« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.08.31

8月30日で閉館~梅小路蒸気機関車館

 京都にある梅小路蒸気機関車館が昨日をもって閉館となり、最終日だった昨日は多くの人が訪れたとのことですが、同地には来年春に鉄道博物館が開館する予定で、SLのみならず多くの資料が展示されることになり、今から楽しみですね。梅小路で保存されてきたSLはそのまま新しい鉄道博物館へ引き継がれるとのことで、装いを新たにどんな姿になるのか楽しみなところですね。

 そんな梅小路蒸気機関車館は過去2回訪れており、2度目は東日本大震災が間近に迫っていた2011年2月の寒い中を訪れておりますが(その時の記事はこちら)、初めて訪れたのは1993年9月でまだ学生だった頃でした。就活の合間を縫って京都に寄り道した折に訪ねましたが、現在のようなデジカメが普及していたわけではなかったので、当時撮影した画像は3枚しか残っていません。もっとも今とさほど変化はないでしょうが・・・。

梅小路蒸気機関車館'93.9
初訪問は1993年9月。当時はフィルムだったもので・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.30

名古屋市営地下鉄5000形

 先月の全国鉄道むすめ巡りで名古屋を訪れた折、名古屋市営地下鉄東山線の駅構内で5000形という車両が営業運転を終了する旨の貼紙を見かけましたが、今日がその最終日とのことで、現地では記念列車の運行や記念グッズの販売が行われたようですね。古い画像を漁っていたら、2001年に撮影した画像が見つかりましたので紹介したいと思います。この時は廃止間近の北アルプス号に乗りに行ったついででした。

名古屋市営地下鉄5604@藤ヶ丘'01.9
今日で運行が終了した名古屋市営地下鉄5000形

 ふと気が付いたのが、画像の片隅に写る「藤ヶ丘」の駅名板。5000形の方向幕も「藤ヶ丘」となっておりますが、現在の駅名は「藤が丘」なので、どういうわけか調べたところ、2004年10月6日に周辺の町名に合わせて改称となった由。翌年開催される愛知万博を控えての措置もあったかもしれませんが、ちょうどこの頃あおなみ線も開業しており、名古屋界隈はいろいろ行く機会も多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.29

北斗星

グランシャリオの明かり'09.3

 先週日曜日の上野到着を持って北斗星の運行が終了となりましたが、同時に1958年の20系デビューから続いたブルートレインの歴史に幕を下ろした日でもありました。自分の場合、ブルートレインというと九州行きの列車の方が印象深いもので、JR発足1年後の1988年に青函連絡船と入れ替わるように華々しく登場した北斗星はどうしても別物という印象が拭えないところです。

 今月に入り、上野や大宮では様々な関連グッズが販売され、自分もいくつか物色してまいりました。思えば北斗星は2回しか乗車する機会に恵まれず、いずれも上りでした。うち1回目は札幌から乗車する予定だったものの、大雪の影響で函館まで代走のディーゼルカーで移動。翌朝は強風の影響で大幅に遅れ、郡山から新幹線に振替となってしまいました。せっかく地元を行き来していた列車だったので、全区間乗っておきたかったですね。

北斗星記念弁当'15.8.2

北斗星グッズ
(2枚とも)運行終了間近に販売された北斗星関連の駅弁やグッズの数々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.28

【8/1】開業70年を迎えた吾妻線を訪ねる

 8月1日の続きですが、新前橋から大前行きに乗り込み、吾妻線沿線に向かいます。まずは中之条で途中下車。駅前では、吾妻線開業70周年を記念したイベントが行われておりましたが、自分にとってはここで降りた目的が別にあり、先月18日に回ったスタンプラリーでこの日から期間限定でスタンプが設置されることから降りた次第。さっそくスタンプを押すと、「山どりぃー」なるキャラクターがデザインされたスタンプでしたcoldsweats01

山ドリィー@中之条'15.8.1
期間限定で中之条駅に設置された”山ドリィー”のスタンプ

 ここ中之条で1時間ほど過ごし、後続の列車に乗って次の群馬原町で下車。吾妻線と言えば、沿線に多くの温泉施設が点在していることで知られており、せっかく足を運んだのであればどこか1か所くらいは入って帰りたいところですが、今回は駅から歩いても10分もかからないところにある岩櫃城温泉に向かいました。ここを訪れるのは十数年ぶりでしたが、城郭風の建物は今も健在でした。

岩櫃城温泉@群馬原町'15.8.1
群馬原町駅近くにある温泉施設「岩櫃城温泉」で汗を流すspa

 この後長野原草津口まで移動。ここから吾妻線開業70周年記念号に乗り込みます。ホームのすぐ隣に伸びる側線にはDD51に繋がれた12系客車が出発の準備をしておりましたが、今から20年ほど前に山陰本線でお目にかかった客車列車を思い出しました。平成になって間もない頃ですが、旧型客車はすでになかったものの客車を使った普通列車はまだ健在で、今や客車列車も貴重な存在になってしまいました。

吾妻線開業70周年記念号@長野原草津口'15.8.1

吾妻線開業70周年記念号指定券'15.8.1
(2枚とも)長野原草津口から吾妻線開業70周年記念号に乗車

 16時20分、吾妻線開業70周年記念号は長野原草津口を発車。次の川原湯温泉では少し停車時間があったのでホームに降りてみましたが、八ッ場ダム建設で線路の付け替えが行われ、装いも一新してしまいました。付け替え前ののんびりした景色の方が今も頭の片隅に残っているのでどうしても違和感持ってしまいますが、時間のある時に様変わりした駅周辺を見たいところです。

川原湯温泉構内'15.8.1

吾妻線開業70周年記念号@中之条'15.8.1

短冊@中之条'15.8.1
沿線の風景~川原湯温泉&中之条

 こうして貴重となった客車列車の旅を満喫。渋川からは上越線に入ってきましたが、この辺りから雲行きが怪しくなり、雷が鳴ったかと思ったら大粒の雨が降ってきました。そんな中、終点の高崎に18時ちょうど到着。すぐ高崎線に乗り換え、まっすぐ帰ってきました。

エビスビール'15.8.1
帰りの高崎線車内で一杯beer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.27

