« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.31

【7/12】栗橋へ

 7月も今日でおしまいですが、今月12日は特に遠出する予定はなく、午後からマイカーを出して近場をドライブしてきました。向かった先は栗橋。街中にはためく鉄道むすめ達の旗を見て回ったり、行き交う東武日光線を撮影してきました。旗の方はどうしても風などで捩れてしまったものがいくつか見受けられ、これは来月9日の夏祭りまでには綺麗になっていればと願うところですが、こちらもあと1週間ですね(^^)/。

八戸ときえフラッグ@栗橋'15.7.12

栗橋みなみ夏祭りポスター'15.7.12

東武350系@栗橋'15.7.12
(3枚とも)暑い中、栗橋の町を散策coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.30

【7/11】全国鉄道むすめ巡り2015大井川鐡道編その3~千頭からの帰り道

 全国鉄道むすめ巡り2015大井川鐡道編もいよいよ帰りとなりますが、トーマス号を見送ってから千頭駅へ戻ると、構内はジェームス号やトーマス号から降りてきた乗客でごった返しておりました。改めてトーマスの人気が伺える光景でもありますが、鉄道むすめのスタンプ目当てで訪れた身にとって、早めに千頭駅に到着しておいたのは正解でしたねhappy01

 一方、駅構内では「トーマスフェア」と題したイベントが行われており、こちらも多くの人で賑わっておりましたが、その中で特に多くの注目を集めていたのが、トーマス号やジェームス号を始めとした「きかんしゃトーマス」に登場する機関車を一堂に並べたコーナーでしたね。この日一番のメインイベントと言っても過言ではないかもしれませんが、こちらは12時45分発の金谷行きで帰らなければならず、ホームから眺めるに留めましたweep

ヒロ&パーシー@千頭'15.7.11
こちらはホームから・・・coldsweats01

 そんなトーマスの機関車たちを横目で見ながら停車中の元十和田観光鉄道7200系に乗車。出発までは30分近くあり、少し早目だったこともあって座席に有りつくことができましたが、徐々に乗客も乗り込んで、発車間際には立ち客も出るほどでした。これも昨年春のダイヤ改正で大幅に運転本数が減ってしまったことや千頭駅でのイベントの影響も大きいと思われますが、せっかく臨時列車も運行されているのにもうちょっと誘導が必要かも。

大井川鐡道7204@金谷'15.7.11
元十和田観光鉄道7200系に揺られ、金谷へ

 こうして13時56分、終点の金谷に到着。すぐに東海道本線に乗り換え、静岡へ向かいました。ここから15時30分発の新宿行き高速バスで帰ることに。去年5月の静岡ホビーショーの帰りには別会社の路線を利用しておりますが、静岡インターまでの一般道が混んでいたことや渋滞のメッカで知られる海老名JCT付近の渋滞で、どうしても定刻での運行とはいきませんでしたね。それでも定刻より20分程度の遅れで渋谷に到着しました。

京王バス@静岡駅前'15.7.11
帰りは高速バスを利用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.29

【7/11】全国鉄道むすめ巡り2015大井川鐡道編その2~きかんしゃトーマス列車と初対面

 全国鉄道むすめ巡り2015大井川鐡道編の続きですが、千頭駅でスタンプを押し、これで今回の旅の目的を無事果たしたので、後は帰るだけとなりました。とは言え、折り返しの金谷行きまでは2時間ほど時間が空いてしまうことに。そこで、これから到着する「きかんしゃトーマス」に登場するキャラクターを模した機関車をお迎えすることに。駅から歩いて10分ほど行った大井川に架かる橋の上で待機することにしました。

 来るときの列車から外の景色をみた限り、沿線でSL目当ての撮影者の数は思っていたほど多くはない様子。ここも、それなりに撮影する人の姿を見たものの、比較的余裕がありました。そんな中を待つこと11時過ぎ、まずはこの日から運行が始まったジェームス号が金谷寄りから接近。鉄橋に差し掛かりました。後方に連結されている客車には一杯の乗客を乗せ、千頭へ向けて最後の走りを見せておりました。

大井川鐡道C5644@千頭'15.7.11
この日から運行が始まったジェームス号

 さらに待つこと30分、今度はトーマス号が接近。こちらは昨年運行を開始したので今年が2年目となりますが、SLの後ろには黄色に塗装された旧型客車が連結され、きかんしゃトーマスの世界に少しでも近づけようと施されていることが伺えました。一連の大井川鐡道によるきかんしゃトーマスを利用したイベントは子供を中心に大変好評ですが、長年この鉄道に慣れ親しんでいる方にとっては戸惑いも隠せないかもしれませんね。

大井川鐡道C11227@千頭'15.7.11
引き続き、トーマス号ともご対面

 こうしてトーマス号を見送った後、その後を追うように千頭駅に戻ってまいりましたが、この後は金谷へ向けて帰ることに。その続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.28

【7/11】全国鉄道むすめ巡り2015大井川鐡道編その1~千頭までの道のり

 ディズニーランドから帰ってきて疲れが取り切れていない翌11日、朝早く自宅を出発し、東京駅へ向かいました。ここから7時3分発ひかり461号に乗車。朝から好天に恵まれていたものの、途中で見えるはずの富士山の姿を拝むことができないまま、東京を出てから1時間弱で静岡に到着しました。すぐに東海道線に乗り換え、大井川鐡道の乗換駅である金谷までやってまいりました。

 さっそく大井川鐡道の乗り場へ向かいましたが、一緒に降りてきた乗客のほとんどが同じ方向へ。乗り換えの改札口には運賃精算をする人の列が伸びておりました。そんな中、何とかこれから使用するフリーきっぷ「大井川自由キップ」を入手。停車していた元南海ズームカーの21001系に乗り込むも、車内はすでに多くの乗客が乗り込んでいて、何とか座席を確保しました。

