« 秋の乗り放題パスで行く関西旅その8~祭りで賑わう大津の町 | トップページ | 秋の乗り放題パスで行く関西旅その10~旅の終わりはびわこドリーム号 »

2015.11.24

秋の乗り放題パスで行く関西旅その9~滋賀から京都へ

 秋の乗り放題パスで行く関西旅の続きですが、浜大津から地下鉄直通に乗り込み、京阪山科で下車。駅前に降り立つと、駅周辺ではロウソクで街角を灯すイベントが行われており、歩道には小ぶりな陶器にロウソクの火が揺らめいておりました。地元で長年行われているイベントのようですが、決して派手ではないものの、大津の祭りと同様、旅の日程とうまくあえばこうしたイベントと出会うことができますね。

陶灯路@山科'15.10.10
山科駅周辺で行われた陶灯路のイベント

 すっかり暗くなった山科の町を後にして今度は地下鉄東西線に乗車。2004年に醍醐から六地蔵まで延伸開業した直後に完乗しておりますが、終点の六地蔵に到着すると、駅構内には「地下鉄に乗るっ!」シリーズのポスターがあちこち貼ってありました。金曜日の終電延長を伝える内容で、先ほど乗り込んだ山科駅の構内や日中立ち寄った京阪石山駅でもチラシが置かれているなど、力の入れ様が伺えます。

金曜延長運転ポスター@六地蔵'15.10.10
「地下鉄に乗るっ!」シリーズのポスターは健在happy01

 その六地蔵駅から夜道を歩くこと10分足らずで京阪の六地蔵駅に到着。そのままホームに向かおうとしたところ、改札付近に「響け!ユーフォニアム」に登場するキャラクターのパネルが設置されていました。元々アニメの設定が宇治周辺とのことで、付近の駅に同様のパネルが設置されているとのことですが、昨年春の時には「いなりこんこん恋いろは」が伏見稲荷駅を中心に展開され、京阪はアニメとのコラボに力を入れていますね。

響け!ユーフォニアムパネル@六地蔵'15.10.10
六地蔵駅改札付近に設置されている「響け!ユーフォニアム」のパネル

 六地蔵から中書島を経由してその伏見稲荷へ。ここからJR奈良線の稲荷駅までは歩いても数分のところにあり、京都行きの列車に乗り込みます。やって来たのは、ウグイスカラーの103系。今も現役の国鉄型通勤車両ですが、古い車両を大切に使っているJR西日本も大阪環状線の103系については置き換えの話があり、103系もいつまで走るのか気になるところですね。

クハ103‐175@京都'15.10.10
奈良線の103系に揺られ、京都へ

 こうして終点京都に到着。ここから東海道本線に乗り換えて再び滋賀県内へ戻りますが、続きは後ほど(続く)。

|

« 秋の乗り放題パスで行く関西旅その8~祭りで賑わう大津の町 | トップページ | 秋の乗り放題パスで行く関西旅その10~旅の終わりはびわこドリーム号 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/62743871

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の乗り放題パスで行く関西旅その9~滋賀から京都へ:

« 秋の乗り放題パスで行く関西旅その8~祭りで賑わう大津の町 | トップページ | 秋の乗り放題パスで行く関西旅その10~旅の終わりはびわこドリーム号 »