【8/1】吾妻線沿線への道

 開業70周年を迎えた吾妻線で今月1日、臨時列車の運行や様々なイベントが沿線で行われるとのことで訪ねてまいりました。自宅からだと吾妻線沿線へは高崎線を北上するルートが正統ですが、特に急ぎの旅ではなかったので、大宮経由で宇都宮線に乗り換えました。この日は北斗星の運転日とあって沿線には多くのギャラリーの姿が見受けられましたが、こちらは北斗星には目もくれず、栗橋から東武日光線に乗り換えました。

秋葉みらいフラッグ@栗橋'15.8.1
栗橋で小休止heart04

 東武日光線で栃木に到着。さっそくJRの券売機でぐんまワンデー世界遺産パスを入手しました。この後、このきっぷを駆使して吾妻線を乗り歩くことにしますが、次の高崎行きはおよそ1時間後。そこで、時間潰しがてら栃木の町をブラブラ歩くことにしました。昔、町中を散策したことがありますが、昔ながらの蔵の町が残っていて、1日過ごしていても飽きないですね。

栃木の街並み'15.8.1
列車の待ち時間を利用し、栃木の町を散策shoe

 小山からの両毛線の高崎行きに乗り込み栃木を出発。のんびり揺られて新前橋までやってきました。ここで少し早目のランチタイム。11時54分発の大前行に乗り込み、この後は吾妻線沿線を巡ることにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.26

【7/30】横須賀美術館「ウルトラマン創世記展」を観る

 先月30日は半休を取って横須賀方面へ。つい10日ほど前に似たような方面へ足を運んでおり、今回も京急を利用してきましたが、横須賀美術館で開催中の企画展「ウルトラマン創世記展」を観に訪ねてまいりました。その前に、せっかくの平日だったこともあって郵便局を巡ることに。京急大津駅と馬堀海岸駅近くにある郵便局に立ち寄り、風景印を貰ってきました。

横須賀周辺風景印'15.7.30
今回は2か所で蒐集>風景印

 馬堀海岸駅近くのバス停でしばらく待ってから観音崎行きバスに乗車。海岸線を見ながら、美術館最寄りのバス停に到着しました。さっそく館内へ向かいますが、入口では初代ウルトラマンからウルトラマン80まで、昭和のウルトラマンがお出迎え。平成に入ってからも続々とウルトラマンシリーズが放映され、その度に新たなキャラクターも登場するので、やはり世代を超えて人気がありますねhappy01

横須賀美術館'15.7.30

ウルトラセブン@横須賀美術館'15.7.30
(2枚とも)横須賀美術館で開催中の企画展を見物

 さっそく展示の方を見て回りますが、一部は2012年に埼玉県立美術館で行われた企画展の折に展示された品も見受けられたものの、今回は帰ってきたウルトラマン以降の作品にまつわる品々の展示もあって、ボリュームという点では今回の方がありましたね。自分の場合、本放送ではなくて再放送で観ていましたが、子供のみならず当時TVを観ていた世代も十分楽しめる内容でした。

 こうして美術館を後にした時、時刻は17時近くを差していました。帰りもバスで戻ることにしましたが、馬堀海岸駅で降りずそのまま横須賀中央駅まで乗り通すことに。ところが意外と所要時間がかかってしまい、おまけに横須賀中央駅周辺で渋滞に嵌ってしまったこともあって到着が遅くなってしまいましたcoldsweats01。これだったら馬堀海岸で乗り換えた方が早かったですが、そのまま横浜まで向かい、上野東京ラインに乗り換えて帰ってきました。

走水周辺'15.7.30
バス乗り場付近から海岸線を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.25

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その10~帰りは仙台から新幹線

 7月の全国鉄道むすめ巡りもこの記事で完結編。松島海岸から仙台方面へ向かいます。仙台からの新幹線の発車時刻は16時半過ぎ。そのまま向かったのでは些か時間を持て余してしまうので、そこで途中駅で乗り降りしながら時間潰しといたしました。とは言え、205系ばかりが行き交う仙石線ではせいぜい目玉になるのはマンガッタンライナーくらい。小鶴新田駅近くで日中見かけたマンガッタンライナーをお迎えしました。

205系@小鶴新田'15.7.25
小鶴新田駅近くでマンガッタンライナーをお迎え

 仙台に着いたのは16時過ぎ。仙石線の地下ホームから一気に新幹線ホームへと上がります。16時34分発のやまびこ148号は仙台が始発。使用されているのはE2系で、E5系やE6系が行き来する東北新幹線にあっては幾分地味な存在ですが、大宮までノンストップのはやぶさ号に比べると30分ほど時間はかかるものの、それでも大宮までは1時間半の道のりです。

やまびこ148号@仙台'15.7.25
仙台から新幹線で大宮へ

 こうしてやまびこ148号は仙台を発車。途中、福島で山形方面からやってきたつばさ148号を後方に連結し、長い編成となりました。前日、東京駅から東名ハイウェイバスで名古屋を目指した身が翌日、東北方面から新幹線に乗って大宮まで帰るという、普段はなかなか体験できない旅とあって何とも不思議な感覚になりましたが、18時10分大宮に到着。変化に富んだ旅も無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.22

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その9~松島でランチタイム

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、無事に仙石東北ラインの完乗を果たし、そろそろ腹も減ってきたのでランチタイムにしたいところ。しかし、高城町駅の周辺はこれと言って食事処が見当たりませんでした。そこで、仙石線に乗って松島海岸へ向かうことに。松島観光の玄関口だけに、周辺はそれなりに店があるだろうと思った次第でしたが、ホームで待っていると、仙台方面から漫画のキャラクターがラッピングされた列車が到着しました。

205系@高城町'15.7.25
仙台方面からマンガッタンライナーが到着

 「キカイダー01」や「さるとびエッちゃん」など、故石ノ森章太郎氏原作の漫画に登場するキャラクターがラッピングされた「マンガッタンライナー」で、石巻駅の最寄りにある石ノ森萬画館にちなんで仙石線を走る205系にラッピングが施されています。2011年の東日本大震災で被害を受け、現在は再開しておりますが、マンガッタンライナーもまだ乗ったことがなく、一度乗ってみたいところ。

マンガッタンライナーラッピング'15.7.25
車体は故石ノ森章太郎氏原作のキャラクターが満載happy01

 そのマンガッタンライナーとの交換でやってきた仙台行きに乗車。高城町を出発し、次の松島海岸駅に降り立ちました。思った通り、こちらは観光地だけあって駅周辺には食事処が点在しており、そのうちの1軒に入ることにしましたが、お品書きに名物のカキが付いた定食があり、やや値段が張りましたが奮発してしまいました。今や仙台と言えば牛タンの方がメジャーですが、出てきたカキはなかなか大ぶりな貝殻でしたね。

ヒラメ漬け丼&カキ定食@たからや食堂'15.7.25
松島海岸駅近くの「たからや食堂」でランチタイム

 それにしても松島に来たのはおよそ20数年ぶりで、その前は高校の修学旅行で訪れていますが、何となく遊覧船の桟橋に記憶があり、ここで高校のOBと名乗る男性に突然声を掛けられるというハプニングもありました。せっかくなので、松島の景色を横目で見ながら松島海岸駅に戻ることにしましたが、ホームで待っていると、もう1本のマンガッタンライナーが仙台方面から到着。こちらも石ノ森章太郎氏原作のキャラクター満載でした。

松島湾'15.7.25

205系@松島海岸'15.7.25
(2枚とも)松島周辺を散策して再び駅へ

 そんな中、ホーム上からは大型のクレーンで施設の取り壊しが行われている一角を目にしましたが、今年の5月10日で閉館となった「マリンピア松島水族館」があったところで、最後に当地を訪れた1993年3月に足を運んでおります。あまり大きい施設でなかった記憶が残っていますが、2011年3月の東日本大震災では津波の被害を受け、飼育していた動物は今年7月にオープンした「仙台うみの杜水族館」へ引き取られたとのこと。

マリンピア松島水族館'15.7.25
5月に閉館したマリンピア松島水族館は取り壊しの最中

 この後は一路仙台へ向け乗ったり降りたりしながら過ごしましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.21

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その8~仙石東北ライン初乗車

 7月の全国鉄道むすめ巡りもスタンプ押印の方は無事完了しましたが、この後もう一つ大きな目的がありました。それは今年5月に開業した仙石東北ラインですが、さっそく仙台駅から乗り込むことにします。その前に荷物を預けようと空きのコインロッカーを探すことに。ところがどこも塞がっていて、結局断念となりました。七夕まつりの時期ではありませんでしたが、何かイベントでもあったんでしょうか?

 そんなわけで少し早目にホームに入って列車を待つことに。しばらくすると、真新しいステンレス車体の車両がホームに入ってきました。今回の仙石東北ライン開業に合わせて投入されたハイブリッド車のHB‐E210系ですが、ハイブリッド車も小海線やリゾートふるさとなどですっかりお馴染みになりましたね。交流電化の東北本線と直流電化の仙石線の両方を走るとなれば、今だと交直流車両よりもコストを抑えられるのかもしれません。

 仙石東北ライン経由石巻行きは12時17分に仙台を発車。荷物を預けることができなかった分、早めに並んでいたこともあって座っていくことができましたが、車内は結構混んでいて、途中の塩釜あたりまでは立ち客も出るほどでした。石巻方面へ向かう際、仙台駅で新幹線から仙石線へ乗り換えるとなると地下ホームへ移動することになることから、今回の開業で意外と需要は多いかもしれませんね。

松島付近@HB-E210系車内'15.7.25
松島の風景を見ながら一路高城町へ

 列車は塩釜を過ぎ、松島の手前で仙石線の線路が近づくと、新たに出来た短絡線を渡って仙石線の線路に転線。高城町に到着しました。あっけない完乗でしたが、これで無事目的達成と相成りました(続く)

HBE211‐4@高城町'15.7.25
仙石東北ラインを無事完乗happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.08.20

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その7~8年ぶりの仙台空港鉄道

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、仙台空港から仙台へ向かうべく仙台空港鉄道の乗り場へ向かいます。初乗り目的で開業直後の2007年4月に乗って以来となりましたが、関東在住の身にとって仙台空港を利用する機会はほとんどなく、乗るとしたらせいぜい趣味目的の乗り方となってしまいますねcoldsweats01。その前にまずは改札手前に設置されている全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印。周囲は鉄道むすめのイラストが目立っておりました。

杜みなせ等身大パネル@仙台空港'15.7.25
仙台空港駅で出迎えてくれた仙台空港鉄道の鉄道むすめ・杜みなせheart04

 そんな改札口で仙台空港鉄道の鉄道むすめ、杜みなせのイラストが入った三角定規なるグッズを入手。11時27分発快速仙台行きに乗り込みました。車内は立ち客も出るほど混んでおり、利用客は多い様子ですが、仙台空港を後にしてしばらく高架上を走行していると、沿線には住宅が点在していて、杜せきのした駅の前には大型ショッピングモールができておりました。開業当時と比べ、沿線住民も増えている様ですね。

仙台空港鉄道SAT721ー102@仙台空港'15.7.25
仙台空港駅から仙台へ向けて移動

 この後は名取から東北本線に入り、仙台には11時44分に到着。午後はこの日もう一つの目的である仙石東北ラインの完乗を果たしますが、続きは後ほど(続く)。

杜みなせ三角定規
仙台空港駅で手に入れた杜みなせのイラスト入り三角定規

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.19

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その6~ANA363便で仙台へ

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続き。中部国際空港から仙台へ向けて出発しますが、関東在住の身としてはなかなか利用する機会がない空港で、過去には2005年と2007年の2回、そして名鉄の路線の完乗を含めれば3度訪れており、今回は8年ぶりの訪問となりました。手荷物検査場を過ぎて搭乗口へ向かい、出発15分前に機内への案内放送が流れ移動することに。プロペラの付いたボンバルディア機がお迎えしてくれました。

NHボンバルディアDHC-8ーQ400@中部国際空港'15.7.25
ボンバルディア機は初搭乗

 ANA363便は定刻の9時40分、滑走路へ向けて移動。中部国際空港を離陸しました。離陸して間もなく、眼下には先ほど展望デッキから見えていた伊勢湾の海面が広がっているのが見え、やがて知多半島の上空へ差し掛かってきましたが、住宅密集地の一角に見覚えのある線路の形状が見えてきました。S字型に曲がりくねった線路は名鉄の線路で、橋上駅の構造から、朝方滞在した刈谷駅周辺であることが見て取れました。

刈谷市上空@NH363便'15.7.25
前日の宿泊地、刈谷の市街地を上空から望む

 やがて機長からのアナウンスが流れ、進行左手に昨年噴火した御嶽山がうっすら見えているとのこと。一方、右手には富士山が徐々に近づいてきました。羽田発着の便では富士山はお馴染みの風景ですが、その裾野には内陸部でありながら住宅地が密集し、比較的大きな都市の上空へやってきました。盆地状の地形からして甲府市あたりと思われ、甲府盆地を抜けてすぐ、再び山間部へと進んでいきました。

富士山@NH363便'15.7.25
プロペラの合間から富士山を望む

 その山間部をしばらく行くと、見覚えのある山肌が上空から見えてきました。その山頂は地肌が見えていて、麓に広がる市街地の中をS字状に大きくカーブする線路が見て取れましたが、禿げ上がった山肌は一目で武甲山と判りました。もちろん秩父市を上空から目にしたのはこれが初めて。先ほど流れた機長のアナウンスではこの後行田市上空を通過するとのことでしたが、進んでいくうちに小川町や熊谷市の様子を空から見ることができました。

武甲山上空@NH363便'15.7.25

小川町上空@NH363便'15.7,25

熊谷上空@NH363便'15.7.25
(3枚とも)埼玉県北部を通過

 その後は雲が点々とするなかを進み、やがて広大な猪苗代湖の上空に差し掛かってきました。その猪苗代湖を過ぎたあたりでシートベルト着用のアナウンスが流れ、仙台空港へ向けて着陸の体制に入ってきました。そんな徐々に高度を下げていく中、太平洋沿いの一角に地肌がむき出しになったところが見えましたが、この付近は2011年3月11日の東日本大震災の被害が大きかったところ。今も震災の傷跡が残っていることが伺えました。

猪苗代湖@NH363便'15.7.25

新地駅周辺@NH363便'15.7.25
(2枚とも)東北地方の上空へ

 こうしてANA363便はほぼ定刻に仙台空港に到着。この後は、この日のお目当ての一つである仙台空港鉄道に乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

NHボンバルディアDHC-8ーQ400@仙台空港'15.7.25
仙台に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.18

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その6~8年ぶりの中部国際空港へ

 7月の全国鉄道むすめ巡り。2日目の朝は刈谷駅前を7時30分に発車する中部国際空港行きのバスでスタートします。この日の予定は空路で仙台を目指すことに。バスは刈谷の市街地を抜け、武豊線の緒川駅に立ち寄りましたが、バスの車内から高架化された駅前周辺の様子を見てちょっとビックリしました。帰宅後に調べたところ、駅の高架化自体は1995年完成ですが、電化されて様変わりした武豊線は一度乗り直したいですね。

知多バス@刈谷駅前'15.7.25
刈谷駅前からバスに乗って中部国際空港へ

 しばらく一般道を走行した後、知多横断道路に入って中部国際空港に到着。刈谷を出て50分ほどの所要時間でした。さっそく搭乗便の手続きを済ませましたが、出発まで1時間ほどあったので展望デッキで過ごすことに。この日は朝から好天に恵まれ、行き交う旅客機をのんびり見てきましたが、滑走路の先は伊勢湾が広がり、洋上を行き交う船とのコラボはなかなかの絶景でしたhappy01

AYairbus330‐302@中部国際空港'15.7.25
搭乗前に展望デッキでのんびり観察

 ほどほどのところで切り上げ、手荷物検査場を抜けて搭乗口へ。いよいよ仙台へ向けて出発しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.17

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その5~刈谷の宿に逗留

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、名古屋まで戻ると時刻はすでに19時半を過ぎておりました。さすがに腹も減ってきたので、ここで晩ごはんにしますが、動き回るほど体力もなかったので、駅ビル内の食事処で済ませることに。多くの飲食店がある名古屋駅周辺ですが、いわゆる“名古屋めし”と呼ばれるメニューを扱っているところも多く、今回はみそカツを頂いてきました。

みそカツ@名古屋'15.7.24
名古屋名物”みそカツ”を晩ごはんにrestaurant

 腹も満たされ、腹ごなしに名鉄百貨店まで歩いて移動。1階エントランスに鎮座するナナちゃんにご挨拶してきました。名古屋へ来る度に必ずご挨拶していくようになったナナちゃんですが、毎回様々な“コスプレ”に身を纏っていることから、今回はどんな衣装なのか興味が尽きないですね。で、今回は夏らしく屋上ビアホールの売り子に扮しておりましたhappy01

ナナちゃん'15.7.24
ビアホールの売り子に扮したナナちゃん

 実はこの日の宿は刈谷駅近くのホテルを押さえておりましたが、名古屋からであればJRに乗ってしまえば乗り換えなしで移動することができるものの、名鉄百貨店まで移動してしまったため、名鉄に乗り込むことに。知立を経由し、刈谷までやってきました。刈谷は昔降りたことがあったものの、そうそう降りる機会もなく、真新しい駅前のビジネスホテルにチェックイン。そのまま部屋で過ごしました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.16

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その5~伊勢志摩ライナーに初乗車

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、四日市に戻り、この後は一路名古屋へ戻るだけとなりました。時刻は18時半過ぎと旅の疲れも出てくる時間。そこで、帰りも特急に身を委ねることにしましたが、特急券を買おうと券売機に向かうと、19時8分発の近鉄名古屋行きに伊勢志摩ライナーのマークが表示されていました。伊勢志摩ライナーはまだ乗ったことがなく、到着までは30分以上あったものの、暫し待つことにいたしました。

こにゅうどうくん@近鉄四日市'15.7.24
改札口に鎮座する四日市市のゆるキャラ”こにゅうどうくん”

 待つと言っても、改札を越えてホームで行き交う列車の様子を眺めながら待つことに。特急列車が行き交う本線とは対照的に、隣の湯の山線のホームには短編成の普通列車が行き来しておりましたが、先頭には「開湯千三百年」と記されたレトロ調のヘッドマークが取り付けられていて、温泉地へ向かう路線らしさを感じました。湯の山線も乗り潰し目的で1度だけ訪ねたきりで、次回足を踏み入れるのはいつになることやら…。

近鉄2600系@近鉄四日市'15.7.24
レトロ調のヘッドマークを付けた湯の山線の普通列車

 徐々に暗くなっていく四日市の町を望みながら時刻は19時過ぎ。伊勢志摩ライナー使用の近鉄名古屋行きが到着しました。さっそく車内に乗り込み、指定された座席に着席。来た時に乗った列車と比べるとずいぶんゆったりとした座席で、前の座席の下にはコンセントも設置されていました。サロンカーと呼ばれるグループ向けの座席やグレードアップした座席が設けられていて、次回はもっと長い距離で乗りたいですね。