大井川鐡道21000系@金谷'15.7.11
金谷駅で出迎えてくれた元南海ズームカー

 それにしても、2012年から3年連続でこの地を訪れていますが、おそらくこれまでで一番多くの人の姿を目にしたことになりました。その理由は、この日から「きかんしゃトーマス」に登場する「ジェームス」の姿を模したSL列車の運行がスタートとのことで、それ目当ての乗客で賑わっていた様でしたね。そのジェームス号が出発する次の新金谷で落ち着くと思いきや、終着の千頭近くまで立ち客がでるほどでした。

 そんな中、終点千頭に10時14分到着。さっそく改札脇の売店奥に置かれている全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印してきました。これでこの日一番の目的は達成しましたが、折り返しとなる金谷行きは2時間半後の12時45分までなし。昨年春に行われたダイヤ改正で大幅に運転本数が減ってしまったことから、使いづらいダイヤとなってしまいましたが、この後やってくるSL列車を迎えることにしました。この続きは後ほど(つづく)。

全国鉄道むすめ巡り2015幟@千頭'15.7.11
無事、千頭駅に到着wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.27

異色の2階建て~クハ415-1901

クハ415‐1901@土浦'03.10

 先日紹介した水戸線の415系とE501系。元々は常磐線で長大編成を組んで走っていた車両でしたが、そんな415系の中で異彩を放っていたのが、1両だけ存在した2階建て車両ですね。1991年に製造されたものの、415系としてはわずかに1両だけに留まり、2006年に廃車されてしまいましたが、その後の2階建てグリーン車の礎になったことは言うまでもないところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.26

【7/10】東京ディズニーランドへ

ディズニーランド入口'15.7.10

 今月10日は家内と東京ディズニーランドへ行ってきました。最後に訪れたのが2001年だったので、14年ぶりに足を踏み入れたことになりますが、家内とは事前にいつ頃行くかいろいろと検討し、7月後半になれば学校が長期休暇に入ることや週末だと普段でも混んでいるので、休暇を取って行くことにした次第でした。それでも平日だったこの日も多くの人で賑わっていましたねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.25

先程帰還

中部国際空港'15.7.25

 昨日と今日の2日間、名古屋と仙台を旅してきました。例によって全国鉄道むすめ巡り絡みでしたが、その他東北仙石ライン初乗りなど盛りだくさんな2日間となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.23

【7/4】水戸線で乗った車両~415系&E501系

 今月4日の続きですが、真岡鐡道を訪ねた折、起点である下館までは小山から水戸線を利用しました。その水戸線で行くときに乗り込んだのは415系の1500番台。ここ水戸線では度々目にする車両で、かつては常磐線の上野寄りにも顔を出していましたが、E531系の増備によって一部廃車が出ており、今後の動向が気になるところです。

クハ411‐1608@下館'15.7.4
行きに乗った415系1500番台

 一方、帰りに小山まで乗ったのがE501系。こちらもかつては常磐線の上野寄りに顔を出していた車両で、現在は415系共々常磐線の土浦以北や水戸線で姿を目にすることができます。今は聞くことができなくなってしまいましたが、上野へ乗り入れていた頃は京急の2100形と同じく独特の加速音が印象的でしたが、この顔を見ていると今でも聞こえそうでありますhappy01

クハE501‐1003@川島'15.7.4
帰りに乗ったE501系

 そんな水戸線内で今回はE531系の姿も見かけましたが、普段それほど動きの少ない水戸線も少しずつ変化があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.22

【7/4】真岡鐡道&JRバス展示会イベント

 7月に入って最初の週末となった今月4日、どこへ行こうかとあれこれ考えつつもなかなか行き先が決まらずにおりましたが、何かイベントでも行われていないかネットで調べていたところ、JRバス関東の復刻塗装車両の展示会が真岡鐡道の終着駅、茂木駅前で行われることを知り、SLの撮影をしながら茂木まで足を運んでまいりました。

 下館から真岡鐡道に乗り換え。SLをどこでお迎えしようかいろいろ考えたものの、今回は未訪の地を訪ねてみようと思い、北真岡で下車。茂木寄りへ歩いて行くと、桜並木が連なる直線区間へやってきました。もちろん7月上旬のこの時期、青々とした葉が木々を覆っていましたが、春先ともなれば桜の他、線路を跨いだ反対側に広がる菜の花畑がきれいなところで、さぞかし多くの人で賑わうことと思います。

真岡鐡道C11325@北真岡'15.7.4
北真岡駅近くでSL列車を見送り

 そのまま北真岡から乗り込まず、手前の真岡駅まで歩いて移動。のんびり歩いても20分ほどの距離で、SLを模した巨大な駅舎が見えてきました。到着したのは正午ちょっと前。駅の隣にあるSLキューロク館では、9600形が自走運転のため構内を行き来しておりました。3月にすでに拝見済みですが、テンダーに積み込んだ発電機で動かしているとはいえ、動くSLは迫力満点ですねwink

49671@SLキューロク館'15.7.4
今回もSLキューロク館で自走運転を見物

 駅構内の立ち食いそば屋でランチを済ませ、茂木行きのディーゼルカーに乗車。終点までやってくると、駅のすぐ隣で3台のJRバスの復刻塗装車両が展示されていました。このうち、青をベースとした復刻バスは昨年8月に名古屋へ向かう東名ハイウェイバスで乗車済みですが、残りの2台は今回が初対面で、特に路線バスのタイプは今年2月、成田へ行って乗ろうとしたものの、当日の運用がなくて乗れませんでした。

JRバス関東@茂木駅前'15.7.4-1

JRバス関東@茂木駅前'15.7.4-2
(2枚とも)3台の復刻バスが勢ぞろいhappy01

 当初、16時過ぎに発車する宇都宮行きのJRバスに乗って帰る予定でしたが、2時間以上時間が空いてしまうことや行きのSLの利用客が思いの外少なかったことから、急遽予定を変更して乗車することに。窓口で整理券を手に入れてから乗り込みました。数年前からSLが牽引する50系客車に赤い帯が入るようになり、レトロな雰囲気が出るようになりましたが、思えばこの姿になってからは乗るのは初めてでしたね。

SLもおかサボ'15.7.4
帰りはSLに乗車

 こうしてSLの旅を楽しみ、雨が降る終点の下館に到着。この後は水戸線に乗り換え、小山経由で帰ってきました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.21

【6/29】5年ぶりの免許更新

 先月29日は1日休暇を取って運転免許証の更新へ。手続きやら講習受講やらで1時間ほど掛かって新しい免許証が手に入りました。5年ぶりの更新手続きでしたが、当たり前とは言え無事故無違反で過ごせたのは何よりなところで、引き続き安全運転に努めてまいりたいと思います。とは言うものの、最近マイカーを運転する機会が少ないので、適度には運転しないと腕が鈍ってしまいますねcoldsweats01

 こうして無事新しい免許証が手に入り、残りの時間は高崎線沿線をブラブラしながら郵便局を巡ることに。吹上駅近くと籠原駅近くの郵便局に寄り道し、風景印を集めてまいりました。特に籠原駅は改札を抜けて駅前に出ること自体久しぶりのことで、普段行き先で馴染み深い地名でありながら、なかなか足を運ぶ機会に恵まれていませんでした。

吹上局&籠原駅前局風景印'15.6.29
今回収集した風景印2題

 そんな籠原駅近くの郵便局を出た時にはすでに16時近くになっておりましたが、30分ほど待っていれば安中貨物が通過する時間だったので、駅から熊谷寄りへ歩いて数分行った線路脇でのんびり待つことに。すると、高崎方面からEF66が牽引する貨物列車が近づいてきました。ブルトレの牽引機として長らく活躍してきたこのカマも今では数えるほどになり、なかなかお目にかかることもなくなってしまいました。

EF66‐36@籠原'15.6.29

EF210形@籠原'15.6.29
(2枚とも)籠原駅近くで出会った貨物列車

 安中貨物を見送って再び駅へ戻った後、上り列車に乗り込んで帰ってまいりました。

EH500‐60@籠原'15.6.29
安中貨物を見送ってから家路へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.20

【6/28】ウインズ渋谷、小岩菖蒲園、1500万人達成記念スカイライナー

 6月最後の日曜日となった28日は午後からお出掛けすることに。実は2日前、仕事帰りに飲み会があったんですけど、些か飲みすぎてしまい、翌日は1日自宅で過ごす羽目になってしまいましたbearing。日曜日もだすっきりしませんでしたが、前日に比べればだいぶ楽になった方。そんな中、品川経由で大崎までやってくると、湘南新宿ラインのホームに埼京線で1本だけ残る205系が停まっているのを目撃。

205系@大崎'15.6.28
大崎駅で対面した埼京線に1本だけ残る205系

 そのまま埼京線に乗り込み渋谷へ。向かうはウインズ渋谷でした。場外馬券場であるこの地へなぜ足を運んだのかと言えば、この日会場で京阪のグッズ販売が行われるとのことでやってきた次第。恥ずかしながら生まれてこの方競馬というのをやったことはありませんが、グッズの中には京阪大津線の鉄道むすめである石山ともか関連のものもあるとのことで、今回はイラストが入ったタオルを手に入れてきました。

石山ともかグッズ
場外馬券場「ウインズ渋谷」で開催された京阪グッズブースで石山ともかグッズをゲットhappy01

 この後、東京メトロ半蔵門線に乗り込み、都内を縦断。押上までやってきました。ここからは京成に乗り換えとなりましたが、乗車前に券売機で「下町日和きっぷ」なるフリーきっぷを入手。これは東京都内の京成線が乗り降り自由となるフリーきっぷで、以前から存在は知りつつもなかなか使う機会がなく、今回初めて利用することになりました。

下町日和きっぷ'15.6.28
初めて利用した京成のフリーきっぷ「下町日和きっぷ」

 その下町日和きっぷを片手にまずは四ツ木で途中下車。ここで下車したのは、駅から歩いて10分足らずのところにある四つ木つばさ公園に人気漫画「キャプテン翼」の主人公、大空翼の銅像が設置されているとのことで見に行くことにした次第でしたが、駅周辺には漫画に登場するキャラクターのイラストが描かれたボードや旗が見られ、町全体で盛り上げている様子が伺えました。

大空翼銅像@四つ木つばさ公園'15.6.28
人気漫画「キャプテン翼」に登場する主人公、大空翼の銅像

 再び列車に乗り込み、今度は江戸川駅へ。ここまでが東京都内の駅で、この先にかかる江戸川の鉄橋を渡ると千葉県に入ってまいります。さっそく土手に広がる小岩菖蒲園へ向かいましたが、6月中旬くらいが見頃である菖蒲の花はやはり盛りが過ぎており、園内にはわずかに咲いている程度でしたweep。ちょっと残念ではありましたが、京王井の頭線のアジサイ同様、来年はもう少し早い時期に足を運びたいですね。

京成3500形@江戸川'15.6.28
小岩菖蒲園も6月末になるとさすがに花は少な目・・・

 この後は来た道を戻り高砂へ。駅のすぐ近くを流れる中川の土手から行き交う列車の様子を見てまいりました。特にあてはありませんでしたが、スカイライナーAE形のうち、利用者1500万人達成を記念したステッカーを貼った編成を目にしたのがここでは一番の収穫でしたね。その後、歩いて青砥まで向かい列車に乗車。上野経由で帰ってきました。

ありがとう1500万人ステッカー@AE形'15.6.28
新型スカイライナー利用者1500万人記念のステッカーが登場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.19

