお迎え

 そんな八千穂駅、シラカバの木とご縁が深い様子で、駅前にはシラカバの木で作られた木工細工が設置されていましたが、後で調べてみたところ、駅のある佐久穂町は広大なシラカバ林があるとのこと。高原列車らしいところですが、昔家族旅行で群馬県の鹿沢温泉を訪ねた折、周辺の山にあったシラカバの木を思い出しました。

シラカバ細工@八千穂'15.5.5
八千穂駅の前に鎮座するシラカバ細工

 足早に駅に戻り、17時23分発小淵沢行きに乗車。単行だったため、車内は立ち客が出るほどではないものの、先ほど乗車したハイブリッド車と比べるとやや混雑していました。そのまま終点まで行ってしまうと時間を持て余してしまうので、野辺山で途中下車。次の列車が来るまで1時間半ほどあり、まずは駅前に鎮座する“ポニー”ことC56にご挨拶しました。

C5696@野辺山'15.5.5
野辺山駅前に鎮座するポニー

 時刻は18時時半過ぎ。日もすっかり落ちてしまいましたが、せっかく野辺山まで来たのだからJR最高地点までは足を運びたいところでした。駅からだと歩いて30分ほど掛かるため、行って帰ってきた頃には暗くなってしまうことは明白でしたが、時間がたっぷりあったので歩いて行くことに。線路伝いに延々歩いてようやく到着しましたが、辛うじて暗くなる前にたどり着けました。

八ヶ岳@野辺山'15.5.5
夕暮れの中、八ヶ岳を見ながらJR最高地点へ

 駅に戻り、後は次の列車が来るまでじっと待つのみ。日中はそれなりに観光客がいるであろう野辺山駅も、19時を過ぎて暗くなると人もまばらでした。そんな中、19時57分発の小淵沢行きに乗車。終点までやってまいりました。ここからは中央線に乗り換え。一路松本を目指しますが、この続きは後ほど(つづく)。

|

« 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その2~第21回丸窓まつりを訪ねる | トップページ | 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その4~旅の終わりは夜行高速バス »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/61680387

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その3~久々の小海線:

« 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その2~第21回丸窓まつりを訪ねる | トップページ | 【5/5】全国鉄道むすめ巡り2015上田電鉄編その4~旅の終わりは夜行高速バス »