« 広電551号 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その7~久々乗車、JR九州787系 »

2015.07.09

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その6~急遽訪問、九州鉄道記念館

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編。2日目となった6月13日は朝8時前にホテルをチェックアウトし、小倉から門司港行きの列車に乗り込みました。やってきたのは411系。JR九州でもめっきり少なくなった国鉄型車両で、長崎に住んでいた頃から走っている車両ですが、この列車の終着駅の雰囲気からすれば、国鉄型の方がしっくりするのかもしれませんね。

411系@門司港'15.6.13
国鉄型車両に揺られて門司港駅に到着

 そんな門司港駅、現在駅舎が改修工事の真っ只中で、今回はあのレトロな雰囲気の駅舎を目にすることはできませんでしたが、何度か足を運んだことがある駅なので、次回はリニューアル後の駅舎を楽しみにしたいところですね。ただ、朝8時台という観光には些か早い時間帯だったこともあって、駅周辺は人もまばらで、商業施設もまだオープン前でした。

関門海峡@門司港'15.6.13
朝の関門海峡(この日の晩、ここを通過することに・・・)

 実のところ、当初はここ門司港へ行く予定はなかったんですが、小倉駅に置いてあった九州鉄道記念館で開催中の企画展「田栗優一 思い出の長崎の鉄道と路面電車展」のチラシを見かけ、急遽予定を変更しました。開館時間の9時ちょうどに入り、さっそく企画展会場へ。長崎の鉄道に造詣の深い故田栗優一が撮影した長崎の路面電車や国鉄の車両などを目にし、長崎に住んでいた時のことが思い出されました。

九州鉄道記念館'15.6.13

スハネフ14形@九州鉄道記念館'15.6.13

スハネフ14形車内@九州鉄道記念館'15.6.13
(3枚とも)急遽足を運んだ九州鉄道記念館

 後ろ髪をひかれる思いで記念館から退散。30分足らずという滞在時間でしたが、元々予定になかったこともあって今回は致し方ないところと諦め、再び門司港駅へ足早に向かいました。この後は一路博多へ向かうことにしますが、この続きは後ほど(つづく)。

|

« 広電551号 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その7~久々乗車、JR九州787系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/61864043

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その6~急遽訪問、九州鉄道記念館:

« 広電551号 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その7~久々乗車、JR九州787系 »