【6/20】梅雨の風景を探して~飛鳥山、京王井の頭線、新橋

 梅雨本番を迎えようとしていた先月20日は朝から好天に恵まれ、梅雨の中休みといったところ。そこで、この季節ならでは風景を探しに都内へ繰り出すことにしました。まず向かったのは王子。1週間前、博多からの長旅を終えて新宿から湘南新宿ラインに乗った折、王子駅近くに差し掛かった際に飛鳥山のアジサイが見頃を迎えていたのを見かけましたが、あれから1週間近くが経過してなお咲いていました。

東武100系@王子'15.6.20
飛鳥山のアジサイはまだ十分咲いていましたhappy01

 この後南北線に乗り込んで飯田橋へ。ここから中央線に乗り換えて吉祥寺へやって来ました。ここからは京王井の頭線に乗り込み、沿線のアジサイを見て回ることに。都内のアジサイの名所の一つでもあり、梅雨のシーズンとなると必ずと言っていいほど足を運んでおりますが、井の頭公園駅周辺はまだまだ咲いていたものの、東松原駅近くはやや盛りがすぎた印象で、今年ももうちょっと早めに来たかった・・・weep

京王1000系@井の頭公園'15.6.20

京王1000系@浜田山'15.6.20

京王1000系@新代田'15.6.20
(3枚とも)今年も訪ねてきました>京王井の頭線

 そのまま井の頭線に乗って渋谷へ。少し時間があったので、渋谷ヒカリエの踊り場から眼下を走る銀座線を見てきましたが、現在渋谷駅周辺は再開発工事の真っ只中で、線路のすぐ脇には巨大なクレーン車が鎮座し、些か見通しが悪くなってしまいました。来るたびに変わっていく渋谷駅周辺ですが、完成までにはまだまだ時間がかかりそうで、そんな渋谷の街を後にしてから銀座線に乗り込みました。

東京メトロ01系@渋谷'15.6.20
駅前再開発が進む渋谷駅周辺

 この後、新橋で下車。地上に上がり、旧新橋停車場で開催中の企画展「野球と鉄道」を見てまいりました。タイトルの通りで、野球と鉄道の関わりがテーマですが、どうしても鉄道会社を親会社としている球団が真っ先に頭に思い浮かぶところで、昔は阪急や南海、近鉄もプロ野球球団を持っていたのが今や阪神と西武だけになってしまいました。

企画展野球と鉄道横断幕@旧新橋停車場'15.6.20
旧新橋停車場で開催の企画展「野球と鉄道」を見学

 時刻は16時前。少し早めでしたが、新橋から高崎線直通の上野東京ラインで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.18

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その14~日本最長夜行高速バスはかた号に乗る

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編も今回で完結。博多バスターミナルへ向かい、預けてあったコインロッカーの荷物を取り出した後、3階の高速バス乗り場へやって来ました。この後はいよいよ新宿行きの夜行高速バスに乗って帰ることにしますが、実は当初の予定では大宮行きの「Lions Express号」に乗ろうとしたものの、ちょうど一月前に突如運休の発表があり、とうとう乗れずじまいとなってしまいましたweep

 発車の10分ほど前にバスが乗り場に到着。乗務員のチェックを済ませ、定刻の18時50分に出発しました。バスはしばらく博多の街中を走行し、天神のバスターミナルに到着。およそ2時間ぶりに戻ってきた格好となりましたが、学生時代と比べ車内から見た限りではずいぶんと綺麗になった印象を受けました。そんな天神を出発し、しばらくすると高速道路へ入ってきましたが、博多湾に沈む夕日が綺麗でしたhappy01

夕焼け@博多湾'15.6.13
はかた号から見た博多湾の夕焼け

 次第に外も暗くなり、1時間ほど走って小倉駅前に到着。1日掛けて戻ってきたことになりますが、ここで最後の乗客を拾うと再び高速道路を走行し、関門海峡大橋を渡りました。朝方、門司港駅近くの港から関門海峡大橋の姿を目にいたしましたが、わずか1日とは言え、丸1日滞在した九州を離れることに。バスはその後、山口県内のサービスエリアでこの日最後の休憩した後、夜の高速道路を東へひた走ります。

 翌14日は静岡サービスエリア手前で目が覚め、すぐに停車。ここでしばらく休憩となりました。外はあいにくの雨。前の日の晩、小倉駅に到着する手前あたりから雨粒がガラス窓に落ちてくる様子を確認しており、最後の最後で天気が崩れてしまったことに。しかし道路上は目立った渋滞もなく、ほぼ定刻の午前9時過ぎに終点の新宿駅前に到着しました。

西鉄バス@新宿バスターミナル'15.6.14
長旅を終えたはかた号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.17

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その13~博多ラーメンを食べる

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続きですが、天神から地下鉄に乗って博多まで戻ってきました。時刻は17時半頃。この後は19時前に発車する東京行きの夜行高速バスに乗車するまで1時間ちょっととなり、少し早めながら地下街の食事処で夕飯を済ませることにしました。あまりあれこれ迷う時間もなく、ブラブラ歩いて見つけた博多ラーメンの店に入店。

 博多ラーメンと言えば豚骨スープが代名詞となっていますが、テーブルの上にあったメニューを見ていたら、これまた博多の名物である辛子めんたいが1本丸々入ったラーメンを発見。これから東京までの長旅とあって腹を満たしておきたいところでしたが、サイドメニューのご飯ものは頼まずにこれをチョイスし、1杯完食した後に替え玉を追加いたしました。これも博多ラーメンではお馴染みですねhappy01

博多ラーメン@名代ラーメン亭'15.6.13
博多での夕飯はラーメンでnoodle

 この後、博多駅で土産物をいろいろ物色。いよいよ夜行高速バスに乗って帰ることにしますが、続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.16

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その12~西鉄の特急車両8000形に乗る

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続き。西鉄二日市から福岡へ戻ることにしますが、ここからは2ドア車の8000形に乗ることにしました。ホーム上の行先表示器にはやってくる車両のドア数が表示される仕様になっていますが、幸い1本後の特急に「2ドア」と表示されており、8000形が使用されていることが判明。しばらく待って大牟田方面から白と赤に塗り分けられた8000形がやってきました。

 日中、大宰府線を行ったり来たりしていた観光列車「旅人」も同じ8000形ですが、長らく特急車両として走っていた2000形の後継車両として1989年に登場したのがこの8000形です。しかし、2ドアが災いしているようで、通勤ラッシュ時には3ドア車が特急に就くなど、使い勝手がいいとは言いがたい様子。今年に入り、置き換えのニュースが伝えられ、西鉄の車両も世代交代が進むことになりそうです。

西鉄8021@西鉄福岡'15.6.13
特急型8000形に揺られ、天神に到着

 こうして終点の天神には17時過ぎに到着。そのまま地下鉄に乗り換え、博多へ向かいました(続く)。

全国鉄道むすめ巡り2015幟@西鉄福岡'15.6.13
西鉄福岡駅で見かけた朝倉ちはやさんheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.15

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その11~二日市温泉で日帰り温泉

 全国鉄道むすめ巡り西日本編の続きですが、西鉄二日市駅からバスに乗って二日市温泉を目指します。この日は博多から夜行高速バスに乗車するので、乗り込む前に一風呂浴びて行こうという次第でしたが、二日市温泉は長崎に住んでいた頃から度々足を運んだことのある温泉で、博多から近いところにありながら本格的な温泉が楽しめるとあって、自分にとっては気軽に行き易い温泉でもあります。

西鉄バス@西鉄二日市'15.6.13
西鉄バスに揺られ、二日市温泉へ

 西鉄バスに揺られること20分ほどで温泉街に到着。昔から御前湯と博多湯の2件の日帰り温泉施設があり、個人的には御前湯の方が利用回数は多いですが、今回は博多湯の方へ入ることにしました。こちらはこれまで1度だけ。古い建物だった記憶がありましたが、かれこれ20年以上も前の話であり、現在は新しい施設になってきれいになっていました。もっとも狭い浴槽は変わっておりませんが・・・coldsweats01

博多湯@二日市温泉'15.6.13
博多湯で一風呂spa

 帰りはちょうどバスがなかったため、JRの二日市駅まで歩いて向かいました。しかし、博多方面へ向かう列車もちょうどいい時間になく、引き続き歩いて西鉄二日市駅に戻ってまいりました。この後、西鉄に乗って天神へ向かうことにしますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.14

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その10~観光列車「旅人」に乗って大宰府へ

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続きですが、朝倉街道駅から西鉄二日市へ向かうためホームで列車を待っていると、大牟田寄りから先程ここで見掛けた朝倉ちはやのヘッドマークを付けた3000形がやって参りました。5月の泉北高速鉄道の時といい、タイミングのよさには正直自分でも感心してしまったところでしたが、もちろんこのまま乗り込んで西鉄二日市へ移動しました。

西鉄3010@西鉄二日市'15.6.13

朝倉ちはやHM'15.6.13
(2枚とも)朝倉ちはやのヘッドマーク付き列車で西鉄二日市へ

 この後は大宰府線に乗り換え。ちょうどホームには派手なラッピングが施された8000形「旅人」が停車しており、この後すぐ発車する様子。そこで、大宰府から折り返してくるのを待つことにしました。30分ほどで旅人が大宰府から到着。さっそく列車に乗り込むと、車内はそれほど派手な演出ではないものの、太宰府天満宮の花である梅のイラストが施され、観光列車らしい装いでした。

西鉄8051@西鉄二日市'15.6.13

照明@旅人'15.6.13

千梅ちゃんイラスト@旅人'15.6.13
(3枚とも)西鉄の新しい観光列車、「旅人」に乗って大宰府へ

 西鉄二日市を出てわずか数分で終点太宰府に到着。もちろんこの後は太宰府天満宮を参拝してまいりましたが、最後に訪れたのは太宰府線の乗り潰しで訪れて以来で、すでに10年以上も経過していることもあってあまり記憶に残っておりませんでした。本堂へ辿り着き、そういえばこんな感じだったなと思いつつ来た道を引き返しながら、参道沿いの土産物屋で名物の梅が枝餅をいただきました。

本堂@太宰府天満宮'15.6.13

梅が枝餅@太宰府天満宮'15.6.13
(2枚とも)太宰府天満宮と名物の梅が枝餅

 帰りも旅人に乗って西鉄二日市へ。駅近くで西鉄の列車を観察した後、バスで二日市温泉へ向かいましたが、この続きは後ほど(つづく)。

西鉄8000形@西鉄二日市'15.6.13
本線を走る8000形も健在

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.13

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その9~朝倉街道駅を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続きですが、天拝山駅を降りてすぐ、交通量の多い通りを渡って5分くらい行くと、目的地である西鉄の朝倉街道駅がありました。さっそく駅舎に入りスタンプ台を探すと、改札口のすぐ目の前にあり、その脇には西鉄の鉄道むすめである朝倉ちはやの等身大パネルが設置されていました。その前でスタンプを押印。これでこの日一番の目的を達成することができました。

朝倉ちはや等身大パネル@朝倉街道'15.6.13
朝倉街道駅でスタンプを押印heart01

 ここで一旦朝倉街道駅を離れ、再び天拝山駅へ戻ろうとしたら、すぐ傍の踏切の警報器が鳴りだしました。すると、大牟田方面から朝倉ちはやのイラストがデザインされたヘッドマーク付きの3000形が到着。今回、西鉄沿線を訪問するもう一つのお目当てがこのヘッドマーク付き列車でしたが、鉄道むすめゆかりの場所であるここ朝倉街道駅で初めて目にすることができましたheart04

西鉄3000形@朝倉街道'15.6.13-1
朝倉街道駅で対面した朝倉ちはやヘッドマーク付き3000形

 この後、天拝山駅まで戻り、鹿児島本線の列車を観察しようと二日市寄りの直線区間へ。九州新幹線の開業により、熊本や鹿児島へ向かう列車のほとんどが新幹線にシフトされた中、長崎や佐世保、それに久大本線へ直通する特急列車など、まだまだ在来線が元気な様子が伺え、見ていても飽きませんでしたね。改めて洗練された車両デザインに頭が下がるところです。

ED76-1017@天拝山'15.6.13

783系@天拝山'15.6.13

キハ183系@天拝山'15.6.13
(3枚とも)天拝山駅近くで出会ったJRの車両たち

 結局気づいてみたら1時間近く滞在しておりましたが、適当なところで切り上げて再び朝倉街道駅へ。ここでも天神寄りへ少し行った線路脇で行きかう西鉄の列車を見てまいりました。自分にとって西鉄の車両と言えば明るい青緑色の車両のイメージがありましたが、西鉄で初めてとなるステンレス車両の3000形は今回が初めての対面で、しばらく来ないうちに車両の世代交代が進んでいることが伺えました。

西鉄3000形@朝倉街道'15.6.13-2
朝倉街道駅近くで西鉄の列車を観察

 そんな何の変哲もない住宅街に囲まれた朝倉街道駅からいよいよ西鉄の列車に乗り込みますが、この続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.12

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その8~天拝山へ

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続き。門司港から博多までやってまいりましたが、この日一番の目的地である西鉄の朝倉街道駅は天拝山駅から歩ける距離にあり、引き続き鹿児島本線で先を目指すことにします。その前に一旦改札を出て、駅に隣接する博多バスターミナルへ。荷物を預けようとコインロッカーを探すもなかなか見つからず、ようやく一つ空きを見つけて預けることができましたcoldsweats01

 こうして再び改札を抜けてホームへ。天拝山は普通列車しか停車しない駅なので、まずは快速列車で二日市まで向かいますが、その前に博多駅の構内の様子を見ていくことにします。ここ博多駅へ足を運んだのも久し振りでしたが、学生時代は帰省の度に何度も行き来した駅なので、当時と比べて新しい駅ビルが完成したためなのか、幾分息苦しさを感じてしまいました。

キハ47系@博多'15.6.13
博多駅で見かけたキハ47系の長編成

 そんな中、鹿児島本線の快速列車に乗り込んで博多駅を後にしましたが、やってきたのは813系。JR九州の通勤型車両ですが、現在一番多く見かける車両で、小倉でもこの形式の車両が入ったり出て行ったりしていました。洗練されたデザインの多いJR九州の車両にあって、通勤型車両にもそのコンセプトが踏襲されているあたりはこの会社らしいところでもありますね。

クハ813-211@二日市'15.6.13
現在のJR九州の通勤型はこの813系が主流に

 そんな813系に揺られ、二日市に到着。隣に停車中の各駅停車に乗り換えました。この後、特急かもめ号を先にやってから出発。一駅で天拝山に到着しました。この後はこの日の目的地である西鉄の朝倉街道駅へ向かいますが、この続きはのちほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.11

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その7~久々乗車、JR九州787系

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続き。門司港駅を9時36分に発車する特急きらめき103号に乗車します。使用されている車両は787系。実はこの車両には思い入れがあり、1992年7月に博多と西鹿児島を結ぶ特急つばめ号で運行を開始した当時は長崎に住んでいた頃だったことから、JR九州の各駅で大々的に宣伝していたのを記憶しております。

特急きらめき103号@門司港'15.6.12
久々の787系に乗車

 きらめき103号は終着駅のムードたっぷりの門司港駅を出発。787系は現在も主に博多と長崎を結ぶ特急かもめ号などで活躍していますが、デビューしてから鹿児島本線のつばめ号として運行していた頃はビュフェ車両も連結されるなど、乗ってみたくなるような車内サービスを提供しておりました。その後、九州新幹線の開業により運行距離が短くなるにつれて短編成化されてしまったのは、ちょっと寂しいところですね。

787系車内'15.6.12
787系普通車の車内

 小倉でどれくらい乗ってくるのか気になるところでしたが、思っていたほどの乗車ではなく、むしろその先の停車駅に停まるたびに少しずつ乗客が増えていきました。レトロ調の旧駅舎が取り壊されて駅改良工事真っ只中の折尾を過ぎ、門司港を出てから1時間20分ほどで終点博多に到着。この後、全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押しに西鉄の朝倉街道駅を目指すことにしますが、続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.09

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その6~急遽訪問、九州鉄道記念館

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編。2日目となった6月13日は朝8時前にホテルをチェックアウトし、小倉から門司港行きの列車に乗り込みました。やってきたのは411系。JR九州でもめっきり少なくなった国鉄型車両で、長崎に住んでいた頃から走っている車両ですが、この列車の終着駅の雰囲気からすれば、国鉄型の方がしっくりするのかもしれませんね。

411系@門司港'15.6.13
国鉄型車両に揺られて門司港駅に到着

 そんな門司港駅、現在駅舎が改修工事の真っ只中で、今回はあのレトロな雰囲気の駅舎を目にすることはできませんでしたが、何度か足を運んだことがある駅なので、次回はリニューアル後の駅舎を楽しみにしたいところですね。ただ、朝8時台という観光には些か早い時間帯だったこともあって、駅周辺は人もまばらで、商業施設もまだオープン前でした。

関門海峡@門司港'15.6.13
朝の関門海峡(この日の晩、ここを通過することに・・・)

 実のところ、当初はここ門司港へ行く予定はなかったんですが、小倉駅に置いてあった九州鉄道記念館で開催中の企画展「田栗優一 思い出の長崎の鉄道と路面電車展」のチラシを見かけ、急遽予定を変更しました。開館時間の9時ちょうどに入り、さっそく企画展会場へ。長崎の鉄道に造詣の深い故田栗優一が撮影した長崎の路面電車や国鉄の車両などを目にし、長崎に住んでいた時のことが思い出されました。

九州鉄道記念館'15.6.13

スハネフ14形@九州鉄道記念館'15.6.13

スハネフ14形車内@九州鉄道記念館'15.6.13
(3枚とも)急遽足を運んだ九州鉄道記念館

 後ろ髪をひかれる思いで記念館から退散。30分足らずという滞在時間でしたが、元々予定になかったこともあって今回は致し方ないところと諦め、再び門司港駅へ足早に向かいました。この後は一路博多へ向かうことにしますが、この続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.08

広電551号

広電551@横川駅前'02.1

 3日連続で蔵出し画像の紹介となりましたがcoldsweats01、2002年1月に広島を訪れた際に乗った広電の551号です。当時は“グリーンムーバー”5000形が投入されて間もない頃したが、手持ちの画像を改めて見てみると、今だ現役の車両も多く存在しています。そんな中、この551号はすでに現役を引退しており、同系列の550形はこの年から4年後の2006年中に全車姿を消しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.07

芸備線を走った急行列車

キハ28-2483@広島'94.6

 昨日に続いて蔵出し画像ですが、またしても舞台は広島駅。1994年6月に撮影したキハ58形です。くしくも昨日紹介したキハ20形と同じホームに停車しておりますが、当時まだ何本か走っていた芸備線の急行列車で、当時健在だった「松江・出雲ミニ周遊券」を利用しました。当時はすでに急行列車の運行本数も全国的に減少傾向でしたが、ここ芸備線は何本か存在し、周遊券所持の身にとっては有難い存在でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.06

キハ20@広島駅

キハ20‐519@広島'90.12

 昔の画像をいろいろ探していたら、広島駅で撮影したキハ20形の画像が見つかりました。時期は1990年12月で、当時住んでいた長崎から埼玉へ帰省する折、広島から芸備線に乗って三次を目指した際に乗車しました。キハ52形に比べ、キハ20形は当時すでに少なくなりつつありましたが、一部国鉄からJRへ引き継がれ、営業運転に就いていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.05

硬券入場券@京都丹後鉄道

 5月に京都丹後鉄道を訪ねた際、いくつかの駅で硬券入場券を手に入れてきました。今回入手したのは網野、西舞鶴、福知山の3駅。豊岡はフリーきっぷや観光列車「あかまつ」の整理券引き換えで時間を取られてしまい、入場券にまで頭が回りませんでしたweep

網野駅硬券入場券'15.5.23
京都丹後鉄道移管後も硬券入場券は健在

 元々北近畿タンゴ鉄道時代から硬券の種類が豊富だった鉄道ですが、経営が「WILLER TRAINS」に移管されてどうなるか気になるところでした。入場券については引き続き硬券で扱っておりますが、他の乗車券類がどうなっているのかは不明であります。北近畿タンゴ鉄道時代には東京までの乗車券というのもあったのを聞いており、一度使ってみたかったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.04

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その5~小倉の夜

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編も1日目が無事終了となりましたが、駅近くのホテルにチェックインした後、しばらく休憩してから小倉の町へ繰り出すことにしました。再び駅に向かい、反対側の小倉城のある側へ。頭上には北九州モノレールの高架が駅ビルから伸びていて、その様子をデッキから見ることにしました。駅ビルからモノレールが出入りする様子というのもなかなか壮観なものですねhappy01

北九州モノレール1000形@小倉'15.6.12
駅ビルの中から出入りする北九州モノレールを見物

 駅周辺の繁華街をぶらつくものの、これといって入りたくなるような食事処は見つからず、やむなく駅に戻ることに。券売機で入場券を買ってから在来線のホームへ向かいました。特にあてがあったわけではありませんでしたが、九州新幹線を初乗りした2011年以来の在来線車両と対面し、改めて秀逸な車両デザインに感心したところでしたhappy01

883系@小倉'15.6.12
4年ぶりの対面となったJR九州の車両

 結局、夕飯は出掛けに見かけた駅隣接の居酒屋に入ることに。生ビール片手に軽くつまんでからホテルに戻りました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.03

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その4~さくら号で小倉へ

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続きですが、広島市内を巡った後は再び新幹線に乗ってこの日の宿泊地である小倉を目指すことに。時刻は16時近くで、こだま号でのんびり揺られる手もあったものの、ここは普段なかなか乗る機会の少ないさくら号を利用することにしました。窓口で指定席の空き状況を確認したところ、直近のさくら号の窓側の座席が満席とのことで、後続のさくら号を押さえました。

山陽新幹線開業&広島カープ優勝記念プレート@広島'15.6.12
広島駅構内で見つけたカープ所縁のモニュメント

 到着まで1時間近くあったので、ホームでのんびり過ごすことに。しばらくすると、16時27分に発車するさくら561号がホームに入ってきましたが、N700系の車体にはハリーポッター関連のステッカーがラッピングされていました。ユニバーサルスタジオジャパンが大阪にあることから、JR西日本エリアでは関連の旅行商品に関する広告を目にしますが、新幹線もその宣伝に一役買っておりますhappy01

ハリーポッターラッピング@N700系@広島'15.6.12
USJの宣伝に新幹線も一役wink

 さらに待つこと30分近く、座席を押さえてあったさくら563号が到着。16時53分に広島を出発しました。九州新幹線直通用のN700系は座席がゆったりしており、午前中乗車したのぞみ号と比べるとこの点ではサービスは上と言えそうですが、そのさくら563号は小倉までの間で停車するのは徳山のみ。17時43分、広島を出てから1時間足らずで小倉に到着しました。

500系&N700系@小倉'15.6.12
小倉に到着

 時刻は18時前。6月に入って夏至も近い時期だったこともあり、外はまだまだ明るかったことから、そのままホームに留まって行き交う新幹線の様子を観察することにしました。N700系を始め、山陽新幹線区間だけで目にする500系や九州新幹線直通のN700系など、改めて山陽新幹線側の車両のバリエーションに目を見張るところですが、30分ほど滞在してから切り上げ、宿泊先のホテルへ向かいました(つづく)。

N700系@小倉'15.6.12
1日で九州まで辿り着きましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.02

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その3~アストラムラインと新白島駅

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続きですが、スタンプも無事押印し、市内を散策した後、本通駅からアストラムラインに乗り込むことに。3年連続で広島を訪れていながらアストラムラインは一度も利用しておりませんでしたが、初乗りは2002年に済ませており、今回はそれ以来の乗車となりました。本通を出てしばらく地下区間を走行し、3つ目の新白島に到着。ここで下車となりました。

広島高速鉄道6000系@新白島'15.6.12
整備中のところが目立つ新白島駅

 ここ新白島駅はJRのダイヤ改正と合わせて今年3月14日に開業した新しい駅で、地上に上がるとすぐ上を新幹線や山陽本線の線路が交差しており、階段でJRの新白島駅へ通じております。とは言え、開業して3か月ほどとあって駅周辺はまだまだ整備中といったところ。今後どんな駅の風景になるのかが気になるところですね。それでも山陽本線と乗り換えが可能となったので、利便性は高くなったと思います。

 そんな新白島駅に派手な出で立ちの115系が岩国方面からやってきました。赤をベースにした車体には広島東洋カープに所属する選手のイラストがラッピングされており、遠くから見てもかなり目立つ存在でしたが、広島駅構内の売店にはカープゆかりのおみやげが所狭しと並んでおり、町を挙げてチームを応援している様子が伺えますねhappy01

115系@新白島'15.6.12
新白島駅でカープ列車と遭遇

 駅近くにある郵便局に寄り道してから広島へ向かいますが、やってきたのは105系。可部線からの列車で、115系と並んで国鉄時代から走っている車両ですが、元をたどれば103系の流れをくむ車両でもあり、今だ現役であることに驚くところですね。しかしそんな広島支社管内でも新型車両の227系が投入されることになり、これまで国鉄型オンリーだったエリアにも新しい波が入ってまいりました。

広島白島中局風景印'15.6.12
新白島駅近くにある郵便局の風景印

クハ105-12@広島'15.6.12
”国鉄型”105系に揺られ広島へ

 広島駅に戻り、一旦駅前へ。もう一度広電の様子を見てまいりました。京都や大阪から来た古い電車からグリーンムーバーなどの新型車両まで、単車から連接車までと様々な形態の車両が行き交う姿はいつ広島を訪れても飽きないところですねhappy01。今回はスタンプを押しておしまいと相成りましたが、機会があれば1日乗車券を片手に乗り歩きをしたいところです。

広電700形&5100形@広島駅前'15.6.12
広島駅前でもう一度広電を観察

 適当なところで切り上げ、コインロッカーに預けてあった荷物を取り出して改札内へ。この後はこの日の宿泊地である小倉を目指すことにしますが、この続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.01

全国鉄道むすめ巡り2015西日本編その2~3年連続の広電

 全国鉄道むすめ巡り2015西日本編の続き。広島駅に到着するとすぐに改札外にあるコインロッカーに荷物を預け、身軽になりました。時刻は11時半前。少し早かったですが、駅ビルASSE内にあるお好み焼き店が連なるフロアへ向かい、名物のお好み焼きでランチタイムとしました。広島を訪れたならやはり外せないのがお好み焼きですが、ここはいつ訪れても気軽に入れるのがありがたいですねhappy01

お好み焼き@広島'15.6.12
ランチタイムは名物のお好み焼き

 腹も満たされ、さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押しに広電本社前へ。今回は市内を乗り回るわけではないので、フリーきっぷの類いは入手せずに昨年入手したICカード「PASPY」を入口でタッチしてから乗り込みました。商業施設が立ち並ぶ紙屋町付近では多くの人が行き交う様子を車内から眺め、のんびり揺られながら目的地である広電本社前に到着。そのまま事務所へ向かい、スタンプを押してきました。

全国鉄道むすめ巡り2015ポスター@広電本社前'15.6.12
3年連続の訪問となった広電本社前coldsweats01

 ここへ足を運ぶのは今回で3年連続。自分にとってはもはや勝手知ったるところになりつつありますが、カウンターへ隔てて事務所は常に社員が行き来していることもあり、慣れていないと入るにはちょっと勇気がいるかもしれませんねcoldsweats01。そんな広電本社前から再び電車に乗り込みますが、やってきたのは“グリーンムーバーレックス” 1000形。実物を目にするのはもとより、乗車もこれが初めてとなりました。

広電1000形@広電本社前'15.6.12
グリーンムーバーレックスは初乗車happy01

 そのグリーンムーバーレックスに揺られて今度は市役所前で下車。ここからは、歩いて市内を散策することにします。この日は平日ということで、郵便局巡りをしながら市内をブラブラしてきましたが、平和記念公園を抜けて原爆ドームが建つ相生橋付近までのエリアはこの日も大勢の観光客や外国人、それに修学旅行生の一団が行き来しておりました。

広島加古町局風景印'15.6.12

広電3700形@原爆ドーム前'15.6.12
(2枚とも)市役所前から平和記念公園を経て相生橋付近へ

 そんな広島の街中に、だだっ広い空き地になっているところがありました。ここはかつて広島市民球場があった場所ですが、広大な敷地がここに球場があったことを伺わせるところ。残念ながらここで野球観戦が叶いませんでしたが、周囲にはここを本拠地とした広島東洋カープの優勝記念碑や、 “鉄人”衣笠祥雄氏が達成した連続試合出場のモニュメントがありました。

広島市民球場跡地'15.6.12

衣笠祥雄連続試合出場記念碑'15.6.12

広島カープ優勝記念碑'15.6.12
(3枚とも)今は亡き広島市民球場の跡地を訪問

 その後も引き続き市内を散策し、広島駅まで向かうことにしますが、少し時間があったので、本通駅からアストラムラインに乗車してみることに。この続きは後ほど(つづく)。

風景印@広島'15.6.12

広電3000形@袋町'15.6.12
(2枚とも)風景印を集めながら市内散策

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »