« 【12/6】栗橋界隈で過ごす午後 | トップページ | 今春以降も販売~青春18きっぷ »

2016.01.04

【12/11】特急きりふり267号に乗る~東武

 先月11日は職場の忘年会があり、20時過ぎにお開きとなりましたが、ほろ酔い加減のまま都内へ遠征することにしました。お目当ては、12月の毎週金曜日に運転された浅草発運河行きの特急きりふり267号。東武アーバンパークラインに特急が乗り入れるとあって期間中に一度様子を見に行きたいと思っておりましたが、何分夜遅い時間の運転とあってまさにこの日はチャンスでした。

きりふり267号ポスター@浅草'15.12.11
浅草駅で見かけたきりふり267号運転のポスター

 上野から銀座線に乗り込み、浅草には21時過ぎに到着。すでに酔いが覚めつつありましたが、特急券はすでに日中のうちに手に入れてあったので、後は出発を待つのみとなりました。ホームでのんびり過ごしていると、明らかにきりふり267号目当てと思われる乗客姿をちらほら見かけ、思っていた以上に注目度が高いことが伺えましたが、出発時間が近くなるにつれてその数も徐々に増えていきました。

 22時を過ぎ、回送列車がゆっくり入線。使用されている車両は300系で、運転台には黄色い地の種別札も用意されるなど力の入れ様が伺えましたね。ちなみにこの種別札は運転された日によって異なるデザインが用意されていたことを後日知り、全種類見てみたかった気持ちはありましたが、如何せん夜遅くともなるとなかなか動きづらいところがありましたね。

きりふり267号電光掲示板@浅草'15.12.11

特急きりふり267号@浅草'15.12.11

きりふり267号種別札'15.12.11
(3枚とも)浅草駅での様子

 こうして列車に乗り込み22時10分、きりふり267号はゆっくり浅草を発車。北千住に停車した後、春日部までやってきました。ここでしばらく停車した後、進行方向が逆向きとなり、渡り線を辿って東武アーバンパークライン内へ。この渡り線は一昨年の11月、ゆるキャラサミットに合わせて運転された臨時列車ですでに体験済みでしたが、終点まで乗ってしまうと大宮まで帰ってくることができないので次の藤の牛島で下車と相成りました。

特急きりふり267号@春日部'15.12.11
春日部に到着したきりふり267号。この後進行方向が変わり、東武アーバンパークラインへ。

 この日の乗客の様子からすると、沿線の利用客というよりは体験乗車的な乗客の方が多数を占めていたように思えましたが(かく言う自分もその一人…coldsweats01)、それなりに注目度はあったようで、第二弾があるかどうか気になるところですね。急行運転の開始など、大きな変化が予想される東武アーバンパークラインですが、春日部から船橋寄りでもどんな動きがあるか注目したいところです。

きりふり267号特急券'15.12.11
きりふり267号の特急券。春日部より先は特急券なしで乗車できるため、東武アーバンパークライン線内の駅までのものは買えず。

|

« 【12/6】栗橋界隈で過ごす午後 | トップページ | 今春以降も販売~青春18きっぷ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/63003198

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/11】特急きりふり267号に乗る~東武:

« 【12/6】栗橋界隈で過ごす午後 | トップページ | 今春以降も販売~青春18きっぷ »