近鉄23601@近鉄名古屋'15.7.24
伊勢志摩ライナー初乗車はあっけなく終了coldsweats01

 こうしてすっかり暗くなった名古屋の町が近づき、終点の近鉄名古屋には19時37分に到着。腹も減ってきたので夕飯にすることにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.15

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その4~四日市あすなろう鉄道に乗る

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、藤が丘から地下鉄名城線に乗って一気に名古屋までやってまいりました。この後は近鉄に乗り換えて四日市へ向かいますが、時刻はすでに16時近くになっており、予定よりやや遅れ気味。ここは少しでも遅れを取り戻そうと思い、特急に乗車することにしました。16時10分発賢島行き特急で揺られること20分ほど、近鉄四日市に到着。さっそく四日市あすなろう鉄道の乗り場へ向かいます。

近鉄12250@近鉄名古屋'15.7.24
近鉄特急に乗って時間を少しでも短縮coldsweats01

 4月に近鉄内部線と八王子線を譲渡して誕生した四日市あすなろう鉄道ですが、改札を出て案内に沿って乗り場へ向かおうとするも途中でわからなくなってしまい、駅の中を右往左往することに。おととし乗り歩いた時はここを全く行き来しておらず、この駅から乗るのは初乗りした20年ほど前の時以来と記憶が完全に抜け落ちている状況でしたが、もうちょっと丁寧な案内が欲しいところですねbearing

 こうして何とか乗り場へたどり着くことができましたが、まずは窓口で1日乗り放題のフリーきっぷを入手。大人1枚550円と全線完乗目的であればこちらの方が安上がりで乗る度にいちいちきっぷを買う手間が省けるのが好都合ですね。おまけにちょうどスタンプラリーも開催中とのことで、台紙も1枚入手。ここで最初の1個目を押印してから改札を通り抜けました。

四日市あすなろう鉄道ポスター'15.7.24
近鉄から譲渡されて誕生した「四日市あすなろう鉄道」

 ホームでしばらく待っていると、先ほど乗ってきた近鉄の車両に比べてはるかに小ぶりな3両編成の列車が到着。ラッピングが施されている他は以前と同じ派手な塗装の車両でした。時刻は17時過ぎ。日中に比べると太陽もだいぶ落ちつつありましたが、それでも7月の連日の暑さの中、エアコンがない車内はかなりの高温でした。まずはこの列車で内部へ向かうことにします。

四日市あすなろう鉄道265@あすなろう四日市'15.7.24
小ぶりでカラフルな車両は変わらず・・・

 エアコンがないこともあって、窓を全開にして走行中に吹き込んでくる風で暑さを凌ぐことに。エアコン付きの車両が当たり前になった昨今にあって、自然の風を取り込むというのもなかなか体験できなくなりましたが、そんな中、15分ほど揺られて終点内部に到着しました。駅名板が取り替えられた他は特段変わったところはない様子で、出札窓口脇に置かれていたスタンプラリーのスタンプを押した後、乗ってきた列車でそのまま折り返し。

内部駅舎'15.7.24

内部駅名板'15.7.24

こにゅうどうくんラッピング'15.7.24
(3枚とも)終点内部に到着

 この後、八王子線の終着駅である西日野を目指すべく日永で下車。同じホームに入ってきた西日野行きに乗り換えます。これもまた派手なカラーの列車がやってきましたが、車内は意外と乗客が乗っていて空席の方が少ないほど。2年前のときもそうでしたが、この区間は意外と利用者が多いようで、終点の西日野駅の前に並ぶ自転車の数を見てもうかがい知ることができます。

車止め@西日野'15.7.24
小さな終着駅~西日野

 ここもすぐに折り返し。時刻は18時過ぎでしたが、夏のこの時期は十分明るいこともあり、日永で途中下車することにしました。小さい駅でありながら、二股に分かれたホームを持つ構内は鶴見線の浅野駅とよく似た構造ですね。今回は乗り潰しが目的とあって駆け足の旅となってしまいましたが、フリーきっぷを駆使して半日くらいかけて回ってみるのも面白いかもしれません。

日永駅構内'15.7.24
日永駅の風景

 すっかり日が西に傾き、後続の列車に乗って近鉄四日市に到着。改札口でスタンプラリーの台紙を見せ、特製のカードをゲットすることができました。このスタンプラリーは三岐鉄道北勢線沿線にも設置されているようで、全て揃えることができないのが残念なところ。この後、再び近鉄に乗って名古屋へ戻りますが、続きは後ほど(続く)。

ナローゲージスタンプラリー台紙
スタンプラリーの台紙と特製のカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.14

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その3~リニモは一区間だけ

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、いよいよこの日の目的の一つであるリニモに乗り込みます。その前にまずは全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押すことに。リニモの鉄道むすめである八草みずきと先輩格のキャラクターであるリニモたんの等身大パネルのすぐ後ろにスタンプが置かれていました。リニモも昨年、鉄道むすめが登場して以降、わずか1年ちょっとの間に3回も足を運んだことになりますcoldsweats01

八草みずき&リニモたん等身大パネル藤が丘'15.7.24
リニモたんと並んで八草みずきさんがお出迎えheart04

 さっそくホームへ向かいますが、八草まで1往復したいところではあったものの、やはり高速バスの到着が遅れてしまったこともあって、予定していた行程より遅れ気味。この後、四日市へ移動することを考えると八草まで往復するのは些か厳しいところでした。そこでやむなく、次のはなみずき通で下車することに。ちょうど近くには長久手郵便局があり、風景印を押印してまいりました。

はなみずき通駅舎'15.7.24

長久手局風景印'15.7.24
(2枚とも)はなみずき通駅近くをブラブラ

 郵便局へ向かう途中、八草へ向けて鉄道むすめのラッピング車両が走っていくところを見かけたので、戻りを待つことに。こちらは昨年8月に乗車済みなので、今回は特に気にはしていませんでしたが、せっかくなので、ホームに入って藤が丘からの折り返しをお迎えすることに。ホームドアや高架などの関係で、撮影となるとどうしても場所が限られてしまうのが難儀なところですねbearing

愛知高速鉄道100形@はなみずき通'15.7.24

八草みずきラッピング'15.7.24
(2枚とも)鉄道むすめのラッピング列車も目撃heart04

 こうして再び藤が丘まで戻り、すぐに地下鉄に乗り換え。そのまま名古屋の中心まで向かいました。リニモは今年で開業10周年。10年前と言えばこの地で万博が行われた年で、開業直後に万博と合わせて乗りに行ったものですが、時間が経過するのが早いですねwink(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.13

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編その2~名古屋市営地下鉄で藤が丘へ

 7月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、バスを降りて大通りを渡った住宅街の一角にある地下鉄名城線の本郷駅を目指します。その前に、この日は平日ということあり、郵便局巡りも同時進行することに。駅近くに郵便局があるとのことで寄り道してきました。郵便局は地下鉄の高架の真下にあり、さっそく窓口で風景印をいただくことに。絵柄は、インターチェンジをデザインしたものでした。

名古屋上社局風景印'15.7.24
この日最初の郵便局巡り~名古屋上社局

 そのまま高架下に沿って本郷駅へ。これから目指す藤が丘は一駅先で、リニモに乗るのであれば名古屋インターで降りる方が好都合でしたが、ここ本郷駅は地下鉄とは言え地上の駅なので、空の下を走る地下鉄の姿を目にすることができます。やがて、真新しいステンレス車体の車両がやってまいりましたが、名城線は5000形という車両が8月一杯で営業運転終了とのこと。駅構内に貼紙を見かけましたが、今回は目にすることができませんでした。

名古屋市営地下鉄N1000形@本郷'15.7.24
地下鉄に乗って藤が丘へ

 本郷からわずか数分で終点の藤が丘に到着。昨年来、リニモ絡みで何度か通り過ぎてはいるもののそのまま乗り換えてしまい、駅前に降り立つ機会がありませんでしたが、今回は郵便局を訪ねるため寄り道していくことにしました。住宅街を歩いて10分ほど行ったところに郵便局があり、ここでも風景印を押印。どこにでもある街の風景で、旅行でもなかなか足を運ぶ機会はないかもしれませんね。

名古屋豊が丘局風景印'15.7.24

藤が丘駅舎'15.7.24
(2枚とも)藤が丘駅近くで郵便局巡り

 さて、この後はこの日一番の目的であるリニモに乗車しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.12

全国鉄道むすめ巡り2015リニモ&仙台空港鉄道編~東名ハイウェイバスで名古屋入り

 先月24日と25日の2日間、全国鉄道むすめ巡り関連で名古屋と仙台を訪ねてまいりましたが、埼玉県に住む身にとって東京を挟んで正反対の行き先となり、両都市の間は空路を利用することに。これも仙台空港が絡むためでして、まず初日は名古屋を目指すべく東京駅7時ちょうど発の東名ハイウェイバス「スーパーライナー51号」に乗り込みました。途中、工事の影響で渋滞し、最初の休憩地点の足柄SAには定刻より30分遅れで到着。

エヴァンゲリオン@足柄SA'15.7.24
足柄SAはエヴァンゲリオン一色に

 この先も至るところで道路工事が行われていて、なかなか遅れを取り戻せない状況。この日はリニモと4月に近鉄から会社が譲渡された四日市あすなろう鉄道を巡る予定でしたが、特にこれと言って時刻を決めていたわけではなかったので、よほどの遅れでなければ気にならない程度の遅れでした。とは言え、名古屋市内に到着後にはすぐに行動を開始したいところで、浜名湖SAでは昼食を調達。バスの車内で済ませました。

JRバステック@浜名湖SA'15.7.24
浜名湖SAでしばしの休憩sleepy

 結局、名古屋市内には定刻より30分ほどの遅れで到着。名古屋インターで降りることにしました。ここは名古屋市営地下鉄名城線の本郷駅に近く、ここからリニモの乗換駅である藤が丘までは一駅の区間。さっそく地下鉄に乗って藤が丘を目指しますが、続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.11

鬼怒川温泉にSLがやってくる~東武

鬼怒川みやび等身大パネル@鬼怒川温泉'15.5.2

 東武鬼怒川線の下今市と鬼怒川温泉の区間でSLが運行されるというニュース。JR北海道のC11を借り受けて運行されるとのことですが、2017年度からの運行ということでまだ1年以上も先の話しながら楽しみですね。このエリアだと現段階では鉄道むすめ絡みで行くくらいなので、目玉がさらに増えるのは楽しみではありますが、運行開始当初は大変な賑わいになるでしょうねぇcoldsweats01

 参考:日本経済新聞の記事

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.08.10

【7/20】幸せの黄色い電車に会う~京急

 先月20日の続きですが、金沢八景駅から京急の線路に沿って金沢文庫駅方面へ歩いていると、横浜方面から黄色い塗装の車両が近づいてきました。これまで何度か目にしたことはあったものの、なかなか画像に収めることができなかった京急の黄色い電車「京急イエローハッピートレイン」ですが、何分1編成しかないこともあり、まさに出会えればラッキーといったところ。とは言え、公式サイトを見れば当日の運用を確認することができますhappy01

京急1000形@金沢八景'15.7.20
ようやく撮影できた「京急イエローハッピートレイン」

 そのまま金沢文庫駅から快特に乗って一気に京急蒲田まで到着。時刻はすでに16時を過ぎておりましたが、昼間はうだるような暑さで体は汗だらけでした。そこで、京浜東北線に乗り込む前に温泉に入って行くことに。蒲田駅近くの温泉施設「ゆーシティ蒲田」で一風呂浴びてきました。蒲田の温泉と言えばあのコーヒー色のお湯が頭に思い浮かびますが、久しぶりにあの独特のお湯で汗を流してから帰ってきました。

ゆーシティ蒲田'15.7.20
蒲田の温泉で汗を流すspa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.09

【7/20】おいしい水を求めて~横浜シーサイドライン

 先月20日の続き。蒲田から繁華街を抜け、京急蒲田から杉田まで一気にやってまいりました。この後、新杉田から横浜シーサイドラインに乗り込みますが、昨年の暮れのクリスマスイベント以来ここへ足を運ぶのは今回で4度目となり、まさに柴口このみに引き寄せられた格好ですねcoldsweats01。で、今回ここへやってきたのも柴口このみ絡みで、さっそく駅構内の飲み物の自販機で柴口このみのイラストが入ったペットボトルの水を入手しました。

柴口このみのおいしい水幟@新杉田'15.7.20
シーサイドラインの沿線で押しまくりcoldsweats01~柴口このみのおいしい水

 「はまっ子どうし The Water」という横浜市のオフィシャルウォーターとのコラボにより、柴口このみのイラストがデザインされたペットボトルの水が発売されることになりましたが、新杉田駅のみならずシーサイドラインの各駅に設置されている自販機に必ずと言っていいほど入れているほどの力の入れ様で、各駅にポスター共々押している様子が伺えましたねcoldsweats01

柴口このみのおいしい水ポスター@新杉田'15.7.20
自販機にもポスターが…heart04

 そのペットボトルを片手にシーサイドラインに乗り込みますが、せっかくなので先頭車の一番前の座席に座ることに。シーサイドラインは無人運転なので先頭車の一番前には運転手がおらず、この座席に座っていると運転手になった気分を味わえるあたり、なかなか面白いですねhappy01。同じ新交通システムでも我が地元を走るニューシャトルでは味わうことができないところです。

柴口このみのおいしい水'15.7.20
おいしい水と共に”かぶりつき”で…wink

 そんな先頭部分の座席に座り、沿線の景色を堪能しながら八景島で下車することに。ここは沿線随一の名所である八景島シーパラダイスの最寄り駅で、自分も20年ほど前に仕事場の仲間内で訪れたことがありますが、如何せん20年も前の話であり、正直当時の記憶がほとんど残っていないのが現状であります。おまけに交通手段が自家用車だったためシーサイドラインとは全く無縁で、初乗りはこの時から数年後になります。

横浜シーサイドライン2000形@八景島'15.7.20
八景島をバックに・・・

 再び列車に乗車。今度は最後尾の先頭部分の座席に有り付けましたが、この付近から海が近くなってくるので、まさにシーサイドラインの名前にふさわしい景色を堪能することができますねhappy01。そんな海辺の景色を堪能しながら、柴口このみがお出迎えをしてくれる終点の金沢八景に到着。あっという間のシーサイドラインの旅が終了しました(つづく)。

横浜シーサイドライン2000形@金沢八景'15.7.20
終点の金沢八景に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.08

【7/20】常磐線を走る臨時踊り子

 先月20日の続き。大宮からの臨時快速に乗って北千住に到着後、常磐線に乗り換え都心を目指しますが、ホーム上の行先表示器に「伊豆急下田」の文字が見えました。どうやらこの後、臨時の特急踊り子号が到着する様子ですが、常磐線で185系を目にするのもなかなか新鮮なもの。特に急ぎの旅ではなかったので、ホームでのんびり待つことにしました。やがて松戸寄りから踊り子号のヘッドマークを付けた185系が入ってきました。

特急踊り子161号@北千住'15.7.20
常磐線を走る185系の特急踊り子161号

 3月の上野東京ライン開業により常磐線の列車が品川まで運転されるようになりましたが、常磐線からの踊り子号も今回の開業によって実現した列車と言えるところ。ちなみにこの日は伊豆高原駅で伊豆急のリゾート21関連のイベントが行われていましたが、こちらも気になってはいたものの、近々遠出の予定があったことからこの日は近場で過ごすことに相成りましたcoldsweats01

 この後、後続の列車に乗って都心へ。そのまま抜けて蒲田までやってきましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.07

【7/20】大宮発浅草行き臨時快速に乗る~東武

 7月の3連休の最終日。朝起きてまずは地元で河口湖行きの臨時快速リゾートやまどり富士山号をお見送りしました。地元では見慣れているやまどりですが、吾妻線を中心に富士急線内まで足を運ぶなど、なかなか守備範囲の広い車両ですねhappy01。今年も恒例の臨時快速「たんばらラベンダー号」がこのやまどりを使用して運転されていますが、元々485系が種車なので、交流区間にも足を運べるのは大きいところですかね。

快速リゾートやまどり富士山号@宮原'15.7.20
今年も運転された快速リゾートやまどり富士山号

 さてこの日はゆっくり目に自宅を出発。大宮から東武アーバンパークラインに乗り換えました。お目当ては、6050系を使用した浅草行きの臨時快速列車。たまたまネットで見つけて急遽乗ることにしましたが、今年3月にも運転されており、それに続いての運転となりました。北陸新幹線の開業に合わせて東京スカイツリーへ向かう客の流れを取り込もうとした試みですが、乗客はやや少なめで、些か宣伝不足は否めないところcoldsweats01

東武モハ61201@大宮'15.7.20
3連休中に運転された臨時快速浅草行き

 そんな浅草行きの臨時快速は10時2分に大宮を出発。スカイツリートレインの時と同じく、東武アーバンパークライン線内は各駅に停車するものの、ドア扱いはしませんでした。本線筋では見慣れている6050系も東武アーバンパークライン沿線ではちょっと物珍しいところでしたが、春日部を過ぎて本線に入ると普段と変わらぬ走りっぷりで、あっという間に北千住に到着しました。

 この後、常磐線に乗り換えて都心へ向かいましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.06

【7/19】古代蓮@原市沼

E7系@沼南'15.7.19

 7月の連休中日は朝早く起きて原市沼の古代蓮を見に行ってきました。この時期の恒例となりましたが、蓮の花は午後になると蕾んでしまうので、見に行くのであれば午前中の早い時間の方がベスト。しかし今回は心持やや少な目でしたweep。そんな中、すぐ傍に聳え立つ新幹線の高架をE7系が東京へ向けて走って行きました。思えばここでE7系を見るのは初めてでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.05

785系がデビューした頃

クモハ786-5@伊集院'92.9

 以前こちらでも紹介したJR九州の785系。デビューが1992年7月なので、ちょうど長崎に住んでいた頃でした。上の画像はこの年の9月、九州ワイド周遊券で乗り歩いた際に鹿児島県内から鳥栖まで特急つばめ号で乗り通した時のものですが、他のJR各社と比べてもオリジナルなデザインの車両が登場し、当時はなかなか斬新なイメージでしたね。

785系パンフ
デビュー当時に発行されたパンフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.04

はかた号@京王バス

京王バス@諏訪湖サービスエリア'93.10

 今年6月に乗車したはかた号。国内を走る高速バスの中で最も長い距離を走る路線となっておりますが、今から22年前の1993年10月、博多から新宿まで乗車しております。当時長崎に住んでいた頃で、就職活動で上京するため、移動費を安く上げようと思い見つかったのがこのはかた号だった次第。上の画像は中央道沿いの諏訪湖サービスエリアで休憩中のところですが、今は第二東名経由に変更されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.03

【7/18】鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー参戦~午後編

 鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリーの続きですが、高崎から両毛線に乗り込んで前橋へ向かいます。ホームで列車を待っていると、やってきたのは115系。107系や211系に交じって今もここ高崎では現役で動く姿を目にすることができます。詳細な運用についてはわかりませんが、やはり国鉄型が来ると目が留まるところで、国鉄型のモーター音を堪能しながら前橋までやってきました。

クハ115‐1097@高崎'15.7.18
ここ高崎では健在~115系

 相変わらず外は雨がぱらつく空模様。ここから上毛電鉄の始発駅、中央前橋駅へ向かいますが、やはり傘を差して移動するのは些か面倒なところで、バス乗り場で時刻を見るもあいにくすぐやってくる便がありませんでしたweep。天気が良ければ運動ついでの距離ですが、今回もやむなく歩いて行くことに。こうして何とか中央前橋駅に到着し、さっそく2個目となるスタンプを押印しました。

 ホームには、沿線のみどり市内にある地元企業「スナガ」のラッピング車両が停車中。車内には上毛電鉄の鉄道むすめ、北原ゆうきのイラストがいくつか見受けられました。4月に行われたイベントの時には北原ゆうきのイラストがデザインされたヘッドマーク付き列車が当日限定で運転されましたが、こちらについては再度の運転を期待したいところで、今後の動きに注目したいですねhappy01

北原ゆうきイラスト@700型車内'15.7.18
上毛電鉄の鉄道むすめ、北原ゆうきのイラストを見ながら赤城へ

 そのまま赤城まで乗車。ここから3か所目となる大間々駅まで歩いて移動することにします。相変わらず外は小雨がぱらついていて、途中焼きまんじゅうの店「美濃屋」で一串いただいてから大間々駅に到着。さっそくスタンプを押印しました。これで記念品が貰える3個のスタンプが集まったので、さっそく駅前にある観光案内所へ。スタンプ台紙を見せると、鉄道むすとSL兄弟のイラストが入った缶バッジをいただきましたwink

焼きまんじゅう@美濃屋'15.7.18

鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー缶バッジ
(2枚とも)大間々で記念品をゲットheart04

 この後、4か所目となる館林へ向かいますが、大間々から相老までわたらせ渓谷鐵道に乗ろうとしたら、次の桐生行きまで1時間ほどの待ち時間。やむなく来た道を戻り、赤城駅から東武桐生線の列車に乗り込みました。太田経由で館林に到着し、スタンプを押印。この後、上り普通列車に乗って久喜まで辿り着くと、駅構内は多くの人が行き来しておりました。この日は恒例の天王様。しかし今回はそのまま宇都宮線に乗って帰ってまいりました。

宇都宮線開業130周年フラッグ@久喜'15.7.18
宇都宮線は今年で開業130周年happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.02

【7/18】鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー参戦~午前編

 7月の3連休、初日は群馬県内をブラブラしてまいりました。目的は、この日からスタートした「鉄道むすめ&SL兄弟スタンプラリー」。まずは高崎線に乗り込んで深谷へ向かい、「ぐんまワンデー世界遺産パス」を手に入れました。このきっぷも名称が変わった他は群馬県内のJR線内だけでなく、私鉄各社も利用できるのでこれまで何度か利用させてもらっていますが、今年発行のチラシには鉄道むすめのイラストも載っておりますheart01

ぐんまワンデー世界遺産パス'15.7.20
今回のスタンプラリーには最適のきっぷですね>ぐんまワンデー世界遺産パス

 後続の列車に乗って高崎に到着。1か所目は上信電鉄の上州富岡駅としました。発車までの間、駅構内をブラブラしていたら、引込線に留置されていた車両を利用した待合所ができているのに気が付きました。廃車となったデハ203を種車として使用しており、県内にある専門学校の生徒たちが待合室として整備したとのこと。これまでホーム上に吹き曝しのベンチしかなかったので、これは重宝しそうですねhappy01

待合室@高崎'15.7.18-1

待合室@高崎'15.7.18-2

待合室説明書き'15.7.18
(3枚とも)デハ203を使用した待合室

 徐々に乗客が乗り込み始め、下仁田行きはゆっくり高崎を発車。のんびり揺られて上州富岡へ降り立ちました。今回のスタンプラリーを受けて上信電鉄にも「富岡しるく」という名前の新しい鉄道むすめが誕生しましたが、まだ登場したばかりとあって、先ほどから目にするフリーパスのチラシやポスターにイラストが載っているくらい。グッズなどの展開は今後に期待したいところですね。

鉄道むすめイラスト@ぐんまワンデー世界遺産パス
上信電鉄にも誕生した鉄道むすめ「富岡しるく」

 小降りながら雨がぱらつく上州富岡駅を後にしてそのまま高崎へ後戻り。ここで一旦駅を離れ、歩いて数分のところにある高崎市美術館へやってきました。ここでは現在、「たかさき発!鉄道とアートの旅」と題した企画展が開催中で、お馴染みの鉄道写真家、中井精也氏の作品を中心にヴァーチャルリアリティの研究者やアーチストによる作品などを見てまいりましたが、タブレット端末を使用した展示はなかなか目新しいですね。

撮影ボード@高崎市美術館'15.7.18
高崎市美術館で開催中の企画展を見物

 思いの外楽しむことができましたが、美術館を出た時には雨がさらに強く降っておりましたrain。そんな中、歩いて駅まで逆戻り。ちょうど時刻が正午近くだったので、ここでランチタイムとしました。向かったのは、これまで何度か足を運んだことのある、駅ビルの中の「登利平」。群馬県ではメジャーな鶏めしの店でありますが、たかべんの鶏めしも捨てがたいところがあり、どちらも甲乙付けがたいですねcoldsweats01

鶏めし@登利平'15.7.18
「登利平」の鶏めしでランチタイムwink

 こうして腹も満たされ、改札を抜けて駅構内へ。ここから今度は両毛線に乗って前橋を目指しますが、この続きは後ほど(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.01

大宮発スカイツリートレイン増発へ~東武

東武634型@浅草'15.3.15

 毎週土曜日に大宮から出ている東武のスカイツリートレインですが、今月8日からは1本増便となるとのこと。大宮を10時2分に発車し、浅草には11時5分着とのことで、浅草到着後にすぐ折り返して大宮へ戻るようですが、特急料金が510円に値下げされることになり、さらに利用しやすくなりますねhappy01。大宮での新幹線からの乗換客を当て込む狙いですが、もうちょっと宣伝が必要かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »